最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

米駐中大使の突然の辞任の理由が判明!

投稿日:

米駐中大使の突然の辞任の理由がわかってきました。米駐中大使のブランスタッド氏は実は習近平氏と旧友の親しい間柄でした。そんな米駐中大使の突然の辞任は、周囲を驚かせました。#Mr. Branstad, Ambassador to China

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使の突然の辞任の理由

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使のブランスタッド氏

 

米駐中大使のブランスタッド氏は実は習近平氏と旧友の親しい間柄でした。そんな米駐中大使の突然の辞任の理由についてです。

 

米駐中大使のブランスタッド氏の辞任は表向きは、アメリカにてトランプ大統領の選挙を応援するためともいわれていますが実際は違うようです。

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使のブランスタッド氏

 

1985年、ブランスタッド氏がアイオワ州知事だった頃、河北省の県委員会書記だった習近平氏が代表団を率いてアイオワ州を訪問しています。

 

ブランスタッド氏は習近平と彼の代表団を温かく迎え、二人は良好な個人的関係を築きました。晩餐会を催したりしてブランスタッド氏と習近平氏は大変厚い親交をこのとき持ったと言われます。

ブランスタッドと習近平

ブランスタッドと習近平

 

この関係で、ホワイトハウスはブランスタッド氏を駐中国大使に任命したわけです。

 

当時のホワイトハウスのブランスタッド氏を駐中国大使に任命した意図はもちろん米中関係の緊密化だったわけです。

ブランスタッドと習近平

ブランスタッドと習近平

 

しかし実際には、北京当局の経済・貿易に関する不当な政策、特に新疆、チベット、台湾、香港、法輪功、そして最近では内モンゴルでの人権弾圧もあります。

 

そして、最近これらの国内政策、そして強硬な対外政策がだんだんエスカレートしていきました。

ブランスタッドと習近平

ブランスタッドと習近平

 

ブランスタッド氏はいくつかの文章を発表し、北京当局の過ちを指摘し、この善意の批判が習近平当局の良心を呼び戻すことを期待したがその文章の発表さえ中国側から拒否されてしまいました。

 

そんな中、ブランスタッド氏の米駐中大使としての自分の役割は終わったと判断したのかもしれません。

米駐中大使の突然の辞任の理由を動画で見る。

米駐中大使の突然の辞任の理由を動画で見てみましょう。


ー  習近平と旧友の米駐中大使 突然の辞任の理由

 

まとめ

今回は「米駐中大使の突然の辞任の理由が判明!」というテーマでお送りしました。

この記事でもあるように、習近平はだんだん「裸の王様」のようになっていっているようです。

世界の多くの国が今中国に批判的になっています。もし、ブランスタッド氏の友としての助言を少しでも受け入れていたならここまで中国は深みに」はまらずに済んだかも知れません。

この度は最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新疆ウイグル自治区

米国は人権侵害で、中国の新疆ウイグル関連企業33社追加制裁

トランプ米政権は5月22日、安全保障上の懸念や中国の新疆ウイグル自治区での人権侵害を理由に、中国の先端IT企業や繊維企業など計33企業・団体について米国からの輸出規制の対象に加えると発表した。中国の新 …

no image

中国でモンゴル語教育禁止、モンゴル人は文化的絶滅に抗議!

中国でモンゴル語教育禁止、モンゴル人は文化的絶滅に抗議!CCPは少数民族の言語での教育を禁止し、モンゴル人は文化的絶滅に抗議しました。 目次1 中国でモンゴル語教育禁止、モンゴル人は文化的絶滅に抗議! …

no image

ジョージ・フロイドの弟、フィロニス・フロイドが米議会で行った証言の内容

黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんの弟フィロニス・フロイドさんが6月10日、下院司法委員会の公聴会で証言しました。その内容を紹介。 目次1 ジョージ・フロイドの弟米議会で証言2 フロイド …

ナゴルノカラバフでの戦闘

ナゴルノカラバフで戦闘続く、詳細動画!

ナゴルノカラバフで戦闘続く、分離派アルメニア人32人死亡。アントニオ・グテーレス国連事務総長は、「非常に懸念している」と述べ、戦闘をやめて交渉に戻るよう両陣営に呼びかけた。戦闘詳細動画。#Fight …

聖地エルサレム

パレスチナのアッパス議長がなぜ「謀略」と和平案を考えたか!

トランプ米大統領は28日、イスラエルとパレスチナの中東和平案を発表しました。一定の条件を伴うパレスチナに独立国家の建設を認める内容のものでトランプ大統領は、「これが最後の機会になるかもしれない」とも言 …