最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

古代エジプトの「失われた黄金都市」 史上最大規模の都市遺構動画!

投稿日:

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構の動画。2021年4月8日エジプトの著名考古学者ザヒ・ハワス(Zahi Hawass)氏率いる発掘チームは、南部ルクソール(Luxor)近くで、同国発掘史上「最大規模」の古代都市遺構を発見したと発表した。「失われた黄金都市」と呼び、少年王ツタンカーメン(Tutankhamun)の墓以来の最も重要な発見の一つだとしている。長い間砂漠の砂の下で隠れた「失われた黄金の都市」の遺跡は、平和と繁栄の黄金時代に古代エジプトを支配した第18王朝の第9代王アメンホテプ3世の治世に3,400年以上さかのぼります。

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見。

発掘チームの発表によると、砂の中から見つかったこの古代都市「3000年前のアメンホテプ3世(Amenhotep III)の治世のもので、ツタンカーメンやアイ(Ay)に継承された」とみられます。

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

 

米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のベッツィ・ブライアン(Betsy Bryan)教授(エジプト美術・考古学)は、「ツタンカーメンの墓に次ぐ重要な考古学的発見」だと述べました。

遺構からは、指輪などの宝飾品、彩色陶器、スカラベの護符、アメンホテプ3世の印章入りの泥れんがなどが出土した。

チームは、古代エジプトの墳墓群「王家の谷(Valley of the Kings)」のあるルクソール近郊で2020年9月、ラムセス3世(Ramses III)とアメンホテプ3世の葬祭殿に挟まれた地区の発掘を開始。

 

数週間のうちに、泥れんがの遺構が出土した。「保存状態の良い大規模な都市遺構で、壁はほぼ完全に残り、各室内には日用品がたくさんあった」という。

7か月に及ぶ発掘調査で、焼き窯貯蔵用の陶器を備えた製パン店のある地区や、行政地区、居住地区などが見つかった。

発掘チームは「数千年間にわたって手付かずの考古学上の地層が、古代の人々によって、つい昨日のことのように残されている」といいます。

 

ブライアン氏は、「王朝が最も豊かだった時代の古代エジプト人の生活を垣間見ることのできる貴重な」遺構だと語った。

チームはまた、王家の谷で見つかったものと同様の「岩に掘られた階段」を抜けた先に墳墓群を発見したことを明かし、「宝物に満ちた手付かずの墳墓が出土すると期待している」と話している。

 

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

 

 

歴史的に「アテンの台頭」として知られるこの都市は、ツタンカーメンの祖父であるアメンホテプ3世(紀元前1391-1353年に支配)、ツタンカーメン王、またはトゥット王によって設立されました。

 

アメンホテプ3世の息子アメンホテプ4世(後にアクヘナテンに改名)との共同機関の間、また、タットと彼に続くファラオの支配の間、人々は「黄金の都市」を使用し続けました。

 

歴史的文書は、アメンホテプ3世の3つの王宮の本拠地であり、当時ルクソールで最大の行政および産業集落であったと報告しています。

 

「多くの外国のミッションは、この都市を捜索し、それを見つけることはありませんでした」と、ゴールデンシティの発掘調査を指揮し、古代問題のための元国務大臣を率いた考古学者ザヒ・ハワスは、翻訳された声明で言いました。

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

 

考古学者ザヒ・ハワスのチームは、トゥット王の遺体安置所を見つけることを期待して2020年に捜索を開始しました。

彼らは「ホレムヘブとアイの両方の寺院がこの地域で発見されたので」この地域を見ることを選んだと、ハワスが言いました。

彼らは掘ったところから泥レンガを発見し始めたとき、びっくりしました。チームはすぐに、比較的良い状態の大都市を発掘したことに気付きました。

 

「街の通りは家に囲まれています」と、高さ10フィート(3メートル)までの壁を持つものもあると、ハワスは言いました。

これらの家には、古代エジプト人が日常生活で使用したニックナックと道具で満たされた部屋がありました。

 

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

 

この発見は、エジプトの考古学者、ザヒ・ハワスが率いるミッションの一環として行われ、同国南部のナイル川西岸で行われた。同省はツタンカーメンの墓の次に2番目に重要なものとして発表されました。

エジプトでは、ツタンカーメンの墓の次に2番目に重要な発見です。

 

国内で発見された最大の都市集落として記述されているものの発見が発表されました。

 

エジプト古代省のフェイスブックページが報じたように、それは約3,000年前の「失われた黄金都市」であり、発見はエジプト南部のルクソール地域のナイル川西岸にあるエジプトの考古学者スター、ザヒ・ハワスが率いるミッションによって行われました。

 

入植地の名前は「アテンの台頭」(ポストの元の英語)で、ツタンカーメンと彼の後継者アイの時代に住み続けっていたにもかかわらず、アメンホテプ3世の治世にさかのぼります。

 

「多くの外国の伝道官がこの街を捜索し、それを見つけたことがない」とハワスは言い、「私たちはツタンカーメンの遺体安置所を探して仕事を始めました」と付け加えました。

 

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

 

米国のジョン・ホプキンス大学ボルチモア校でエジプト学の講師を務めるベッツィー・ブライアンは、「この失われた都市の発見はツタンカーメンの墓から2番目に重要な考古学的発見である」と主張した。

それは「エジプトで発見された最大の都市」であり、同省は「エジプト帝国の時代にルクソールの西岸で最大の行政と産業の集落」について語っています。

 

エジプトの偉大な支配者の一人、アメンホテプ3世、1391年から1353年まで君臨した第18王朝の第九の王によって設立されたこの都市は、彼の息子、有名なアメンホテプ4世/アケナトンと共に中核的な機関の間に活動していました。

発掘調査は昨年9月に始まったばかりで、3千年の間砂の下に残っていた都市は、「ほぼ完全な壁と日常生活の道具でいっぱいの部屋で、良好な状態にある」と言われています。

 

南部では、オーブン陶器を完備したパン屋の遺骨が見つかりました(その大きさから、部屋が「非常に多くの労働者と従業員」を与えたと推測されました)。

 

しかし、織り、ガラス製造、寺院や墓のためのお守りや装飾的な要素の生産などの産業活動の一部も発見されています。特に、指輪、スカラブ、着色された鉢、アメンホテプ3世のカルトゥーシュを持つレンガで、集落の年代測定を確認した。

 

エジプトの考古学者は、エジプト帝国の最大の都市であり、ほぼ1世紀前のトゥット王の墓以来最も重要な考古学的発見であると考えられているものを発見しました。

 

3000年の砂漠の砂の下で失われた「失われた黄金の都市」の遺跡は、平和と繁栄の黄金時代に古代エジプトを支配した第18王朝の第9代王アメンホテプ3世の治世に3,400年以上さかのぼります。

 

「多くの外国のミッションがこの都市を捜索し、決してそれを見つけませんでした」と、元エジプト古代大臣のザヒ・ハワス博士は声明で述べました。

 

有名な考古学者は、彼らが昨年9月に発見したとき、ツタンカーメンの遺体安置所を求めてエジプトのチームを率いていた。

 

発掘エリアはルクソールの近く、メディネト・ハブにあるラメセス3世の寺院とメムノンのアメンホテプ3世の寺院の間に位置しています。

 

ハワス博士は言います。「彼らが発掘したのは、ほぼ完全な壁があり、日常生活の道具で満たされた部屋を備えた、保存の良い状態にある大都市の敷地でした。考古学的な層は、古代の住民が昨日であるかのように残して、何千年もの間手つかずで置かれています。

 

カイロのアメリカン大学でエジプト学の教授をしているサリマ・イクラムは、ナショナルジオグラフィックに語りました。「誇張ではなく、感動的です」

ハワス博士のチームは、アメンホテプ3世のカルトゥーシュ王のカチのシールを持つワイン容器や泥レンガの粘土キャップに見られる象形文字の碑文から日付を特定することができました。

 

この都市は、古代エジプトがその力のピークを達成した18王朝の間に最大の行政と産業の集落でした。ハワス博士は、この都市は「有名なデイル・エル・メディナまで」西に広がっていると言いました。

 

よく配置されたユニットを持つ領域は、「ジグザグの壁によって囲まれ、内部廊下や住宅地につながるアクセスポイントは1つだけです」と、ハワス博士は言いました。

 

「単一の入り口は、囲まれたエリアへの出入り口を制御する能力を持つ、ある種のセキュリティだったと考えさせられます。

 

より驚くべき発見のいくつかは、部屋の1つの中で見つかった牛や雄牛の骨格が含まれています。

「そして、腕を横に伸ばして見つけた人のさらに顕著な埋葬、そして彼の膝に巻かれたロープの遺跡」とハワス博士は言いました。

「この骨格の位置と位置はかなり奇妙で、より多くの調査が進行中です。」

 

ハワス博士の発見のいくつかは、すでに貴重な手がかりを提供しています。例えば、「37年目」と刻まれた陶器の船は、アメンホテプ3世が息子のアクヘナテンと共リージェンシーを持つ間に都市が活動していたことを確認します。

ハワス博士はまた次の様に言いました。

「歴史が進むにしたがって、この鉢が作られてから1年後、都市は放棄され、首都はアマルナに移転しました。しかし、それは?でなぜ。そして、ツタンカーメンがテベに戻ったとき、街は再び再び住み込まれましたか」

「この地域のさらなる発掘だけが、3500年前に本当に何が起こったのかを明らかにするでしょう。」

古代エジプトの「失われた黄金都市」 史上最大規模の都市遺構動画!

 

エジプト、ルクソールの砂浜で発見された3、000年前の「失われた黄金の街」


3,000-year-old “Lost Golden City” discovered under sands of Luxor, Egypt

 

エジプトで発見された「失われた黄金の都市」は古代のファラオの生活を
明らかにします。


‘Lost golden city’ found in Egypt reveals lives of ancient pharaohs

 

失われ、現在発見されました。ルクソールのザヒハワスによって発見された
アテンの失われた黄金都市。


Exclusive: Was Lost and Now Found. The Lost Golden City of Aten
Discovered by Zahi Hawass in Luxor

 

アテンの台頭。失われた黄金の街が3000年前に発見されました! ZahiHawassによって
発掘されました。ルクソール、エジプト。


Rise Of Aten. Lost Golden City Discovered 3000 Years Old! Unearthed By Zahi Hawass. Luxor, Egypt.

 

まとめ

今回は「古代エジプトの「失われた黄金都市」 史上最大規模の都市遺構動画!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アリソンとタイラーハーゲット、および6歳の娘リリー

親子3人家族がオレゴンの山火事から逃げる間に車がガス欠!その顛末。

親子3人家族がオレゴンの山火事から逃げる間に車がガス欠になってしまいました。その顛末を知らせるニュース記事です。#suddenly ran out of gas. Allison and Tyler …

「七夕ガエル」

中国で大人気の「七夕ガエル」って何?

中国で突如大人気になった「七夕ガエル」って何?「中国のバレンタインデー」とも呼ばれる旧暦七夕。その七夕に当たる25日、一緒に過ごす恋人のいない多くの若者らがオンラインショップ・淘宝で寂しさを紛らわせる …

マデリン・マクカーンちゃん

2007年のマデリンちゃん失踪事件で新容疑者浮上、物証も!

ドイツ警察は3日、2007年に失踪した英国人女児マデリン・マクカーン(Madeleine McCann)ちゃんの事件で新たな容疑者を特定したと発表した。マデリンちゃんを殺害した疑いが持たれている。 マ …

集団感染した工場のキムチ

韓国「キムチ工場」で新型コロナ20人が感染の動画!

韓国のキムチ工場で新型コロナウィルスに20人が集団感染しました。50トンのキムチはすべて廃棄となりました。キムチ工場従業員の感染者数は19人。さらに、工場従業員の家族1人が追加感染し、キムチ工場関連の …

台風9号被害状況

2020年9月3日台風9号「MAYSAK]韓国の被害状況!【速報】

今朝東海に進出した台風メイサークは、現在、北朝鮮に向かって指しています。江原嶺東地方では、今日の午後まで強い雨と風の予報が出ています。江原地域の今日の被害状況、視聴者情報提供映像。台風メイサークの瞬間 …