最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国が新たな構造物、インドとの衝突現場付近で、新たな衝突懸念。

投稿日:

中国とインドの国境付近における両軍の衝突を巡り、ヒマラヤ山脈西部の衝突現場近くで中国が新たな構造物を建設したとみられることが衛星写真によりわかった。中国は、今月初めに20人のインド軍を死去させたヒマラヤ国境衝突の現場近くに新しい建造物を建設したと、新しい衛星画像が示唆している。インド兵20人が死亡したガルワン渓谷での15日の衝突を受け、インドと中国の軍司令官は22日、係争地に沿った複数の場所から対峙する軍を撤退させることで合意していた矢先。

インドとの衝突現場付近の中国が新たな構造物

インドとの衝突現場付近の中国が新たな構造物

中国が新たな構造物建設

 

衛星写真は衝突後の1週間に新たな建設活動が行われたことを示しており、合意の崩壊リスクが懸念される。

 

核保有国同士の領土争いをめぐる戦いは警戒心を呼び起こした。中国の死傷者も報告されたが確認されなかった。

 

この写真は米宇宙技術企業マクサー・テクノロジーズが6月22日に撮影。ガルワン川を見渡す河岸段丘で中国の構造物が増えている様子が見て取れる。

インドは構造物ができた地域について、実効支配線(LAC)からみて自国側に当たると指摘する。

中国はガルワン渓谷全体が自国領だとし、インド軍が衝突を誘発していると非難する。

オーストラリア戦略政策研究所の衛星データ専門家、Nathan Ruser氏は22日にガルワン渓谷を撮影した衛星写真について、構造物の建設は緊張緩和の兆候がほとんど見られていないことを示しているとし、「『撤退』は(インド)政府が用いるべき言葉ではない」とツイートした。

 

バンカー、テント、軍用ハードウェアの保管ユニットは、先月なかった場所に見えます。

 

最新の画像は、緊張を和らげるための協議を行っているため公開されました。
6月22日付けの新しい衛星画像は、宇宙技術会社Maxarからのものです。

 

ロイター通信によると、ガルワン川を見下ろす中国によって建設されたと思われる建造物は、航空写真では見えなかったという。

インドも中国もコメントしていません。

紛争中のラダックのヒマラヤ地域であるガルワン渓谷での衝突は、両国の高レベルの軍事指揮官が「さまざまな二国間協定に従って国境地域の状況を平和的に解決する」ことに同意した6週15日後に起こりました。

インドの外務省が水曜日に発表した声明は、インドのスブラマニャム・ジャイシャンカル外相と中国の王毅外相が、6月6日に上級司令官によって達成された解放とエスカレーション解除に関する双方の理解を誠実に実行すべきであることを再確認したと述べた」

 

中国が新たな構造物は、対抗手段か

 

中国の新たな構造物は、インドがラダックに建設した道路への対抗手段か?

インドの主要な防衛アナリストであるAjai Shukla氏は、「ガルワンバレーにはLAC [実際の支配線]から1.5 kmの距離に1.5 kmの大規模な中国人キャンプが存在する」とツイートしました。

地元メディアはまた、中国による追加の増強が6月15日の衝突とそれ以前の司令官レベルの会談の間に行われたようだと言ったとインド軍の情報源を引用している。

上が以前の写真で、下が、中国の新たな構造物を示す最近の写真です。

 

中国が新たな構造物

中国が新たな構造物

5月の衛星画像では、衝突が発生した場所の近くの紛争地域に構造物は示されていません。
ラダック問題の専門家である元インド外交官PストブダンはBBCに「懸念している」と語った。

「インドの政府は写真を発表していないか声明を発表していないので、評価するのは難しい。しかし、民間企業が発表した画像は、中国人がインフラを構築して後退していないことを示している」と彼は言った。

衝突はインドの首相ナレンドラ・モディに彼の最大の外交政策挑戦の1つを提示します。

 

インド政府は、十分な対策がなされていないと、非難に直面しているからです。

 

先週の金曜日、彼はインドの領土への中国の侵入があったことを否定して、起こったことを軽視しようとした。

しかし、彼のコメントは、以前に中国を「LACの私たちの側にあるガルワン渓谷に構造物を建てる」ことを求めていると非難していた外相からの発言を意に止めませんでした。

 

武力衝突は、暴力はインドでは大きなニュースでしたが、中国ではほとんど議論されておらず、北京では何が起こったのかについての詳細はほとんど伝えられていません。

 

インドは、ラダックのガルワン渓谷に何千人もの軍隊を派遣したとして中国を非難し、中国はその領土の38,000平方キロメートル(14,700平方マイル)を占めていると述べています。

過去30年間の数回の会談では、境界紛争を解決することができませんでした。

インドが屈辱的な敗北を経験した1962年の時点で、両国はこれまでに1つの戦争だけを戦った。

5月には、北東部のシッキム州の国境で数十人のインド人と中国人の兵士が物理的な打撃を交わしました。そして2017年には、中国が紛争中の高原であるドクラムを通って国境道路を延長しようとした後、両国がこの地域で衝突しました。

緊張はまた、インドがラダックに建設した道路を越えて高まりました。

現在、緊張が高まっている理由はいくつかありますが、根本には競合する戦略目標があり、双方が互いに非難しています。

専門家が言うことでのインドの新しい道は、ラダックのLACに沿って最も遠隔で脆弱なエリアです。

 

道路は、紛争が起こった場合に人と物資を迅速に移動させるデリーの能力を高める可能性があります。

アナリストは、インフラを強化するというインドの決定が北京を激怒させたようだと言います。

まとめ

今回は「中国が新たな構造物、インドとの衝突現場付近で、新たな衝突懸念。」というテーマでお送りしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聖地エルサレム

パレスチナのアッパス議長がなぜ「謀略」と和平案を考えたか!

トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表しました。一定の条件を伴うパレスチナに独立国家の建設を認める内容のものでトランプ大統領は、「これが最後の機会になるかもしれない」とも言 …

インドと中国の衝突

中国がインド境界線付近に配置された軍部隊に、格闘家らを配属。

中国軍、インド軍との衝突直前に総合格闘家を部隊に配属 。中国は今月致命的な衝突の直前に登山者や武道の専門家をインド国境近くの軍隊を補強した、と国営メディアは報じた。今までの、中国・インド間の国境をめぐ …

WHOテドロス事務局長

WHOテドロス事務局長の妄言集「我々は天使でなく人間だ」ほか

WHOテドロス事務局長の妄言が止まりません。アメリカのトランプ大統領からのWHOへの批判に対しWHOテドロス事務局長は、「米国と中国はともに(新型コロナという)危険な敵と戦うべきだ」。また、「われわれ …

ジーン・ケネディ・スミス

ジーン・ケネディ・スミスの生い立ちと家族や政治活動について。

ジーン・ケネディ・スミスさん死去。ケネディ元米大統領の妹で、元駐アイルランド米大使を務めた。ケネディ兄弟に関し「当時、彼らは単に私の遊び仲間でした。それらは私の娯楽の源であり、私の賞賛の対象でした。」 …

木村 花

木村花さんが死去が国際ニュースで報道。

木村花さんが死去が国際ニュースで報道されました。FOXNEWSは、「A cause of death for the star is still unknown.」木村さんの死因は不明となっています。 …