最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

ハンク・ウィリアムズ代表曲や生い立ちそして家族など

投稿日:

ハンク・ウィリアムズ(Hank Williams)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている1950年代のロックンロールの先駆者たちの多くが、そのキャリアの初期にウィリアムズの曲を録音している。29歳で亡くなった1953年1月1日の死亡までの短い間に多く位の有名曲を書いています。

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズの代表曲

ハンク・ウィリアムズの代表曲や有名になった曲を紹介します。

ウィリアムズは、以下の11曲がメガ級のヒット曲になっていて、チャートの首位になっています。

Lovesick Blues」、「Long Gone Lonesome Blues」、「Why Don’t You Love Me」、「Moanin’ the Blues」、「Cold, Cold Heart」、「Hey Good Lookin’」、「Jambalaya (On the Bayou)」、「I’ll Never Get Out of This World Alive」、「Kaw-Liga」、「Your Cheatin’ Heart」、「Take These Chains from My Heart


ー     Hank Williams: Lovesick Blues


ー Hank Williams – Long Gone Lonesome Blues


ー  Hank Williams – Why Don´t You Love Me

コールド・コールド・ハート


ー    Hank Williams – Cold, Cold Heart

 

「Jambalaya (On the Bayou)」ジャンバラヤ


ー   Jambalaya on the Bayou – Hank Williams

 

さらに、1949年のうちに、「Wedding Bells」、「Mind Your Own Business」、
You’re Gonna Change (Or I’m Gonna Leave)」、「My Bucket’s Got a Hole in It」など、7曲のヒット曲を出した。

 

 

また、死後も長く人気の曲に「I’M SO LONESOME I COULD CRY 」(泣きたいほどの淋しさだ)があります。


I’M SO LONESOME I COULD CRY (1949) by Hank Williams

殿堂入り、受賞

ハンク・ウィリアムスは、彼の死後、数々の殿堂入りを果たしています。

 

1987年、ウィリアムズはアーリー・インフルエンス部門で、ロックの殿堂入りを果たしました。

 

2003年のカントリー・ミュージック・テレビジョン(CMT)がに選定した「カントリー音楽で最も偉大な40人」では、この年に亡くなったジョニー・キャッシュに次いで、第2位となった。

このとき息子のハンク・ウィリアムズ・ジュニアもこのランキングの第20位に入っています。

 

2004年、『ローリング・ストーン』誌が選定した「歴史上最も偉大な100人のアーティスト」では第74位に入った。

 

1950年代のロックンロールの先駆者たちの多くが、そのキャリアの初期にウィリアムズの曲を録音しており、エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ジェリー・リー・ルイス、マール・ハガード(Merle Haggard)、ジーン・ヴィンセント、カール・パーキンス、リッキー・ネルソン、ジャック・スコット(Jack Scott)、コンウェイ・トゥイッティ(Conway Twitty)などがいます。

 

2011年に、1949年にウィリアムズがMGMレコードから出し、チャートの首位となった「Lovesick Blues」は、グラミーの殿堂(the Recording Academy Grammy Hall Of Fame)入りとなった。

 

同じ2011年には、『Hank Williams: The Complete Mother’s Best Recordings….Plus!』が、最優秀歴史的アルバム(Best Historical Album)部門にノミネートされた。

『Hank Williams: The Complete Mother’s Best Recordings….Plus!』


WILLIAMS, Hank Complete Mother’s Best Collection plus CD TL 17039

 

1999年、ウィリアムズはNative American Music Hall of Fame においても殿堂入りとなった。

2010年4月12日、ピューリッツァー賞委員会は、「普遍的感覚を心にしみる素朴さで表現したソングライターとしての職人技、カントリー音楽をアメリカ人の生活における大きな音楽的文化的存在に変貌させた大きな役割」に敬意を表し、ウィリアムズに没後の特別賞を追贈した。

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ

ハンクウィリアムズのロストノートブック

 

2006年、ソニー/ ATVミュージックパブリッシングの管理人が、ウィリアムズが亡くなった夜に車で発見されたウィリアムズが書いた未完成の歌詞をゴミ箱で見つけました。

 

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ

労働者は、彼女がウィリアムズのメモをホンキートンク殿堂とロックンロールロードショーの代表に販売したと主張しました。

用務員は盗難で告発されたが、裁判官が彼女のバージョンの出来事が真実であると判断したときに告訴は取り下げられた。

 

未完成の歌詞は後にソニー/ ATVに返却され、2008年にボブディランに渡されて、新しいアルバムの曲が完成しました。

最終的に、アルバムの完成には、アランジャクソン、ノラジョーンズ、ジャックホワイト、ルシンダウィリアムズ、ヴィンスギル、ロドニークロウェル、パティラブレス、レボンヘルム、ヤコブディラン、シェリルクロウ、メルルハガードのレコーディングが含まれていました。

このアルバムは、ハンクウィリアムズのロストノートブック(Hank Williams’ Lost Notebook)という名前で、2011年10月4日にリリースされました。


Lucinda Williams – I’m So Happy I Found You (Hank Williams Cover)

伝記映画「私は光を見た」

 

イギリスの俳優トムヒドルストンは、コリンエスコットの1994年の本 『ハンクウィリアムズ:伝記』に基づいて、伝記映画「私は光を見た」でウィリアムズを描写しました。

 

マークアブラハムが映画を監督しました。

この映画は2016年6月にリリースされました。


I Saw the Light Official Trailer #1 (2016) – Elizabeth Olsen, Tom Hiddleston Drama HD

 

 

ハンク・ウィリアムズ・ジュニア

 

1981年、ドリグティング・カウボーイズのスティール・ギター奏者ドン・ヘルムズ(Don Helms)とハンク・ウィリアムズ・ジュニアが組んで、「The Ballad of Hank Williams」を録音した。


ー Hank Williams Jr. ~ Ballad Of Hank Williams

 

この曲は、ハンク・シニアが音楽業界の駆け出しだった頃のことや、過剰な金遣いについての、パロディ、ないしは、ノベルティ・ソングであり、ジョニー・ホートン(Johnny Horton)が広めた「The Battle of New Orleans」の旋律で歌われる。

ハンク・ジュニアは「ドン、ダディと仕事してた頃のこと、本当はどんなだったか教えてよ」と歌い出す。

これを受けてヘルムズは語りと、ウィリアムズと演奏した曲とを面白おかしく織り交ぜながら、ハンク・シニアがよく「百ドルのショーに千ドルを使っていた」と説明する。

ハンク・ウィリアムズ・ジュニア

ハンク・ウィリアムズ・ジュニア

コーラスは、「だから彼は俺をクビにし、ジェリー・リバースをクビにし、みんなをクビにして、やれるだけやっちまったんだ。

 

オールド・セドリックもクビ、サミー・ブリュートもクビにした。

 

誰だか知らない奴までクビにしたんだ」というものだが、これは、ハンク・ウィリアムズが周りの状況に過剰反応していたことをコミカルな形で取り上げたもの。

ハンク・ウィリアムズ・ジュニア

ハンク・ウィリアムズ・ジュニア

ハンク・ウィリアムズの幽霊ストーリー

1991年、カントリー歌手のアラン・ジャクソン(Alan Jackson)が「Midnight in Montgomery」をリリースしている。

この歌詞は、大晦日のショーに出かける途中で立ち寄ったハンク・ウィリアムズの墓で、ハンクの幽霊に出会うというストーリー。

 

カントリー歌手のマーティ・スチュアート(Marty Stuart)は、
Me And Hank And Jumping Jack Flash」という曲で、ウィリアムズを称賛。

 

この曲の歌詞は、「Midnight in Montgomery」と同じような設定だが、駆け出しのカントリー歌手がウィリアムズの幽霊から助言をもらうというストーリー。

 

1983年、カントリー歌手デイヴィッド・アラン・コー(David Allan Coe)がリリースした「The Ride」は、ギターをもった若い男がモンゴメリーでヒッチハイクをしていて、キャデラックに乗ったハンク・ウィリアムズの幽霊に拾われ、ナッシュビルの外れまで乗せてもらうというストーリーの中で、幽霊は「…俺のことをミスターなんて呼ばないでくれ、ミスター、世界中の誰もが俺をハンクと呼んでるんだから」と言う場面がある。

ハンク・ウィリアムズの生い立ち

 

ウィリアムズはアラバマ州バトラー郡で生まれました。

彼の両親はジェシーリリーベル “リリー”(neeスキッパー)とエロンゾハブル “ロン”ウィリアムズであり、イングランド系とおよびドイツ人の祖先でした。

エロンゾ・ウィリアムズは、W。T.スミス製材会社の鉄道のエンジニアとして働いていました。

エロンゾ・ウィリアムズは、第一次世界大戦に徴兵され1918年7月から1919年6月まで務めた。

彼はトラックから転落し、鎖骨を骨折し、頭部に激しい打撃を負った後、重傷を負った。

彼の帰国後、家族の最初の子供であるアイリーンは1922年8月8日に生まれました。

彼らのもう一人の息子は誕生の直後に亡くなりました。

3人目の子供Hiramは、1923年9月17日にオリーブ山で生まれた。

エロンゾウィリアムズがメイソンであり、妻がイースタンスター騎士団のメンバーだったため、この子はタイヤのヒラムI(メイソンの3人の創設者の1人で、メイソンの伝説によると)にちなんで名付けられました。

 

彼の名前は、ハンクが約10歳のときに作成および署名された出生証明書で「Hiriam」と誤ってつづられていました。

 

子供の頃、彼は家族から「Harm」、友人から「Herky」または「Poots」というニックネームで呼ばれていました。

彼は、脊柱を中心とした先天性欠損症である二分脊椎のオカルタで生まれ、それが生涯にわたる痛みをもたらしました。

これは、後にアルコールや薬物を乱用する要因となりました。

 

ウィリアムズの父親は、彼が働いていた製材会社の鉄道に頻繁に引っ越され、家族はアラバマ州南部の多くの町に住んでいました。

 

1930年、ウィリアムズが7歳のとき、父親は顔面神経麻痺になり始めました。

 

フロリダ州ペンサコーラの退役軍人局(VA)クリニックで、医師は原因が脳動脈瘤であると判断し、Elonzoはルイジアナ州アレクサンドリアのVAメディカルセンターに送られました。

 

彼は8年間入院し続けたため、ウィリアムズの幼年期はほとんど不在でした。その時から、リリー・ウィリアムズは家族の責任を背負いました。

1934年の秋、ウィリアムズ一家はアラバマ州グリーンビルに引っ越し、リリーはバトラー郡の裁判所の隣に下宿を開きました。

 

1935年、家族はガーランド、アラバマ、リリーに定住し、新しい下宿を開きました。

 

しばらくして、彼らはいとこのオパールマクニールと一緒にアラバマ州ジョージアナに移動しました。

リリーは、大恐慌の厳しい経済情勢にもかかわらず、子供たちを支援するためにいくつかの副業を見つけることができました。

彼女は缶詰工場で働いており、地元の病院で夜勤の看護師を務めていました。

彼らの最初の家は焼かれ、家族は所有物を失いました。

彼らは町の反対側にあるローズストリートの新しい家に引っ越し、ウィリアムズの母親はすぐに下宿に変わりました。

 

家には小さな庭があり、ウィリアムズとその妹のアイリーンがジョージア州周辺で販売した多様な作物を栽培していました。

 

ジョージア州での偶然の会合で、ハンクウィリアムズはアラバマ州を横断して選挙運動をしている間に米国の代表J.リスターヒルに会いました。

 

ウィリアムズはヒルに、母親は彼の問題について話し、エロンゾウィリアムズの障害年金を徴収する必要性について話し合うことに興味があると語った。

 

ヒルの助けを得て、家族はお金を集め始めました。彼の病状にもかかわらず、家族は大恐慌の間中、財政的にうまく切り盛りをすることができました。

 

ハイラムが最初のギターを手に入れた事情については、いくつかの異なる話が伝えられています。

母は、ピーナッツを売って得たお金で彼女が買い与えたと述べているが、自分がギターを買い与えたのだと主張する有力な町の住民が少なからずいました。

 

ジョージアナに住んでいたときに、ハイラムはルーファス・”ティー=トット”・ペイン(Rufus “Tee-Tot” Payne)という黒人の路上演奏者に出会い、リリーが作る食事の提供と交換にギターを習ったという話もあります。

 

ペインの音楽スタイルの基にはブルースがあった。ペインがハイラムに教えたコード、コード進行、ベース音の進行、伴奏のスタイルは、後年の曲づくりに大いに活かされることになります。

 

後にハンク・ウィリアムズは、かつてペインが教えてくれた曲のひとつ「My Bucket’s Got a Hole In It」を録音した。

 

最終的に彼が作り上げたスタイルには、ペインからの影響に加えジミー・ロジャーズ(Jimmie Rodgers)などカントリー歌手たちからの影響も盛り込まれていた。

 

1937年、ハイラムは、指示された練習内容をめぐって体育のコーチと喧嘩沙汰になった。母は教育委員会にコーチを辞めさせるよう要求したが断られ、一家はモンゴメリーに移り、これ以降、ペインとウィリアムズ一家は接触を失った。

ペインもやがてモンゴメリーへ移ったが、1939年に貧困の中で死んだ。

 

後にハンク・ウィリアムズは、ペインは自分にとって唯一の教師だったと述べている。

 

 

ハンク・ウィリアムズの家族

 

1944年12月15日、ハンク・ウィリアムズはオードリー・シェパードと結婚した。

二人の人の間には、後にハンク・ウィリアムズ・ジュニアとして名声を得る息子ランドール・ハンク・ウィリアムズが1949年5月26日に生まれた。

 

2人は1952年5月29日に離婚した。

 

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ

この頃、関係のあった女性ボビー・ジェット(Bobbie Jett)との間には娘ジェットができたが、その誕生はハンクの死の5日後のことであった。

1952年10月18日、ハンク・ウィリアムズはビリー・ジーン・ジョーンズ・エシュリマーとルイジアナ州北西部のミンデン(Minden)で、治安判事の前で誓約を交わして結婚した。

この結婚は、2人にとってそれぞれ2度目の結婚であり、2人とも以前の結婚で子どもをもうけていた。

 

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ

 

ウィリアムズの子供は、息子のハンク・ウィリアムズ・ジュニア、娘のジェット・ウィリアムズ、孫息子のハンク・ウィリアムズ3世(Hank Williams III)と孫娘たちヒラリー・ウィリアムズ(Hilary Williams)とホリー・ウィリアムズ(Holly Williams)は、いずれもカントリー・ミュージシャンになっている。

まとめ

今回は「ハンク・ウィリアムズ代表曲や生い立ちそして家族など」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ヘドバ・アムラニ

ヘドバ・アムラニ「生きてこう」発表、現在、日本での活動「ヘドバとダビデ」

70年代に日本で大ヒットした「ナオミの夢」で知られる「ヘドバとダビデ」のイスラエル人女性シンガー、ヘドバ・アムラニ(Hedova Amrani)さんが、新曲「生きてこう」を発表しました。「ヘドバとダビ …

no image

ジャズベーシストのゲイリー・ピーコック死去、プロフィールや動画など!

ジャズベーシストのゲイリー・ピーコックが85歳で死去。ピーコックは2020年9月4日にニューヨーク州北部の自宅で亡くなりました。#Jazz Bassist Gary Peacock ゲイリー・ピーコッ …

ピーター・グリーン

ピーター・グリーン死去、プロフィールと動画。フリートウッドマックに貢献!

英ギタリストのピーター・グリーン氏が死去しました。享年73歳。BBC放送は「英国が生んだ最も偉大なブルース・ギタリストの一人」とたたえています。グリーンはバンドにとって非常に不可欠なメンバーであったた …

ラッパーリルマーロ

ラッパーリルマーロがアトランタで運転中射殺される!狙い撃ちの可能性。

ラッパーリルマーロがアトランタで運転中に射殺される。標的を定めた攻撃を受けて殺された模様。27歳だった。Marloは3年前に「2 The Hard Way」でラッパーで友人のリルベイビーとコラボレーシ …

リナ・サワヤマ

英国育ちの日本人歌手リナ・サワヤマ音楽キャリアやプロフィール!

英国育ちの日本人歌手リナ・サワヤマ音楽キャリアや生い立ち、プロフィールについて。そして現在イギリスでの著名な音楽賞の受賞資格を得られないとツイッターで問題提起した。 #Lina Sawayama リナ …