最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

米国民兵組織シビリアンディフェンスフォースCIVILIAN DEFENSE FORCEの主張!

投稿日:2021年1月8日 更新日:

米国民兵組織シビリアンディフェンスフォース(CIVILIAN DEFENSE FORCE)は、どんな主張、ステータスを持っているか。シビリアンディフェンスフォースは、米民兵組織連合(militia.me)に加盟する米国民兵組織です。今、米国で注目されている民兵組織ですが、独特の考えを持っている日本には存在しない種類の団体です。今回は、米国民兵組織の一つシビリアンディフェンスフォースの主張を紹介します。

シビリアンディフェンスフォース

シビリアンディフェンスフォース

CDFから見た米国の状況。

 

シビリアンディフェンスフォース(CIVILIAN DEFENSE FORCE)はCDFと略記します。

米国民兵組織シビリアンディフェンスフォース(CIVILIAN DEFENSE FORCE)は、2020年から20201年にかけての米国の状況を以下の様にとらえています。

シビリアンディフェンスフォース

シビリアンディフェンスフォース

 

CDFから見た米国の状況は、

「私たちの米国は団結する以外の何物でもない。私たちは暴動、略奪、燃焼、騒乱の夏を経験し、それは始まったばかりです。

私たちは、ウイルスから私たちを「保護」するためのドラコニアン対策の1年を通して苦しんできましたが、治療法は病気よりもはるかに破壊的です。そして今、私たちの権利と自分のリーダーを選ぶ能力は、不正な選挙で私たちから盗まれました。

 

どう見てもこの国は困っていて、トラブルが日常の状態である場合、暴力と破壊もまた起こるでしょう。それはかどうかの問題ではなく、いつ、どのくらいの問題です。

 

しかし、あなたは愛国者です。あなたはこの国が大好きです。私たちの「リーダー」が私たちの敵に私たちを売り払い、彼らの悪党の手下が通りで横行している。

アメリカの夢、アメリカの道は死にかけている。もっと言えば、私たち自身の国境内の反アメリカ人はそれを殺しています。

我が国は今まで見た中で最大の危険に直面している。

アメリカの歴史の中で、私たちの共和国にとって危険がそれほど深刻ではありませんでした。私たちの学校は浸透し、裁判所は危険にさらされ、今やアメリカの敵は政府の最も深い休憩所に定着しています。

その結果、多くの場所で2層の司法制度を含む法と秩序が完全に崩壊しました。

最も不穏なことに、自由な人々であり続けるために必要な最も基本的な権利、つまり私たちの投票権を失うことに終わったのです。

11月3日、厚かましく無慈悲な方法で、私たちの自由で公正な選挙は、計り知れない規模で行われた大規模な詐欺によって妨害されました。

8,000万人の有権者は、広範囲にわたる実証的な腐敗、違憲の規則変更、あからさまな不正行為によって即座に分裂しました。世界政府による明らかな干渉を含む詐欺の明確な証拠の山にもかかわらず、誰も逮捕、起訴、または処罰されていません。実際、証拠をわざわざ見る裁判所はありません。最高裁判所でさえ、他の誰かが整理するために缶を蹴って道を蹴って拒否しました。」

以上がCDFから見た米国の状況です。

 

CDFから見た米国の敵とは。

シビリアンディフェンスフォース

シビリアンディフェンスフォース

 

CDFから見た米国の敵とは何か。

CDFは何と戦おうとしているのでしょうか?

CDFは以下の様にコメントしています。

この国の敵はもはやドアをノックしていません。彼らは中にいて、しばらくしています。
彼らはアメリカを偉大にしたすべてのものを破壊するつもりであり、彼らはそうする途中
です。

この1年間、私たちは、この国で目撃するとは誰も信じなかったでしょう。

犯罪者は、検察が刑務所に入ることを拒否するので、全国の都市でamok、暴動、略奪を実行します。

市民は教会に通うことを禁じ、子供たちは学校に通うことを禁じ、ストリップクラブや酒屋は「いつも通りのビジネス」を維持しています。大企業が記録的な利益を得ている間、中小企業は閉鎖を余儀なくされました。

マスクの義務、家にいる注文、そしてすぐに十分に強制予防接種。また、従わないと、99.7%の生存率を持つウイルスを介して、どこでも買い物や仕事をすることはできません。」

以上がCDFが敵と捕らえている事柄です。

 

CDFが言っている究極の裏切りとは!

CDFは、「究極の裏切り」について以下のことを述べています。

そして今、究極の裏切り。私たちの投票は、大規模で明白な選挙詐欺によって私たちから盗まれ、誰も国家や連邦政府ではなく、裁判所ではなく、軍が立ち上がってそれについて何かをする意思はありません。」

以上の様にCDFは、「究極の裏切り」と激しく批判しています。

 

CDFの存在主張

米国民兵組織シビリアンディフェンスフォース(CIVILIAN DEFENSE FORCE)は、自身の存在について以下の様に主張しています。

 

私たちのほとんどは、私たちの国が燃えたように静かに座っています。

あなたのように、私たちは私たちの国を愛する愛国者です。

私たちは、私たちが建てた家、私たちが稼いだ仕事、私たちが愛する家族、私たちが気にしている隣人を持っています。

私たちのコミュニティは私たちにとって重要であり、私たちがそれらを構築することを可能にした自由もそうです。

既存のセーフガードが故障しているので、私たちはリアルタイムで見ています。

私たちの敵は私たちを自由に保つ保護を破壊し、彼らは内側からそれをやっています。

民間防衛軍は、これらの保護が仕事に不十分になるにつれて、ギャップに足を踏み入れるために作成されました。

 

私たちは、平和の敵であるアメリカの敵との間に立って、挑戦に立ち上がります。

これが自然災害などの危機を助けることを意味するならば、私たちはそこにいます。

無法と侵略に対してラインを立つために武器を取ることを意味するならば、それは私たちがやります。

状況に関係なく、CDFは常にラインを保持し、私たちが構築するために懸命に働いた平和な生活を保護するために一緒に来る隣人になります。

わたしたちは「忠実な仲間」です。

オオカミが遠吠えしているとき、羊飼いは彼らを追い払います。私たちは羊飼いの側に立ちます。

私たちは地域社会の羊飼いではありません。私たちは忠実な仲間です。そうやって私たちは自分自身を見るのが好きです。

羊の犬を知ったことがあれば、彼らはフレンドリーで社交的で、遊び心さえあることを知
っています。

しかし、義務の時が来ると、彼らは忠実で攻撃的で、激しいです。民間防衛軍は近所の羊の犬です。」

以上がCDFの存在主張です。

民間防衛隊とは何でしょうか?

民間防衛隊とは何でしょうか?

CDFは以下の様に説明しています。

 

「あなたのような人。私たちはあなたの友人、家族、隣人です。
民間防衛軍は、あなたと同じように、日常のアメリカ人です。

私たちは家族を育て、仕事をし、7月4日にバーベキューを食べます。私たちは自由に感謝し、彼らを勝ち取り、守るために犠牲を払った人々を称え、子供たちに旗と国歌を尊重するように教えます。

私たちは、人種や宗教、オリエンテーションに関係なく、人生、自由、そしてすべての人の幸福の追求を信じています。

しかし、私たちの権利と財産も尊重されることを期待しています。私たちは沈黙、脅迫、脅迫、破壊、略奪、暴行を受けるのにうんざりしています。

私たちは、私たちが人種差別主義者、つまり「特権的」であると言われたり、楽しい人生を作るために一生懸命働いたので、そうでない人を何とか間違ってしまったのでうんざりしています。

私たちは、話しかけ、美徳の合図を受け、嘘をつかれるのにうんざりしています。ほとんどの場合、私たちは自由、歴史、そして私たちの生き方がどのように攻撃されているかにうんざりしており、それに立ち向かうどころか、誰も声を上げる気ささえありません。

だから私たちはします!」

以上の様にCDFは主張しています。

 

まとめ

今回は「米国民兵組織シビリアンディフェンスフォースCIVILIAN DEFENSE FORCEの主張!」というテーマでお送りいたしました。

関連記事

米民兵組織連合加盟組織スリー・パーセントズの詳細!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

プーチン大統領

プーチン大統領、自宅に殺菌トンネル、顔認識体温測定装置を設置。

ロシアのプーチン大統領は新型コロナウイルス感染を予防するため、自宅の入り口に「殺菌トンネル」を設置した。さらに、プーチンの自宅に設置された部屋は訪問者の体温を測定でき、顔認識技術を備えている。 プーチ …

トランプ大統領

トランプ大統領は選挙演説で、「大きくて美しい赤い波」を予測した!

ノースカロライナの集会の演説で、世論調査の劣勢にもかかわらず、ドナルド・トランプ大統領は選挙の夜に「大きくて美しい赤い波」を予測し、大統領選に勝利するといった。また、イエス・キリストだけが私より有名で …

トランプ大統領

アリゾナ州公聴会でトランプ大統領の電話スピーチ!

アメリカ大統領選に関するアリゾナ州の選挙公聴会が11月30日に行われました。トランプ大統領は、アリゾナ州公聴会で、歓声の飛びかう中、電話スピーチを行いました。その中でトランプ大統領は公聴会に対し「私た …

アメリカ国旗

アメリカイランの関係悪化は第三次世界大戦の可能性も!そして日本の生き残る道は?

アメリカイランの急激な関係悪化は第三次世界大戦の可能性も出てきた。いまは、世界の国が、アメリカイランに冷静な対応を促している。今後、日本も難しい局面が来るが、中立を貫くことが日本の唯一の生き残る道であ …

トランプ大統領

トランプ大統領の2020年12月12日の演説!

President Trump’s December 12, 2020 Speech!トランプ大統領の2020年12月12日の演説。この演説は、FISA発動について、非常に重要なメッセージ …