最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

チョコレート会社のマスコットに抜擢カエル「ベティ(Betty)」の動画!

投稿日:

イギリス発祥の大手製菓会社「The Hershey Company」が販売するチョコレートブランド「キャドバリー(Cadbury)」は、アメリカでも大人気のチョコレートで、アメリカ支社の「Cadbury USA」では、イースターに先駆けて宣伝大使を担うマスコットである“キャドバリー・バニー(Cadbury Bunny)にカエルが抜擢、初の両生類採用に期待の声があがっています。チョコレート会社のマスコットにカエル「ベティ(Betty)」の動画。

チョコレート会社のマスコットにカエルが抜擢 初の両生類採用

チョコレート会社のマスコットにカエルが抜擢 初の両生類採用

チョコレート会社のマスコットにカエル「ベティ(Betty)」抜擢。

イギリス発祥の大手製菓会社「The Hershey Company」が販売するチョコレートブランド「キャドバリー(Cadbury)」は、アメリカでも大人気のチョコレートで、このほどアメリカ支社の「Cadbury USA」では、イースターに先駆けて宣伝大使を担うマスコットである“キャドバリー・バニー(Cadbury Bunny)”を務める動物を募集した。

 

象徴的な卵形のキャンディーメーカーは、12,000以上の動物の提出から選ばれたキャドバリーバニートライアウトの勝者を発表しました。

バニーの耳は最終的にフロリダ州スチュアートからオーストラリアのホワイトのツリーフロッグ「ベティ」に授与されました。

 

キャドバリーの人々は、2021年は全国で12,000以上のエントリー30,000票近くを獲得し、トライアウトの記録的な年だったと言いましたが、ベティは競争に足を上げ、カエルのエタボケートのない方法でアメリカの心を盗みました。

 

ベティは史上初の両生類と女性の勝者です。彼女は今年の春に象徴的なキャドバリークラッキングバニーコマーシャルに主演する予定で、5,000ドルの賞金を受け取ります。

 

その結果チョコレート会社のマスコットにカエルが抜擢された。初の両生類採用に期待の声があがっています。

 

イギリスやアメリカで人気のチョコレートブランド「キャドバリー(Cadbury)」は、このほどイースターに向けた宣伝のためにマスコットとなる動物の公募い、候補は犬や猫が中心だったが、投票の結果マスコットに選ばれたのは、なんとカエルだった。

 

「2021年のキャドバリー・トライアウトの間に入って投票したすべての人に感謝します!新しいバニーは??です。「ベティ!」と同社はInstagramに書き込み、ドラムロールとファンファーレで勝利を明らかにするかわいいクリップを共有しました。

 

 

同社初の両生類マスコットとなったこのカエルはこれからCM撮影などを行い、商品宣伝のため忙しくなるようだ。

 

同社は専用Instagramアカウントにて、3月6日より募集を開始した。コンテスト形式で行われたこのイベントには犬や猫を中心にしつつも、牛やヤギ、カメ、アルパカ、カバ、ロバなどの動物たちが立候補し、イースターにちなんだウサギの耳のカチューシャなどを装着してアピールを行った。

 

そして投票の結果、12,000以上の候補の中から選ばれたのはなんとカエルの「ベティ(Betty)」だった。

 

応募写真にはカゴいっぱいのカラフルな卵の横で、ベティが飼い主特製と思われるウサギの耳が付いたシルクハットを被ってポージングを決めている。

 

キャドバリーUSAはInstagramに、ベティのお気に入りの娯楽には「寝て、深夜の間食、水のボウルに浸って、友達と一緒に時間を過ごす」などだと書いています。

 

同社がマスコットとして両生類を採用したのは初めてのことで、ベティは両生類マスコットとしての先駆者となった。

 

ベティはオーストラリアンイエアメガエル(Australian White’s Treefrog)という種類のカエルで、セントラルフロリダ大学(University of Central Florida)に通うケイトリン・ビダルさん(Kaitlyn Vidal)が飼育している。

 

「4匹飼っているカエルのうち、ベティは一番面白いカエルなのでマスコットとしては適任だと思います。ベティは私たち家族にとって素晴らしい存在で、世界中の人にベティを知ってもらえるのは嬉しいですね」と話すケイトリンさんは、賞金5,000ドル(約55万円)を受け取った。

 

今後ベティはイースターのウサギに扮してCM撮影を行うようで、同社のブランドマネージャーのトレバー・ジャクベックさん(Trevor Jakubek)は「ベティにウサギの耳を付けるのが本当に楽しみです。

歴代の“キャドバリー・バニー(Cadbury Bunny)”の中でも殿堂入りすると思いますよ」と期待に胸を膨らませている。

 

ベティの優勝には、「おめでとうベティ! カエルが好きだから嬉しい!」「本当に可愛い!」「ベティはキャドバリー・バニーとして完璧だよ」といった声が多数寄せられた。

 

 

12,000匹以上の動物がキャドバリーバニーのトライアウトに出場しましたが、今年の大きな勝者として、ベティオーストラリアホワイトの木のカエルは2021キャドバリークラッキングバニーコマーシャルに主演し、$5,000の賞金を受け取ります。

 

ベティは、コンペティションの最小の勝者最初の両生類とコンペティションの最初の女性の勝者として歴史を作っています。

 

セントラルフロリダ大学の4年生であるオーナーのケイトリン・ビダルは、「ベティは違うものを知っているし、私たちの違いが私たちを作り出し、誇りに思うものがあることを皆に示す機会を与えたいと思っています」とコメント。

チョコレート会社のマスコットにカエル「ベティ(Betty)」動画。

 

2021年のキャドバリーバニートライアウトで優勝したフロリダのアマガエルに
会いましょう。


Meet the Florida tree frog that won the 2021 Cadbury Bunny tryouts

 

キャドバリークラッキングバニー| 2021年の勝者。


ー  CADBURY Clucking Bunny | 2021 Winner

 

まとめ

今回は「チョコレート会社のマスコットに抜擢カエル「ベティ(Betty)」の動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマートフォン

信用スコアを使ったスマホ融資は危険か!スマホ融資の注意点について。

日本でも、AIを使った信用スコアで、個人の信用力を数値化して融資に利用する「スマホ融資」が広がりそうな流れになっています。この信用スコアを使った「スマホ融資」に危険性は無いのか!、今後拡大するスマホ融 …

猫アスラン(Aslan)

カナダで寒さで凍えそうな迷い猫がで窓をノックの動画!

カナダで寒さで凍えそうな迷い猫がで窓をノックの動画!2019年2月14日、カナダのケベック州に住むジャエルさん(Jaelle)は裏庭から奇妙な音がしたため気になって確認しに行った。すると窓ガラス越しに …

ミニカー

トヨタ がトミカ化を依頼する訳は「ドリームトミカ」人気とコラボ戦略

いま、トミカのミニカーが、売上高は右肩上がりで、2017、2018年度も過去最高を更新しています。そして、自動車メーカーのトヨタも自社のトミカ化戦略で、「ドリームトミカ」とコラボ戦略で、車の売り上げを …

タカラバイオ製PCR検査キット

唾液のPCR検査試薬。自宅で自分で採取タカラバイオ製

唾液から新型コロナウィルスの感染の有無を調べるPCR用検査試薬をタカラバイオが発売する。厚生労働省の認可などを受けてから発売は,早くて5月末を予定している。実現すれば、PCR検査数の増加が見込める。 …

通販

アマゾンやらせレビューの実態「サクラが多い」「PayPal戻し」の手口

アマゾンの利用者による商品レビューが話題に。以前から「サクラが多い」「信用できない」などステマっぽいやらせレビューの実態があります。、新ガイドラインで、横行しているのが「PayPal戻し」の手口です。 …