最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

タカラバイオPCR2時間で5000件開発。 国内の使用には壁がある理由。

投稿日:

タカラバイオが、新型コロナウィルス感染の有無を調べるPCR検査で、2時間で最大5000件超を検査する手法を開発した。ただ日本での展開は、今の時点では想定されていない。

タカラバイオ製PCR検査キット

タカラバイオ製PCR検査キット

タカラバイオ PCR2時間で5000件開発

タカラバイオが、新型コロナウィルス感染の有無を調べるPCR検査で、2時間で最大5000件超を検査する手法を開発した。

主流のスイス製薬大手ロッシュの手法に比べて処理能力は14倍以上向上する。

 

米食品医薬品局(FDA)の緊急使用許可(EUA)を申請中で近く承認を得られる見通し。

 

タカラバイオ検査手法が広がればPCR検査が画期的に効率が高まる見込み。

タカラバイオとロッシュの処理能力の違い

タカラバイオの新しい検査法は、タカラバイオの米子会社タカラバイオUSAと医療関連企業
のバイオシンタグマ(アリゾナ州)が共同開発した。

 

タカラバイオグループの検査機器と試薬を組み合わせたセットと、バイオシンタグマ社が各
医療現場などに応じた最適な使用法を一括で提供する。

 

この、手法を新たな検査法としてFDAに申請した。

 

今回タカラバイオは、2018年に研究用に開発した癌細胞などの遺伝子を大規模に解析する装置をコロナ用に転用した。これにより、処理能力として一度に最大5184件を検査できるようになった。

世界で普及しているロシュの装置は4128件を検査可能だが、検査時間は24時間かかる。タカラバイオの新システムでは2時間でできる。

日本での使用の壁

タカラバイオの新しいPCR検査の最初の申請先が米国になったのは、米国が迅速な承認体制に対応しているためです。

 

新型コロナの感染拡大をうけ日本政府も治療薬などの承認審査の短期化を打ち出しているが、まだ欧米に比べスピード感がない。

 

日本では、いち早く有効な医薬品を活用できない現状がある。

 

タカラバイオは、PCR検査の新手法については、米国で承認された後でも日本での展開は考えていないという。

 

日本では、通常の薬の承認は1年かかる。

 

まとめ

今回は「タカラバイオPCR2時間で5000件開発。 国内の使用には壁がある理由。」

というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡田教授

岡田晴恵教授の「勇気ある告発」新型コロナで、まとめ

新型コロナが広まって社会が不安に陥っている中、感染学の専門家岡田晴恵の「勇気ある告発」が話題になっています。白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏の「勇気ある告発」をまとめます。白鴎大学特任教授の岡田晴恵氏は、 …

ウィルスと不況

新型コロナウイルス「接触8割削減」の根拠はイギリスの論文?

4月8日、日本で緊急事態宣言が出され、その中の具体的自粛項目で「他の人との接触を8割削減する」という目標が出されました。この、政府の方針のもととなったのが「英国の研究グループの論文」がもとになったよう …

ステーキ画像

やっぱりステーキのメニューと店舗、そして今爆発的人気のわけは?

ステーキ画像 いま、沖縄からやってきた「やっぱりステーキ」の人気が急上昇しています。 沖縄発「やっぱりステーキ」のメニューの特徴と店舗、そして今爆発的人気のわけはなぜでしょう。 目次1 「やっぱりステ …

郵便マーク

かんぽ生命の不適切な販売が起きた原因は何だったか?過剰ノルマの背景とは

郵便マーク   かんぽ生命の不適切な販売では、顧客の信頼を裏切るような既存の保険から不利な契約へ乗り換えなどが起きた。原因は組織な過剰ノルマが原因だったといわれます。なぜあれほどのマンモス企 …

パソコンキー

類似ドメインの詐欺や高額取引の利用方法、マルウェアサイトその手口について

東京五輪・パラリンピックの延期が決まった24日当日、「Tokyo2021」などのドメインが、少なくとも59件取得されたという。近年類似ドメインによる詐欺も急増している。類似ドメインが高額で取引されてい …