最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

北極海のひっくり返る氷山の上にいた探検家の動画!

投稿日:

2020年8月ひっくり返る氷山の上にいた探検家、命拾いし「北極でやっていけないことの教訓になった」と探検家のマイク・ホーンさん(Mike Horn、54)とフレッド・ルーさん(Fred Roux)は、命拾いをした後に語っています。探検家が、いるままひっくり返る氷山動画です。#Upside Down Throwing Explorers Into Arctic Waters

ひっくり返る氷山の上にいた探検家

ひっくり返る氷山の上にいた探検家

 

北極海のひっくり返る氷山の上にいた探検家

 

今年8月に北極海を航海していた探検家チームが発見した氷山に乗り移って登り始めたところ、なんと氷山がひっくり返ってしまった。

 

極寒の海に投げ出されながらも命からがら逃げだした探検家らは「これはとても危険な失敗だった」とその過ちを認めている。

 

背筋の凍る体験をして九死に一生を得たのは、探検家のマイク・ホーンさん(Mike Horn、54)とフレッド・ルーさん(Fred Roux)だ。

ひっくり返る氷山の上にいた探検家

ひっくり返る氷山の上にいた探検家

 

彼らを含む探検家チームは当時、ノルウェー本土と北極点の中間に位置するスヴァールバル諸島を航行していた。

 

8月3日のこと、探検チームは大きな氷山を発見しマイクさんとフレッドさんはその氷山を登ってみることにした。しかしこれが大きな間違いであった。

 

公開された動画によると、2人は氷山の近くまでボートで近寄り、氷山に飛び移るとピッケル(アイスアックス)とアイゼンを付けたブーツを使ってゆっくりと登り始めた。しかし彼らのボートが氷山から引き離され始めると氷山は徐々に傾き始めた。

 

慌てた2人は上へと登っていこうと試みるが、努力もむなしく急勾配に傾いた氷山から滑り落ちてマイナス2℃の北極海に投げ出されてしまった。さらに2人の頭の上から、さっきまで登っていた氷山が覆いかぶさってきたのだ。

 

幸運にも2人は波に押し流されたおかけで、すんでの所で氷山の直撃を免れた。

 

 

マイクさんは視聴者にこの動画を「北極圏でやってはいけないこと」の教訓としてしっかり見てほしいと呼びかけ、今回の出来事についてこのように話している。

 

「私はこれまで30年ほどプロの探検家として活動してきました。」

 

「事故にあったことも何度かありましたが、生きて帰るために常に適切なタイミングで正しい判断をするように心がけています。」

 

また「北極で顔に氷が落ちてくるのを見るよりも、ジントニックに入った氷を見てるほうが安全だよ」と冗談も述べた。

 

 

マイクさんの公式ウェブサイトによると、これまでにアマゾン川を単独で泳いだり、2000年には自然動力のみで17か月を費やし赤道沿いに移動を続け地球一周を成し遂げている。

 

現在はその経験をいかしてメンタルやモチベーションコーチとしてスポーツ選手のコーチングにあたったり、サバイバル番組に出演するなど幅広く活動している。

 

北極海のひっくり返る氷山の上にいた探検家の動画!

探検家の氷山フリップ|| ViralHog


ー   Iceberg Flips on Explorers || ViralHog

巨大な氷山が北極探検家のビデオでひっくり返る氷山をひっくり返すと探検家がほぼ押しつぶされる。

 


Giant Iceberg FLIPS OVER on ARCTIC EXPLORERS VIDEO Flipping Iceberg Nearly Crushes Explorers

巨大な氷山が北極探検家のビデオでひっくり返る氷山をひっくり返すと探検家がほぼ押しつぶされる

探検家のグループがこの氷山に出くわしたとき、スバールバルの外洋(ノルウェーと北極の間の群島)を航海していました。転がる氷山が探検家をほぼ押しつぶす。

大ざっぱに見えるかもしれませんが、先月氷の巨大な塊をスケーリングし始めた人は経験豊富な登山家です。そのうちの1人、マイクホーンは、30年以上にわたって有名な探検家です。彼らは明らかに、スケーリングを開始した直後に何が起こるかを予期していませんでした。
それをチェックしてください…彼らはアイスピックとアイゼン付きのブーツを使って行き来し始めます-しかし、彼らが到着したボートが引き離され始めると、氷山はゆっくりと傾き始めました…水に倒れた。

心配しないでください、これは「死の顔」クリップではありません-男たちは奇跡的に押しつぶされて逃げることができました、そしてボートは氷の飲み物からそれらを引っ張るために戻ってきました。

ここでのタイタニックサイズのレッスン:誰かが「氷山、すぐ前に!」と叫ぶとき。 …氷山に飛び乗ってはいけません。

まとめ

今回は「北極海のひっくり返る氷山の上にいた探検家の動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大坂なおみ

大坂なおみ、サルの画像をツイートが誤解、本当の意味memeとは!

大坂なおみさんが、サルの画像をツイート。これを「見て見ぬ振りするサルの画像をツイート」と誤解。「俺たちをバカにしてる!!」 との反感を買ったのに、本人は困惑。サルの画像meme(ミーム)の意味。 大坂 …

天気予報士のアンワー・ナイト

生中継で雪の丘から滑り落ちたリポーター最後までしゃべり続ける動画!

カナダのテレビ番組で、生中継先でリポートしていた男性が凍った雪に足を取られて滑り出してしまった。転ばないよう必死にバランスを取りながらしゃべり続けたその姿に、「さすがカナダ人」「バランスを取れているの …

70歳雇用義務化はいつからか、現実味をおびてきた「70歳定年制」。

厚生労働省が、2021年4月より、高齢者が希望すれば70歳まで働き続けられる制度の整備を企業の努力目標にすることをきめた。となると、気になるのが、70歳雇用義務化はいつからか?そして、「70歳年金支給 …

ネコのポテト

まんまるな目のネコ「ポテト(Potato)」の動画

まんまるな目が印象的な5歳のネコがSNSを騒がせている。“ポテト(Potato)”という名のオスネコは、InstagramとFacebookに自身のページを持っており、2つのサイトのフォロワー数は合計 …

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となる動画!

印ジャンムー・カシミール州に住むラティーフ・カータナさん(Latif Khatana)は、全身の皮膚にたくさんの小さな腫瘍(神経線維腫)ができる遺伝性疾患「神経線維腫症」を患っている。ラティーフ・カー …