最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動。

投稿日:

マーク・ロンソンは、ギタリストのミックジョーンズを義理父にもち、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せます。ファンク、ニューヨークのヒップホップシーン、そしてイギリスのロックの影響を受け、より幅広い聴衆を魅了しました。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

 

マーク・ロンソンの生い立ち、身長

マーク・ロンソンの身長は、183cmです。

 

マークダニエルロンソン(Mark Ronson)は1975年9月4日にロンドンのノッティングヒルで生まれました。

 

ユダヤ人の両親である不動産投機家であり音楽マネージャーであるローレンスロンソンと、
ロンドンの作家で名士の母アン・デクスター・ジョーンズアンデクスターから生まれました。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

 

彼のユダヤ人の祖先はオーストリア、リトアニア、ロシアから移住したアシュケナージ系のユダヤ人でした。

保守派ユダヤ教の教育で育ちました。

 

ロンソン一家1980年代にはイギリスで最も裕福な家族の1人でしたが、1990年代初頭の不動産事故で10億ドルの損失を被っていました。

彼は実業家ジェラルドロンソンの甥です。

彼の母親を通じて、彼はまたイギリス保守派政治家のマルコム・リフキンド卿と故レオン・ブリッタン、ならびにオデオン・シネマズの創設者であるオスカー・ドイチュにも関係している。

元イギリス外務大臣のマルコム・リフキンドと元内務大臣のレオン・ブリタンと親戚です。

 

彼は故イギリスのギタリスト、ミック・ロンソンとは関係ありません。

両親が離婚した後、母親はバンド、フォリナーのギタリストのミックジョーンズと結婚し、音楽に囲まれた子供時代に役立ちました。

ミックジョーンズ

ミックジョーンズ

ロンソンには、2歳年下の双子の姉妹がいます。

ファッションデザイナーのシャーロットロンソンと、歌手でDJのサマンサロンソンです。

サマンサロンソン

サマンサロンソン

 

ロンソンは、母親、継父、双子の姉妹とともに、8歳のときにニューヨーク市に移住しました。

シャーロットロンソン

シャーロットロンソン

 

マンハッタンのアッパーウェストサイドに住んでいる彼は、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。 

 

 

彼はマンハッタンの私立大学の高校に通い、その後ヴァッサー大学に通い、その後ニューヨーク大学に通った。

ヴァッサー大学とニューヨーク大学を卒業し、DJとして有名になった。

ニューヨーク大学(NYU)に通っている間、ロンソンはダウンタウンのヒップホップスポッ
トでレギュラーになり、1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せ、
仕事あたり50ドルの収入がありました。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

彼はすぐに彼の多様なジャンルにまたがる選択で知られるようになりました。

ファンク、ニューヨークのヒップホップシーン、そしてイギリスのロックの影響を受け、よ
り幅広い聴衆を魅了しました。

彼はすぐに人気になり、ニューヨークでDJを求め、注目のイベントやプライベートパーティーで頻繁に呼ばれました。

1999年、ロンソンは会社の広告キャンペーンのレコーディングスタジオで、Tommy Hilfigerデニムを着用した広告で取り上げられました。

トミー・ヒルフィガーの広告モデルをつとめます。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

 

2008年、彼はその年の選挙で投票できるように、アメリカ市民権を取得しました。

 

マーク・ロンソンの結婚

ロンドンとニューヨークを行き来して生活している。

 

2002年、ロンソンは女優で歌手のラシダ・ジョーンズと付き合った。ラシダ・ジョーンズは、クインシー・ジョーンズの娘である。

ラシダ・ジョーンズ

ラシダ・ジョーンズ

 

ギャヴィン・ロスデイルの娘であるデイジー・ロウ。

シー&ヒムのバックバンドでドラムを叩いているイギリス出身のテネシー・トーマスらとの交際歴がある。

テネシー・トーマス

テネシー・トーマス

2011年9月に当時はフランスの無名女優だった、男爵令嬢でスイスの富豪の孫のジョセフィーヌ・ドゥ・ラ・ボームと結婚したが、2017年4月に離婚。

ジョセフィーヌ ・ドゥ・ラ・ボーム

ジョセフィーヌ
・ドゥ・ラ・ボーム

ロンソンとラ・ボーム

ロンソンとラ・ボーム

 

マーク・ロンソンの音楽活動、有名曲

ロンソンのデビューアルバム「ヒアカムズザファズ」は2003年にリリースされました。


ー      Here Comes The Fuzz

 

 

2014年、ロンソンはブルーノマーズのボーカルをフィーチャーしたシングル「Uptown Funk」をリリースしました。

この、「Uptown Funk」はロンソンを代表する有名曲になります。


Mark Ronson – Uptown Funk (Official Video) ft. Bruno Mars

 

このシングルは、U.S。Billboard Hot 100で1週間連続14週間を費やし、UKシングルチャートで1週間連続7週間を費やし、史上最高のシングルの1つになりました。

彼の4番目のスタジオアルバム、Uptown Specialは、これまでで最も成功したアルバムとなりました。

2018年に自身のレーベルZelig Records(コロンビアレコードの刻印)を設立し、プロデューサーのDiploとデュオシルクシティを結成し、その曲「Electricity」でベストダンスレコーディングのグラミー賞を受賞しました。

Ronsonは、エンターテインメントでの仕事以外にも、クリエイティブな影響力を利用して他の人を助けることに専念しています。

2015年、彼はエイミーワインハウス財団の後援者となり、音楽を通じて恵まれない若者を支援しています。

彼はまた、End the Silenceキャンペーンと協力して、Hope and Homes for Childrenチャリティーへの資金と意識を高め、最近では、ジョンF.ケネディセンターフォーザパフォーミングアーツの全国プログラムであるターンアラウンドアートのアーティストメンターになりました。芸術教育を通じて成績の悪い学校を支援します。

 

2007年4月2日、ロンソンは、歌手ダニエル・メリウェザーをフィーチャーした「ストップ・ミー」というタイトルで、ザ・スミスのトラック「ストップ・ミー・イフ・ユー・ユー・ユー・ユー・ザ・ディス・これまでに聞いたことがある」のカバーをリリースした。

英国のシングルチャートで2位になり、2014年の「Uptown Funk」まで、ロンソンを彼の最高のシングルにしました。

 

ロンソンはボブディランの曲「Most Likely You Go Your Way And I’ll Go Mine」をリミックスし、2007年10月にリリースされたDylanというタイトルの3枚組ディスクを宣伝しました。

2014年10月30日、ロンソンは彼の次のアルバムからの新しいシングルをTwitter経由で2014年11月10日にリリースすることを発表しました。

 

シングル「アップタウンファンク」はボーカルでブルーノマーズをフィーチャーしています。

2014年11月22日、サタデーナイトライブにロンソンとマーズがミュージカルゲストとして出演し、「アップタウンファンク」と「フィールライト」(ミスティカルをフィーチャー)を演奏しました。

「アップタウンファンク」は、イギリスとアメリカのシングルチャートで1位になり、イギリスでは1週間で史上最もストリーミングされたトラックとなり、1週間で過去最高の249万回ストリーミングされました。

 

「Uptown Funk」は、チャートに掲載されているほぼすべての国でトップ10に達しました。

Canadian Hot 100で15週間、Billboard Hot 100で14週間、英国シングルチャートで1週間を7週間過ごしました。 2015年2月、この曲はRonson the Brit Award for the British Single of the Yearを受賞しました。

2018年12月の時点で、この曲のYouTubeでのミュージックビデオの視聴回数は34億回を超えています。

2015年、ロンソンは、故友人のエイミーワインハウスについてのドキュメンタリー映画エイミーに出演しました。

彼の声は、彼のキャリアとWinehouseとの関係について語る映画で取り上げられており、2006年3月のシングル「Back to Black」のレコーディングセッションと、2011年7月のロンドンのWinehouseの葬式でのロンソンの映像があります。

2015年10月、ロンソンはエイミーワインハウス財団の後援者になりました。

2016年1月、ロンソンは2つのブリットアワードにノミネートされました。

2016年ブリットアワードで最優秀英国男性ソロアーティスト、英国プロデューサーオブザイヤーを受賞。

2016年のグラミー賞で、ロンソンは「アップタウンファンク」で2つの賞を受賞しました。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

 

ソニーミュージックUKとロンソンの英国レーベル、コロンビアレコードの責任者であるジェイソンアイリーは、ロンソンを「真の紳士」であり、「業界で最も思いやりがあり、親切で謙虚なアーティストの1人」と称賛しました。

彼はレディガガの5枚目のアルバムジョアンヌをエグゼクティブプロデュースしました。

ロンソンは、ストーンエイジのクイーンズの2017年のアルバムVillainsを制作しました。

2018年、ロンソンは自身のレーベルであるZelig Recordsを設立しました。

これは、コロンビアレコードの刻印であり、彼が最初に署名したアーティストは歌手King Princessでした。

彼はまた、仲間のプロデューサーDiploとデュオシルクシティを結成しました。

Dua Lipaをフィーチャーした彼らの最初のシングル「Electricity」は、9月6日にリリースされ、US Dance Club Songsでピークを迎え、第61回グラミー賞でグラミー賞のベストダンスレコーディングを受賞しました。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

2018年5月、ロンソンがスタジオでマイリーサイラスと作業していたことが明らかになりました。彼らの最初のコラボレーション「Nothing Breaks Like a Heart」は2018年11月にリリースされました。


Mark Ronson – Nothing Breaks Like a Heart (Official Video) ft. Miley Cyrus

 

ロンソンはまた、頻繁に協力しているレディガガ、アンドリューワイアット、アンソニーロッソマンドとともに映画「スターイズボーン」の「シャロー」を共作しました。


Lady Gaga, Bradley Cooper – Shallow (from A Star Is Born) (Official Music Video)

 

この曲は、ロンソンアカデミー賞とゴールデングローブ賞のベストオリジナルソングを受賞したほか、2つのグラミー賞ノミネートを獲得し、ビジュアルメディア用に書かれたベストソングのグラミー賞を受賞しました。

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン

2019年4月12日、Mark Ronsonが5枚目のアルバム「Late Night Feelings」を2019年6月26日にリリースすることが発表されました。

このアルバムには、Miley Cyrus、Angel Olsen、Lykke Li、Camila Cabelloが含まれます。

ロンソンはこのアルバムを「悲しいバンガー」のコレクションと表現しており、タイトルトラックはリーの憂鬱なボーカルの下にある温かいミッドテンポのダンスグルーヴを表現しています。

2019年10月12日、BBCトゥーは、カールヒンドマーチ監督のドキュメンタリー、マークロンソン:フロムザハートを放送しました

 

まとめ

今回は、「マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スティーヴ・プリースト

スティーヴ・プリーストが死去、生い立ち、結婚、家族、音楽活動

スウィートのベーシスト、スティーヴ・プリーストが死去。「Co-Co」「Block Buster!」「The Ballroom Blitz」などのヒットで知られる英国のバンド、スウィートのベーシストだっ …

ジェイミー・オルダーカー

トラクターズのドラマー、ジェイミー・オルダーカーが死去。プロフィールや動画!

トラクターズのドラマー、ジェイミー・オルダーカーが68歳で死去しました。癌との長い戦いの後亡くなりました。ジェイミー・オルダーカーは以前、エリック・クラプトン、ピーター・フランプトンと演奏を共にしまし …

ポール・チャップマン

元UFOのポール・チャップマンが死去、プロフィールや音楽活動

元UFOのギタリスト、ポール・チャップマンが、66歳の誕生日に死去しました。チャップマンは彼のニックネーム「トンカ」でよく知られています。多くの友人からメッセージを受け取っています。 ポール・チャップ …

ジャスティンタウンズアール

ジャスティンタウンズアール死去。動画紹介!

シンガーソングライターのジャスティンタウンズアールが38歳で死去。動画紹介。アールの家族は、アールの2014年のアルバム「シングルマザーズ」のバラード「Looking for a Place to L …

ジャッキー吉川

ブルー・コメッツのジャッキー吉川死去、代表曲、活動

ヒット曲「ブルー・シャトウ」で知られるグループサウンズ「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」のリーダーを務めたジャッキー吉川さんが群馬県内の自宅で死去しました。81歳。ブルー・コメッツとジャッキー吉川の …