最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

書籍

作家の小林泰三氏死去、プロフィールや著書など!

投稿日:

作家の小林泰三氏が死去しました。 小林 泰三氏(こばやし・やすみ)は、11月23日午前5時56分、がんのため大阪府内の病院で死去。享年58歳。デビュー作は、 『玩具修理者』

小林泰三

小林泰三

作家の小林泰三氏死去。

 

作家の小林泰三氏が死去しました。 小林 泰三氏(こばやし・やすみ)は、11月23日午前5時56分、がんのため大阪府内の病院で死去。享年58歳。 京都府出身。

小林泰三作品

小林泰三作品

 

2020年11月23日、ガン闘病の末に大阪府内の病院にて死去。58歳でした。

 

主な受賞歴は、 日本ホラー小説大賞短編賞(1995年)S-Fマガジン読者賞国内部門(1998年)星雲賞日本長編部門(2012年)。

小林泰三

小林泰三

作家小林泰三氏プロフィール

 

1962年8月7日生まれ。京都府出身。最終学歴は、 大阪大学大学院修了。

職業 小説家でジャンルは SF、ホラー、ミステリ。(活動期間 1996年 – 2020年)

デビュー作 『玩具修理者』、公式サイト 小林泰三の不確定領域

小林泰三

小林泰三

1995年、「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞しデビュー。

2012年に「天獄と地国」、17年に「ウルトラマンF」でSF作品を対象とする星雲賞(日本長編部門)を受賞。他に「アリス殺し」などの作品がある。

 

学歴は、洛南高等学校、大阪大学基礎工学部卒業。大阪大学大学院基礎工学研究科修士課程修了。

経歴は、三洋電機ニューマテリアル研究所で開発者として勤務。

日本推理作家協会、宇宙作家クラブの会員。元日本SF作家クラブ会員。

小林泰三作品

小林泰三作品

 

1995年、「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞。

1996年、「玩具修理者」収録した短編集『玩具修理者』で単行本デビューする。

「玩具修理者」は単行本だけで15万部を超えるベストセラーとなり、田中麗奈主演で映画化された。

2006年(第8回)と2007年(第9回)の2年間、日本SF新人賞の選考委員をつとめた。

『S-Fマガジン』2006年4月号で発表された「’06オールタイム・ベストSF」の国内短編部門で、「海を見る人」が11位に「酔歩する男」が14位に選ばれた。

小林泰三作品

小林泰三作品

 

同じく関西在住作家の田中啓文、牧野修、田中哲弥と合わせて「まんがカルテット」と呼ばれる。

小林泰三作品

小林泰三作品

受賞歴は、

1995年 – 「玩具修理者」で第2回日本ホラー小説大賞短編賞受賞。
1998年 – 「海を見る人」で第10回S-Fマガジン読者賞国内部門受賞。
2012年 – 『天獄と地国』で第43回星雲賞日本長編部門受賞。
2014年 – 『アリス殺し』で2014年啓文堂大賞(文芸書部門)受賞。
2017年 – 『ウルトラマンF』で第48回星雲賞日本長編部門受賞。

小林泰三作品

小林泰三作品

 

作家小林泰三氏の動画。

 


ー       小林泰三「銀の舟」

 

 


【朗読】小林泰三 「停留所まで」「同窓会」2本【ホラー】

 


ー 田中麗奈トレーラー映画「玩具修理者」 rena tanaka

 


ー    小林泰三『アリス殺し』創元推理文庫

 


【水曜トークショー #11】「賞道」で世界が変わる?目からウロコの日本美術鑑賞術

 

 

作家小林泰三氏の著書。

小林泰三作品

小林泰三作品

 

単行本

玩具修理者(1996年4月 角川書店 / 1999年4月 角川ホラー文庫)

玩具修理者:野性時代 1995年4月号

酔歩する男:書き下ろし

人獣細工(1997年6月 角川書店 / 1999年12月 角川ホラー文庫)

人獣細工:書き下ろし

吸血狩り:書き下ろし

本:書き下ろし

密室・殺人(1998年7月 角川書店 / 2001年6月 角川ホラー文庫 / 2014年1月 創元推理文庫)

肉食屋敷(1998年11月 角川書店 / 2000年9月 角川ホラー文庫)

肉食屋敷:SFマガジン 1998年9月号

ジャンク:『異形コレクション 屍者の行進』

妻への3通の告白:小説NON 1998年5月号

獣の記憶:小説現代 1998年5月号増刊 メフィスト

奇憶(2000年10月 祥伝社文庫)

AΩ(2001年6月 角川書店)
【改題】AΩ 超空想科学怪奇譚(2004年3月 角川ホラー文庫)

海を見る人(2002年5月 早川書房 / 2005年5月 ハヤカワ文庫JA)

時計の中のレンズ:SFマガジン 1997年10月号

独裁者の掟:『NOVEL21 少女の空間』

天獄と地国:SFマガジン 1999年5月号

キャッシュ:書き下ろし

母と子と渦を旋る冒険:SFマガジン 2000年2月号

海を見る人:SFマガジン 1998年2月号

門:SFマガジン 2001年2月号

家に棲むもの(2003年3月 角川ホラー文庫)

家に棲むもの:『憑き者 A-NOVELS』

食性:書き下ろし

五人目の告白:野性時代 1995年7月号

肉:書き下ろし

森の中の少女:小説新潮 2000年4月号

魔女の家:小説新潮 2002年7月号

お祖父ちゃんの絵:書き下ろし

目を擦る女(2003年9月 ハヤカワ文庫JA)

目を擦る女:小説すばる 1999年12月号

超限探偵Σ:『SFバカ本 天然パラダイス篇』

脳喰い:『夢魔 異形コレクション』

空からの風が止む時:SFマガジン 2002年4月号

刻印:『蚊―か―コレクション』

未公開実験:書き下ろし

予め決定されている明日:SFマガジン 2001年8月号

ネフィリム 超吸血幻想譚(2004年8月 角川書店 / 2007年9月 角川ホラー文庫)

脳髄工場(2006年3月 角川ホラー文庫)

脳髄工場:書き下ろし

友達:小説non 1998年10月号

停留所まで:YOU&I SANYO 1999年5月〜7月号

同窓会:YOU&I SANYO 1998年1月号

影の国:小説non 1997年9月号

声:YOU&I SANYO 1999年1月〜3月号

C市:『秘神界 ―現代編―』

アルデバランから来た男:YOU&I SANYO 2000年1月〜11月号

綺麗な子:『玩具館 異形コレクション』

写真:YOU&I SANYO 1998年11月号

タルトはいかが?:『血の12幻想』

忌憶(2007年3月 角川ホラー文庫)

奇憶:『奇憶』

器憶:書き下ろし

 

垝憶:書き下ろし

モザイク事件帳(2008年2月 創元クライム・クラブ)→【改題】大きな森の小さな密室(2011年10月 創元推理文庫)

大きな森の小さな密室:ミステリーズ! 2003年冬季号 (vol.03)〜2004年春季号 (vol.04)

氷橋:ミステリーズ!2005年10月号 (vol.13)

自らの伝言:ミステリーズ!2006年2月号 (vol.15)

更新世の殺人:ミステリーズ!2006年6月号 (vol.17)

正直者の逆説:ミステリーズ!2006年10月号 (vol.19)、2007年2月号(vol.21)

遺体の代弁者:ミステリーズ!2007年6月号 (vol.23)

路上に放置されたパン屑の研究:書き下ろし

天体の回転について(2008年3月 早川書房 / 2010年9月 ハヤカワ文庫JA)

天体の回転について:SFマガジン 2005年2月号

灰色の車輪:SFマガジン 2001年11月号

あの日:『教室 異形コレクション』

性交体験者:SF Japan 2003年秋季号

銀の舟:YOU&I SANYO 1997年1月〜11月号

三〇〇万:SFマガジン 2008年2月号

盗まれた昨日:SFマガジン 2007年2月号

時空争奪:書き下ろし

臓物大展覧会(2009年3月 角川ホラー文庫)

プロローグ:書き下ろし

透明女:書き下ろし

ホロ:『心霊理論 異形コレクション』

少女、あるいは自動人形:『クリスピー物語』

攫われて:『ミステリ・アンソロジーII 殺人鬼の放課後』

釣り人:YOU&I SANYO 1999年9月〜11月号

SPR:『稲生モノノケ大全 陽之巻』

十番星:Newtype 1995年11月号

造られしもの:小説すばる 2003年3月号

悪魔の不在証明:書き下ろし

エピローグ:書き下ろし

セピア色の凄惨(2010年2月 光文社文庫)

探偵と依頼人:書き下ろし

待つ女:書き下ろし

ものぐさ:書き下ろし

安心:書き下ろし

英雄:書き下ろし

依頼人と探偵:書き下ろし

人造救世主(2010年8月 角川ホラー文庫)

完全・犯罪(2010年9月 東京創元社 / 2012年7月 創元推理文庫)

完全・犯罪:ミステリーズ!2010年2月号

ロイス殺し:『密室と奇蹟 J・D・カー生誕百周年記念アンソロジー』

双生児:ミステリーズ!2009年6月号

隠れ鬼:ミステリーズ!2009年10月号

ドッキリチューブ:書き下ろし

人造救世主 ギニー・ピッグス(2011年2月 角川ホラー文庫)

天獄と地国(2011年4月 ハヤカワ文庫JA)

天獄と地国:SFマガジン 1999年5月号

頭上の大地、眼下の星海:SFマガジン 2006年8月号

巨神覚醒す:SFマガジン 2008年11月号

巨神たち:SFマガジン 2009年2月号

ワイバーン:SFマガジン 2009年5月号

エクトプラズム:SFマガジン 2009年8月号

カルラ:SFマガジン 2009年11月号

シャヘラザード:SFマガジン 2010年3月号

ナタ:SFマガジン 2010年6月号

アルゴスの目:SFマガジン 2010年9月号

コクーン:SFマガジン 2010年11月号

大攻撃:SFマガジン 2011年2月号

人造救世主 アドルフ・クローン(2011年9月 角川ホラー文庫)

惨劇アルバム(2012年5月 光文社文庫)

見晴らしのいい密室(2013年3月 ハヤカワ文庫JA)

超限探偵Σ:『SFバカ本 天然パラダイス篇』

目を擦る女:小説すばる 1999年12月号

探偵助手:数学セミナー 2009年4月号

忘却の侵略:『NOVA1 書き下ろし日本SFコレクション』

未公開実験:『目を擦る女』

囚人の両刀論法:SFマガジン 2010年2月号

予め決定されている明日:SFマガジン 2001年8月号

アリス殺し(2013年9月 創元クライム・クラブ / 2019年4月 創元推理文庫)

百舌鳥魔先生のアトリエ(2014年1月 角川ホラー文庫)

ショグゴス:『Fの肖像―フランケンシュタインの幻想たち 異形コレクション』

首なし:書き下ろし

兆:『絆』

朱雀の池:『京都宵 異形コレクション』

密やかな趣味:書き下ろし

 

試作品三号:『未来妖怪 異形コレクション』

百舌鳥魔先生のアトリエ:『逆想コンチェルト 奏の2 イラスト先行・競作小説アンソロジー Inspired by Yoshimi Moriyama’s Illustrations』

幸せスイッチ(2015年4月 光文社文庫)

怨霊:書き下ろし

勝ち組人生:書き下ろし

どっちが大事:書き下ろし

診断:書き下ろし

幸せスイッチ:書き下ろし

哲学的ゾンビもしくはある青年の物語:書き下ろし

記憶破断者(2015年8月 幻冬舎):書き下ろし

【改題】殺人鬼にまつわる備忘録(2018年10月 幻冬舎文庫)

世界城(2015年12月 日経文芸文庫):冒頭部分は生本 ―NAMABON― 2002年11月号〜2003年8月号に加筆修正

安楽探偵(2016年2月 光文社文庫)

アイドルストーカー:Web光文社文庫 2015年8、9月

消去法:Web光文社文庫 2015年9、10月

ダイエット:Web光文社文庫 2015年10、11月

食材:Web光文社文庫 2015年12月

命の軽さ:書き下ろし

モリアーティー:書き下ろし

失われた過去と未来の犯罪(2016年5月 KADOKAWA / 2019年8月 角川文庫):文芸カドカワ 2015年7月号〜2016年4月号

クララ殺し(2016年6月 創元クライム・クラブ / 2020年2月 創元推理文庫):ミステリーズ!2015年6月号(vol.71)〜2016年4月号(vol.76)

ウルトラマンF(2016年7月 早川書房 / 2018年10月 ハヤカワ文庫JA):SFマガジン 2015年12月号〜2016年6月号

因業探偵 新藤礼都の事件簿(2017年6月 光文社文庫)

プロローグ:書き下ろし

保育補助:Web光文社文庫 2016年11、12月

剪定:Web光文社文庫 2016年12、2017年1月

散歩代行:Web光文社文庫 2017年1、2月

家庭教師:Web光文社文庫 2017年2月、3月

パチプロ:書き下ろし

後妻:書き下ろし

わざわざゾンビを殺す人間なんていない。(2017年6月 一迅社)

ドロシイ殺し(2018年4月 東京創元社):ミステリーズ!2017年2月号(vol.81)〜2016年12月号(vol.86)

パラレルワールド(2018年7月 KADOKAWA / 2019年9月 ハルキ文庫):Webランティエ 平成29年6月~11月

お父さんとお母さんとヒロ君:Kizuna:Fiction for Japan (a charity anthology)(2011年9月)

因業探偵リターンズ 新藤礼都の冒険(2018年12月 光文社文庫)

ユーチューバー:Web光文社文庫 2018年2、3月

メイド喫茶店員:Web光文社文庫 2018年3、4月

マルチ商法会員:Web光文社文庫 2018年4、5月

ナンパ教室講師:書き下ろし

鶯嬢:書き下ろし

探偵補佐:書き下ろし

人外サーカス(2018年12月 KADOKAWA):文芸カドカワ 平成30年2月号~9月号

C市からの呼び声(2018年12月 創土社)

C市に続く道:書き下ろし

C市:『秘神界 ―現代編―』 (2002年9月 創元推理文庫)

神獣の都 京都四神異譚録(2019年6月 新潮文庫nex):書き下ろし

 

アンソロジー

「兆」
「時計の中のレンズ」
「影の国」(『脳髄工場』収録)
「ジャンク」(『肉食屋敷』収録)
「十番星」(『臓物大展覧会』収録)
「獣の記憶」(『肉食屋敷』収録)
「獣の記憶」(『肉食屋敷』収録)
「家に棲むもの」(『家に棲むもの』収録)
「タルトはいかが?」(『脳髄工場』収録)
「友達」(『脳髄工場』収録)
「独裁者の掟」(『海を見る人』収録)
「脳喰い」(『目を擦る女』収録)
「綺麗な子」(『脳髄工場』収録)
「超限界探偵Σ」(『目を擦る女』、『見晴らしのいい密室』収録)
「刻印」(『目を擦る女』収録)
「攫われて」(『臓物大展覧会』収録)
「C市」(『脳髄工場』収録)
「あの日」(『天体の回転について』収録)
「攫われて」(『臓物大展覧会』収録)
「SRP」(『臓物大展覧会』収録)
「大きな森の小さな密室」(『大きな森の小さな密室』収録)
「少女、あるいは自動人形」(『臓物大展覧会』収録)
「ロイス殺し」(『完全・犯罪』収録)
「ホロ」(『臓物大展覧会』収録)
「試作品三号」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
「朱雀の池」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
「大きな森の小さな密室」(『大きな森の小さな密室』収録)
「路上に放置されたパン屑の研究」(『大きな森の小さな密室』収録)
「時空争奪」(『天体の回転について』収録)
「忘却の侵略」(『見晴らしのいい密室』収録)
「百舌鳥魔先生のアトリエ」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
「ショグゴス」(『百舌鳥魔先生のアトリエ』収録)
「予め決定されている明日」(『目を擦る女』、『見晴らしのいい密室』収録)
「海を見る人」(『海を見る人』収録)
「路上に放置されたパン屑の研究」(『大きな森の小さな密室』収録)
「サロゲート・マザー」
「草食の楽園」
「怖い話」 〜upppiホラー小説コンテスト優秀作品集〜(2013年3月 キリック)「掌の上の宇宙」(電子書籍)
「侵略の時」(電子書籍)
「海を見る人」(『海を見る人』収録)
「シミュレーション仮説」
「逡巡の二十秒と悔恨の二十年」
「大いなる種族」
「花も花なれ、人も人なれ」(電子書籍)
「花も花なれ、人も人なれ」(電子書籍)
「マウンテンピーナッツ」
「玩具」
「最初の角逐」
「吹雪の朝」
「此方より」
「漢」
「易者」
「玩具」
「獣の記憶」
「自分霊」
「時空争奪」(『天体の回転について』収録)
「クラリッサ殺し」

単行本未収録
変身(YOU&I SANYO 1998年3月号)
作家誕生(YOU&I SANYO 1998年5月号)
環境裁判(YOU&I SANYO 1998年7月号)
漂流者(YOU&I SANYO 1998年9月号)
きらきらした小路(SFマガジン 2002年7月号)
虹色の高速道路(SFマガジン 2003年4月号)
単純な形(SFマガジン 2003年6月号)
流れの果て(アレ! 2011年10月号)
量子密室(小説新潮 2013年8月号)
二人を繋ぐ夢(小説新潮 2014年1月号)
愛玩(小説新潮 2015年3月号)
イチゴンさん(小説新潮 2015年8月号)
食用人(小説新潮 2015年11月号)
強いAI(人工知能 2016年11月号)
メリイさん(ジャーロ No.58 (平成28年秋冬号))
代表取締役アイドル(別冊文藝春秋 2017年11月号~2018年5月号)

 

まとめ

今回は「作家の小林泰三氏死去、プロフィールや著書など!」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-書籍

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野間美由紀

漫画家の野間美由紀死去プロフィール、作品、パズルゲーム☆はいすくーる各シリーズ

漫画家の野間美由紀さん、虚血性心疾患のため2日に死去。59歳でした。作品、パズルゲーム☆はいすくーる各シリーズ紹介。 野間美由紀   目次1 漫画家の野間美由紀死去2 野間美由紀プロフィール …

五島 勉

五島勉氏が死去、著書やプロフィールそして「ノストラダムスの大予言」とは!

作家の五島勉氏が6月16日に、死去しました。享年90歳。五島勉氏は、「ノストラダムスの大予言」の著書で知られています。その他にも予言関連書を刊行し、エドガー・ケイシー、アドルフ・ヒトラー、聖徳太子、イ …

田畑精一さん

絵本作家の田畑精一さんが死去。プロフィールや主な作品を紹介。

絵本作家の田畑精一さんが死去。享年89歳。新しい絵本シリーズを描くため、田畑精一と古田足日がいっしょに、保育園を取材してまわって構想を練り、「文」と「絵」について互いにアイディアを出し合いながら完成さ …

Joanna Cole

「魔法のスクールバス」Magic School Bus著者ジョアンナ・コール死去

「魔法のスクールバス」Magic School Bus著者ジョアンナコールが死去しました。享年75歳。「マジックスクールバス」の本は数百万人の子供たちを非日常的かつ教育的な冒険で運んでくれたのが作家の …

毀滅の刃

鬼滅の刃が連載終了の訳(理由)とは?

毀滅の刃と言えば「大正時代の鬼退治」のストリーの漫画ですが、今売れに売れています。動画配信でもランキング上位にあり、人気絶頂のなか、鬼滅の刃が連載終了になります。その訳(理由)は、作者の吾峠呼世晴(ご …