最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

J・プライン死去、生い立ちや結婚、病気や実績。他の他のミュージシャンへの影響

投稿日:

米音楽家J・プライン(J. Prine)死去。米国の著名シンガー・ソングライターのジョン・プラインさんが7日、新型コロナウイルス感染による合併症のため南部テネシー州ナッシュビルの病院で死去した。73歳。生い立ちや結婚、病気や実績について。J・プラインの他のミュージシャンへ与えた影響について

J. Prine

J. Prine

 

J・プライン死去詳細

アメリカーナの伝説と崇高なシンガーソングライターのジョン・プリーンは火曜日(4月7日)にCOVID-19の合併症で亡くなりました。73歳でした。

 

プラインの家族は3月29日に彼の診断を明らかにしました。ソーシャルメディアに投稿されたメッセージで、彼の家族はファンが彼が数日間入院していて、彼の状況が「重大」であったことをファンに知らせました。彼の妻、フィオナは4月2日の更新で、彼はまだ「非常に病気」であるが、彼女は「希望を持っていた」と述べた。

 

2020年3月19日、2019-20コロナウイルスのパンデミック期間中に、プラインの妻フィオナは、COVID-19ウイルスの検査で陽性であり、彼とは別に自宅で検疫されたことを明らかにしました。

J・プラインは症状発症後、3月26日に入院しました。

彼は3月28日の夕方に危篤状態になりました。

3月30日、マネージャであり妻でもあるフィオナは彼女が回復したこと、およびジョンは安定した状態であるが改善していないことをツイートした。

J・プライン

J・プライン

 

4月3日、彼女は彼がICUでの8日目であり、彼はまだ呼吸装置を使用していて、彼の呼吸にはかなりの助けが必要であることを発表しました。

彼は両方の肺に肺炎があり、抗生物質を含む薬物療法で治療して、合併症状も発症しました。

そしてジョンプリーンは2020年4月7日に亡くなりました。

米メディアの報道では、ノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんと並び高い評価を受けていて、過去50年間で最も影響力があり、尊敬されているフォークソングカントリーソングライターの1人であり、代表曲「エンジェル・フロム・モンゴメリー」などを多くのミュージシャンがカバーし、ことしのグラミー賞で生涯功労賞に選ばれていた。


John Prine “Angel From Montgomery” | Austin City Limits Web Exclusive

J・プラインの生い立ち

ジョン・プラインは、イリノイ州メイウッドで1946年10月10日生まれました。

プラインは父ウィリアム・プラインと母バーナハムの息子でした。

父親は、ケンタッキー州ミューレンバーグ郡出身で、工具金型製造の仕事をしていました。

 

ジョン・プラインは、シカゴのメイウッド郊外で小さい時を過ごしました。

 

Chicago Maywood

Chicago Maywood

 

彼は14歳のときに弟のデイビッドから教えられてギターを弾き始めた。

 

彼はシカゴのオールドタウンスクールオブフォークミュージックのクラスに参加しました。

 

プラインはイリノイ州メイウッドにあるプロビソイーストハイスクールに通っていました。

プロビソイーストハイスクール

プロビソイーストハイスクール

 

彼は5年間郵便配をしました。

そして、ベトナム戦争のとき陸軍に入隊し、その後ドイツで勤務した後、シカゴで音楽のキャリアを始めました。

1960年代後半、プラインが郵便を配達している間、彼はシカゴのアーミテージアベニューにあるフィフスペグでオープンマイクの夜に歌い始めました。

子のころは、趣味で曲を書いたり歌ったりしていました。

 

Chicago Armitage Avenue

Chicago Armitage Avenue

 

プラインは当初は観客でしたが、パフォーマンスに消極的でしたが、「もっと上手くできるでしょう」と別の出演者が彼にいいました。

 

 

彼はシカゴのフォークリバイバルの中心人物となり、他にはスティーブグッドマン、マイケルピータースミス、ボニーコロック、ジムポスト、トムダンディー、アンヒルズ、フレッドホルスタインなどのシンガーソングライターも含まれていました。

 

ジェスロバーンズやボブギブソンなど有名なミュージシャンが参加したなかプラインは、
「オールドタウン伯爵」「静かな騎士」「ブルズ」など、シカゴのさまざまなクラブで頻繁に演奏しました。

シカゴのフォークリバイバルのメンバーである彼は、クリスクリストファーソンによって発見され、1971年にアトランティックレコードを使用して、Prineのセルフタイトルのデビューアルバムを制作しました。

Chris Christopherson


Chris Christopherson

 

シカゴサンタイムズの映画評論家、ロジャーエバートはそこで彼を聞いて、プリンがこれまでに受け取った最初のレビューを書いて、彼を素晴らしいソングライターと評価しました。

批評家の評価を得た後、Prineは彼の音楽的キャリアに集中し、Atlantic向けにさらに3枚のアルバムを録音しました。その後、Asylum Recordsに署名し、さらに3枚のアルバムを録音しました。 1984年に独立したレコードレーベルであるOh Boy Recordsを共同設立し、その後のアルバムのほとんどをリリースしました。

 

その後、アメリカのカントリーフォークシンガーソングライターとして、1970年代初頭から彼の死まで作曲家、レコーディングアーティスト、ライブパフォーマーとして活躍し、抗議や社会的コメントの要素を持つ、ユーモラスなカントリースタイルの音楽で知られていました。

1998年の扁平上皮がんとの戦いの後、プリーンのボーカルは砂利のような声になりました。
彼の世代の最も影響力のあるソングライターの1人として広く引用されたPrineは、愛、人生、現在の出来事に関するユーモラスな歌詞、社会的な解説付きのシリアスな曲、または彼の人生の憂鬱な物語を思い出させることで知られていました。

 

J・プライン

J・プライン

 

J・プラインの結婚と病気

プラインは、彼のマネージャーでもあるフィオナウェランプラインと結婚しました。

そして、2020年死去するまでマネージャーでもあり妻としても終生共に過ごしました。

フィオナウェラン

フィオナウェラン

 

プラインは、彼の健康上の問題が起きます。

1998年の初めに、プリンは首の右側にある扁平上皮がんと診断されました。

彼はかなりの量の病変組織を取り除くために大手術を行い、その後6週間の放射線療法を行いました。

 

手術により首の一部が取り除かれ、舌のいくつかの神経が切断されたが、放射線は一部の唾液腺を損傷しました。

 

彼が再び活動できるようになるには、1年間のリハビリ回復と言語療法が必要でした。

 

このことにより彼の声質は変わり、彼の声は、砂利を混ぜたような声になりました。

2013年に、プラインは左肺に癌があることを知り、その一部を切除する手術を受けました。

手術後、理学療法士は彼に運動をさせてスタミナを回復させました。

家の階段を上り下りし、息を切らしながらギターを握り、2つの歌を歌うためにプラインは、必死で頑張りました。

6か月後、彼は再びツアーをするまでになりました。

J・プラインの実績

1971年に、Prineのセルフタイトルのデビューアルバムがリリースされました。

 

彼と友人のスティーブグッドマンはそれぞれ、クリスクリストファーソンに「発見」される前に、シカゴのフォークシーンで活躍していました(クリストファーソンは、プラインが「親指を打たなければならない」ほど良い曲を書いたと述べました)。

 

アルバムには、彼の代表的な曲「Illegal Smile」、「Sam Stone」、民族や国の基準「Angel from Montgomery」と「Paradise」が含まれていました。


John Prine Illegal Smile


John Prine – Sam Stone


John Prine – Paradise


Angel from Montgomery

 

このアルバムには、後に多くのアーティストによってカバーされた老化についての歌「Hello in There」と、Prineが彼のすべての曲のお気に入りであると語ったウェイトレスへの愛の喪失についての孤独なワルツ「Far From Me」も取り上げられました。


John Prine – Hello In There


Far from Me

 

アルバムは多くの肯定的なレビューを受け、一部の人は「次のディラン」としてプリーンを称賛しました。

ボブディラン自身は、プリーンがニューヨークシティで最初にクラブに出演したときにアナウンスされずに登場し、ハーモニカで匿名で彼を支持していました。

プラインの2枚目のアルバム、ダイアモンドインザラフ(1972年)は、最初のLPが大成功を収めた後、多くの人にとって驚きでした。

それは、ブルーグラス音楽に対するプラインの愛着を反映し、ハンク・ウィリアムズを連想させる曲を特徴とするものでした。

ハイライトには、暗唱を含み、ベトナム戦争に対処した寓話的な「大いなる妥協」、およびプリンが後にグッドマンと録音したバラード「お土産」が含まれます。


John Prine – “Souvenirs”


John Prine – The Great Compromise

 

その後のアルバムには、「Dear Abby」、「Grandpa Was a Carpenter」、「Crismas in Prison」などのファンのお気に入りを含む「Sweet Revenge」(1973)、「Common Sense」(1975)、「Come Back to Us Barbara Lewis Hare Krishna」などがあります。


Dear Abby – John Prine


Grandpa Was a Carpenter


John Prine ‘Christmas In Prison’ (2000)


 John Prine – Sweet Revenge – Live from ‘September ’78’


John Prine – Common Sense


Come Back to Us Barbara Lewis Hare Krishna Beauregard (Live)

 

後者のアルバムは、ビジネスの成功の高まりを反映して、ビルボードが全米トップ100でチャートを発表したプラインの最初のものでした。

 

スティーブ・クロッパーが制作しました。

1978年のブルーズオレンジのリリースは、多くのベテランプラインファンが創造的なハイポイントだと考えています。

スティーブグッドマンがプロデュースしたアルバムは、「ホーボーソング」、「サブビジットツインシティズアローン」などの曲とタイトルトラックをリスナーに提供しました。


John Prine – The Hobo Song


Sabu Visits the Twin Cities Alone

 

1974年、歌手David Allan Coeは、PrineとGoodmanが共同執筆した「You Never Even Called My My Name」でカントリーチャートで大きな成功を収めました。


John Prine – You Never Even Call Me by My Name (1987)

 

1975年、PrineはギタリストArlen Rothをフィーチャーしたフルバンドでアメリカとカナダをツアーしました。これはフルバンドでのPrineの唯一のツアーでした。

1979年のアルバムPink Cadillacには、Sun Recordsの創設者であるSam Phillipsが制作した2曲が収録されています。

 

歌「サイゴン」は、戦争でトラウマを負ったベトナムの獣医についてのものです。


John Prine – Saigon

レコーディング中に、ギターアンプの1つが故障しました(これはアルバムで明らかです)。

 

フィリップスが制作したもう1つの曲は、プラインの故郷についての「How Lucky」です。


How Lucky – John Prine 1980 (stereo)

 

1981年、Prineは歌手やソングライターの搾取を感じた、確立されたレコーディング業界のモデルを拒否し、独立したレコードレーベルOh Boy Recordsを共同設立しました。

 

彼のプロジェクトを支援するファンは、彼に次のアルバムの費用を前もってカバーするのに十分なお金を彼に送りました。

 

プラインは1980年代を通じてアルバムの執筆と録音を続けました。

彼の歌は他のアーティストによってカバーされ続けました。

 

国のスーパーグループThe Highwaymenは、PrineとGoodmanが書いた「20世紀はもう終わりだ」を出しました。


steve goodman, The 20th Century Is Almost Over

 

スティーブグッドマンは1984年に白血病で亡くなり、プラインは「マイオールドマン」などのグッドマンの曲の多くをコンサートで引き続き演奏しました。


John Prine My Old Man

1991年、プラインはグラミー賞を受賞したミスミッシングイヤーズをリリースしました。

 

タイトル曲は、プリンスの幼少期と宣教の間の記録されていない年にイエスがしたことに対するユーモラスな見解を記録しています。

 

1995年に、Lost Dogs and Mixed Blessingsがリリースされました。

これは、エプスタインとのもう1つのコラボレーションです。


New Train


John Prine – Leave The Lights On.wmv

 

その後、1999年にPrineがIn Spite of Ourselvesを発表しました。


John Prine – In Spite of Ourselves – In Spite of Ourselves

 

これは、オリジナルの曲(タイトルトラック)が1つしか含まれていないという点で彼にとっては珍しいものでした。

残りはクラシックカントリーソングのカバーでした。

 

トラックはすべて、ルシンダウィリアムズ、エミルーハリス、パティラブレス、ドロレスキーン、トリシャイヤーウッド、アイリスデメントなど、有名な女性カントリーボーカリストとのデュエットです。

 

2001年、プラインはビリーボブソーントンの映画「ダディ&ゼム」に共演しました。

エンドクレジットが転がるにつれて、 “In Spite of Ourselves”が聞こえてきます。

プラインは、2004年にコンピレーションアルバム「Beautiful Dreamer」でスティーブンフォスターの「マイオールドケンタッキーホーム」のバージョンを録音し、2004年にベストトラディショナルフォークアルバムのグラミー賞を受賞しました。


Beautiful Dreamer by Raul Malo

 

2005年、PrineはLost Dogs and Mixed Blessings以来の最初のまったく新しい製品をリリースしました。

 

アルバムFair&Squareは、よりリラックスしたアコースティックアプローチに向いていました。アルバムには、人生で危険を冒したことのない男性に関する「Safety Joe」などの曲と、人間の醜い側面について語るアルバムの「Some Humans Ai n’t Human」というアルバムの抗議曲が含まれています。


John Prine – Safety Joe – Fair & Square


John Prine – Some Humans Ain’t Human – Fair & Square

 

自然とジョージW.ブッシュ大統領でのクイックショットが含まれています

 

Fair&Squareは2005年グラミー賞の最優秀コンテンポラリーフォークアルバムを受賞しました。

 

このアルバムには、オリジナル曲と2つのカバーが含まれています。

A.P。カーターの「ベアクリークブルース」とブレイズフォーリーの「クレイピジョン」です。


John Prine – She Is My Everything – Fair & Square


John Prine – Other Side of Town – Fair & Square

 

2010年6月22日、Oh Boy Recordsは、Broken Hearts and Dirty Windows:

The Songs of John Prineというタイトルのトリビュートアルバムをリリースしました。

アルバムには、マイモーニングジャケット、アベットブラザーズ、コナーオバースト、ミスティックバレーバンド、オールドクロウメディシンショー、ラムチョップ、ジョシュリッター、ドライブバイトラッカーズ、ニッケルクリークのサラワトキンス、リズをフィーチャーしたディアティックなど、現代のフォークリバイバルのメンバーが含まれています。

 

アイゼンバーグ、ジャスティンタウンズアール、ダーリン、ボンアイバーのジャスティンヴァーノン。

 

2016年、PrineはPEN / Song Lyrics Awardの受賞者に選ばれ、PENニューイングランド支部から隔年で2人のソングライターに贈られました。

2016年の賞は、トムウェイツと彼の作詞作曲の共同編集者の妻であるキャスリーンブレナンと共有されました。

賞の審査員には、ピーター・ウルフ、ロザンヌ・キャッシュ、ポール・サイモン、エルビス・コステロなど、ならびに文学審査員のサルマン・ラシュディが含まれていました。

2016年、PrineはFor Better or  Worseをリリースしました。


John Prine – “Who’s Gonna Take The Garbage Out” w/ Iris DeMent – For Better Or Worse

1999年のIn Spite of Ourselvesのフォローアップです。

このアルバムでは、アリソンクラウス、ミランダランバート、ケイシーマスグレイブスなど、このジャンルで最も著名な女性の声を取り上げたカントリーミュージックカバーを特集しています。

リー・アン・ウォマック、そして両方のアルバムでフィーチャーされる唯一のアーティストであるアイリス・デメント。

2017年3月15日、アメリカンカレントの展示がカントリーミュージックの殿堂にオープンしました。展示では、ステージでよく着用したカウボーイブーツとジャケット、パーソナルギター、ヒット曲「Angel From Montgomery」へのオリジナルの手書き歌詞を紹介しました。 2

016年のアメリカンカレントクラスでは、ジェイソンアルディーン、ケルシーバレリーニ、ロスコッパーマン、レスターアールズ、ブレットエルドレッジ、フロリダジョージアライン、ミッキーガイトン、ナタリーヘンビー、シエラハルなど、2016年にカントリーミュージックに大きな影響を与えたアーティストを紹介しました。ジェイソン・イスベル、ミランダ・ランバート、ジム・ローダーデール、シェーン・マカナリー、ロリー・マッケナ、ウィリアム・マイケル・モーガン、マレン・モリス、ジョン・パーディ、ドリー・パートン、マーゴ・プライス、ジョン・プリン、レイリン、クリスとモーガン・ステープルトン、ランディ・トラビス。

 

プラインは、2005年に受賞した後、2017 Americana Music Honors&Awardsで2番目のアーティストオブザイヤーを受賞しました。

 

2018年2月8日、Prineは13年間で彼の最初の新作アルバムの「The Tree of Forgiveness」というタイトルのアルバムを4月13日にリリースすることを発表しました。


John Prine: The Road to ‘The Tree of Forgiveness’

 

アーティストのジェイソン・イスベル、アマンダ・シャイアズ、ダン・アウアーバッハ、ブランディ・カーリル。

発表と同時に、Prineはトラック「Summer’s End」をリリースしました。


John Prine – Summer’s End Official Video

 

このアルバムは、Brineboard 200でPrineの最も魅力的なアルバムになりました。

 

J・プラインの他のミュージシャンへ与えた影響

プラインは彼の世代の最も影響力のあるソングライターの一人として広く考えられています。

2009年に、ボブディランはハフィントンポストにプラインがお気に入りの作家の1人であると語り、「プラインの作品は純粋なプロイストの実存主義です。中西部のマインドトリップはn度です。そして彼は美しい曲を書いています。

ボブ・ディランBob Dylan

ボブ・ディランBob Dylan

クリスクリストファーソンが初めてプラインを連れてきたときのことを覚えています。

「Sam Stone」は素晴らしく刺激的です。

「パパの腕には穴があり、そこにはすべてのお金が行き渡っています。イエスキリストは私が思うに何のためにも死にました。」

 

ジョニー・キャッシュは自伝のキャッシュの中でこう書いています。

Johnny Cash


Johnny Cash

「私は農場では音楽をあまり聞いていません。歌を書くモードに入ってインスピレーションを求めているのでなければ、それからです。それから、私は賞賛した作家によって何かを着ます。そして、何年にもわたって使用されました。ロドニークロウェル、ジョンプライン、ガイクラーク、そして故スティーブグッドマンは、私のビッグフォーです…」

ロジャーウォーターズは、2008年にワードマガジンから、ラジオヘッドのような新しいイギリスのバンドでピンクフロイドの影響力を聞いたかどうか尋ねられたとき、「私はラジオヘッドを本当に聴いていません。

Roger Waters

Roger Waters

アルバムを聴いたのですが、彼らは私を感動させませんでした。

たとえば、ジョンプリーンはそうです。彼は並外れて雄弁な音楽であり、彼はニールヤングとレノンと一緒にその飛行機に住んでいます。」

まとめ

今回は、「J・プライン死去、生い立ちや結婚、病気や実績。他の他のミュージシャンへの影響」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボブ・ディランBob Dylan

ボブ・ディラン新曲の動画、歌詞「マーダー・モスト・ファウル」最近の活動も

ボブ・ディランが、新曲「マーダー・モスト・ファウル」murder most foulを発表しました。8年ぶりの新曲になります。1963年11月に起きたケネディ元米大統領暗殺事件を題材にしている曲です。 …

Dave Greenfield

「ストラングラーズ」のデイブ・グリーンフィールド死去、音楽活動、メンバー哀悼

英国のパンクバンドの「ストラングラーズ」のキーボード奏者デイブ・グリーンフィールドがコロナで死去しました。コーンウェルが生物学の博士号をもち、デイブ・グリーンフィールドさんは音楽大学でクラシックを専攻 …

リトル・リチャード

リトル・リチャード死去、生い立ち、家族、結婚、音楽活動。

リトル・リチャード、フランボヤント・ロックンロールのパイオニア、2020年5月9日、ペニマンはテネシー州で87歳で亡くなりました。死因は骨がんであることが明らかにされた。彼の死の時、彼は兄と一緒に住ん …

ベニー・マードネス

ベニー・マードネス死去、実績や結婚などのプロフィール。

1980年の大ヒット曲「イントゥ・ザ・ナイト」(Into the Night)で最もよく知られているミュージシャンのベニー・マードネス(Benny Mardones)は、パーキンソン病との20年にわた …

モリ・カンテ

モリー・カンテ死去。プロフィール、代表曲動画

モリー・カンテ:アフリカの音楽スターが70歳で死去。モリ・カンテさん(ギニアの音楽家)が22日、ギニアの首都コナクリの病院で死去、70歳。 ギニアで生まれ、隣国マリで長く生活した。80年代後半に発表し …