最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

メキシコ、ユカタン半島で、ある水中洞窟古代の遺物の動画!

投稿日:

メキシコ、ユカタン半島で、ある水中洞窟で1万年前の人類の痕跡を発見。1万年前の人類の痕跡を、メキシコの地下水中洞窟で発見した動画。#An underwater cave on the Yucatan Peninsula, Mexico

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

メキシコ、ユカタン半島で、ある水中洞窟古代の遺物

 

2017年春、キンタナロー帯水層系研究所(CINDAQ)所長、サム・ミーチャム氏ミーチャム氏ともう一人のダイバーはメキシコ、ユカタン半島で、ある水中洞窟を調査していました。

 

そして、洞窟に入った二人は、床や天井から突き出すとがった岩をよけながら、すでに800メートルほど泳いでいたが、ここでついに幅がわずか70センチほどしかない隙間に突き当たりました。

 

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

 

狭い隙間の向こうにある空間で彼らが目にしたのは、細かい部分まで当時のままに保存された古代の景色でした。

 

そこは1万1000年前、顔料として使うレッド・オーカーを採掘していた場所で、道具や火を使った炉までが残されていました。

 

研究成果は、2020年7月3日付の学術誌「Science Advances」に発表されました。

 

オーカーは鉄分を豊富に含む顔料で、はるか昔から世界中の人々に使われてきた。この採掘場は、古代の人々がどこで、どのように顔料を手に入れていたのかを教えてくれる希少な場所の一つでした。

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

 

「古代の人々がどんな方法で鉱物顔料を集めたのかを想像することに、わたしは長い時間を費やしてきました」と、論文の執筆者である米ミズーリ大学の考古学者、ブランディ・マクドナルド氏は言う。「その現場を、これほどの保存状態で見ることができるというのは衝撃的でした」

 

今回の発見はまた、古代マヤ国家が勃興するより前の、アメリカ大陸最初期の人々の生活について知る貴重な機会でもある。「ナイア」と呼ばれる少女の骨格もその一つで、十数年前に顔料採掘場の近くの洞窟で発見された。

 

彼女は1万3000年ほど前に、洞窟へ落下して死んだものと見られている。

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

 

キンタナロー州の入り組んだ洞窟系では、この他に少なくとも9人の古代人の遺骨が確認されている。それらは、約8000年前に海面上昇によって洞窟に水が入った結果、朽ちることなく残されていたわけです。

 

人々が洞窟の中で何をしていたかについては、ずっと議論が続いてきた。彼らは死者を埋葬するために洞窟に来たのか、それとも真水を求めてやって来たのだろうか?

 

「彼らはいったい何のために地下深くに降りたのでしょうか」と、メキシコ国立人類学歴史研究所(INAH)水中考古学局長のロベルト・フンコ氏は言う。

 

わたしたちは今、少なくともその理由の一つを突き止めました。オーカー顔料の採掘であることを示す、非常に強力な証拠を手に入れたのです」

 

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

メキシコ、ユカタン半島の水中洞窟

 

 

今回、手つかずの採掘場が見つかったことで、30キロほど離れた別の2カ所も採掘場だった可能性が高いことが確認された。放射性炭素年代測定によると、これら3カ所の採掘場は、1万2000年前から1万年前にかけて使われていたと考えられる。

 

 

調査チームは、100回におよぶ潜水、計600時間もの水中滞在時間を費やして、古代の採掘活動を記録している。サンプルを採取し、動画を撮影し、何万枚もの写真を撮って、ラ・ミナ遺跡の三次元モデルを構築した。

 

論文著者の一人である米ニューハンプシャー大学のバリー・ロック氏によると、採掘場周辺で見つかった木炭は、樹脂を多く含む木からできたもので、明るく、長く燃えることから選ばれた可能性が高いという。

 

 メキシコ、ユカタン半島で、ある水中洞窟古代の遺物の動画。

 

世界最大の水中古代洞窟が発見されたばかりで、マヤの秘密がいっぱいです。


The World’s Largest Underwater Ancient Cave Was Just Discovered and It’s Full of Mayan Secrets

世界最大の水中古代洞窟が発見されたばかりで、マヤの秘密がいっぱいです

最近、GAMとしても知られるグレートマヤ帯水層プロジェクトに所属するチームが、ユカタン半島のメキシコの都市トゥルムの近くで非常識な発見をしました。

この水没した場所の内部で、彼らは合計1,400キロメートルまたは870マイルにわたって継続する358の洞窟システムを発見しました。

 

メキシコの水中洞窟で発見された先史時代の人間の遺骨。


Prehistoric Human Remains Found In Underwater Mexican Cave

 

ダイバーは、マヤの遺物でいっぱいのメキシコで215マイルの長さの洞窟を発見します。


Divers discover 215-mile-long cave in Mexico full of Mayan relics

ダイバーのグループがメキシコ東部の2つの水中洞窟を接続して、地球上で最大の浸水した洞窟であると考えられているものを明らかにしました。これは、古代マヤ文明に新たな光を当てるのに役立つ可能性のある発見です。

ユカタン半島の地下水域の調査と保全を目的としたプロジェクトであるGranAcuifero Maya(GAM)は、迷路のような水中水路を数か月にわたって探索した後、347 km(216マイル)の洞窟が特定されたと述べました。

トゥルムのビーチリゾートの近くで、グループは、かつて263 km(163マイル)で測定されたSacActunとして知られる洞窟システムが83km-(52 km-)のドスオホスシステムと通信することを発見したとGAMは声明で述べた。そのため、SacActunはDosOjosを吸収するようになりました。

 

ドスピソス、メキシコの洞窟ダイビング。


ー    Dos Pisos, cave diving in Mexico

ミノタウロス本線。メキシコ、ユカタン。

まとめ

今回は「メキシコ、ユカタン半島で、ある水中洞窟古代の遺物の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小石原 昭

小石原昭氏死去、プロフィール、著書、企画集団・知性コミュニケーションズ

編集者小石原昭氏5月10日、急性心不全のため東京都内の自宅で死去。享年93歳。企画集団・知性コミュニケーションズ代表。プロフィール、著書に「時代を掴む男たち」などがある。 小石原 昭 目次1 小石原昭 …

レイチェル・キャリー

処方薬で皮膚が爛れた女性「スティーヴンス・ジョンソン症候群」!

アメリカテキサス州ダラス在住のレイチェル・キャリーさんは、処方薬で全身の皮膚が爛れた女性が」「数千匹のヒアリに噛まれたような痛み」を訴えています。鏡で顔を見た時はそれが自分だと認識できないほどでした。 …

暑さを避ける鹿

奈良市の奈良県庁前の道路の日陰で、溝に多くのシカが集まり休憩する動画。

奈良市の奈良県庁前の道路の日陰で、溝に多くのシカが集まり休憩する動画。奈良県奈良市の奈良県庁前の道路の日陰では、涼を求めてか、日陰の溝に多くのシカが集まり休憩する光景がみられた。「暑いけど涼しげ」とい …

マスク

アベノマスク批判でカビノマスクの異名に変化。きになる製造元は?

新型コロナウイルスの感染防止策として、政府が配布する布マスクへの批判が続いている。製造元は、ようやく判明。SNSでは「カビノマスク」と不衛生なイメージを拡散。アベノマスクの製造元の明確化を望む声も強ま …

つるの剛士

つるの剛士米国で公開UFO映像「胸熱」ツイッター投稿内容詳細

つるの剛士 米国で公開“UFO映像”に「胸熱!!」。未確認飛行物体(UFO)の可能性があると波紋を広げていた映像を米国防総省が公開しました。それに対し、るの剛士が、ツイッターに、米国でUFOの可能性が …