最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

ハンター・バイデン氏のウクライナ疑惑の証拠「秘密のEメール」が出現!

投稿日:2020年10月16日 更新日:

バイデン候補「致命傷」となる新たなメールが明らかにされた。「バイデンの秘密のEメール」です。ウクライナ疑惑で企業幹部と面会を証拠づけるのがこの「秘密のEメール」smoking gun’ emailsです。

トランプとバイデン

トランプとバイデン

「バイデンの秘密のEメール」とは

「バイデンの秘密のEメール」とは、バイデン候補の次男ハンター・バイデン氏にあてて送られた2015年4月17日のメールです。

 

米マスコミは「喫煙銃」の電子メールsmoking gun’ emailsと表現しています。

 

その差出人はウクライナのエネルギー会社「ブリスマ」の顧問バディム・ポザルスキー氏。

 

公表された「バイデンの秘密のEメール」の内容は、次の通り。

「親愛なるハンター、ワシントンへ招待してくれて貴方の父上と会い、しばしご一緒できたことを感謝します。まことに名誉であり喜びでした。昨夜お話ししたように、今日再びコーヒーでも飲みながらお会いできれば幸いです。いかがですか?正午ごろであれば、貴方のオフィスによることができます。飛行場へゆく前かその途中に。早々アイフォーンより発信」

この「バイデンの秘密のEメール」の内容にある「父上」というのは、当時オバマ政権の副大統領だったジョー・バイデン氏のこと。

 

つまり、この「バイデンの秘密のEメール」は、ハンター氏が「ブリスマ」の幹部をワシントンへ招き、バイデン氏と面談させたことをこの証拠になっている。

バイデン氏

バイデン氏

ハンター・バイデン氏はその前年、「ブリスマ」の役員に就任し一月5万ドル(約550万円)の給与を支払われていた。

 

同氏の「ブリスマ」での役割は定かでないが、メールが送られた2015年、バイデン副大統領(当時)はウクライナの首都キエフを公式訪問するが、そこで10億ドル(約1100億円)の援助と引き換えに「ブリスマ」をめぐる疑惑を捜査していた検察官の罷免をウクライナのプロシェンコ大統領らに要求した。

 

「あいつら、ものの見事に(検事総長を)クビにしたよ」

 

後年、バイデン氏がこう語ったのがビデオに残っており、バイデン氏は、副大統領というその地位を利用して息子の会社が訴追されるのを防いだのではないかと考えられたが、バイデン氏は「ブリスマ」の関係者には会ったこともないと否定し続けてきた。

 

 

今回のメールは、ハンター氏が修理に出したまま捨ておいたパソコンから修復されたもので、連邦捜査局(FBI)も捜査の手掛かりにしていると言われるし、ハンター氏の中国やロシアとの金銭疑惑について調査している上院国土安全委員会にも渡っている。

 

トランプ陣営は、早速「バイデンは、嘘をついて家族ぐるみの蓄財を隠していた」というテレビCMを集中的に放送し出した。

 

バイデンは「バイデンの秘密のEメール」を否定

バイデンは「バイデンの秘密のEメール」をあくまで否定し続けています。

 

バイデンは、息子のハンター・バイデン氏が商取引にリンクされた「バイデンの秘密のEメール」を拒否しています。

「バイデンの秘密のEメール」は、米マスコミは「喫煙銃」の電子メールと表現しています。

 

米国大統領候補のジョー・バイデンの選挙運動チームは、息子のハンター・バイデンのラップトップからのメールに関する爆発的な話を却下し、当時の副大統領の父親をウクライナのエネルギー幹部に紹介したこと否定しています。

 

ニューヨークポスト紙による「喫煙銃」の報告によると、「バイデンの秘密のEメール」は、昨年、水害を受けたラップトップを修理のために身元不明の人物が落とした後、身元不明のコンピューター修理店のオーナーがハンターバイデンに関するメールやその他の危険な資料を発見したという。

その後、店のオーナーは、ラップトップとハードドライブについて連邦当局に連絡したと話しています。

 

「バイデンの秘密のEメール」は、ハンターがウクライナのガス会社ブリスマの顧問に父親を紹介しようとした後、当時の副大統領が会社を調査した米国の検察官の解雇をロビー活動したことを示しているとされています。

ドナルド・トランプ大統領の個人弁護士ルディ・ジュリアーニがニューヨーク・ポストに提出した大量のデータによると、ブリスマ顧問のヴァディム・ポザルスキーは、2015年に送信された電子メールでハンター・バイデンに「あなたの父に会う機会」を感謝すると言っています。

ニューズコーポレーション紙は、元ホワイトハウス首席戦略官であるスティーブバノンを通じて電子メールを知り、ジュリアーニ氏を通じてそれらを入手したと述べた。

 

そして、バイデンのウクライナとの関係についての陰謀説を推し進めました。

しかし、バイデンキャンペーンは報告を却下し、記録検索はそのような会合が起こらなかったことを示したと言った。

バイデンのスポークスマン、アンドリュー・ベイツ氏は、この報告は「この話の重要な要素についてバイデンのキャンペーンに尋ねたことは一度もない…さらに、ニューヨーク・ポストが主張するように、ジョー・バイデンの公式スケジュールをその時から見直しても、そのような会合は行われなかった」と述べた。

関連記事

「ハンターバイデン電子メールで中国ルートの証拠も公表!」

 

SNS大手はバイデン候補を援護か?

テクノロジーの巨人であるFacebookとTwitterも、ニューヨークポストの記事へのアクセスを制限しています。

Facebookのスポークスマン、アンディ・ストーン氏はツイッターで、「ニューヨーク・ポストに意図的にリンクするつもりはないが、このストーリーはフェイスブックのサードパーティのファクトチェックパートナーによるファクトチェックの対象となることを明確にしたい」と述べた。

投稿記事へのリンクをクリックしたTwitterユーザーは、コンテンツが「スパムまたは安全でない可能性がある」という警告を受け取りました。

 

そして、リツイートしたホワイトハウスの報道官までがツイッターのアカウントを停止されてしまった。

 

これには、トランプ大統領もツイッターで次のように非難した。

 

「フェイスブックとツイッターが、ニューヨーク・ポスト紙が伝えた寝ぼけジョー・バイデンとハンターに関するEメールの証拠を取り消してしまったのはひどい話だ。

彼らはこれからもこうしたことをやってくるぞ。腐敗した政治家ほど悪い連中はいない。230条を廃止すべきだ!!!」

「230条」というのは、SNS企業に情報内容を管理する大幅な権限を与えた通信品位法230条のことで、かねてトランプ大統領が廃止を求めていた。

 

しかし、SNS大手がここまで検閲をしたことは逆に、これがバイデン候補にとって「致命的」な証拠になるかもしれないからとも言える。

 

「バイデンの秘密のEメール」smoking gun’ emailsの動画

「スモーキングガン」のメールは、ジョー・バイデンとウクライナの会社との会談の疑いを明らかにしている。


‘Smoking gun’ emails reveal alleged meeting between Joe Biden and Ukrainian company

爆発的な主張は、忘れられたコンピューターのハードドライブから表面化しました。ジョー・バイデンが副大統領で息子のハンターが会社の役員を務めていたときに、腐敗したウクライナのエネルギー会社の顧問と会ったとされています。

ハードドライブの内容はFBIによって押収されましたが、ドナルドトランプ大統領の弁護士であるルディジュリアーニに渡されたコピーは、最終的にニューヨークポストの手に渡りました。

ハードドライブから入手した文書には、ブリスマホールディングスの取締役会の顧問であるVadym Pozharskyiからの電子メールが示されていました。これは、当時副大統領だった父親との会議を手配してくれたハンターバイデンに感謝の意を表したものです。

「親愛なるハンター、私をDCに招待し、あなたのお父さんに会い、一緒に時間を過ごした(原文のまま)機会を与えてくれてありがとう。それは本当に(原文のまま)名誉と喜びです」とメールは述べています。

電子メールによると、2015年4月にワシントンDCで開催された会議は、バイデン氏がウクライナの政府高官に会社を調査していた検察官のヴィクトル・ショーキンを解雇するよう圧力をかける前に1年も経たないうちに開催されました。

バイデン氏は、ハンターの海外事業から距離を置いていると繰り返し主張している。

「息子に海外での商取引について話したことがない」とバイデン氏は語った。

啓示は、バイデン氏に対するトランプキャンペーンの攻撃を復活させます-ハンターの中華鍋が副大統領としての父親の決定に影響を与えたと主張しています。

バイデン氏は、バラク・オバマ大統領の2期目にウクライナのポートフォリオを担当しました。

バイデン氏はまだ個人的にコメントしていませんが、両方のキャンペーンが声明を発表しました。

「マスコミによる、弾劾中の、そして共和党主導の上院委員会の2つの委員会による調査でさえ、その仕事は「合法ではない」と非難され、GOPの同僚によって政治的であると、すべて同じ結論に達した。そして、不正行為に関与しなかった」とバイデンキャンペーンは述べた。

「トランプ政権の当局者は、宣誓の下でこれらの事実を証明しました。ニューヨークポストは、この物語の重要な要素についてバイデンキャンペーンに尋ねたことはありません。

「彼らは確かに、その信用のない陰謀説とロシアの諜報活動に関連する人物との同盟が広く報告されているルディ・ジュリアーニがそのような資料を持っていると主張したことを決して提起しませんでした。

「さらに、私たちはジョー・バイデンの公式スケジュールをその時から見直しましたが、ニューヨーク・ポストが主張するような会議はこれまでに行われませんでした。」

トランプキャンペーンは、バイデンキャンペーンの声明が電子メールの信憑性に異議を唱えないことによって報告を立証したと述べた。

「バイデンキャンペーンは、ニューヨークポストが発行した電子メールの信憑性に異議を唱えるものではありません。これは、それらが本物であることを確認するのに役立ちます。そして、ジョー・バイデンがヴァディム・ポザルスキーと会ったことがなければ、バイデンのキャンペーンはそう言うでしょう。彼らはそれを言わない」とトランプキャンペーンは言った。

「彼らの答えは基本的に、「副大統領へのアクセスを購入するウクライナのビジネスマンとの会議」というエントリは、ジョー・バイデンの公式スケジュールには表示されないというものです。

「彼らの反応は非常に注意深く表現されているので、彼らが否定していないことの真実を明らかにしています。

「彼らはまた、ジョー・バイデンがウクライナのエネルギー会社ブリスマとの彼の腐敗したビジネス取引についてハンター・バイデンと決して話し合わないことについてアメリカ人に嘘をついた理由の包括的な質問に対処していません。

「アメリカ人は、ジョー・バイデンがハンターと行った会話と、ジョー・バイデンがヴァディム・ポザルスキーと話し合ったことを完全に説明するに値します。」

まとめ

今回は「ハンター・バイデン氏のウクライナ疑惑の証拠「秘密のEメール」が出現!」というテーマでお送りしました。

 

 

 

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウィルス

米国でインフルエンザが流行、すでに1500万人罹患し8200人死亡

今年のアメリカは、過去10年で最悪のインフルエンザ流行の年になりそうで すでに1500万人罹患し 8200人死亡がしている。 ウィルス   米国インフルエンザの流行、1500万人罹患し820 …

トランプ大統領の娘ティファニー

トランプ大統領の娘ティファニーはロースクールを卒業

ドナルドトランプ大統領は、法学部を卒業した5人の子供のうち4人目のティファニートランプ氏に祝辞を述べました。ティファニートランプは、土曜日にジョージタウンロースクールで開催された2020年の残りのクラ …

アラビア海

海上自衛隊護衛艦「たかなみ」の中東での活動域は?

2月2日海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」」が横須賀基地を出港した。「たかなみ」は2月下旬から中東海域で情報収集を始める。中東での活動域は結局、危険が予想されるホルムズ海峡は含んでいない。 護衛艦 &nb …

スリー・パーセントズ

米民兵組織連合加盟組織スリー・パーセントズの詳細!

米民兵組織連合加盟の民兵組織の一つであるスリー・パーセントズ(The Three Percenters)の詳細です。このグループの名前は、アメリカ革命中にアメリカの入植者のわずか3%がイギリス王国に対 …

中米のニカラグア

新型コロナウィルス新興国ニカラグアの例、人権団体懸念表明

新型コロナウィルス対策で新興国での懸念が広がっています。新興国の新型コロナウィルス拡散対策の例で中米のニカラグアは、サッカーなど大規模イベントの開催が続き、人権団体が感染拡大の懸念を表明しています。 …