最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

2,600人の有名人が香港の国家安全法を支持した有名人「香港の終わり」に反意。

投稿日:

香港の2,600人を超える有名人と110の芸術および文化団体が香港の国家安全保障法案への支持を表明しました。支持した有名人にはジャッキー・チェン、歌手アラン・タム・ウイングン、俳優のエリック・ツァン・チワイ、女優のカラ・ワイ・インハングが名を連ねています。

香港デモ

香港デモ

2,600人の有名人が香港の国家安全法を支持

香港の2,600人を超える有名人と110の芸術および文化団体が香港の国家安全保障法案への支持を表明しました。

スターの名前を多く入っていて、指示した有名人には、カンフー映画スターのジャッキー・チェン、歌手アラン・タム・ウイングン、俳優のエリック・ツァン・チワイ、女優のカラ・ワイ・インハングなどが入っています。

歌手アラン・タム・ウイングン

歌手アラン・タム・ウイングン

 

カラ・ワイ・インハング

カラ・ワイ・インハング

100のグループには、170人の会員を擁する香港映画産業協会が含まれます。 15万人を超える会員を擁する香港中国文化協会。香港の中国写真。香港ダンス連盟などです。

彼らは、中国の常任委員会が離脱、転覆、テロおよび外国の介入を犯罪とする法律を起草することを承認する全国人民代表大会による決定を支持すると述べた。

国家安全法の導入がうまくいけば、国家安全保障の抜け穴をふさぐ一方で、芸術のための安定した環境と十分な余地を確保する、と彼らは言った。

彼らは、関係当局による公衆の懸念を和らげるための法律のさらなる推進を求め、同時に香港が新たに、国家安全法の導入で、社会全体が合意に達することを求めました。

香港国家安全法に対する抗議デモ

香港国家安全法に対する抗議デモ

国家安全法の導入は「香港の終わり」

 

中国の全国人民代表大会が、香港への国家安全法導入を決定。

同法により、中国が高度な自治を持つ香港の支配を強化し、市民の自由がさらに損なわれるとの懸念が出ており、民主派議員や活動家は直ちに「香港の終わりだ」と反発している。

 

香港では昨年、時に暴力をともなう大規模な抗議デモが7か月続いた。これを受け中国政府は、国家安全に関する新たな法律の制定を望む姿勢を明確にしていた。

全人代の張業遂(Zhang Yesui)報道官は、国家安全法導入は全人代初日の22日に審議されると表明。これが香港の「法執行の仕組み」を強化するとの見解を示した。

同報道官によると、全人代は国家安全法導入について、香港の高度な自治と自由市場の基盤である「一国二制度を改善し維持するために必要」と考えているとしていた。

 

香港基本法第23条は、中国政府に対する「反逆、分離、扇動、転覆」を禁止する国家安全法の制定を香港政府に求めている。

第23条が施行されたことはこれまで1度もなく、2003年に制定に向けた動きがあったが、50万人が街頭に繰り出し抗議し、撤回された。

香港国家安全法に対する抗議デモ

香港国家安全法に対する抗議デモ

 

こんな中、ネットでは、

「何としても中国共産党の意のままにしたいんだろう。香港の自由が脅かされ、監視が強化されるのも時間の問題か」

「一国二制度を掲げる中共、まずは香港を落としたか。
台湾だけはそうならないでもらいたい。
てか、香港このままじゃまた大暴動が巻き起こるのは時間の問題だろ。」

「金融センターとして隆盛していた香港はこれで終わりだな。中共の濁り切った大都市の1つと化す。」

「第二次世界大戦後、今もなお唯一侵略を続ける極悪非道のテロ国家、香港、台湾、日本は南から、尖閣諸島、沖縄、そして本州へと食指を伸ばすだろう。北は北海道から、既にソフトキルにより蝕まれつつある。今は何とか、米国の核の傘の下、そして米軍基地に守られているが、いつまで続くかも分からない。」

 

「若者が過激な行動に出て、人民解放軍に捕縛、監禁され、その後拷問されるとかなら、止めて欲しい」
「疫病を蔓延させたうえで、これをやってくるのは酷いな
香港の行く先を案じます」

など、中国の、強引なやり方に対する懸念する声が高まっています。

まとめ

今回は、「2,600人の有名人が香港の国家安全法を支持した有名人「香港の終わり」に反意。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

タイバンコク

巣ごもり過ごし方変化でEC消費の加速する東南アジアの状況

東南アジアでは、新型コロナウィルスの影響で、各国が外出制限に踏み切るなかで巣ごもり的過ごし方に変わり、料理宅配、などの電子取引(EC)向けビジネスを拡大する動きが盛んになっている。東南アジアのEC市場 …

no image

黒竜江省の元副市長が公に共産党脱退表明、CCPをボイコットを叫ぶ!

黒竜江省の元副市長が公に共産党脱退表明しました。黒竜江省?西市(けいせい-し)で元副市長を務めていた李傳良(り・でんりょう)さんは共産党体制の腐敗を目の当たりにし、ついに米国に逃れました。李川梁氏はC …

トランプとバイデン

ペンシルベニア州米大統領選挙公聴会の動画と米国民のSNSの声!

2020年11月26日に共和党員が主催するペンシルベニア州米大統領選挙公聴会の動画と米国民のSNSの声!です。この公聴会にはトランプ大統領の弁護士ルディ・ジュリアーニが出席しています。また、ペンシルベ …

監視カメラの集計シーン

ジョージア州で監視カメラの不正証拠、選挙スタッフruby freeman一躍時の人に!

ジョージア州で監視カメラの決定的不正証拠が出てきました。選挙スタッフruby freeman一躍時の人になっています。SNSにも多くの声があがっています。さらに、USBの受け渡しの解析動画も話題になっ …

バッタ

パキスタンでバッタ大量発生「ダイポールモード現象」による世界的異常気象

パキスタンでバッタ大量発生しました。過去30年で最悪の作物被害になりそうです。特に農業の中心地で作物が壊滅的な打撃を受け、食料価格の急騰を招いています。このバッタ大量発生の原因として指摘されているのが …