最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

経営

【2020年】2019年度版企業イノベーション指数ランキング

投稿日:

【2020年】2019年度版企業イノベーション指数ランキングです。日経・一橋大イノベーション指数2019年版ランキング。世界の主要企業のイノベーション力を数値化。イノベーションの「潜在力」「価値想像力」「組織力」の各指標を数値化。イノベーション指数の定義の解説、ランキング20位までと講評。

IT機器

IT機器

 

2019年度版企業イノベーション指数ランキング

順位    企業名          国・地域      総合点

1位  アマゾン・ドット・コム      米       196.7

2位  フェイスブック          米       192.4

3位  アルファベット(グーグル)    米       189.3

4位  アップル             米       188.8

5位  ベライゾン・コミュニケー     米       188.8
ションズ
6位  マイクロソフト          米       188.3

7位  インテル             米       182.9

8位  サムスン電子          韓国       181.8

9位  中国移動            香港       181.7

10位  ウォールマート         米        180.9

11位 スポティファイ        ルクセンブルク    189.4

12位  トヨタ自動車            日本           189.0

13位  百済神州(ベイジーン)     中国           189.0

14位  ジョンソンエンドジョンソン    米           178.6

15位  コムキャスト           米           178.2

16位  AT&T              米           177.6

17位  ロイヤルダッチシェル     英蘭            176.7

18位  エクソンモービル        米            175.7

19位  CDプロジェクト       ポーランド         175.4

20位  ゼネラル・モーターズ       米           174.7

45位  ソニー             日本           168.8

49位  ソフトバンクグループ      日本           167.6

80位  日産自動車           日本          163.1
(日本経済新聞より)

イノベーション指数とは。

イノベーション指数の定義は、イノベーションの種を育てる「潜在力」、イノベーションを利益に結びつける「価値総出力」意思決定の素早さなど革新を生み出す「組織力
の三つの指標で構成している。

3つの指標は平均点がおおむね50ポイントのなる。

三つの指標の合計がイノベーション指数となる。

サーバー

サーバー

2019年度版企業イノベーション指数講評

首位はアマゾン・ドット・コムで 「GAFA」と呼ばれるアメリカIT大手が上位を独占。

日本がトヨタが昨年の11位から順位を落とし12位にランクイン。

他、45位がソニー、49位が、ソフトバンク、80位が日産自動車。

上位100社のうち36社を米国企業が占めています。

GAFAなどの上位企業の特徴は、「潜在力」の高さ、研究開発や設備投資、伸び率が大きい。

 

例えばGAFAの4社だけで日本の民間企業全体の約14兆円の半分強を占めています。

営業利益率などが指標になる「価値総出力」でもGAFAは、高いの特徴です。

先端技術分野では、中国勢の台頭も目立ちます。

とくにAI(人口知能)分野で特許出願数が多いのが目立っています。

中国勢は、研究開発費が多いわりに利益を生み出す力が
まだ弱く、種まき段階と言えます。

例えば、13位の百済神州はがん治療薬を開発する中国のバイオテクノロジー企業で、研究開発費が寄与する潜在力は72ポイントで全体の6位ですが価値創出力は56ポイントと相対的に低く先行する投資が十分利益に結びついていない。

日本勢は苦戦しています。トヨタの場合、価値創出力と潜在力は上位企業に迫っていますが組織力が47位と平均以下。

原因は取締役の平均年齢が65歳と高く、外部取締役の割合が、33%と分析企業の
平均を下回る。

まとめ

今回は、「【2020年】2019年度版企業イノベーション指数ランキング」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-経営

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

チャート急上昇

2020年版過去3年間の増収率平均が高い企業ランキング

日本経済新聞社の調査で「NEXT1000」を対象に過去3年間の増収率平均の高い企業のランキングが発表されました。今回の結果では、IT関連や、インターネットやAIを 活用した企業の上位進出が目立っていま …

先進技術

直近期末時点の自己資本比率が高い企業ランキング(2020)

2020年の日経の「NEXT1000」を対象にした、直近期末時点の自己資本比率が高い企業ランキングです。1位はHEROZ、2位が自律制御システム研究所、3位がラクオリア創薬。 先進技術 目次1 自己資 …

AMDのCEOリサ・スー氏

AMDのCEOリサ・スー氏の生い立ちやプロフィール、職歴など紹介!

AMDのCEOリサ・スー氏は、1969年11月7日生まれの台湾系アメリカ人のビジネスエグゼクティブ兼電気技師で、最高経営責任者(CEO)およびAdvanced Micro Devices(AMD)の社 …

アパート(集合賃貸住宅)

アパート確定申告の簡単解説まとめ【損をしないで自分で申告するコツ】

アパート集合住宅の確定申告を自分で行いたいアパート経営者の 方向けに、確定申告のコツを簡単解説します。 私は、現在アパート経営9年で6棟のアパートを所有し経営しています。 その中で、アパート確定申告に …

郵便マーク

かんぽ生命不適切販売の帳尻合わせ郵便局員削減1万人。今後の展望見えず。

日本郵政グループは、全国の郵便局に配置する局員数の見直しについて、労働組合と協議に入る。全体の5%にあたる1万人の削減のリストラ案が浮上している。かんぽ生命不適切販売による収入減と、ブランドイメージ悪 …