最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第71期王将戦七番勝負第一局藤井聡太竜王対渡辺明王将対局棋譜。

投稿日:2022年1月10日 更新日:

2021年1月9日10日二日間にて実施の第71期王将戦七番勝負第一局藤井聡太竜王対渡辺明王将対局一日目の講評と棋譜です。戦型は相掛かりです。

 

藤井聡太三冠

藤井聡太三冠

 

第71期王将戦七番勝負第一局藤井聡太竜王対渡辺明王将対局講評。

 

第71期王将戦七番勝負第一局藤井聡太竜王対渡辺明王将対局一日目の講評です。

場所は静岡県掛川市。

藤井竜王が名人・棋王のタイトルも持つ渡辺明王将に挑戦する一戦です。

戦型は相掛かりで始まりました。

 

渡辺王将が三冠、藤井竜王が四冠と、史上初の「三冠 対 四冠」という将棋界の“頂上決戦”という構図で始まった王将戦の七番勝負。

 

藤井竜王の先手で始まった一局は相掛かりで進行し、1日目に藤井竜王が意表を突く手を見せ、これに渡辺王将が長考。

 

そこから一気に対局ペースが落ちると、藤井竜王の封じ手(47手目)までわずかな手数しか進まず、1日目を終了した。

 

明けて2日目も形勢は一進一退のままで中盤に入ると、両者持ち時間が1時間を切っても、微差の中でのせめぎ合いが続くことになりました。

 

午後6時台に入り、両者の持ち時間が少なくなったところで、ようやく激しい戦いに入ると、1分将棋になっても形勢が互角に戻る大激戦に突入。

 

わずかな部分で抜け出し始めた藤井竜王が、その後も難しい将棋を正確な指し手で勝利へ導いた。

一度も動かさない「不動駒」は両者で1枚のみ。史上初の四冠対三冠の戦いにふさわしい名局だった。

ほぼ互角で夜戦に突入し、両者1分将棋で互いの玉がつり上がり、「最後まで分からなかった」中で、最後は鮮やかな詰みを読み切った。

 

藤井竜王は「序盤から類型が少ない形。内容を振り返って次につなげられるようにしたい」

「序盤から陣形があまり良くない格好で苦しいかなと思っていた。終盤はミスもあったが、指運もあった。最後まで分からないままやっていた」

 

「第1局は勝つことができたので、しっかり第2局に向けて取り組んでいければと思います」ととコメント。

 

 

王将4連覇を目指す渡辺明王将は「終盤はチャンスがあるかなと思ったが、最後は分からなかった」

「まだ始まったばかり。またやっていきたい」

とコメント。

相掛かりとなった1日目の盤上は、藤井が昼食休憩前から用意の新工夫を披露すると、は渡辺明王将91分の長考を記録。

 

戦いはここから未知の領域に突入した。午後はわずか5手しか進まず、互いに大決戦を見据えつつ深い読み合いが続いた。

 

藤井の封じ手で再開した2日目は、藤井の構想が徐々にベールを脱ぐ展開に。

ところが、渡辺明王将もこん身の勝負手で対抗すると、一気に難解な局面となった。

いったんは渡辺明王将がペースを握ったが、最後は藤井の終盤力を発揮。

 

持ち時間は、両者とも8時間を使い切って1分将棋。終局は午後7時27分だった。

 

 

このシリーズを制すると、羽生善治九段(51)が持つ最年少五冠記録、22歳10カ月を大幅に更新、史上初の「10代五冠」を達成することになります。

 

第2局は22、23日、大阪府高槻市「山水館」で行われる。先手は渡辺王将です。

 

 

 

第71期王将戦七番勝負第一局藤井聡太竜王対渡辺明王将対局棋譜。

 


奇跡の名局! 王将戦 藤井聡太竜王 vs 渡辺明王将 将棋解説
【棋譜並べ】主催:毎日新聞社、スポーツニッポン

 

 


第71期ALSOK杯王将戦七番勝負第1局 渡辺明王将 vs 藤井聡太
竜王(主催:毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社、日本将棋連盟)
衝撃の86歩&19手詰

 


接近戦!四冠vs三冠!大熱戦!【将棋】藤井聡太竜王(王位・
叡王・棋聖)vs渡辺明王将(名人・棋王)棋譜並べ】2022 01/10 相掛かり

 


【王将戦第1局終盤ハイライト】渡辺明王将 vs 藤井聡太竜王
(第71期ALSOK杯王将戦 主催:毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社)

 


名局!四冠vs三冠!【将棋】藤井聡太竜王(王位・叡王・棋聖)
vs渡辺明王将(名人・棋王)【棋譜並べ】2022 01/9-10 相掛かり

 

まとめ。

今回は「第71期王将戦七番勝負第一局藤井聡太竜王対渡辺明王将対局棋譜。」というテーマでお送りしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

室谷由紀女流三段

第42期女流王将戦3番勝負の第1局西山朋佳・室谷由紀対局棋譜。

10月3日に実施の42期霧島酒造杯女流王将戦3番勝負の第1局は山朋佳女流王将対谷由紀女流三段の対局の講評と棋譜です。結果は、西山朋佳女流王将が77手で挑戦者の室谷由紀女流三段を破り、先勝しました。 西 …

藤井二冠

杉本昌隆八段藤井聡太七段6月20日竜王戦3組ランキング戦決勝対局内容

6月20日対局、藤井聡太七段と杉本昌隆八段師弟対決の結果は、弟子の藤井聡太七段が勝ち結果、史上初4期連続優勝になりました。序盤の駒組みが、静かに長く続くジリジリするような展開でしたが、中盤に一瞬のスキ …

渡辺明王将(名人・棋王)

第79期名人戦七番勝負第1局斎藤慎太郎八段対渡辺 明名人対局棋譜。

2021年4月7日8日実施の第79期名人戦七番勝負第1局斎藤慎太郎八段対渡辺 明名人対局の講評と棋譜。戦型は矢倉です。結果は斎藤慎太郎八段が勝ちました。封じ手は、60手目△5二金でした。   …

藤井聡太4冠

第80期順位戦B級1組5回戦藤井聡太三冠対木村一基九段対局棋譜。

2021年9月20日実施の第80期順位戦B級1組5回戦藤井聡太三冠対木村一基九段対局の講評と棋譜。結果は87手で藤井三冠の勝ちとなりました。今期B1の成績は、藤井三冠4勝1敗、木村九段1勝3敗となりま …

no image

第14回朝日杯将棋オープン戦一次予選渡辺和史四段・瀬川晶司六段対局棋譜。

9月28日実施の第14回朝日杯将棋オープン戦一次予選渡辺和史四段・瀬川晶司六段対局の講評と棋譜。結果は渡辺和史四段が勝ちました。 渡辺和史四段   目次1 朝日杯将棋オープン戦一次予選渡辺和 …