最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

亡命ウイグル人が中国のジェノサイドをICCに捜査依頼。ロヒンギャ問題捜査に習う

投稿日:

亡命ウイグル人は7月7日、オランダ・ハーグ(Hague)の国際刑事裁判所(ICC)へ、中国がジェノサイド(大量虐殺)と人道に対する罪に及んだ証拠をまとめた膨大な書類を提出し、習近平を含む中国の上級指導者を、ウイグル人および他の民族グループに対して犯された犯罪の疑惑を調査するよう要請しました。ICCは2018年、ミャンマーの状況が加盟国である隣国バングラデシュの人々に影響を与えるとの理由で、ロヒンギャ問題の捜査が可能だとの判断を下している。中国とミャンマーはICCの権限下にない非加盟国です。

ウイグル人のヘルプの呼びかけ

ウイグル人のヘルプの呼びかけ

亡命ウイグル人の中国ジェノサイド調査依頼

国連人権機関

国連人権機関

 

中国はICCの権限下にありませんが、グループは犯罪の一部がタジキスタンカンボジアの2か国でも行われたと主張しています。

 

提出書類は、中国がウイグル人を含むイスラム教徒系少数民族100万人以上を再教育施設に収容し、女性に対し不妊手術を強制したと主張。

 

中国は当局が「再教育キャンプ」と呼んでいる教育センターの広大なネットワークで新疆ウイグル自治区の100万人以上のウイグル人や他のほとんどのイスラム教徒の民族グループを取りまとめ、拘留してきた。

 

漏えいされた文書は、キャンプでの体系的な洗脳やひげの成長や断食などの理由による人々の拘束を含む、これらのコミュニティに対して使用された抑圧的な戦術を明らかにしました。

ウイグル人デモ

ウイグル人デモ

 

亡命中の東トルキスタン政府は、次のように述べています。

ウイグル人と東トルキスタンの他のトルコ人は、中国政府によって連日残虐行為が行われていることに対して正義に値します。正義が広がることを期待しています。」

ウイグル人を取り締まる中国兵

ウイグル人を取り締まる中国兵

 

一方で中国は、強制不妊疑惑は事実無根だとし、新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の施設はテロ行為からから人々を遠ざけるための職業訓練所だと説明している。

 

ウイグル人らが樹立を宣言した東トルキスタン亡命政府のサリヒ・フダヤル(Salih Hudayar)首相は、米首都ワシントンとオランダ・ハーグでインターネットを通じて開かれた記者会見で、「今日はわれわれにとって非常に歴史的な日だ」と述べた。

 

中国はICC非加盟だが、ウイグル人らの弁護団は、ICCが同じく非加盟国のミャンマーによるイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の扱いに関して捜査を行っていることから、中国に対する捜査も可能だと指摘した。

 

ICCは2018年、ミャンマーの状況が加盟国である隣国バングラデシュの人々に影響を与えるとの理由で、ロヒンギャ問題の捜査が可能だとの判断を下している。

ロヒンギャ迫害(虐殺)とは

ロヒンギの虐殺への抗議

ロヒンギの虐殺への抗議

ロヒンギャの迫害(虐殺)は、ミャンマー(旧ビルマ)政府によるイスラム教徒のロヒンギャ国民に対する一連の迫害です。

ジェノサイドはこれまでに2つのフェーズで構成されています。

最初のフェーズは2016年10月から2017年1月に発生し、2番目のフェーズは2017年8月以降に発生しました。

この危機により、100万人を超えるロヒンギャが他国に逃亡しました。

ほとんどがバングラデシュに逃げ、他の人はインド、タイ、マレーシア、その他の東南アジアの一部に逃げました。

ミャンマーを逃れるためのロヒンギャの最大の波は2017年に発生し、その結果、ベトナム戦争以来、アジアで最大の人間の脱出が起こった。

2016年のロヒンギャ国民に対する弾圧は、国連、人権グループのアムネスティインターナショナル、米国国務省、隣接するバングラデシュの政府、マレーシアの政府からの批判を呼び込みました。

ビルマの指導者であり州議会議員(事実上政府の長)およびノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチーは、この問題に対する彼女の怠慢と沈黙に対して批判され、軍事的虐待を防ぐためにほとんど何もしていません。

スーチーに対する抗議

スーチーに対する抗議

 

ロヒンギャのイスラム教徒と非イスラム教徒に対する2017年の迫害は、さまざまな国連機関、ICC当局、人権団体、政府によって民族浄化と大量虐殺として宣言されています。

国連は迫害を「民族浄化の教科書の例」と表現した。

 

2017年9月下旬、恒久的人民法廷の7名の委員会は、ビルマ軍と当局がロヒンギャとカチン少数民族に対する虐殺の罪で有罪であると認定しました。

 

スーチーはこの問題についての沈黙と軍事行動を支持したことで再び非難された。

スー・チー氏らミャンマー高官をロヒンギャ迫害でアルゼンチン告発されました。

2019年11月134日ミャンマーのアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問が、イスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)の迫害をめぐり、アルゼンチンで告発された。

スーチーとロヒンギャ難民

スーチーとロヒンギャ難民

 

かつてミャンマー民主化運動の象徴として知られたノーベル平和賞受賞者のスー・チー氏が、ロヒンギャ問題で正式に告発された。

ロヒンギャの団体と南米の人権団体が、戦争犯罪や人道に対する罪など重大な犯罪を国家の枠組みにとらわれずに訴追できる「普遍的管轄権」に基づき、アルゼンチンの法廷にスー・チー氏らミャンマーの複数の高官を告発した。

 

 

ロヒンギャ迫害、国際刑事裁判所が正式捜査を開始

追い詰められるロヒンギャ

追い詰められるロヒンギャ

 

オランダ・ハーグ(The Hague)の国際刑事裁判所(ICC)は14日、ミャンマー国軍によるイスラム系少数民族ロヒンギャ(Rohingya)に対する虐待の疑いについて、人道に対する罪や迫害の罪などで正式に捜査を開始することを決定した。

 

ICCは、「(ミャンマーに関する)ICC管轄内での犯罪の疑いについて、検察官が捜査を進めることを認めた」と発表。ロヒンギャに対する「組織的な暴力行為」、人道に対する罪としての国外退去、民族性または宗教を理由とする迫害の疑いについて捜査が行われるという。

ミャンマーに対しては今週、国連(UN)の主要司法機関である国際司法裁判所(ICJ)でもロヒンギャの扱いをめぐってジェノサイド(大量虐殺)の罪で提訴されており、圧力が強まっている。

 

2017年にミャンマーが軍による弾圧を開始したことで、ロヒンギャ74万人が隣国バングラデシュの難民キャンプへの避難を余儀なくされた。国連の調査官はミャンマー軍による暴力行為について「ジェノサイド」に相当すると述べている。

 

ミャンマーはICC非加盟国だが、ICCは2018年、ロヒンギャが逃れているバングラデシュが加盟国であることから、ロヒンギャに対する犯罪について管轄権を行使できるとの判断を下した。

まとめ

今回は「亡命ウイグル人が中国がジェノサイドをICCに捜査依頼。ロヒンギャ問題捜査に習う」というテーマでお送りしました。

関連記事

「「中国のIUD、中絶、不妊手術でウイグル出産を削減」報告書紹介。」

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新型コロナウィルス

外出緩和の世界各国、各地での実施状況詳細。米国各州の状況。

世界各国、地域で新型コロナウィルスの感染の感染防止のための外出制限が相次いで緩和される。ただし、社会的距離を保つため、飲食、観光、娯楽などの分野は制限がつけられている。トランプ政権の外出制限の4月末の …

世界の国旗

世界で最も「強い」国ランキング[2020年版]韓国の順位に異論も!判定基準は

世界で最も「強い」国ランキング[2020年版]が発表されました。韓国が昨年の10位からワンランクアップ日本は不動です。世界で最も「強い」国ランキング判定基準は、政治力、経済力、軍事力、国家としての影響 …

蔡英文と李登輝元総統

蔡英文総統がTwitterで李登輝元総統を追悼!李氏来日公演の様子。

蔡英文総統がTwitterで李登輝元総統を追悼しました。台湾民主化の父ともいわれ、親日家でもありましたる李登輝元総統の死は日本人にとっても大変残念なことです。李登輝が日本議会ホールでスピーチ。李登輝氏 …

アメリカ国旗

アメリカの空爆でついにアメリカイランが戦争の危機に情勢ひっ迫!

アメリカの空爆でついにアメリカイランが戦争の危機に情勢ひっ迫している、トランプ大統領就任後 アメリカのイランに対する核合意破棄、経済制裁とイランに対する締め付けを強めてきたが いよいよ、アメリカイラン …

プーチン大統領

プーチン大統領、自宅に殺菌トンネル、顔認識体温測定装置を設置。

ロシアのプーチン大統領は新型コロナウイルス感染を予防するため、自宅の入り口に「殺菌トンネル」を設置した。さらに、プーチンの自宅に設置された部屋は訪問者の体温を測定でき、顔認識技術を備えている。 プーチ …