最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

下山のためスイスの牛がヘリコプターで空中を飛ぶ動画! 

投稿日:

牛がヘリコプターで空中を飛ぶ動画。スイスアルプスでヘリコプターによって空輸された牛スイスの牛は、奇妙な光景で高山の牧草地の底に空輸されました。スイスの空輸された牛はアルプスのスイスカウの牧草地を約10頭の牛が中央のクラウセンパス地域の尾根からヘリコプターで連れて行かれました。

スイスアルプスでヘリコプターによって空輸された牛

スイスアルプスでヘリコプターによって空輸された牛

スイスの牛がヘリコプターで空中を飛ぶ。

メッシュハーネスを使用して、約10頭の牛は空に向かってチョッパーの下にある長さのケーブルで吊り下げられました。

待機中の農家はガイドロープを使用して牛を安全に着陸させてから、従来のトレーラーに移動しました。

スイスの中央部ウリ州アルトドルフとグラールス州リンタールを結ぶ山道「クラウセンパス」で牛の空輸という珍しい光景が目撃された。

 

スイスでは暑い夏の時期に牛たちを山の高所にある涼しい牧草地で過ごし、冬に近づくにつれて徐々に麓に近い牧草地へ移動していく。

 

通常の牛たちは歩いて下山するが、今回は10頭余りの牛がケガをしていたため空輸手段を取った。

飼い主であるジョナス・アーノルドさん(Jonas Arnold)は「ヘリコプターで牛たちを輸送する理由として、車でのアクセスが難しい牧草地へ向かう必要があったことが挙げられます。またケガをしている牛が歩く必要がなくなることも理由の1つです」と話す。

 

ジョナスさんが飼育している牛は約1000頭で、今回はそのうちの10頭ほどがヘリコプターで移動したという。

 

 

スイスの牛がヘリコプターで空中を飛ぶ動画。

スイスで空輸された牛•空輸された牛•牛[スイスアルプスでヘリコプターによって空輸された牛]


Cow Airlifted In Switzerland • Cows Airlifted • Cattle
[Cow airlifted by helicopter in Swiss Alps]

 

ヘリコプターの救助で牛がスイスの牧草地の上を飛ぶ。


Cows fly over Swiss pastures in helicopter rescue

 

高山の牧草地からヘリコプターで救出された負傷したスイスの牛。


Injured Swiss Cows Rescued Via Helicopter From Alpine Pastures.

負傷したスイスの牛は、アルプスの牧草地からヘリコプターに乗ることができます。

スイスアルプスの高い牧草地で夏に滞在中に負傷した牛は、金曜日にヘリコプターで山を下りたときに、より健康な群れに飛び乗った。

ダースの獣が、海抜約1,950メートル(6,400フィート)のクラウセンパス峠の近くに着陸するためのリフトを手に入れました。

 

残りの1,000頭の群れは、今週末、毎年恒例の牛のパレードでウリの中央州にあるウルナーボーデン地域に向かう予定でした。

 

まとめ。

 

今回は「下山のためスイスの牛がヘリコプターで空中を飛ぶ動画! 」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バスを止めたゾウが車内のバナナを横取り

スリランカでバスを止めたゾウが車内のバナナを横取りの動画!

スリランカでバスを止めたゾウが車内のバナナを横取りの動画!野生のゾウと遭遇したドライバーが積み荷のバナナを盗まれる動画がSNS上で話題となり、白昼堂々の犯行に多くの人が驚いた。#Elephant st …

通勤風景

黒字リストラとは、なぜ今黒字企業が早期退職を拡大するのか。今後生き抜くコツとは!

黒字リストラとは何か?黒字リストラで、今、業績好調の企業がリストラ目的で早期退職者を急拡大して募っています。その理由を挙げ、さらに日立のリストラをみて、これからの時代を生き抜くコツを探ります。 サラリ …

小川を飛び越えられず携帯と共に着水の父

スコットランドで小川を飛び越えられず携帯と共に着水の父の動画!

スコットランドのアンガスにあるレザム村に住むキンバリー・スーターさん(Kimberley Soutar)は、父親のイアンさんと賭けをして、イアンさんがジャンプ。ところが小川を飛び越えられず携帯と共に着 …

打ち合わせ委風景

『専業主婦は2億円損をする』じゃなく3億損をするってホント! 同一労働同一賃金下ではどうか

2017年に 『専業主婦は2億円損をする』を出版し、大きな話題になりました。著者の橘玲さんは、2億円は控えめな数字で実は「専業主婦は3億円損をする」という主張をなさっています。今後「働き方改革」で「同 …

皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う

米国で「表皮水疱症」と闘うEB患者マーキー君の動画!

米国で皮膚が剥がれる「表皮水疱症」と闘う20歳のマーキー君は、同じ病気で兄を亡くすも強く生きる動画。EB患者の大半は小児で、脆い蝶の羽にたとえて「バタフライ・キッズ」とも呼ばれており、年を重ねる毎に症 …