最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

ウー・ポンフォン死去、プロフィール、出演映画

投稿日:

俳優のウー・ポンフォンさん死去。 映画「父の初七日」などに出演。台湾の俳優ウー・ポンフォン(呉朋奉)さんが5月25日に死去しました。享年55歳でした。死因は脳卒中。ゴールデンホースアワードで最優秀助演俳優を受賞

ウー・ポンフォン

ウー・ポンフォン

俳優のウー・ポンフォンさん死去

5月26日、台北(CNA)ベテラン俳優のウー・ポンフォンが日曜日に自宅で突然亡くなりました。 55歳だった。

ウーさんは(Wu Pong-fong)舞台や映画、ドラマなどで幅広く活躍し、台湾映画「父の初七日」でゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)助演男優賞を受賞するなど俳優として高く評価された。

ウー・ポンフォン

ウー・ポンフォン

警察によると、ウーさんは25日、北部・新北市内の自宅のベランダで心肺停止の状態で倒れているところを訪ねてきた姪に発見された。ウーさんは一人暮らしだった。警察が駆けつけた時にはすでに死亡から数時間が経過していた。争った形跡などはなかったという。ウーさんのマネジャーによると、26日午後に新北市内で検視が行われ、脳卒中で25日未明に死亡したと確認された。

ウーの死についてのニュースを聞いた3人組のバンドは、マネージャーを通じて台湾のメディアに次のように伝えました。「ニュースを通じて(彼の死について)わかっただけです。私たちはとても悲しくてショックを受けています。まだこの事実です。私たちは皆、自分の考えをまとめようとしています。」

ウー・ポンフォン

ウー・ポンフォン

ウー・ポンフォンのプロフィール

ウーさんは1964年生まれ。劇団出身で、後にドラマや映画にも活躍の場を広げ、多数の作品に出演。

2010年に金馬奨助演男優賞を受賞したほか、ゴールデン・ベル・アワード(金鐘奨)ミニドラマ・テレビ映画主演男優賞を2008年(当時はミニドラマ主演男優賞)と2019年の2度受賞した。

近年では、日本映画「ママ、ごはんまだ?」(2017年公開)にも出演した。

2011年に、彼は刑務所から解放された元囚人についてのテレビ映画、レンジャーのための台北映画祭(2011)で最高の俳優を獲得しました。

彼はまた、2008年のインプリントオブセイバフラワーズのミニシリーズの最優秀俳優と昨年の式典でのロアのために、台湾の権威あるテレビ賞である2つのゴールデンベル賞を受賞しました。

Wuは、台湾で人気のバンドEggplantEggのミュージックビデオに演技のスキルを貸していることで知られています。 6600万回以上の再生回数。

 

昨年、ミニシリーズやテレビ映画で最優秀主演男優賞を受賞した呉さんは、多才な俳優でした。
彼はまた、2011年の映画レンジャーでの彼の役割のために台北映画祭で最優秀俳優賞を受賞し、映画「天国の七日間」での彼のパフォーマンスで2010年にゴールデンホース賞で最優秀俳優賞を受賞しました。
ウーはゴールデンバウシアターのメンバーでもあり、フラックスウェーブダンスシアターの振付家としても活躍しました。

ウー・ポンフォン

ウー・ポンフォン

ウー・ポンフォンの出演映画

ウー・ポンフォンの代表作は台湾映画「父の初七日」でゴールデン・ホース・アワード(金馬奨)助演男優賞を受賞。

台湾映画「父の初七日」

「父の初七日」は、2009年の作品。

「父の初七日」のストーリー

本国台湾でロングラン・ヒットとなったヒューマン・ドラマ。亡くなった父を伝統的な葬儀で送ることになった家族が古い風習に戸惑い、翻弄される姿をユーモラスかつ優しい眼差しで綴る。台湾中部の片田舎。台北で働く娘アメイが父の訃報を受け帰郷した。家族が集まる中、道士でもある叔父アイーの指図で伝統的な道教式の葬儀が執り行われることに。しかしそれは、大げさな泣き女の登場など、アメイにとってはどこか奇妙で滑稽に思える風習の数々だった。

父の初七日

父の初七日

ウー・ポンフォンその他の出演映画

2016年「ママ、ごはんまだ?」

ママ、ごはんまだ?

ママ、ごはんまだ?

本作は、一青妙が2012年に刊行したエッセイ「私の箱子」と2013年に刊行した同名のエッセイを原作とした日本と台湾の合作映画で、台湾人の父と日本人の母の間に生まれた一青姉妹(一青妙・一青窈)を主人公とし、亡き母の遺品である台湾料理のレシピ帳を通して、一青家の絆を描いたヒューマンドラマとなっている。中能登町町制10周年記念事業として制作され、一青姉妹が育った地である石川県中能登町や台湾、東京都でロケが敢行された。


ー 『ママ、ごはんまだ?』映画オリジナル予告編

 

2011年「セデック・バレ 第一部 太陽旗2011」

まとめ

今回は「ウー・ポンフォン死去、プロフィール、出演映画」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロリー・キニア

ロリー・キニアの姉が死去、生い立ち、家族、出演映画

ロリー・キニアは、彼女がコロナウイルスで亡くなったので、FaceTimeで妹に別れを告げなければならなかったことを明らかにしました。姉カリーナが出生時に深刻な脳損傷を経験し、その後、10代の頃に脊椎手 …

ジェリー・スティラー

ジェリー・スティラーの足跡、生い立ち、出演映画、Stiller and Meara、死去詳細。

コメディアン、ジェリー・スティラーが亡くなりました。息子ベン・スティラーのツイッターによると、自然死だったという。享年92歳。テレビ、舞台、映画映画に、「エアポート’75」「サブウェイ・パニック」など …

イルファン・カーン

イルファン・カーン死去、生い立ち、出演映画、結婚、家族

インド人俳優のイルファン・カーン(Irrfan Khan)さんが死去しました。享年53歳。2020年4月28日にムンバイ市内の病院に搬送され結腸感染症の治療を受けたが、翌29日に死去した。生い立ち、出 …

ザック・エフロン

米俳優ザック・エフロンがハリウッドの殿堂入り、生い立ちや出演作品。

米俳優ザック・エフロン(Zac Efron)がハリウッドの殿堂入り。2021年のハリウッドの「ウォーク・オブ・フェイム」に追加される35人の中に選ばれました。 ザック・エフロン 目次1 米俳優ザック・ …

チャールズウェッブ

「卒業」の著者チャールズウェッブ死去、非唯物論的ライフスタイル。

小説「卒業」の著者チャールズウェッブが6月16日死去しました。81でした。ダスティンホフマン主演のマイクニコルズの映画「卒業」は日本でも有名です。生涯で9冊の小説を発表しています。2007年に「卒業」 …