最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

自然

絶滅危惧シャムワニがタイで10年で2度目の目撃がされた動画!

投稿日:

タイ最大の国立公園で昨年12月に捉えられた、絶滅が危惧されるシャムワニの写真が2021年1月23日、公開された。シャムワニが目撃されたのはここ10年で2度目だという。写真が撮られたのはミャンマーとの国境近くに位置するケーンクラチャン国立公園(Kaeng Krachan National Park)で、陸に上がって日光浴している姿が見られる。

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃

 

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃される 10年で2度目。

タイ最大の国立公園で昨年12月に捉えられた、絶滅が危惧されるシャムワニの写真が1月23日、公開された。シャムワニが目撃されたのはここ10年で2度目だという。

ケーンクラチャン国立公園のマネジャー、マヌーン・プリウスーンヌーン(Manoon Prewsoongnern)氏によると、今回姿が捉えられたシャムワニの体長は3メートルで、過去10年間で2回目だという。

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃

 

「シャムワニは捕食者だが、環境破壊の被害を最初に受けた動物の一つだ」と指摘。今回目撃されたことで、ケーンクラチャン国立公園の環境が保全されていることが証明されたとマヌーン氏は述べた。

 

写真が撮られたのはミャンマーとの国境近くに位置するケーンクラチャン国立公園(Kaeng Krachan National Park)で、陸に上がって日光浴している。

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃

 

シャムワニはかつて東南アジアに多数生息していたが、現在は国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト(Red List of Threatened Species)」に入っている。

 

シャムワニは、密猟者の間で非常に人気が高く、卵や成体は域内の農場に引き取られ、革はベルトや靴、ハンドバッグなどに加工されるなど、乱獲と生息地が失われたことが原因で、野生のシャムワニは約20頭しか生息していないと推定している。

絶滅危惧シャムワニ、タイで目撃される動画。

#土曜日の話
タイの淡水ワニ希少な絶滅危惧種ケーンクラチャン国立公園で自慢しましょう。


#เรื่องเล่าเสาร์อาทิตย์
จระเข้น้ำจืดสายพันธุ์ไทย หายากใกล้สูญพันธุ์ โผล่อวดโฉมที่อุทยานฯ แก่งกระจาน

 

最も珍しいタイの淡水ワニを発見する| 24-01-64 |タイラットの朝のニュース土曜日と日曜日


ฮือฮา พบจระเข้น้ำจืดพันธุ์ไทย สุดหายาก | 24-01-64 | ข่าวเช้าไทยรัฐ เสาร์-อาทิตย์

 

ピチャイワチャラウォンパイブーンさんペッチャブリー支部保全地域管理事務所第3局長は、野生生物のカメラトラップの事例を明らかにしました。そのような事例は、ケンクラチャン国立公園の責任者であるマナパームプール氏です。カメラトラップの野生生物(カメラトラップ)から写真を撮りました。

ケーンクラチャン国立公園のエリア自然界で絶滅するのが非常に難しく、自然界から絶滅しようとしている野生動物、つまり淡水ワニの画像を調べて見つけましょう。ペッチャブリ川の源流に生息する「タイクロコダイル」(Crocodylus siamensis)。 Ban PongLuekとBanBangKloyを越えて画像のステータスがまだ表示されていることを確認します。

その地域の検査は長い間発見されていません。しかし、今回の出会いでは、当局が記録できるものが複数あることが確認されました。長年にわたる監視から。

現在、CITES条約では、淡水ワニは付録1(付録1)に記載されています。淡水ワニ、沼ワニ、シャムワニ、またはタイワニ(Crocodylus siamensis)はタイ原産です。ラオス、カンボジア、ベトナム、カリマンタン、ジャワ、スマトラ中型のワニに分類され、かなり大きい(3〜4メートル)。

揚げ物付き10〜12歳で繁殖力があります。この種は毎回20〜48個の卵を産み、潜伏期間は68〜85日です。5月頃の梅雨の初めに産卵を開始します。川沿いの砂浜に穴を掘る平均して約80日を費やします。一人暮らしのように。

通常、淡水ワニは魚や他の小動物を食べます。邪魔されたり、十分な食料がなければ、人体に害を及ぼすことはありません。過去には、タイでは、国のすべての地域の水域で豊富に発見されました。特にナコンサワン州のブエンボラフェットなどの中央平原ではワニのチャムの場所として知られています最大200頭のワニが発見された、またはピチット州のKraiThongなどのさまざまな民俗文学で発見されたと報告されています。

しかし今では完全に失われていますしかし、クメール湖などの海外はまだ発見されています。カンボジア特にカオパノムとカルダモン当初、発見されたのは3頭だけで、人間に頼らずに生きている何百頭ものワニが発見されました。しかし、ここでは多くの農場を売るためにワニを捕まえるという問題があります。

この調査は、ケンクラチャン国立公園とタイの野生生物保護協会(WCS)が共同で行ったもので、2020年12月17日(約1か月前)に設置されたカメラトラップを訪問時に検査します。カメラが設置されている場所まで遠征チームは、水の曲がり角に隣接するビーチでワニの痕跡を見つけました。設置されたカメラトラップの前カメラトラップから撮影した写真フルサイズのワニであることが確認されましたそして、ビーチ周辺の調査から。

 

まとめ

今回は「絶滅危惧シャムワニがタイで10年で2度目の目撃がされた動画! 」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-自然

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

な黄色いロブスター

黄色いロブスター発見。名前は「バナナ」!

米メーン州沖で、全身鮮やかな黄色をした希少なロブスターが捕獲され、「バナナ」と命名された。黄色い色は甲殻の色素に由来するもので、捕獲される確率は3000万分の1程度という。動画紹介。 な黄色いロブスタ …

ガビアル

ワニの父親が100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画!

子だくさんワニ、100匹以上の子供を背中に乗せて移動する動画紹介。インドの川でワニが100匹以上の我が子を背中に乗せて移動する珍しい光景が撮影された。ガリアルは、北インド亜大陸に自生する細長い鼻のワニ …

ブロードXのセミとして知られる何十億もの昆虫

ブロードX、米国で17歳になるセミの群れ数兆匹の出現で大暴れ!

米国で17歳になるセミの群れ数兆匹の出現で大暴れしています。2021年の今年は、3種のブロッドXというグループの虫が、米国東部に数兆個の虫を出現させる。これは、国の15のブロードの一つであり、最後に登 …

ポパラングール(Popa langur)

新種のサル「ポパラングール」ミャンマーで発見の動画!

ミャンマー中部の森で樹上生活をする新種のサル「ポパラングール(Popa langur)」が発見された。ラングールと呼ばれるサルの一種でぼさぼさのグレーの毛、目の周りの白い輪が目立つ仮面のような顔と柔軟 …

皇帝の髭を持つ三つ子のサル

生後6週、皇帝の髭を持つ三つ子のサルの動画!

オーストリアのウィーンにある世界最古のシェーンブルン動物園で2020年12月1日、エンペラータマリンの三つ子が誕生した。268年という歴史ある同園でエンペラータマリンの赤ちゃんが生まれたのは5年ぶり。 …