最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

ノーベル賞作家が拘束覚悟の声明 「ベラルーシ国民誇りに思う」!

投稿日:

ノーベル賞作家アレクシエービッチ氏は拘束覚悟の声明をだしました。「ベラルーシ国民誇りに思う」と述べました。当局は、ベラルーシ反政権派に圧力をかけ、ノーベル賞作家アレクシエービッチ氏、事情聴取を受けていた。、反体制派の政治家マキシム・ズナク氏が覆面をした集団に身柄を拘束された。国内で活動する反体制派の要人は、ノーベル文学賞受賞者のスベトラーナ・アレクシエービッチ氏を除き、ズナク氏だけだった。

ノーベル賞作家のアレクシエービッチ氏

ノーベル賞作家のアレクシエービッチ氏

 

ノーベル賞作家が拘束覚悟の声明 「ベラルーシ国民誇りに思う」

ノーベル賞作家のアレクシエービッチ氏

ノーベル賞作家のアレクシエービッチ氏

 

#Statement by Nobel Prize winners  “Be proud of the Belarusian people”

ノーベル賞作家アレクシエービッチ氏は拘束覚悟の声明をだしました。ノーベル賞作家アレクシエービッチ氏が拘束覚悟の声明 「ベラルーシ国民誇りに思う」です。

 

9月9日ベラルーシの反政権派、調整協議会の幹部らが次々と拘束、国外追放される中、最後に残った幹部でノーベル賞作家のアレクシエービッチ氏は、「ベラルーシ国民を愛し、誇りに思う」との声明を出した。自らの拘束を覚悟したメッセージとみられる。

 

アレクシエービッチ氏は、ベラルーシの素晴らしい市民が次々と捕まっているが「何百人もの人々が私たちの後に続く」との確信を表明した。

 

同氏は、民族的に近い隣国ロシアの知識人に対して「小さな、誇り高い国民が踏み付けられているのを見て、どうして黙っているのか。私たちは兄弟じゃないか」と呼び掛け、支持を訴えた。

 

当局は、ベラルーシ反政権派に圧力をかけ、ノーベル賞作家アレクシエービッチ氏、事情聴取を受けていた。

 

8月26日、ベラルーシのルカシェンコ大統領の6選は不正と主張する反政権派の調整協議会の幹部で、2015年ノーベル文学賞作家のアレクシエービッチさんが26日、捜査当局の出頭要請に応じ、首都ミンスク市内で事情聴取を受けた。

反体制派幹部の連行続く

反体制派幹部の連行続く

 

アレクシエービッチさんは、自らに不利な証言をすることを拒否し短時間で立ち去った。地元ネットメディアが伝えた。

 

大統領選で2位となり、抗議行動の象徴的存在のチハノフスカヤ氏らが創設した調整協議会はルカシェンコ政権との対話や再選挙などを求めているが、政権側は協議会が「政権奪取を呼び掛けた」と主張、幹部らを拘束するなどして圧力を強めている。

 

ベラルーシ、反体制派幹部の連行続く

反体制派の政治家マキシム・ズナク氏

反体制派の政治家マキシム・ズナク氏

 

9月9日ズナク氏拘束も拘束された。

ルカシェンコ大統領の長期独裁政治に抗議するデモが続くベラルーシで、反体制派の政治家マキシム・ズナク氏が覆面をした集団に身柄を拘束された。

インタファクス通信が、ズナク氏の弁護士などの話として伝えた。

 

ズナク氏の弁護士によると、同氏の住居に当局が家宅捜索に入った。同氏には、法執行手続きがとられるという。

 

ベラルーシでは、ルカシェンコ退陣要求が強まる中、抗議活動を主導する立場の要人が次々と国を離れたり、身柄を拘束されている。

 

前日には、連行されたマリア・コレスニコワ氏が国外退去を迫られたが、パスポート(旅券)を破って拒否。

 

現在は国内にとどまっているもようだが、詳しいことは分かっていない。

 

コレスニコワ氏の拘束で、国内で活動する反体制派の要人は、ノーベル文学賞受賞者のスベトラーナ・アレクシエービッチ氏を除き、ズナク氏だけになっった。

ノーベル賞作家アレクシエービッチ動画

 

ノーベル賞を受賞したベラルーシの作家はロシアにルカシェンコに話をするように促す。


Nobel Prize-winning Belarusian author urges Russia to push Lukashenko to talk

彼女が水曜日に調査委員会の外に到着したとき、ベラルーシの最も有名な作家は、アレクサンドルルカシェンコ大統領が交渉するよう説得するのを手伝うようロシアに要請しました。

「現在、ルカシェンコはプーチン大統領としか話せない。国民と話す必要がある」と2015年のノーベル文学賞を受賞したスヴェトラーナ・アレクシエビッチ氏は記者団に語った。

 

アレクシエビッチは先週野党調整協議会を結成した数十人の公人の1人であり、野党が不正とされた選挙後の平和的な政権交代について交渉することを目的としています。

 

ルカシェンコ氏は選挙以来、彼の26歳のルールに対する2週間以上の大規模デモに直面しており、公式結果は彼が投票の80%で勝利したと言っています。

 

彼は選挙の詐欺を否定し、抗議は海外から資金提供されていると言います。

 

ルカシェンコは、抗議行動を不法に権力を奪取する試みとして特徴付けている。

 

ノーベル賞受賞者がベラルーシの調査官に答えることを拒否。


Nobel laureate refuses to answer Belarus investigators

警察は水曜日に、ベラルーシ大統領のアレクサンドルルカシェンコ大統領の論争のある再選に抗議して約20人を逮捕しました。

 

まとめ

今回は「ノーベル賞作家が拘束覚悟の声明 「ベラルーシ国民誇りに思う」!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エリック・シュミット

「中国ファーウェイ通じ北京へ情報流出」元米グーグルCEOが見解

中国ファーウェイ通じ情報流出 元米グーグルCEOが見解。米IT大手グーグルで最高経営責任者(CEO)を務めたエリック・シュミット氏は18日までに英BBCラジオで、中国の華為技術(ファーウェイ)の通信機 …

シンガポール

シンガポール新型コロナウィルス感染急増の原因は移民労働者!

シンガポール新型コロナウィルス感染急増してきています。今まで、シンガポールは完成抑制がきいていて、比較的新型コロナウィルス拡散が少なかったのですが、ここに来てシンガポールで新規感染者が移民労働者のなか …

新型コロナウィルス

外出緩和の世界各国、各地での実施状況詳細。米国各州の状況。

世界各国、地域で新型コロナウィルスの感染の感染防止のための外出制限が相次いで緩和される。ただし、社会的距離を保つため、飲食、観光、娯楽などの分野は制限がつけられている。トランプ政権の外出制限の4月末の …

香港国家安全法に対する抗議デモ

香港国家安全法に抗議デモ、警察は「テロリズム」の増大を警告

香港デモで国家安全法に抗議。180人以上を逮捕。市民からは怒り、不安、不満がでています。中国は、1997年の英中条約を実質破棄か?香港警察のトップは「国家安全法」の導入で「テロリズム」の増大を警告して …

ブラジルの医療機関

ブラジル新型コロナ惨状。大統領「気の毒だが死は宿命」 死者4万人。

ブラジルの新型コロナウィルスによる、死者が4万人を超しました。大統領は「気の毒だが死は宿命」とコメントを出しています。ブラジルの医療システムはすでに崩壊寸前です。 ブラジル市民 目次1 ブラジル死者3 …