最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

将棋

第34期竜王戦七番二局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王対局棋譜。

投稿日:

2021年10月22、23日に実施の第34期竜王戦七番二局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王対局の講評と棋譜です。結果は藤井三冠が勝利しました。

藤井聡太三冠

藤井聡太三冠

第34期竜王戦七番二局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王対局講評。

10月22、23日日実施の第34期竜王戦七番二局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王対局の講評です。

場所は世界遺産「総本山仁和寺」(京都市)でした。

 

両者の過去の対戦成績は9勝9敗の五分。藤井三冠のプロデビュー後、豊島竜王に6連敗を喫し大きな壁となっていたが、今期ぶつかった3つのタイトル戦では、王位戦で4勝1敗、叡王戦3勝2敗、竜王戦1勝で8勝3敗と大きく勝ち越している。

結果は後手の藤井3冠が70手で勝利。

1日目から優勢を保った。

戦型はこの2人の定番となりつつある相掛かり。

そしてこれまでの対藤井戦における指し方同様、豊島竜王は序盤から積極的に動いていく。

 

19手目▲6六角から、小刻みに角を動かしていった。

その後、早くも山場が訪れる。右銀を素早く前線に繰り出した藤井3冠が、30手目△7一金と自陣に手を入れた局面だ。

この手は基本、決戦に備えた一手で、桂にヒモをつけつつ飛車交換にも強い形となっている。

だが、前線に繰り出した銀が中途半端なままでもあり、ある意味「突っ張った手」ということもできる。

豊島竜王からすれば、中途半端な△6五銀にお引き取り願うのであれば、▲8六歩~▲8七銀と手厚く指せば長い中盤戦になったと思われ、この展開も有力だったと思う。

だが、△7一金には誘い水となる要素が含まれていた。本譜の進行で、以下▲7五歩△7四歩と進んだ局面がそれだ。▲7五歩は△6五銀を生きて帰しませんよという強い手で、対する△7四歩もそうはさせじという突っ張った手だ。

問題はこの局面が、▲8六飛と回れば確実に竜ができることを両者が分かっていて進行した点だ。次に▲8三飛成があるが、それを防ぐ△8二歩には▲6六歩で銀が捕まってしまうため、竜作りを防ぐことはできない。

序盤のかなり早い段階で、歩損、歩切れとはいえ竜ができるのであれば、プロの将棋であればそうそう悪くなることはない。それが誰しも思うことであり、豊島竜王もだからこそ▲7五歩と突っ張った。

ところが、平然と△7四歩と竜を作ってみろと言われると、よく読んでみると竜を作っても先手良しとは言えない。

そのことに豊島竜王は気付いた。つまり▲7五歩はいい手ではなかったのだ。

だが、同じ失敗を認めるなら竜を作って耐える順も有力だったと思う。

実戦は▲9五歩とアヤを求めたが、かえって傷口を広げることになってしまった。42手目△9七歩と打たれた局面は、完全に端攻めを逆用されてしまった。ここまでが1日目の展開。残念ながらこの段階で、相手が藤井3冠ということを考えるとほぼノーチャンスになってしまっていた。

迎えて2日目、リードしてからの藤井3冠の指し口には参考にすべき点がある。

いつでも行ける△7七歩成をギリギリまで決行しなかった。

優勢を意識しながらも、流れやなんとなくで指さず、持ち時間もふんだんに使い、しっかり読みを入れて間違いなく勝てる順を選んでいる。

将棋はもちろん優勢になるに越したことはないが、リードした側にも特殊な落とし穴がある。

リードしているが故、有力な指し手が多く目につく。踏み込んで良し、安全勝ちを目指して良し。だが選択肢が増える分、一つ一つの変化に対する読みの精度が薄まって、逆転の罠を見抜けず転んでしまうことがある。

藤井3冠は若いが、その辺りの勝負の怖さを熟知しているかのように、優勢になってからも浮わついた感じは一切ない。これもプロになってから変わらない藤井3冠の強さの一つだ。

藤井快勝で、これで7番勝負は藤井3冠の2連勝。

 

 

 

第34期竜王戦七番二局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王対局棋譜。

 

 


神に一歩近づく! 竜王戦 藤井聡太三冠 vs 豊島将之竜王 
将棋解説 【棋譜並べ】

 

 

まとめ。

今回は「第34期竜王戦七番二局 藤井聡太三冠対豊島将之竜王対局棋譜。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-将棋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

渡辺明名人

第70期王将戦七番勝負第2局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局棋譜(1日目)。

1月23日実施の第70期王将戦七番勝負第2局渡辺明王将対永瀬拓矢王座対局(1日目)の講評と棋譜です。1日目に永瀬が封じた57手目の封じ手は「6一桂成」でした。持ち時間各8時間のうち、1日目の消費時間は …

藤井二冠

ヒューリック杯棋聖戦第3局、渡辺明棋聖・藤井聡太七段対局の棋譜(全指し手)

ヒューリック杯棋聖戦の第3局は、藤井聡太七段が渡辺明棋聖との対局で結局、渡辺明棋聖(棋王、王将、36)が挑戦者の藤井聡太七段(17)に142手で勝利し、今シリーズ初勝利をあげた。   藤井七 …

渡辺明王将(名人・棋王)

第92期棋聖戦挑戦者決定戦渡辺明名人対永瀬拓矢王座戦対局棋譜。

2021年4月30日実施の第92期ヒューリック杯棋聖戦挑戦者決定戦渡辺明名人対永瀬拓矢王座戦の講評と棋譜。結果は渡辺 明名人が勝ち藤井聡太棋聖への挑戦権を獲得しました。戦型は相掛かりでした。 渡辺明王 …

佐藤天彦九段

第6期叡王戦段位別予選(九段戦)佐藤天彦九段対塚田泰明九段対局棋譜。

12月2日実施の第6期叡王戦段位別予選(九段戦)佐藤天彦九段対塚田泰明九段対局の講評と棋譜。結果は、佐藤天彦九段が、塚田泰明九段に圧勝 しました。 佐藤天彦九段 目次1 第6期叡王戦段位別予選佐藤天彦 …

渡辺明王将(名人・棋王)

第79期名人戦七番勝負第5局渡辺明名人対斎藤慎太郎八段対局棋譜!

2021年5月28日29日の二日間で実施された第79期名人戦七番勝負第5局渡辺明名人対斎藤慎太郎八段対局の講評と棋譜です。二日目の結果は渡辺 明名人が勝ち名人位を初防衛しました。封じ手:55手目▲8九 …