最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

抗うつ薬の副作用で死の淵をさまよった女性クリスチャン・ベネット!

投稿日:

米テキサス州在住でデザイナーのクリスチャン・ベネットさん(Christan Bennett)が、5年前に体験した壮絶な薬の副作用について英メディアが伝えた。病気を治すための薬が稀に副作用を起こすことがあるが、アメリカに住むクリスチャン・ベネットさんは数年前に抗うつ薬の副作用によって死の淵をさまようこととなった。抗うつ薬の「ラミクタール」で、女性は全身の皮膚がまるで焼け爛れたようになり、一時は昏睡状態に置かれたという。そして抗うつ薬の副作用で死の淵をさまよった女性が今は「私が今、生きていることは奇跡」と語る。

クリスチャン・ベネットさん

クリスチャン・ベネットさん

抗うつ薬の副作用で死の淵をさまよった女性クリスチャン。

 

クリスチャンさんは5年前の2016年3月、うつ病を患ったことから医師に抗うつ薬の「ラミクタール」を処方された。

 

処方されたラミクタールを服用し始めた当初、最初の数週間は大丈夫で、クリスチャンさんは気分良く毎日を過ごすことができた。

 

3週間後2016年4月1日に高熱、重度の神経痛、激しい頭痛などが発症。彼女が歯を磨くと、彼女の唇の組織が落ちるほどになってしまいました。

 

この後、クリスチャンさんは異常な反応を起こしたことを心配して地元の病院を訪れ、医師は彼女を有毒な表皮壊死症、水疱を引き起こす薬物に対する重度の皮膚反応、さらには失明の危険を診断した。

 

クリスチャンさんは、病院の医師から、ラミクタールの副作用である中毒性表皮壊死融解症と診断されたのでした。

 

その頃には全身が水ぶくれに覆われ、顔面は火傷を負って黒ずんだような状態となり、失明をする可能性も視野に入れねばならなかった。

 

私が病院に着くとすぐに、私はすぐに隔離され、伝染病の専門家や毒物学者のような50人の医師のように思われたスタッフによって検査され、この時点で何が本当であるかを解読するのは難しかったです」と、ベネットが言いました。

 

彼女はすぐに病院の専門の火傷ユニットに急いだ。そこに行く途中、ベネットの腕は水ぶくれになり破裂し始め、彼女が苦しんでいた痛みにショックを受けました。

 

「私は痛みのためにショックを受けていたし、私の腕が水ぶくれになり、ベッドから飛び降りかけた以外に、私の転送中に何が起こったかについてほとんど記憶がありません」と、ベネットが言いました。

「この時点で、医師は私が有毒な表皮壊死症(私の薬に対する重度の皮膚反応)に苦しんでいっていると私に言うために私を目覚めさせようとしましたが、私は理解するのに十分な状態ではありませんでした」と、ベネットは付け加えました。

 

ベネットは火傷ユニットに到着するまでに幻覚を始め、医師は水ぶくれからそれらを保護するために彼女の目に胎盤膜移植、または膜細胞移植を行うことを余儀なくされました。

 

クリスチャンさんはすぐに火傷専門の集中治療室で治療を受けることとなった。医師は彼女の肺と心臓への負担を軽くするため医学的に昏睡状態に置いた。

クリスチャン・ベネットさん

クリスチャン・ベネットさん

 

そして3週間後に目覚めさせられたクリスチャンさんだったが、今度は消化管が爛れていたことで自力で呼吸することができなくなり、人工呼吸器を装着することとなった。

 

3週間が経過した後、彼女は自分で呼吸することができず、瘻孔(喉と胃の間の異常な接続)を引き起こしたので、彼女は彼女の体液を与え、彼女の安定を保つために取り付けられた胃腸管を必要としました。9か月間はチューブで栄養を摂り、その間消化管の修復を含めた手術が14回も行われたとのことでした。

彼女はベッドに縛られ、歩くことができず、理学療法を通じて回復を取り戻さなければならなかった。ベネットは膜組織から回復するために目の手術を必要としました。

 

彼女は9ヶ月間給餌管に置かれ、臓器提供者の筋肉移植片を使って喉を修復し、自分で飲食を始めました。

 

必要な手術が全て済んだ後、クリスチャンさんは徐々に回復へと向かった。

 

容体が良くなったクリスチャンさんは自分の力で飲んだり食べたりできるようリハビリを続けた後、ようやく病院を退院することができた。

その後3年間は仕事が出来なかったクリスチャンさんだが、現在はデザイナーとして活躍できるまでになった。

 

クリスチャン・ベネットが病気から回復後悟ったこと。

 

そんなクリスチャンさんは自ら経験した試練について、次のように語っている。

「今は薬にとても慎重になっていて、処方されたことのない新しい薬は服用しないことにしています。」

「本当に私が今、生きていることは奇跡だと言えます。今もまだ入院していた頃のことを頭の中で整理しようとしています。もし同じような経験をしている人がいるなら、一日一日を大切にして欲しい。あなたは1人ではないのだから…。」

 

すべての痛みと苦しみの後、ベネットはついに解放され、彼女は生きていることを幸せに思います。

「私は自分の経験を共有する人を一人も知らないので、私は気分を良くすることを意図した薬のために毎日多くの痛みと一緒に暮らさなければならなかったと怒りを感じています。

私は3年間働く事が出来なかったし、デザイナーとしてのキャリアをスタートさせたばかりのので、私の家族は私の試練を通して私を大いに支えてくれました。

「今、私は処方されている薬について非常に慎重であり、私は前に持っていなかった何も新しいものを取ることはありません – しかし、それは私が生きている奇跡です。

「私はまだ私の入院をつなぎ合わせようとしており、同じような状況を経験している人へのアドバイスは、一日一日それを取ることです – あなたは一人ではありません。

まとめ

今回は「抗うつ薬の副作用で死の淵をさまよった女性クリスチャン・ベネット!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PCR検査の精度測定の検査キット

PCR検査の精度測定の検査キットを発売【PCR検査の精度確認が可能に!】

リコーは、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる遺伝子(PCR)検査の精度を測定できるキットを月内に販売します。これにより、PCR検査の精度確認が可能になります。 PCR検査の精度測定の検査キット & …

人混み

同一労働同一賃金の問題点とは。 いつから何が変わる?せまる意識変革の時代

同一労働同一賃金制度が、間もなく導入されます。同一労働同一賃金制度の問題点を指摘しまた、実施時期・詳細内容について詳しく説明。さらに今後の影響について考えます。そしてついに来た変革の時代に対する心構え …

ジャーマン・シェパードのサディ(Sadie)

脳卒中で倒れた飼い主を救ったシェパード・サディ(Sadie)の動画!

米ニュージャージー州オークランドにある動物保護施設「ラマポ=ベルゲン・アニマル・レフュージ」にある日、「引っ越しをするので引き取ってくれ」と6歳のメスのジャーマン・シェパードのサディが連れてこられた。 …

小児がん女児の家の前に沢山のお菓子

米ジョージア州アトランタに住むゾーイちゃん(Zoe)の庭にたくさんのお菓子!

米ジョージア州アトランタに住むゾーイちゃん(Zoe)の庭にたくさんのお菓子が積まれました。ハロウィンの日に起きた心温まる瞬間 です。ママは、庭に置かれたたくさんのキャンディ に驚きました。そして、「私 …

「ゾンビ化したアンジェリーナ・ジョリー」

「ゾンビ化したアンジェリーナ・ジョリー」のイラン女性の動画!

イランのテヘランに住所を置く、元インスタグラマーのサハル・タバルさん(本名Fatemeh Khishvand、23)はかつて「ゾンビ化したアンジェリーナ・ジョリー」と呼ばれ有名になったイラン人女性の動 …