最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

ジミーライ(Jimmy Lai黎智英)を香港警察が逮捕する動画。「#FreeAgnes」

投稿日:

ジミーライ(Jimmy Lai黎智英)を香港警察が逮捕する動画です。Next Digitalの創設者であるJimmy Laiとメディアグループの幹部が8月10日に国家安全保障法に基づき逮捕された動画です。数百人の香港警察の警官がApple Daily本部に入り込み社長のジミーライを逮捕しました。【轉載-壹傳媒聲明】堅守崗位,撐到底!「#FreeAgnes」

ジミー・ライ逮捕場面

ジミー・ライ逮捕場面

目次

ジミーライ(Jimmy Lai黎智英)を香港警察が逮捕

ジミー・ライ逮捕場面

ジミー・ライ逮捕場面

 

警官たちはニュースルームの文書を家探しし、脅迫によって報道の自由を破り、恐怖の雰囲気を作り出しているのを見た。

 

Apple Dailyは憤慨しており、今回の無法なる公権力の行使に強く非難する。

 

香港警察は、ルールに従って行動することについての主張にもかかわらず、露骨に法律を迂回し、彼らの権力を乱用しました。

彼らは、例えば、捜査令状の制限を無視し、ニュース資料を通過しただけでなく、報道機関が報道機関の活動を報告することを制限したり妨害したりしています。

 

これらの違法、不合理、野蛮な戦術に直面して、Apple Dailyのスタッフは勇敢に、迫害の最中に真実を語り続けるでしょう。

ジミー・ライ逮捕場面

ジミー・ライ逮捕場面

北京の香港の国家安全保障法は、住民の言論、報道、出版の自由を保証すると主張しているが、当局の行動はそれがそうでないことをまさに今ここで証明している。

 

報道機関を襲撃することは報道の自由に対する深刻な攻撃であり、文明社会では容認されるべきではありません。

 

政権は、脅迫や嫌がらせによって沈黙し、国際都市を独裁の道へと連れて行くことができると信じています。

 

香港の報道の自由は今や糸にかかっていますが、私たちのスタッフは報道の自由を擁護するという私たちの義務に全力で取り組み続けます。

 

香港の著名な民主活動家の1人、黎智英(ジミー・ライ)氏が8月10日、香港国家安全維持法の下、逮捕されたが、中国共産党に批判的な「蘋果日報(アップル・デイリー)」の創業者でもある黎氏は、国家安全維持法が施行される数カ月前から自身の逮捕を予想していたが、香港にとどまり戦うと明言していた。

 

「中国共産党がいつか香港の報道の自由だけでなく人々の自由にもうんざりする日が来るだろうと恐れてきた。その時が来た」と黎氏は5月、ニューヨーク・タイムズの論説に書いた。

ジミー・ライ逮捕場面

ジミー・ライ逮捕場面

 

黎氏は当時、「わたしは最後まで戦う。香港はわたしの家だ」ともツイートしていた。

 

黎氏は民主化を支持する「蘋果日報(アップル・デイリー)」の創業者で、同紙を出版しているメディア企業「壱伝媒(ネクスト・デジタル」の株式の過半数を保有している。

 

 

ジミーライ(Jimmy Lai黎智英)を香港警察が逮捕する動画。

「アップルデイリー」の社員が創業者のジミーライ逮捕後に、香港警察が、無法な行動により「アップルデイリー」に多数で押し入り創業者のジミーライを逮捕した動画を自ら編集して投稿しています。


ー   【轉載-壹傳媒聲明】堅守崗位,撐到底!

 

香港警察は法に従って行動していると繰り返し述べていますが、法廷捜査令状や無謀な行為の制限を無視するなど、露骨にルールに違反し、その権限を悪用しています。

 

ニュースインタビューの資料を読んだり、編集者や編集者の活動を制限したり、インタビューの仕事を行ったり、報道機関の通常の運営を妨害したりしないでください。

このような違法で不当な虐待に直面しても、「アップルデイリー」の同僚たちは間違いなく彼らを抑圧し続け、真実を真実と語ります。

 

香港版の国家安全保障法では、香港の住民は言論、報道、報道の自由を享受していると主張しており、警察のさまざまな行動はすでに香港と国際社会に否定的なデモを見せています。

 

報道機関の検索は、文明社会では許容されない報道の自由に深刻な影響を与えました。

 

政権は、迷惑行為や脅迫が私たちを沈黙させる可能性があると考えており、国際都市を第三世界の全体主義社会のレベルに追いやろうとしています。

 

香港での報道の自由は危機に瀕しており、現在は崖の端に押しやられています。

 

危機的状況に直面している「アップルデイリー」の同僚は、自分の投稿に固執して報道の自由を守る必要があります。

 

「アップルデイリー」の社長である張建洪氏は以上のように語った。

 

また同日、香港の著名な民主活動家、周庭(英語名アグネス・チョウ)氏(23)が香港国家安全維持法(国安法)違反容疑で香港警察に逮捕された。


香港 周庭氏逮捕 民主活動家 国安法違反容疑 地元紙創業者も

 

ネットでは、「#FreeAgnes」のハッシュタグを付けて逮捕に抗議する書き込みが数多く寄せられている。

 

 

まとめ

今回は「ジミーライ(Jimmy Lai黎智英)を香港警察が逮捕する動画。「#FreeAgnes」」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

バリ島のビーチ

感染0の国疑念インドネシア人気観光地だけに新型コロナウィルスの世界の状況

新型コロナウイルスの感染が世界各地で報告され拡大が懸念される最中、感染者が国内でまったく確認されていないとするインドネシアは不自然な感じがします。インドネシアの人口は約2億6千万人の東南アジアでは大き …

ハリスとバイデン

バイデン氏一家の汚職疑惑で、2020大統領選への影響分析!

10月14日、ニューヨーク・ポストが大統領候補ジョー・バイデン氏と息子ハンター氏がウクライナの天然ガス会社ブリスマ社の汚職事件に関わっていることを報道後、殆どの左派メディアは沈黙を守っています。バイデ …

トランプ大統領

アリゾナ州公聴会でトランプ大統領の電話スピーチ!

アメリカ大統領選に関するアリゾナ州の選挙公聴会が11月30日に行われました。トランプ大統領は、アリゾナ州公聴会で、歓声の飛びかう中、電話スピーチを行いました。その中でトランプ大統領は公聴会に対し「私た …

台湾「建国記念日」式典の様子

台中外交官らがフィジーで乱闘で中国のコメント「泥棒が泣き止まる泥棒」!

10月19日に台中外交官らがフィジーで乱闘がありました。南太平洋の島国フィジーで台湾の出先機関が開いた宴会で、台湾と中国の外交関係者らが乱闘になる騒ぎがあり、双方は19日、非難の応酬を繰り広げた。台中 …

トランプラリーワシントン

2021年1月6日のトランプ応援団結集の様子!

ドナルド・トランプ大統領は元旦に、ワシントンD.C.で「BIGプロテストラリー」を主催すると発表しました。アメリカ大統領選の2021年1月6日に向けてのトランプ支持者によるトランプラリーの予想。何人の …