最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

コンゴでエボラの新たな流行発生 。WHOサージチームが対応をサポート。

投稿日:

コンゴでエボラの新たな流行発生 コロナ感染拡大の最中。コンゴ民主共和国の保健省は6月1日、エボラ出血熱の新たな流行が、同国北西部で発生したと発表した。同国では東部でエボラ流行が発生しており、新型コロナウイルス感染症のパンデミックも起きている。WHOサージチームが対応をサポートしています。

コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国

コンゴでエボラの新たな流行発生

 

エテニ・ロンゴンド(Eteni Longondo)保健相は記者会見で、「すでに4人が死亡した」と発表。さらに、国立生物医学研究所(INRB)により、同国北西部の都市ムバンダカ(Mbandaka)で採取された検体が陽性反応を示したことが確認されたと述べた。

同国では東部でエボラの感染が拡大し、2018年8月以降2280人が亡くなっているが、今月25日に終息宣言が見込まれていた。

コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国

コンゴ民主共和国でWHOサージチームの活躍

コンゴ民主共和国で、新たなエボラ出血熱の発生が検出された。

WHOサージチームが対応をサポートしています。

コンゴ民主共和国政府は本日、エカトゥール県のムバンダカのワンガタヘルスゾーンでエボラウイルスの新たな集団発生が発生していることを発表しました。

この発表は、コンゴ民主共和国東部での長く困難で複雑なエボラ出血熱の発生が最終段階にあり、国がCOVID-19と世界最大の麻疹の発生と戦っているときに発表されます。

保健省からの最初の情報によると、ワンガタ州ではこれまでに6件のエボラ出血熱が検出されており、そのうち4件が死亡し、2件が生存しており、治療中です

 

 

これら6つのケースのうち3つは、臨床検査で確認されています。監視活動が増えるにつれ、より多くの人がこの病気と特定されるようになるでしょう。

「これは、COVID-19が人々が直面する唯一の健康上の脅威ではないことを思い出させます」とWHO事務局長のTedros Adhanom Ghebreyesus博士は述べた。

 

「私たちの注意の大部分はパンデミックに向けられていますが、WHOは他の多くの緊急事態を監視し、それに対応し続けています。」

これは、1976年に国でウイルスが最初に発見されて以来2018年7月まで、コンゴ民主共和国で11回目のエボラ出血熱です。ムバンダカ市とその周辺地域は、コンゴ民主共和国で9回目のエボラ出血熱が5月から発生した場所です。

 

「それは困難な時期に起こっていますが、WHOは過去2年間、保健当局、アフリカCDCおよびその他のパートナーと協力して、集団発生に対応するための国内の能力を強化してきました」とWHOアフリカ地域ディレクター、マツヒディソモエティ博士は述べた。

「地元のリーダーシップを強化するために、WHOは対応の拡大をサポートするチームを派遣する予定です。この新たな発生は、交通量の多い輸送ルートや脆弱な近隣諸国に近接しているため、迅速に行動する必要があります。

2018年の大規模感染時に構築された実績と知見で、WHOはすでにムバンダカでこの大規模感染への対応を支援しています。

チームは、サンプルの収集とテスト、および確認のための国立研究所への照会をサポートしました。

連絡先の追跡が進行中です。政府主導の対応を支援するため、北キブとキンシャサから追加の物資を送る作業が進行中です。

さらに25人が明日ムバンダカに到着する予定です。 WHOはまた、これらの緊急事態にもかかわらず、重要な保健サービスが地域社会に提供されるように努めています。

コンゴ民主共和国の北キブ州、南キブ州、イトゥリ州でのエボラ出血熱の10回目の発生は、最終段階にあります。

2020年5月14日、保健省は、アウトブレイクの終了の宣言までの42日間のカウントダウンを開始しました。

コンゴ民主共和国ではエボラ出血熱の新たな発生が予想されており、国の多くの地域の動物の貯蔵所にウイルスが存在している。

まとめ

今回は、「コンゴでエボラの新たな流行発生 。WHOサージチームが対応をサポート。」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

蔡英文

蔡英文総統の日本語ツイッター「勝ってまた会いましょう」失敗と復活の蔡氏について

  新型コロナウイルスの感染拡大阻止への戦いで、台湾の蔡英文(Tsai Ing-wen)総統が日本語でツイッターを発信しました。「手を携えてこの闘いに勝ちましょう」と日本にエールを送ってくれ …

ゴールド資産

世界の富豪ランキング2020年トップ50(2)【画像あり】詳細解説

フォーブズ誌「世界の大富豪ランキング」2020年のトップ50 の中からランキング11位~20位を紹介します。フォーブズ誌「世界の大富豪ランキング」2020年のトップ50。地球上で最も裕福な人々はコロナ …

トランプ大統領

トランプ大統領WHOへの資金拠出停止に舛添・高須賛否両論意見紹介

アメリカがついにWHOに制裁。トランプ米大統領は4月14日、国連(UN)の専門機関である世界保健機関(WHO)への資金拠出を停止するよう政権に指示したと発表した。新型コロナウイルスが世界に感染拡大する …

ハンターバイデン

ハンターバイデン電子メールで中国ルートの証拠も公表!

疑惑の「ハンターバイデン電子メールチェーン」のソースは、中国の投資会社についてのメッセージも含まれていました。これは、中国のエネルギー会社との取引の一環として、ジョー・バイデン前副大統領への支払いの概 …

リーメンヤン博士

韓国TV新型コロナが中国の実験室で作られた「コロナ19遺伝子操作の痕跡」報道。

韓国テレビがコロナ19遺伝子操作の痕跡?イェンリモン博士論文紹介。イェンリモン香港大学博士の「コロナ19操作説」、「自然の中で出てくることができない特性」米国など西側、「武漢研究室由来疑惑」提起、「科 …