最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されて撮影された写真はこれ!【写真あり】

投稿日:

元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が偽造パスポート使用により滞在先のパラグアイで逮捕され、サッカー界に衝撃が走った。 パラグアイの刑務所で拘束されているなかで撮影された写真が流出し、タンクトップでサンダル姿の1枚に衝撃が広がっている。ロナウジーニョ氏刑務所で拘束の詳細とロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかで撮影された写真について。拘束期間は、最大6カ月間続く可能性もあるという。突然ニュースに日本のファンも驚きました。そんな中、3月10日ロナウジーニョ氏の保釈請求に対し裁判所は、75万~80万ドル(約7900万~8400万円)相当の保証金は、必要だが容疑者の経済力からして少なすぎるとした。

ロナウジーニョ

ロナウジーニョ 

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかで撮影された写真

かつてサッカーファンを魅了したスーパースターのショッキングな一報が届いた。

バルセロナやブラジル代表で活躍したロナウジーニョ氏が、チャリティーイベント参加のため4日にパラグアイへ入国。首都アスンシオン滞在時、偽造パスポートによる入国の疑い
で兄のアシス氏とともに逮捕された。

そんな中ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかで撮影された写真に衝撃が走っている。

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかで撮影された写真

あの、往年のトップスターが、変わり果てている姿は、ショックだ。

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束

 

 

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束の詳細

偽造パスポート所持によってパラグアイで逮捕された元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏は、釈放を認められず引き続き拘束されることになりました。

日本の多くのファンにとっても悲報となりました。

 

ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」は、逃亡および釈放後の引き渡し拒否の恐れを主張した検察の請求が認められて、ロナウジーニョの身柄が引き続き拘束されることが決定したと報じています。

 バルセロナなどで活躍したロナウジーニョ氏は、チャリティーイベント参加のため4日パラグアイに入国。首都アスンシオン滞在時に偽造パスポートによる入国の疑いで、兄のアシス氏とともに逮捕された。

一体、偽造パスポートまで使ってパラグアイに入国した目的はなんだったのでしょう?本当に、チャリティーイベント参加のためだけだったのでしょうか?

あまりにも、その代償が大きすぎました。

ロナウジーニョ氏の弁護士は、アシス氏は心臓に不安を抱え治療の必要があるなどと主張。彼らの釈放を求めたそうですが結局拒否されました。

 

一方、検察は逃亡のリスク、釈放後にブラジルが身柄引き渡しを拒否する恐れがあると主張して、引き続き2人の身柄を拘束することを訴えた。その検察の主張が認められ、ロナウジーニョ氏は引き続きパラグアイで拘束されることに決定した。

「グローボ・エスポルチ」は、パラグアイによる拘束は最大6カ月間続く可能性を伝えている。

 

これに対してロナウジーニョの弁護士は、「理不尽かつ恣意的で軽薄な決定」とコメント。

 

続けて、「ロナウジーニョらは、パラグアイに対してなんの犯罪も犯していない」と主張し、上訴するようです。

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかでのネットの声

ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかでのネットの声を見てみましょう。

「愛すべき写真。彼はサッカー選手。周りが悪かった。残念ながら、、ロナウジーニョに会えば、感動したりするそれくらいのスーパースター誰かフォローしてほしい。」

「コーチとかサッカー教室とか講師とか お金を稼ぐ方法はたくさんありそうなのに。一からコツコツ頑張って欲しいです。」

「素晴らしいサッカー選手だったが余りにも大金のお金が入ってきたためハイエナの様な人々が集まって来た。周りにコントロール出来る人がいたらなら・・」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200310-00250904-soccermzw-socc

以上ネットの声を拾ってみました。

ロナウジーニョ保釈を認めない判断理由は保釈金不足

サッカー元ブラジル代表のロナウジーニョ容疑者について、パラグアイの裁判所が3月10日、保釈を認めない判断を下しました。

 

勾留生活が5日間に及んでいるロナウジーニョ容疑者の側は、条件付きの身柄解放を求めていたが、裁判所は事件の重大性や新たな証拠の発見、また入国を手引きした複数の公務員と実業家の関与を理由に、請求を却下しました。

理由は保釈金が払えないことです。

裁判官は「二人がいる状態で取るべき手続きが数多くある」と述べ、提示された75万~80万ドル約7900万~8400万円)相当の保証金は「容疑者の一人の経済力からすれば少なすぎる」として保釈を認めなかった。

グスタボ・アマリージャ(Gustavo Amarilla)裁判官は、今回の措置が厳しいものだと認めた上で、裁判所には国外逃亡を阻止する責任があるとしている。

 

 

まとめ

今回は、「ロナウジーニョ氏刑務所で拘束されているなかで撮影された写真はこれ!」というテーマでお送りしました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

パキスタン飛行機墜落

パキスタン航空の多くの民間パイロットが偽の免許を所持していた。

パキスタンインターナショナルエアラインズ(PIA)は、有効なライセンスを保持していない可能性があるとの主張に基づいて、150人のパイロットを乗務禁止にさせました。1965年以来、PIAは10件の大きな …

関東上空の大きな火球 

大きな火球が関東上空で発生を動画で観測。破裂音より隕石落下が原因か?

関東上空で大きな火球、流星、破裂音の情報が相次ぐ。火球動画と直近の大規模隕石落下はロシアで発生している2013年のものがある。専門家の推測によると、大きさは50センチ前後だったとみられるという。 関東 …

パキスタン飛行機墜落

パキスタンの飛行機墜落の生存者証言と墜落瞬間のシミュレーション動画

パキスタンの飛行機墜落事故で、乗客および乗務員全員97人のうち、ズバイルは生き残った2人の乗客のうちの1人でした。生存者ズバイルの証言。墜落瞬間のシミュレーション動画 エアバスA320 目次1 墜落事 …

黒川検事長

「黒川検事長辞任」賭けマージャン当事者が記事を書いていた・産経記者

東京高検検事長の黒川弘務氏を辞任に追い込んだ『週刊文春』のスクープ「黒川弘務検事長は接待賭けマージャン常習犯」がどうして、世間にリークしたのか、不思議でしたが、黒川氏と賭けマージャンに勤しんだ産経新聞 …

サバクトビバッタ

サバクトビバッタ、アジアに到達、大都市の住宅街を襲い始めた。

サバクトビバッタの繁殖が東アフリカ、インド、パキスタンの農作物に甚大な被害を与えており、食糧不足に起因する「人道危機」を国連に警告するよう促しています。また、インド・パキスタンの大都市の住宅街を襲い始 …