最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国の失業率は過去最高で食糧配給制再開の憶測も!

投稿日:

労働者は集団で失業しており、中国の世界の工場は大量に閉鎖していますか?真実は何?深センの工業地帯の現状を実際に撮影し、最も現実的な社会と人々の暮らしを明らかにします。食糧配給制再開の憶測も飛んでいます。

中国失業率増加

中国失業率増加

中国の失業率は過去最高。

失業率グラフ

失業率グラフ

|中国製|世界の工場| Fabricado en China |中国


工人集體失業,中國世界工廠大批倒閉?真相到底如何?深圳工業區現狀實拍,揭露最真實社會民生|Made in China|World Factory|Fabricado en China|中国

 

2020年の失業の波は中国中を席巻する運命にあり、そして苦い日が本当に始まった.

 


ー  2020 失业大潮注定席卷全中国,苦日子真的开始了

 

現在、#中国は最近数十年で失業という最も恐ろしい潮流に直面しています。

 

外資系企業が撤退し、民間企業が廃業し、サービス産業が落ち込んでおり、1000万人近くの卒業生が雇用市場に流入しています。

 

限られた資源ではもはや巨大な雇用要件を満たすことができず、この問題を短期間で解決することは困難であり、中国人の苦難は本当に始まっています。

 

中国当局が発表した最近の調査では、失業率は過去最高に達しており、ますます多くの人々が失業を心配している。

 

しかし、国の発展と国民の後退の一般的な傾向が設定されており、多数の民間企業が倒産する傾向は変わらず、雇用ギャップは1000万から1億に移動する可能性があります

 

。中国の労働者階級の失業が賃金を下げることは避けられないことであり、深刻なのは、経済を安定させるために、中国政府が失業の到来を防ぐために労働改革の方法を採用することです。

中国の経済は光の速度で隣国の北朝鮮に接近しています。

中国の失業は深刻で、急に職を失い、前日会社から解雇されました。


中国目前失业状况严重,我突然失业了 前一天我被公司裁员了

 

食糧配給制再開の憶測。

 


9月6日 大紀元ニュース ・中国、食糧配給制再開の憶測/・ドイツ、インド太平洋地域と関係強化表明/・お盆を迎えた武漢市民、故人の多さに驚きの声

・中国、食糧配給制再開の憶測
・ドイツ、インド太平洋地域と関係強化表明
・お盆を迎えた武漢市民、故人の多さに驚きの声
・パナソニックとJDI、中国企業を米国で提訴

まとめ

今回は「中国の失業率は過去最高で食糧配給制再開の憶測も!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台湾の立法院本会議で議員がブタの内臓を投げつけ

台湾の立法院で与野党の議員がブタの内臓を投げつけの動画!

台湾の立法院(国会に相当)で、本会議で与野党の議員がブタの内臓を投げつけ騒動がありました。その動画紹介。添加物のラクトパミンが入った餌で飼育された米国産豚肉の輸入解禁を決めた蔡英文政権に不満を表明する …

メーガンとハリーの新居

メーガンとハリーのロシア人から購入した新居が超豪華ですごい!

メーガンとハリーのロシア人から購入した新居。メーガンマークルとハリー王子は、ついにカリフォルニアの「永遠の家」を入手。かつてロシアの大物が所有していたサンタバーバラの新しい大邸宅にきちんと1,470万 …

パソコンキー

テックの巨人FacebookとTwitterの「検閲」スカイニュースの見解!

ハンターバイデンのPC問題を報じたスカイニュースのデジタル編集者のテックの巨人FacebookとTwitterの「検閲」に対する意見を紹介。 パソコン 目次1 テックの巨人FacebookとTwitt …

インドとの衝突現場付近の中国が新たな構造物

中国が新たな構造物、インドとの衝突現場付近で、新たな衝突懸念。

中国とインドの国境付近における両軍の衝突を巡り、ヒマラヤ山脈西部の衝突現場近くで中国が新たな構造物を建設したとみられることが衛星写真によりわかった。中国は、今月初めに20人のインド軍を死去させたヒマラ …

「われわれが慰安婦像」ベルリンで日本に抗議する集会

ドイツ・ベルリンの市民団体が慰安婦像の前で集会の動画!

「われわれが慰安婦像」ベルリンで日本に抗議する集会が「女性に対する暴力撤廃の国際デー」に当たる11月25日行われた動画紹介。韓国ネットでは「日本とは違う」「ほどほどにしたら?」という声も。 「われわれ …