最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

ロシア史上最大の核爆発1961年のツァーリ・ボンバ実験映像の動画!

投稿日:

ロシア史上最大の核爆発1961年のツァーリ・ボンバ実験映像を公開しました。爆発はTNT爆薬で50メガトンに相当し、広島と長崎の原爆の約1500倍の威力を持っているすざましい映像の動画紹介。#Tsar Bomba

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)

ロシア史上最大の核爆発1961年のツァーリ・ボンバ実験映像公開

 

ロシアが史上最大の核爆発の映像を公開。1961年のツァーリ・ボンバ実験です。

 

ロシアは、世界最大の核爆弾であるツァーリ・ボンバ爆発の瞬間の映像を公開した。

 

爆発はTNT爆薬で50メガトンに相当し、広島と長崎の原爆の約1500倍の威力を持っていた。

何十年もの間、歴史上最も強力な核兵器は極秘事項だった。

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)

 

現在、ロシアは、正式にはRDS-220、非公式にはツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)として知られる水素爆弾の爆発に至るまでの経緯を公開している。

 

ロシアは8月20日、同国の原子力産業75周年を記念して、アメリカとの核開発競争が激化していた1961年10月30日、北極海の孤島で行われたツァーリ・ボンバの実験のドキュメンタリー映像を機密解除した。

 

ロシアは、この爆発の際の閃光が1000km以上離れた場所から見ることができたとしている。

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba)

 

ビデオは、爆弾が実験場まで貨物列車で運ばれるところから始まる。スティーブンス工科大学で核の歴史を研究するアレックス・ウェラースタイン(Alex Wellerstein)がニューヨーク・タイムズに語ったところによると、このドキュメンタリーでは、この爆弾がどのようにして作られたかという技術的な秘密は明かされていない。

 

爆発直前の映像では、2機の航空機が実験場に向かって飛んでいる。

 

1機は爆弾を運び、もう1機は爆発を撮影する機体だ。

 

BBCは、この飛行機が生き残る可能性は五分五分だっただろうと報じている。爆弾を運ぶ飛行機は、熱放射からの、機体を守るために真っ白に塗られている。

Tsar Bomba投下

Tsar Bomba投下

 

武器が飛行機から放たれると、パラシュートが開いて、爆弾を地上4000mの高さまでゆっくりと降下させ、飛行機が安全な距離まで飛び去るのに十分な時間を与える。

 

ビデオの22分44秒で、爆弾は爆発する。映像には、光のバーストに続いて、巨大なオレンジ色の火の玉とキノコ雲が映っている。

ロシア史上最大の核爆発1961年のツァーリ・ボンバ実験映像の動画!

ロシアが1961年のツァール・ボンバ水素爆風の秘密の映像を公開。


Russia releases secret footage of 1961 Tsar Bomba hydrogen blast

 


歴史上究極の水爆「ツァーリ・ボンバ」、ロシアが60年昔の実験映像リリース

1961年10月に旧ソ連が行った、史上最大の水素爆弾「ツァーリ・ボンバ(爆弾の皇帝)」の爆発実験の映像を、ロシアが公開した。

 

この水爆は5000万トンの威力を持ち、実験は北極圏のノバヤゼムリャ群島の上空4000メートルで行われた(ナレーションなし)。

 

ロシアの国営原子力企業ロスアトムが前週、同国の原子力産業75周年を記念したイベントの一環として、オンラインで初公開。

 

地上とソ連軍の航空機2機に搭載されたカメラによって複数の角度から撮影され、巨大な火の玉と60キロの高さのキノコ雲が映っている。

 

ソ連が米国と核軍拡競争を繰り広げていた1956―61年に開発されたツァーリ・ボンバは、史上最大の水爆で、広島に投下された原爆の3300倍の威力があると言われていた。

 

50メガトン皇帝ボンバ機密解除•イヴァンRDS-220水素爆弾


50 Megaton Tsar Bomba Declassified • Ivan RDS-220 Hydrogen Bomb

ソビエトRDS-220水素爆弾(コード名IvanまたはVanya)、別名Tsar Bomba(ロシア語:Царь-бо́мба、tr。Tsar’-bómba、IPA:[t͡sarʲˈbombə]、lit. ‘Tsar bomb’)これまでに作成およびテストされた最も強力な核兵器。 1961年10月30日に計算原理と多段階熱核兵器の設計の実験的検証としてテストされ、これまでに爆発した中で最も強力な人造爆弾も残っています。

爆弾は、マトキンキン海峡の北にあるミティシカ湾から15 km(9.3 mi)にあるノバヤゼムリヤのセヴェルニー島のスホーイノス(「ドライノーズ」)岬の4000 m上で爆発しました。爆発は秘密でしたが、米国情報機関によって検出されました。米国のテスト領域には、装備されたKC-135R航空機(オペレーションスピードライト)があったようです。爆風によって焦がされるのに十分近い距離です。

バングメーターの結果とその他のデータは、爆弾が約58メガトンのTNT [Mt](240 PJ)を産出したことを示唆し、1991年までソビエトの科学者が彼らの機器が50 Mt(210 PJ) )。機器のデータとテストサイトへのアクセスがあったため、歩留まりはより正確であると認められています。理論的には、ウラン238核融合タンパーが含まれていれば、爆弾の収量は100 Mt(420 PJ)を超えていたはずですが、爆弾が1つしか完成していないため、その能力は実証されていません。

残りの爆弾ケーシングは、サロフにあるロシアの原子兵器博物館とスネジンスクにある全ロシア技術物理研究所の核兵器博物館にあります。

 

まとめ

今回は「ロシア史上最大の核爆発1961年のツァーリ・ボンバ実験映像の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

金与正(キム・ヨジョン)

北朝鮮が開城の南北連絡事務所を爆破、金与正の「予告文」談話。

北朝鮮が開城の南北連絡事務所を爆破しました。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の妹、金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長は13日の談話で、「遠からず北南(南北)共同連絡事 …

3隻目の中国空母イメージ

CSISが公開した中国海軍3隻目の空母とみられる衛星写真!

米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は16日、中国・上海市の江南造船所で建造されている、中国海軍3隻目の空母とみられる衛星写真を公開した。8月18日に撮影されたもの。さらに中国海軍3隻目の …

ハンターバイデン

ハンターバイデン電子メールで中国ルートの証拠も公表!

疑惑の「ハンターバイデン電子メールチェーン」のソースは、中国の投資会社についてのメッセージも含まれていました。これは、中国のエネルギー会社との取引の一環として、ジョー・バイデン前副大統領への支払いの概 …

マッテオ・サルヴィーニ

イタリアのサルビーニ氏中国に批判の声「全人類への犯罪」

中国の「全人類への犯罪」にイタリアで激怒の声。「中国政府の新型コロナウイルスの隠蔽工作は全人類に対する犯罪だ」イタリアのサルビーニ氏中国に批判の声を上げる。WHOも「中国は重要な資料を隠し、最小限の資 …

サンパウロのヴィラフォルモサ墓地

ブラジル医療システムはすでに崩壊、貧困に蔓延する疾患、葬式は10分ごとに発生。

ボルソナロブラジル大統領は新型コロナウィルスを「小さなインフルエンザ」と呼んでいます。ですが、ブラジルの病院の内部では、医師は恐ろしい現実を知っています。ブラジル医療システムはすでに崩壊に向かっていま …