最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

「中国のIUD、中絶、不妊手術でウイグル出産を削減」報告書紹介。

投稿日:

中国当局がウイグル人に不妊手術を強制か。 中絶の拒否には罰則も。中国当局が新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)の人口抑制策として、ウイグル人など少数民族の女性に対し不妊手術を強制しているとする報告書が6月29日発表された。

ウイグルの親子

ウイグルの親子

中国当局がウイグル人に不妊手術を強制か?

ウイグルの親子

ウイグルの親子

 

報告書は、新疆ウイグル自治区での中国当局の政策を告発してきたドイツ人研究者エイドリアン・ゼンツ(Adrian Zenz)氏が、現地の公式データや政策文書、少数民族の女性への聞き取り調査に基づいてまとめたもの。

 

中国はその内容を事実無根と批判。

 

国際社会からは直ちに非難の声が巻き起こっている。

 

米国のマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官は、報告書が指摘する政策の即時廃止を要求した。

エイドリアン・ゼンツ(Adrian Zenz)氏の報告書

新疆ウイグル

新疆ウイグル

 

報告書によると、当局はウイグル人などの少数民族の女性に対し、既定の人数を超えた妊娠の中絶を拒否した場合、罰則として再教育施設への強制収容を科すと警告。

 

さらに、子どもの数が中国で法的に許可されている2人に達していない女性に対しても子宮内避妊具(IUD)の装着を強制しているとされる。

 

聞き取りに応じた女性の中には、不妊手術を強要された人もいたという。

 

報告書ではまた、少数民族が人口の多数を占める新疆ウイグル自治区で公式に記録された不妊手術の施術率が2016年に急増し、全国水準を超えたと指摘。

 

2017年から2018年にかけ、同自治区の人口増加が、漢民族が多数を占める省の人口増加の平均を下回ったとした。

 

 

エイドリアン・ゼンツ(Adrian Zenz)氏の報告書では、中国のIUD、中絶、不妊手術でウイグル出産を削減施策の実態について報告されている。

 

中国はIUD、中絶、不妊手術でウイグル出産を削減の実態報告

新疆ウイグル強制収容所

新疆ウイグル強制収容所

 

中国政府は、イスラム教徒の人口を抑制するための抜本的なキャンペーンの一環として、ウイグル人や他の少数民族の間で出生率を引き下げるための厳格な措置を取っています。

 

個々の女性は強制経口避妊について以前に発言しましたが、政府の統計、州の文書、30人の元拘留者、家族および以前の拘留者へのインタビューに基づくAPの調査によると、その慣行は以前に知られているよりもはるかに広範囲で体系的です。

 

新疆の極西地域での過去4年間のキャンペーンは、一部の専門家が「人口統計的集団虐殺」と呼んでいるものにつながっています。

 

インタビューとデータが示すように、州は定期的に少数民族の女性に妊娠検査を実施し、子宮内器具、不妊、さらには妊娠中絶さえも数十万人に強制しています。 IUDの使用と滅菌は全国的に減少しているが、新疆では急激に増加している。

 

新疆における中国の不妊化の増加データは以下のとおり。

新疆ウイグル避妊データ

新疆ウイグル避妊データ

 

「中国は少数民族を抑制するために避妊を強制します」という内容の動画です。

 


ー China forces birth control to suppress minorities

 

人口制限措置は、脅迫として、また従わなかったことに対する罰として、大量拘留によって行われます。

 

 APによると、子供が多すぎることは、収容所に送られる主な理由です。

 

APは、3名以上の親が家族から多額の罰金を払わなければ強制収容される実例を見つけることができました。

 

警察が家を襲撃し、隠された子供を探す両親を恐怖に陥れました。

 

中国生まれのカザフ人であるグルナールオミルザフに3人目の子供が生まれた後、政府は彼女にIUDの挿入を命じました。

 

2年後の2018年1月に、とにかく軍服姿の4人の職員が彼女のドアをノックしに来ました。

 

彼らは、野菜の商人の無一文の妻であるオミールザフに、3人の子供に3人以上の子供がいた場合、2,685ドルの罰金を支払うように与えました。

 

 

AP通信が中国の学者エイドリアンによる出版に先立って得た新しい研究によると、政府が避妊に注ぐ費用は数億ドルの及び、新疆を中国で最も人口が増加している地域の1つから、わずか数年で最も少ない地域に変えました。

 

「今回のような、この種の低下は前例のないものです…それに対して冷酷さがあります」と中国の少数民族地域の監視の第一人者であるZenzは言いました。

 

これはウイグル人を征服するためのより広範な統制キャンペーンの一部です。」と言います。

 

米国務長官のマイケルポンピオは月曜日に声明の中で方針を非難した。

我々は中国共産党にこれらの恐ろしい慣行を直ちに終わらせることを要求する」と彼は言った。

新疆ウイグル強制収容所

新疆ウイグル強制収容所

中国の外相は、政府がすべての民族を平等に扱い、少数派の法的権利を保護しているとして、この話を「偽造された」「偽のニュース」として否定しました。

 

 

「民族は少数民族であるか漢民族であるかに関係なく、誰もが法律に従って従わなければなりません」と、AP通信について尋ねられた省庁の広報担当者、Zhao Lijianは言います。

 

中国当局は過去に、新しい措置はすべてに公平であることを意味し、漢民族と少数民族の両方に同じ数の子供を許可することを意図しているとしています。

何十年もの間、中国は世界で最も広範なマイノリティ資格のシステムの1つであり、ウイグル人などは大学入試でより多くのポイントを獲得し、政府のポストと緩下避妊の制限を採用しました。

 

中国の現在放棄された「一人っ子」政策の下で、当局は長い間、漢民族に対する避妊、不妊、中絶を奨励し、しばしば強制していました。

 

しかし、少数派は2人の子供を許可されました。そして彼らが田舎から来た場合は3人です。

 

数十年ぶりに中国で最も権威主義的な指導者である習近平国家主席のもとで、これらの利益は今や縮小されています。

 

そして、漢民族は、妊娠中絶、不妊、IUDの挿入、拘留をほとんど免れています。

 

一方、オミルザフのような一部の農村部のイスラム教徒は、3人の子供を法律で許可されたとしても罰せられます。

 

国家支援の学者たちは長年にわたり、農村の大規模な宗教家が爆撃、ナイフ、その他の攻撃の根底にあり、新疆政府がイスラムのテロリストを非難していると警告している。

 

新疆社会科学院の社会学研究所の所長による2017年の論文によると、増加するイスラム教徒の人口は、「政治的リスクを高める」貧困過激主義の温床でした。

 

別の人は、「胎児は神からの贈り物である」という宗教的信念を主要な障害として挙げました。

 

外部の専門家は、避妊キャンペーンはウイグル人に対する彼らの信仰とアイデンティティを封殺し、強制的に同化させるための国家主導の攻撃の一部であると言います。

 

彼らはキャンプで政治的および宗教的な再教育を受け、工場では強制労働を受けていますが、子供たちは孤児院で教育を受けています。

 

常にではないがイスラム教徒であることが多いウイグル人も、広大なデジタル監視装置によって追跡されています。

意図はウイグル人を完全に排除することではないかもしれないが、それは彼らの活力を急激に減少させるだろう」とコロラド大学のウイグル人の専門家であるダレン・バイラーは言った。 「それにより、彼らは中国の主流人口に同化しやすくなります。

 

そしてさらに、深刻な現状といえるのは、この状態が続けば、

「それは大量虐殺です。英国のニューカッスル大学で働くジョアン・スミス・フィンリー氏は、「それはスポット型のジェノサイドでは即時、衝撃的、大量殺戮ではありませんが、ゆっくりと痛みを伴い、忍び寄るジェノサイドです」と語っています。 」

 

何世紀にもわたって、乾燥した内陸の地域では大多数がイスラム教徒でした。

 

中国は現在「新疆」と呼んでいます。

 

これは、北京語で「ニューフロンティア」を意味します。

人民解放軍が1949年に掃討した後、中国の新しい共産主義の支配者は数千人の兵士に新疆に定住するように命じ、ハンの人口をその年の6.7%から1980年までに40%以上に押し上げました。

 

この日。 1990年代の出生率を制限するための抜本的な取り組みは、大規模なプッシュバックの後で緩和され、多くの親が賄賂を支払うか、子供を友人や他の家族の子孫として登録しました。

2017年に始まった前例のない取り締まりですべてが変化し、数十万人が刑務所やキャンプに投獄され、海外旅行、祈り、外国のソーシャルメディアの使用などの「宗教的過激主義の兆候」が疑われました。

新疆ウイグル強制収容所

新疆ウイグル強制収容所

 

当局は、数十年前に出産した子供であっても、子供が多すぎる親を根絶するために、「ドラッグネット式」調査と呼ばれるいくつかの通知を開始しました。

 

当局と武装警官はドアでドキドキし始め、子供と妊娠中の女性を探しました。出席票や小冊子に裏打ちされたインタビューによると、少数民族の居住者は毎週行われる旗揚げ式に出席するように命じられ、当局は彼らがすべての子供を登録しないと拘留を脅かしました。

 

 

APが見つけた通知は、地方自治体が違法な出生を報告した人々に報いるためのシステムを設定または拡大したことを示しています。

 

一部の地域では、式典の後に女性が婦人科検査を受けるように命じられたと彼らは言った。また、当局は特別な部屋に妊娠検査用の超音波スキャナーを装備しました。

 

「テストが必要なすべての人をテストしてください」「ポリシーに違反している人を早期に発見して対処してください。」

 

2018年からタウンシップ指令を命じました。

 

アブドゥシュクルウマルは、子どもに対する弾圧の犠牲になった最初の人物の1人でした。陽気なウイグル人トラクターの運転手が果物を売る商人である誇り高き父親は、7人の子供を神からの祝福であると考えていました。

しかし、当局は2016年に彼を追跡し始めました。

 

翌年、彼は収容所に入れられ、その後7年間の禁固刑を言い渡されました。

「私のいとこは彼の家族の世話をするのに彼の時間を費やしました、彼はいかなる政治運動にも参加しませんでした」とウマルのいとこであるズーラ・スルタンはトルコの亡命から言った。

 

子供が多すぎるために、どうすれば7年の懲役を科せますか?私たちは21世紀に住んでいます。これは想像を絶することです。」

 

15人のウイグル人とカザフ人はAPに、子供が多すぎるために人々が抑留または投獄されていることを知っていたと語った。

 

多くの人が何年も、何十年も刑務所に入れられました。

 

APが入手して裏付けた漏えいしたデータによると、新疆のカラカックス郡にリストされている484人の収容者のうち、149人が多すぎて子供を抱えていた。

 

 

2017年に、新疆政府はまた、最貧の住民さえも家族計画法に違反したためにすでに高額だった罰金を、郡の年間可処分所得の少なくとも3倍に倍増させました。

 

インタビューとデータによると、罰金は漢民族にも適用されますが、支払うことができない場合、少数派のみが拘留キャンプに送られます

 

政府の報告によると、郡は毎年罰金から数百万ドルを徴収している。

 

新疆ウイグル自治区の人口バランスを変える他の取り組みでは、中国はそこに漢民族の移民を勧誘するために土地、雇用、経済的補助金を与えています。

 

また、漢族とウイグル人の間の結婚を積極的に推進しており、1人のカップルが住宅や洗濯機、冷蔵庫、テレビなどの設備にお金を与えられたとAPに伝えています。

メルボルンのラトローブで中国の民族政策を専門とするジェームズレイボルドは、次のように述べています。「優生学における中国の長い歴史にさかのぼります。教育が不十分で、少数派の少数民族がすぐに繁殖するのは望ましくありません」 「あなたが欲しいのは、教育を受けた漢族の出生率を上げることです。」

 

スルタン氏は、彼女のようなウイグル人に対する当局の政策を説明します。「中国政府はウイグル人を制御し、私たちが姿を消すまで私たちをどんどん少なくしていきたいと考えています。」

 

かつての拘留者によると、いったん拘留キャンプに入ると、女性は強制IUDの対象となり、妊娠予防の対象になり、彼らが持つべき子供たちの数に関する講義に出席するように作られています。

元拘留者7人はAPに、強制経口避妊薬であるか、輸液が注入されていると説明しました。

 

多くの人がめまい、疲れ、または病気を感じ、女性は月経を止めました。

 

釈放されて中国を離れた後、健康診断を受けに行ったところ、卵子がないことがわかりました。

以前の被拘禁者に何が注射されたのかは不明ですが、APが入手した新疆病院のスライドでは、妊娠中毒予防注射がホルモン療法薬Depo-Proveraで行われることが一般的な家族計画の手段であることが示されています。

 

副作用には頭痛やめまいなどがあります。

 

カザフ女性のディナヌルディベイは、既婚女性と未婚女性を分離する収容所に拘留された。結婚した女性には妊娠検査が行われ、Nurdybayは思い起こし、子供がいたらIUDの設置を強制された。

 

彼女は未婚で子供がいなかったので助かった。

 

もう1人の元拘留者であるTursunay Ziyawudunは、彼女の期間がなくなるまで注射され、尋問中に下腹部を繰り返し蹴ったと語った。

 

彼女は今、子供を産むことができず、しばしば彼女の子宮から出血して痛みを倍増させると彼女は言った。

Ziyawudunと彼女の「クラス」の他の40人の女性は、ほとんどの水曜日に家族計画の講義に出席することを余儀なくされました。

 

そこでは、多くの子供たちを養うために苦しんでいる貧しい女性について映画が上映されました。

 

 

別の女性、グルバカールジャリロワは、彼女のキャンプの被拘禁者が彼らの子供を中絶することを強いられたことを確認しました。

 

 

彼女はまた、彼女の乳児に何が起こったかを知らない、まだ母乳を漏らしている新しい母親を見ました。

 

そして彼女は、ウイグル人がシステムをかわして家で出産するのを助けるために拘留された医者と医学生に会いました。

2017年12月、カザフスタンから中国に帰国した際、警察は彼女の電話でWhatsAppを見つけたため、グルジアモグディンは病院に運ばれました。

 

尿サンプルから、彼女は3人目の子供を2ヶ月妊娠していることがわかりました。

 

当局はモグディンに中絶を取得する必要があると告げ、もしそうでなければ、兄弟を拘留すると脅した。

医者は彼女の子宮に電気掃除機を挿入し、彼女の胎児を彼女の体から吸い出した。

 

彼らは彼女をキャンプに連れて行くつもりだったので、彼女は家に連れて行かれ、休息するように言われた。

 

数ヶ月後、モグディンは夫が住んでいるカザフスタンに戻った。

 

「その赤ちゃんは私たちが一緒にいた唯一の赤ちゃんになるでしょう」と最近再婚したモグディンは言った。 “私は眠ることができない。それはひどく不公平です。」

 

イスラム教徒の少数派の間で出産を管理しようとする中国の推進の成功は、IUDと滅菌の数に現れています。

 

2014年には、200,000を超えるIUDが新疆に挿入されました。 2018年までに、それは60%を超え、ほぼ33万IUDに達しました。

 

同時に、多くの女性がデバイスを取り外し始めたので、IUDの使用は中国の他の場所では減少しています。

 

出生率はウイグル地域で急激に下がっています。

新疆ウイグル出生率データ

新疆ウイグル出生率データ

拘留キャンプでインストラクターとして働くよう起案された元教師は、IUDに関する彼女の経験をAPに説明しました。

彼女はそれが2017年の初めに彼女のコンパウンドで旗を掲げる集会から始まったと言い、ウイグル人の住民は「対テロ」の教訓を唱えた。

 

彼らは、「子供が多すぎると、私たちは宗教的過激派だと言いました…それは、トレーニングセンターに行かなければならないことを意味します。」

警察は子供が多すぎる180人以上の親を「一人もいなくなる」とまとめた。

 

夜になると、彼女はベッドに横になり、恐怖で硬直した。銃とテーザーのような装置を備えた警官が近所の人を連れ去ったからだ。

 

警察は時々彼女のドアを叩き、彼女のアパートでコーラン、ナイフ、礼拝用マット、そしてもちろん子供たちを探したと彼女は言った。

 

 

その後、その8月に、教師の敷地内の職員は、妊娠可能年齢のすべての女性にIUDをインストールするように指示されました。

 

彼女は50歳近くで、子供が1人だけで、それ以上の予定はないと言って抗議しました。

 

当局は彼女を警察署に引きずり、尋問のために彼女を鉄の椅子に縛りつけると脅した。

彼女は4人の武装した警官と一緒にバスに押し込まれ、IUDが挿入されるのを待って何百人ものウイグル人女性が黙って並んだ病院に運ばれました。

 

静かに泣く人もいましたが、監視カメラが頭上にぶら下がっていたので、誰も勇気もなく一言も言いませんでした。

彼女のIUDは、特別な器具なしでは取り外せないように設計されています。最初の15日間、彼女は頭痛と止まらない月経出血を経験しました。

 

「私は食欲もなく、適切に眠ることができませんでした。それは私に大きな心理的圧力を与えた」と彼女は言った。

 

「ウイグル人だけがそれを着用しなければなりませんでした。」

中国の健康統計も新疆での不妊傾向を示している。

Zenzが入手した予算文書は、2016年から新疆ウイグル自治政府が数千万ドルを避妊手術プログラムと女性の不妊治療のための現金インセンティブに投入し始めたことを示しています。

 

他の国では不妊率が急落しましたが、新疆では2016年から2018年にかけて7倍になり、6万回を超えるまでになりました。

 

新疆ウイグル自治区内でも、政策は大きく異なり、ハンマジョリティの北部よりも南部のウイグル南部の方が厳しい。

 

国営メディアによると、ウイグル人が人口のわずか2%を占める漢民族が支配する都市である石河子では、政府は粉ミルクと病院出産サービスに助成金を提供し、より多くの子供たちを奨励しています。

 

Zumret Dawutにはそのようなメリットはありませんでした。

 

2018年、3人の母親がアメリカのビザを所持していたため、2か月間キャンプに閉じ込められました。

彼女が自宅軟禁下に帰宅したとき、当局は彼女に彼女の敷地内の他のすべてのウイグル人女性と一緒に婦人科検査を毎月受けるように強制しました。

 

漢族の女性は免除された。

 

彼らが「無料の検査」と呼ばれるものを受診しなければ、彼女は最終的に収容所に戻る可能性があると彼らは警告した。

 

振り返ってみると、オミルザフは自分を幸運だと思っている。

当局が彼女を拘束すると脅迫したその極寒の日の後、Omirzakhは24時間親戚に電話した。

 

締め切りの数時間前に、彼女は姉の牛の売却と高金利のローンから罰金を支払うのに十分なお金をかき集め、彼女は借金をしました。

 

翌年、オミルザフは子供が多すぎるために拘留された他の人の妻と一緒にクラスに出席しました。

 

彼女と彼女の子供たちは、彼らをスパイするために特別に派遣された2人の地方党役員と一緒に住んでいました。

 

彼女の夫がついに解放されたとき、彼らはほんの数束の毛布と服を持ってカザフスタンに逃げました。

オミルザフの子宮にまだ残っているIUDが彼女の肉に沈み、炎症を引き起こし、「ナイフで刺されたような」背中の痛みを突き刺しました。

 

オミールザフにとって、それは彼女が失ったすべてのものと彼女が残したものの窮状の苦い思い出です。

「出産を恐れている人々がいます」と彼女は言った。 「 『新疆』という言葉を思い浮かべるだけで、恐怖を感じます。」

 

まとめ

今回は「中国はIUD、中絶、不妊手術でウイグル出産を削減。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

mony

世界の富豪ランキング2020年日本人ランクイン3人

フォーブズ誌「世界の大富豪ランキング」2020年のトップ200人 の中からランクインした日本人は3人。41位のユニクロの柳井正氏。47位のキーエンスの滝崎武光氏。56位のソフトバンクグループの孫正義氏 …

リー・メン・ヤン博士

中国のウイルス学者のヤン博士がコロナウイルスの隠蔽で中国を非難。

中国のウイルス学者(Li-Meng Yan)がコロナウイルスの隠蔽を非難し、香港を逃れました。「私は彼らが内部告発者をどのように扱うか知っています」 リー・メン・ヤン博士 目次1 中国のウイルス学者( …

ノッサセニョーラアパレシーダ墓

ブラジル新型コロナ感染の最新情報、ブラジルの実態詳細。

懐疑的な大統領。何百万人もが社会的に孤立することを拒否しています。負担の大きい医療システム。これらは、ブラジルを次のコロナウイルスの震源地、そしておそらく世界で最も影響を受けた国の1つに変えている要因 …

黒死病ウィルス

中国内モンゴルで「黒死病」発生。症状や感染ルート、過去の感染事例。

中国内モンゴルで、人と人との間で感染を起こす黒死病患者が発生したため、当局が予防措置を発表するなど警戒態勢に。マーモットから感染か? 黒死病ウィルス 目次1 内モンゴルの“黒死病”発生2 中国で報告さ …

新型コロナウィルス

【速報】新型コロナ世界の国別感染者人数一覧、各国の対策内容、状況

2020年7月15日午前5時現在。ついに世界の感染者1300万人突破。世界各国・地域国別の新型コロナ感染者人数の最新情報。世界全体では13,177,855 人(死者574,793人)各国の対策内容。ブ …