最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

「ストラングラーズ」のデイブ・グリーンフィールド死去、音楽活動、メンバー哀悼

投稿日:

英国のパンクバンドの「ストラングラーズ」のキーボード奏者デイブ・グリーンフィールドがコロナで死去しました。コーンウェルが生物学の博士号をもち、デイブ・グリーンフィールドさんは音楽大学でクラシックを専攻した経歴をもつなど特異な学歴をもつパンクバンドとしても注目された。音楽活動、メンバー哀悼の言葉。

Dave Greenfield

Dave Greenfield

 

英国パンクバンド,ストラングラーズのデイブ・グリーンフィールド死去

英国のパンクバンド「ストラングラーズ」のキーボード奏者、デイブ・グリーンフィールドさんが5月3日夕方、新型コロナウイルス感染症で死去しました。享年71歳。

 

ストラングラーズは1970年代にデビューし活躍したイングランド出身の4人組パンクロックバンド。元ボーカルのヒュー・コーンウェルがメンバーに声をかけ結成されました。

ヒュー・コーンウェル

ヒュー・コーンウェル

 

Golden Brown」などのヒット曲で愛されたのはもちろん、コーンウェルが生物学の博士号をもち、デイブ・グリーンフィールドさんは音楽大学でクラシックを専攻した経歴をもつなど特異な学歴をもつパンクバンドとしても注目された。


The Stranglers – Golden Brown (Live at Rock Am Ring 2012)

 

 

日本でも人気を獲得し、2019年、27年ぶりに単独来日公演を行い日本のファンを喜ばせていた。

 

デイブ・グリーンフィールドさんは心臓疾患のため入院していたところ、4月26日に新型コロナウイルス検査で陽性と診断され、それから1週間で亡くなった。

 

StranglersキーボードプレーヤーのDave Greenfieldは、Covid-19で陽性反応を示した後、71歳で亡くなりました。

デイブ・グリーンフィールド

デイブ・グリーンフィールド

デイブ・グリーンフィールドの音楽活動、メンバー哀悼の言葉

 

デイブ・グリーンフィールドは、バンドの最大のヒット、ゴールデンブラウン、1982年に英国のシングルチャートで2位になったヘロインについての歌を書いた。


Golden Brown – The Stranglers (Restored Music Video)

 

ストラングラーズのベースプレーヤー、ジャンジャック「JJ」バーネルは、「音楽の天才」としてグリーンフィールドに敬意を表しました。

ジャンジャック「JJ」バーネル

ジャンジャック「JJ」バーネル

 

ジャンジャックは言った「5月3日日曜日の夕方、45年の私の長い友人で長年の同僚、デイブグリーンフィールド、彼は音楽の天才でした。2020年の大流行の犠牲者の1人として亡くなりました。
「世界中のストラングラーズの家族全員が悲しみ、心からお悔やみを[グリーンフィールドの妻]パムに送ります。」

ドラマーのジェットブラック氏はまた、次のように述べています。

ジェットブラック

ジェットブラック

 

親愛なる友人と音楽の天才を失ったばかりで、全世界が失われています。

「デイブは完全に自然な音楽でした。一緒に、私たちは世界中を限りなくツアーしました、そして彼が何百万人もの人々に愛されていることは明らかでした。巨大な才能、大きな損失、彼は心から惜しまれます。」

Dave Greenfield

Dave Greenfield

 

ストラングラーズは1974年にサリー州ギルフォードで結成された。

ブライトンを起源とするグリーンフィールドは1年以内に加わり、パンクの時代に関わるようになりました。

ハープシコードやハモンドの電気オルガンなど、独特のサウンドと演奏スタイルですぐに知られるようになりました。

 

Stranglers

Stranglers

 

批評家は彼の音をドアーズのレイマンザレクの音と比較しました。

しかし、バンドのウェブサイトへのインタビューで、彼自身は他の有名なキーボード奏者の影響をより強く受けたと彼自身は言った。

 

「ドアーズが知っていたトラックは、ストームのライトマイファイアー&ライダーだけだった」とグリーンフィールドは語った。

「私が加わる前は、おそらくジョンロードとリックウェイクマンでした。」

Stranglers

Stranglers

 

同じインタビューで、彼はストラングラーズを常に「パンクよりも新しい波」であると考えており、多くの初期のバンドの写真で五芒星のペンダントを身に着けていることから明らかなように、オカルトに興味を持っていたことを認めました。

ペンタグラムは(大宇宙ではなく)小宇宙を表す」と彼は言った。

「自己と宇宙の関係。当時オカルトをかなり集中的に研究していました(実践されていません)。」

 

「音楽スキルと優しい自然」

おそらくグリーンフィールドの最高の瞬間であるゴールデンブラウンは、最終的にアイバーノヴェッロ賞を受賞しました。

しかし、彼のバンドメイトは当初その曲を破棄し、それをシングルとは見なしませんでした。

Stranglers

Stranglers

バンドの他のヒット曲には、No More Heroes、Peaches、Something Better Changeなどがあります。


ー  The Stranglers – No more heroes 1977


ー The Stranglers – Peaches (Live NRK Zting 1985)


ー  The Stranglers – Something Better Change (Live)

 

1990年にフロントマンのヒューコーンウェルが去った後も、ツアーとレコーディングを続けました。

コーンウェルはツイッターに投稿し、彼の古いバンドメイトの死を聞いて「すみませんでした」。

「彼はストラングラーズと他のすべてのパンクバンドとの違いだった」とコーンウェルは書いた。

「彼の音楽的スキルと穏やかな性質はバンドに興味深いひねりを与えました。彼は世界にゴールデンブラウンの音楽を与えた男として覚えておくべきです。」

現在のボーカリスト兼ギタリストのバズウォーンは、グリーンフィールドを「真の革新者」であり、「音楽の伝説」であると説明しています

「天才という言葉はこの時代にはあまりにも簡単に広まっているが、デイブ・グリーンフィールドは確かにそうだった」とウォーンは語った。

デイブ・グリーンフィールド

デイブ・グリーンフィールド

 

アルバムFire and Water (Ecoutez Vos Murs)

1983年には、アルバムFire and Water (Ecoutez Vos Murs)を発売。


ー Fire and Water (Ecoutez Vos Murs) (1983) 

 

デイブ・グリーンフィールドのボーカルパフォーマンス

デイブ・グリーンフィールドがボーカルパフォーマンスをしている動画紹介。


Dave Greenfield of The Stranglers A Legend in action

 

 

まとめ

今回

 

は「「ストラングラーズ」のデイブ・グリーンフィールド死去、音楽活動、メンバー哀悼」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベニー・マードネス

ベニー・マードネス死去、実績や結婚などのプロフィール。

1980年の大ヒット曲「イントゥ・ザ・ナイト」(Into the Night)で最もよく知られているミュージシャンのベニー・マードネス(Benny Mardones)は、パーキンソン病との20年にわた …

ENDON

ENDONの那倉悦生が死去。死因、最近の活動、インタビュー、おすすめの曲など

ENDONの那倉悦生が4月26日に急逝したことが発表された。ENDONのオフィシャルTwitterアカウントで明かされました。那倉悦生の兄である那倉太一さんが「那倉悦生が、去る四月二十六日、享年三十四 …

安田 裕美

ギタリスト安田裕美さん死去、プロフィールと主な作品など。

ギタリストの安田裕美さんが大腸がん死去しました。享年72歳。山崎ハコの夫で、井上陽水のデビュー当時を支えたバックギタリスト、編曲家でもありました。 安田 裕美 目次1 安田裕美さん死去2 安田裕美のプ …

Joe Diffie

ジョー・ディフィーの生い立ち、家族、実績、音楽スタイル、死亡詳細

3月29日、アメリカのカントリー・シンガー、ジョー・ディフィー(Joseph Logan Diffiee )が新型コロナウイルスが原因で死亡した。享年61歳。1990年代に大活躍した。ビルボードのカン …

マーク・ロンソン

マーク・ロンソン生い立ち、身長、結婚、音楽活動。

マーク・ロンソンは、ギタリストのミックジョーンズを義理父にもち、ジョン・レノンの息子であるショーン・レノンとは13歳の時からの親友でした。1993年にニューヨークのクラブシーンでDJとして名を馳せます …