最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

【悲報】「ホールデン」消滅へ電気製モデルや自動運転、共有制度の影響が大

投稿日:

アメリカ自動車大手のゼネラル・モーターズ(GM)はオーストラリアやニュージーランドで展開してきたブランド「ホールデン」の生産や販売、技術開発などを含めた全ての事業活動を2021年までに終了させる方針を明らかにしました。これで160年以上続いたブランドをたたみ、豪州市場への進出が終了することになります。

ホールデン

ホールデン

 

「ホールデン」消滅へ電気製モデルや自動運転、共有制度の影響

ゼネラル・モーターズ(GM)は160年以上続いた「ホールデン」のブランドをたたみ、豪州市場への進出が終了し、アジア太平洋地域の全ての市場から撤収するとしている。

 

またタイでは今年末までにシボレー名のモデル販売を中止する。

 

そして製造工場を中国メーカーに売却する計画も発表された。

 

GMはここ数年、豪州での事業縮小を進めています。

 

豪州製造の最後の車両とする赤色のホールデンのセダンモデルは2017年10月、同国南部のアデレード市の工場から送り出されてもいた。

GMは声明で「国際的な事業活動の変革を迫られていた」とし、コスト削減に長年腐心したものの株主保有者の十分な利益をもたらさない市場での行動が必要だったと主張した。

世界の自動車市場が電気製モデル自動運転共有制度に重心が移る中でGMもこれらのの分野への投資配分や事業戦略の転換を迫られています。

ホールデン

ホールデン

 

 「ホールデン」消滅を受けてネットでの声

ホールデン消滅を受けてネットでの声です。

「トランプの「今だけ人気取り」の犠牲かな?それも後5年もすれば化石燃料から電気へのシフトの大波が来襲、全米は失業者、自殺者で溢れるのは間違いない未来。

その時とランプは引退し、「現行の大統領のせいだ!」と高みの見物なんだろうな。
今の好景気もオバマがあのリーマンショックのどん底から8年かけて立て直したものの横取りを自分の成果にしちゃってるしね。」

「自動車も造れない国で、フランスから導入する次期潜水艦の建造は大丈夫なのだろうか?最近全然話題にならなくなったけど、建造は順調なのだろうか?」

「まだ有ったんだ。トヨタはとっくの昔に撤退したのに。
もう20年以上前から閉鎖のウワサは有ったが、出来なかった理由は何だったんだろう?」

「映画『マッドマックス』で悪役が警官を殺害した後に奪ったパトカーの印象が強かったものです。」

「好む好まぬ関係なく、電気自動車の時代になるからね。」

「昔、マツダはホールデンの車体に13Bエンジンを乗っけたクルマ作ってたね
あれは何というクルマだっけ」
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200229-35150064-cnn-int

 

以上ネットでの声を紹介しました。

 まとめ

今回は、「「ホールデン」消滅へ電気製モデルや自動運転、共有制度の影響で」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

データを記入する女子

同一労働同一賃金でアルバイトの賃金(時給)がいつからどうなる?を解説

同一労働同一賃金が導入されます。同一労働同一賃金でアルバイト賃金は、いつからどうなるかどう変わるかですが、実施時期は大企業と、中小企業によって変わってきます。また同一労働同一賃金が導入後、アルバイト賃 …

クラボウ抗体検査キット

抗体検査日本で実施決定。NY州でも大規模抗体検査実施

4月17日の記者会見で、加藤勝信厚生労働大臣が新型コロナウィルスの流行状況を把握するための抗体検査を実施することを表明。実施時期は、月内にも予定。また、ニューヨークのクオモ州知事は会見で、NY州で大規 …

人混みの中

五輪中テレワーク 1000社超で、改めて問われる通勤問題今後の継続は必至!

東京五輪は、国内外から1000万人規模の観客が訪れる見通しで、東京都心の交通混雑対策が極めて重要な課題になってきます。五輪中テレワーク 1000社以上の企業がパソコンなどを使って自宅で仕事を行うテレワ …

サムシング・ホイッティと呼ばれるライフスタイルブログを運営するホイットニー・ブハ

美容注射を3年間受け続けた女性、施術ミスで片方の瞼が下がり半開き動画!

米イリノイ州シカゴ在住で人気ブロガーのホイットニー・ブーハさん(Whitney Buha、33)は、ボトックス注射をSNSで宣伝するために1年に2回ほど美容サロンで注射を受け、その効果を投稿していまし …

皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う

米国で「表皮水疱症」と闘うEB患者マーキー君の動画!

米国で皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う20歳のマーキー君は、同じ病気で兄を亡くすも強く生きる動画。EB患者の大半は小児で、脆い蝶の羽にたとえて「バタフライ・キッズ」とも呼ばれており、年を重ねる毎に症 …