最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

米駐中大使の突然の辞任の理由が判明!

投稿日:

米駐中大使の突然の辞任の理由がわかってきました。米駐中大使のブランスタッド氏は実は習近平氏と旧友の親しい間柄でした。そんな米駐中大使の突然の辞任は、周囲を驚かせました。#Mr. Branstad, Ambassador to China

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使の突然の辞任の理由

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使のブランスタッド氏

 

米駐中大使のブランスタッド氏は実は習近平氏と旧友の親しい間柄でした。そんな米駐中大使の突然の辞任の理由についてです。

 

米駐中大使のブランスタッド氏の辞任は表向きは、アメリカにてトランプ大統領の選挙を応援するためともいわれていますが実際は違うようです。

米駐中大使のブランスタッド氏

米駐中大使のブランスタッド氏

 

1985年、ブランスタッド氏がアイオワ州知事だった頃、河北省の県委員会書記だった習近平氏が代表団を率いてアイオワ州を訪問しています。

 

ブランスタッド氏は習近平と彼の代表団を温かく迎え、二人は良好な個人的関係を築きました。晩餐会を催したりしてブランスタッド氏と習近平氏は大変厚い親交をこのとき持ったと言われます。

ブランスタッドと習近平

ブランスタッドと習近平

 

この関係で、ホワイトハウスはブランスタッド氏を駐中国大使に任命したわけです。

 

当時のホワイトハウスのブランスタッド氏を駐中国大使に任命した意図はもちろん米中関係の緊密化だったわけです。

ブランスタッドと習近平

ブランスタッドと習近平

 

しかし実際には、北京当局の経済・貿易に関する不当な政策、特に新疆、チベット、台湾、香港、法輪功、そして最近では内モンゴルでの人権弾圧もあります。

 

そして、最近これらの国内政策、そして強硬な対外政策がだんだんエスカレートしていきました。

ブランスタッドと習近平

ブランスタッドと習近平

 

ブランスタッド氏はいくつかの文章を発表し、北京当局の過ちを指摘し、この善意の批判が習近平当局の良心を呼び戻すことを期待したがその文章の発表さえ中国側から拒否されてしまいました。

 

そんな中、ブランスタッド氏の米駐中大使としての自分の役割は終わったと判断したのかもしれません。

米駐中大使の突然の辞任の理由を動画で見る。

米駐中大使の突然の辞任の理由を動画で見てみましょう。


ー  習近平と旧友の米駐中大使 突然の辞任の理由

 

まとめ

今回は「米駐中大使の突然の辞任の理由が判明!」というテーマでお送りしました。

この記事でもあるように、習近平はだんだん「裸の王様」のようになっていっているようです。

世界の多くの国が今中国に批判的になっています。もし、ブランスタッド氏の友としての助言を少しでも受け入れていたならここまで中国は深みに」はまらずに済んだかも知れません。

この度は最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

トランプ氏は演説

トランプ氏大統領選「敗れたら米国を去るかも」と演説の動画!

トランプ氏が、米大統領選で「敗れたら米国を去るかも」と演説しました。10月16日ジョージア州での選挙集会で、大統領選で民主党のジョー・バイデン前副大統領に敗れたら、「米国を去らないといけなくなるかもし …

新型コロナウィルス

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で200万人を突破。各国の状況は!

4月13日、コロナウイルスの症例数は世界的に200万人に急増しました。コロナウイルスによる死者数は119,483人です。一部の国では、ロックダウン制限を徐々に解除し始めています。専門家は、制限を早めに …

セレブの食卓

最も裕福なアメリカ人(TOP6)が住んでいる場所。

最も裕福なアメリカ人はどこに住んでいるでしょうか?最新の「フォーブス400:アメリカで最も裕福な人々の全リスト」の上位のアメリカ人の住んでいる場所を紹介。例えば、ビルゲイツ氏は、一例として、約1億70 …

文在寅大統領

韓国新型コロナ対策「第二波」の備え準備、今後の対応。緩和後の様子。

韓国の文在寅大統領は5月10日演説で、「日常への復帰」を説き、経済の回復に向けて、活発な消費を再開するように促し、一方「長期戦の覚悟で対応する。専門家が今年の秋か冬にも訪れると予想する第二波への備えは …

コンゴ民主共和国

コンゴでエボラの新たな流行発生 。WHOサージチームが対応をサポート。

コンゴでエボラの新たな流行発生 コロナ感染拡大の最中。コンゴ民主共和国の保健省は6月1日、エボラ出血熱の新たな流行が、同国北西部で発生したと発表した。同国では東部でエボラ流行が発生しており、新型コロナ …