最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量に出現の動画!

投稿日:

オーストラリアで、巨大なヤシガニ、バーベキューの匂いに誘われて大量に現れました。驚きの動画。食べ物などが奪われたということでした。

巨大なヤシガニ

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量出現

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量に出現。

オーストラリアの離島でバーベキューを楽しんでいた一家のもとに巨大なヤシガニが大量に出現。ケガなどの被害はなかったが、食べ物の被害があった模様。

 

豪西部パースから北西約2600キロのインド洋に浮かぶクリスマス島に住むエイミー・リューティッヒさん(Amy Luetich)は、家族との夕食でバーベキューを行っていた。

 

しかし楽しい時間も束の間、食べ物が焼ける良い匂いに誘われて大量のヤシガニが周囲に現れた。

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量出現

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量出現

ヤシガニは陸上の甲殻類の中で最も大きな種類に分類されており、大きさは脚を広げると1メートル、重さ4キロにまで成長し、50年以上も生きると言われる。

 

大きな手のハサミや脚が特徴的で危険そうな見た目をしているが人を襲うことはなく、観光客の食べ物などを奪うことが頻繁に起きている。

 

今回もテーブルによじ登り食べ物を取ろうとするヤシガニの姿が撮影された。

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量出現

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量出現

エイミーさんは、当時の状況を「到着したときには20匹ほどのヤシガニが木の下にいました。しかし食材を焼き始めるとすぐに大量のヤシガニが現れ、息子が数えてみると52匹もいたのです」と明かしている。

 

生息数が世界一多いためクリスマス島では頻繁に見られるヤシガニだが、今回は一度に50匹以上も現れた。

 

エイミーさんも「過去に何回か同じ場所でバーベキューをしたことがありますが、こんなにたくさんのヤシガニは見たことがありません」と驚いたそうだ。

 

クリスマス島の観光案内所のFacebookに投稿された画像には、大量のヤシガニに囲まれているのにもかかわらず、リラックスしてバーベキューを楽しんでいる様子が写っている。エイミーさん達は数年間このクリスマス島に住んでおり、ヤシガニの来訪には慣れっこのようだ。

巨大なヤシガニ

巨大なヤシガニ

このニュースには「これは気持ち悪い」「ホラー映画のようだ」と気味悪がる声も多く、食べられることを知っているユーザーからは「バーベキューにして食べた?」「ヤシガニは本当に美味しいよ」といったコメントも見られた。

 

ちなみに現在、ヤシガニは絶滅危惧種に指定されており、クリスマス島では保護活動を行っているためヤシガニを食べることはできない。

巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量に出現した動画。

52「RobberCrabs」がオーストラリアの家族のキャンプ場のピクニックに侵入。


52 ‘Robber Crabs’ invade family’s campsite picnic in Australia

 

クリスマス島でバーベキューを嗅いだ後、52匹のヤドカリがキャンプ場に侵入して食べ物を探す。


52 Coconut Crabs Invade Campsite Looking For Food After Smelling BBQ in Christmas Island

のどかなオーストラリアの島で春のキャンプバーベキューを楽しんでいる家族は、数十匹の巨大なヤシガニにすぐに囲まれたとき、彼らが交渉した以上のものを手に入れました。

ココナッツカニとしても知られる凶暴な甲殻類は、体長が1メートルにもなり、強い匂いがします。

西オーストラリア州の北西端にある孤立したクリスマス島でキャンプをしている間、無意識の家族が屋外バーベキューを楽しんだとき、カニは食べ物を探して彼らの周りに群がりました。

カニは恐ろしい外見にもかかわらず無害ですが、(名前が示すように)キャンプ場からアイテムを盗むことは定期的に知られています。

バーベキューの一連の素晴らしい写真は、残り物で軽食をとる機会を熱心に待っている52人以上の不器用な生き物を示しています。

旅行中の他の家族の1人の娘である冬のマッケンドリックは、折り畳み式のキャンプチェアで夕食を食べている間、巨大なカニが彼女を取り囲んでいたので、動揺していないように見えました。

家族の食事へのアクセスを改善するために、テーブルの側面を拡大縮小する勇敢なカニが描かれました。

エイミー・ルエティッチと彼女の家族は数年間クリスマス島に住んでいて、島のジャングルの部分にあるグランツウェルで他の家族と一緒にキャンプをしていました。

「私たちはその地域で数回キャンプをしましたが、これほど多くの強盗を捕まえるのを見たことがありません」とルエティッチ夫人は語った。

彼女は彼らが到着したとき、種をまき始めた木の下に20があったと言いました。

「しかし、私たちが料理を始めるとすぐに、彼らは私たちの周りに群がりました。私の息子はそれらのうちの52を数えました」と副校長は言いました。

「彼の仕事は、それらを拾い上げて、私たちが食べていた場所から遠ざけることでした。彼はそれを愛していた。

彼女は彼らがしばらくの間クリスマス島に住んでいたので彼らが強盗のカニを見るのに慣れていたので言った。

「それから彼らはテーブルに登り始め、そして別の人がバーベキューに登りました」とLuetich夫人は言いました。

「私たちはテントを食べた場所から遠ざけましたが、家族の1人は、一晩中、テントの外側を軽くたたくのを感じることができると言いました。」

「ヤドカリは信じられないほどの嗅覚を持っており、動きの遅い生き物にとっては、食べ物があるとすぐに動きます。」

クリスマス島には、世界で最も多くのヤシガニが生息しています。

ヤシガニは、泥ガニとロブスターの十字架のように味わうので、食べるのに適しています。しかし、それらは太平洋全体で媚薬の性質を持つ珍味と見なされていますが、オーストラリアでは保護されている種であり、食べることはできません。

訪問者は、甲殻類は従順ですが、食べ物を感じるとすぐに動くことができると警告されています。

観光客は、食べ物を木に吊るして、特にドリービーチで常にそれを監視するように言われています。

また、この地域のドライバーは、カニにぶつからないようにゆっくりと運転するように求められます。

西オーストラリア州に住むオーストラリア人は、全国の旅行が禁止されているにもかかわらず、クリスマス島を訪れることができます。

観光客は、島でヤシガニが「保護され、尊重されている」と警告されています。

クリスマス島の所有権は1958年10月にシンガポールからオーストラリアに移されました。

この島は2016年からオフショア収容センターとして使用されており、短期間閉鎖されました。

スリランカのビロエラ一家は施設内にあり、

しかし、クリスマス島はその見事な野生生物でも知られています。

島には2500万匹のアカガニが生息しており、海に移動して繁殖し、その後乳児​​が陸に戻るまで陸に留まります。

ジンベイザメもこの時期の島の特徴です。

まとめ

今回は「巨大なヤシガニ、バーベキューに誘われて大量に出現の動画!」というテーマでお送りいたした。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ブリトニー・モハマディ搭乗カウンターによじ登る

マイアミ空港搭乗拒否された「はだしの女」カウンターを飛び越え動画!

9月27日、フロリダ州のマイアミ国際空港。アメリカン航空の搭乗ゲートに、はだしでやって来たブリトニー・モハマディが、搭乗拒否され激高して搭乗カウンターを飛び越えて襲いかかる動画。#Britney Mo …

ドナルド・ニーリーの連行画像

騎馬警官にロープで連行された黒人男性の動画!

米国で、騎馬警官にロープで連行された黒人男性が、1億円賠償求め市を提訴しました。訴えを起こしたドナルド・ニーリー(Donald Neely)は、心の健康の問題があり、当時ホームレスだったニーリーさんは …

赤に染まったサンフランシスコの風景

カリフォルニア州の山火事で一変したサンフランシスコ街の風景の動画!

カリフォルニア州の山火事で一変したサンフランシスコ街の風景の動画です。「サンフランシスコは今、火星のようだ」。#San Francisco dyed red like a sunset. 赤に染まった …

中国の洪水の様子

2020年8月30日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

雲南省宜良県気象局は、地すべり、土砂崩れ、崩壊などの地質災害を起こしやすい地質災害の気象リスクについて第3レベルの警告を発しました!青海省では、8月28日の夜から西から東にかけて大雨が降り、そのうち西 …

長江洪水

2020年7月28日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

長江第三号洪水のピークは7月27日夜あたりと予想されていましたが、各地で被害情報が続々と出ています。 三峡ダムの水量も増大中です。7月27日に長江の第3洪水ピークで三峡ダム貯水池は、放流中です。 長江 …