最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局棋譜。

投稿日:

10月20日実施の 第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局の講評と棋譜。結果は藤井聡太二冠が勝ちました。

藤井聡太王位・棋聖

藤井聡太王位・棋聖

第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局講評。

村山慈明七段

村山慈明七段

10月20日に行われた 第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局講評です。

 

第79期B級2組順位戦4連勝中の藤井聡太二冠(18)過去公式戦で敗れている強敵・村山慈明七段(36)と対戦しました。

10月21日。東西の将棋会館にわかれてB級2組6回戦一斉対局がおこなわれました。

藤井聡太二冠が勝ちました。

 

 

両者は2019年8月、叡王戦七段予選で対戦。そのときの結果は村山七段の勝ちでした。

一方で、同門の兄弟弟子の対戦はおこなわれます。今期B級2組では中田宏樹八段、横山七段、村山七段が桜井昇八段門下。5回戦では横山-村山戦が組まれました。

 

両者ともに昇級候補といっていい実力者。横山七段は前々期、前期と2期連続で7勝3敗の好成績をあげながらも、2年連続で次点という不運を味わいました。一方の村山七段は過去にB級1組に2期在籍しています。また2015年にはNHK杯優勝という大きな実績も残しています。

 

後手番の横山七段が横歩取りに誘導したのに対して、村山七段は青野流から強気に戦う新構想を見せます。横山七段はと金、村山七段は成桂をつくって、序盤から大乱戦となりました。

第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局棋譜。

第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局棋譜(全差し手)。

 


将棋対局速報▲藤井聡太二冠(4勝0敗)-△村山慈明七段(2勝2敗) 第79期順位戦B級2組6回戦[横歩取り△3三角型]

第79期順位戦B級2組▲藤井聡太二冠△村山慈明七段 藤井聡太二冠が勝ちました。 (持ち時間:6時間)


大迫力! 第79期 順位戦 藤井聡太二冠 vs 村山慈明七段 ピンポイント解説 【将棋】


第79期B級2組順位戦 6回戦 ▲藤井聡太二冠 − △村山慈明七段【将棋棋譜】

 

まとめ

今回は「 第79期B級2組順位戦藤井聡太二冠・村山慈明七段対局棋譜。」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豊島将之竜王

第79期名人順位戦A級1回戦稲葉陽八段・豊島将之竜王棋譜。

2020年8月31日に実施された第79期名人戦A級1回戦稲葉陽八段・豊島将之竜王戦講評と棋譜。結果は146手で豊島竜王の勝ちとなりました。#豊島将之 #稲葉陽 #順位戦 豊島将之竜王   目 …

羽生善治九段

第33期竜王戦七番勝負第3局羽生善治九段・豊島将之竜王戦対局棋譜。

11月7、8日実施の第33期竜王戦七番勝負第3局羽生善治九段・豊島将之竜王戦対局(最終)の講評と棋譜です。結果は、豊島将之竜王が勝ちました。 羽生善治九段   目次1 第33期竜王戦七番第3 …

藤井猛九段

第6期叡王戦段位別予選(九段戦)藤井猛九段対深浦康市九段対局棋譜。

11月19日実施の第6期叡王戦段位別予選(九段戦)藤井猛九段対深浦康市九段対局の講評と棋譜です。結果は、藤井システムの藤井猛九段が、得意の四間飛車から勝利しました。 藤井猛九段 目次1 第6期叡王戦段 …

no image

第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段棋譜(差し直し局)。

第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段棋譜(差し直し局)。 第33期竜王戦決勝トーナメント藤井聡太棋聖対丸山忠久九段の対局結果は、7月24日対局は東京・千駄ケ谷の将棋会館で実施。結果 …

藤井二冠

ヒューリック杯棋聖戦藤井聡太の将棋「16手連続王手」をかわし続けた将棋

ヒューリック杯棋聖戦藤井聡太棋聖の将棋「16手連続王手」をかわし続けた将棋、なぜ「16手連続王手」が起きたのか? 藤井聡太七段 目次1  ヒューリック杯棋聖戦藤井聡太・渡辺明「16手連続王手」2 まと …