最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

小池百合子側近区長のタワーマンション購入での優遇スキャンダルとは何?

投稿日:

話題にあがっている石川区長は、都港湾局長などを歴任し2001年から千代田区長に就任。小池氏の側近です。今この小池氏側近石川千代田区長に優遇(収賄)スキャンダルが持ち上がっています。

東京タワー

東京タワー

小池氏側近石川千代田区長のスキャンダル

 

2020年3月、場所は、高級住宅街の千代田区三番町の十八階建ての新築タワーマンションです。

2018年一月、石川区長は三井不動産レジデンシャルから、妻や次男と共有名義で、そこの一室を購入しています。

ところが、この部屋が「事業協力者住戸」だったことがNHKの報道で判明。

 

「事業協力者住戸」とは、マンションを建てるにあたって事業に協力した関係者が、一般販売の前に優先的に提供される部屋のことです。

 

一般的に、「事業協力者住戸」の対象者は地権者がほとんどですが、石川区長は地権者ではありません。

三井不動産はメディアの取材にたいし「お得意様です」と説明し波紋を広げています。

 

2010年から三井不動産がてがけた飯田橋駅西口再開発では、土地が3ヘクタール未満だったため、区の主導で容積率が2倍以上上乗せされた。

 

そこにできた40階建てのマンションを、石川区長が、2014年に長男らと購入して2年半で転売。

売却益は、七千万円あったという。

 

そして、今回2015年11月に石川区長や妻、次男らが内覧したとのこと。

 

この時南向きの2LDKの部屋が気に入ったと販売元の三井不動産レジデンシャル
に伝えた。

そして、一か月後の12月12日から一般向けの登録抽選が行われた。

 

そして、全92部屋のうち区長が希望する部屋を含む3戸が「事業協力者住戸」になっていました。

石川区長家族は、またもや、抽選なしの優遇を受けたわけです。

 

販売元は、次男に「事業協力者住戸」であると説明し、申し込みをうけたという。

 

その時、価格は、約1億2千万円で、石川区長夫妻が8千万円、残りは
次男がしはらったという。

今回の優遇(便宜供与)は収賄罪になるか

郷原信郎弁護士は、区長は、利害関係人である三井不動産側から人気物件を購入する
機会をもらったという点に収賄性があり収賄罪になりえると指摘します。

 

小池都知事と石川区長の関係

小池都知事と石川区長は「石川さんは、私のパートナー。東京大改革を二人三脚で進める」と公言しています。

石川氏が、5選を目指した2017年の選挙は、小池知事と、千代田区が地盤の都議会のドン、内田都議の代理戦争と呼ばれ注目されましたが小池氏は「敵の敵は味方よ」と石川氏を支持し、七日間の選挙期間中、5回応援しています。

 

その後も小池氏は、塾長を務める希望の塾に招いて既得権益の打破をテーマに講演してもらったり、最近も区のローカル市紙で対談しています。

まとめ

今回は「小池百合子側近区長のタワーマンション購入での優遇スキャンダルとは何?」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『女帝小池百合子』

小池都知事の「学歴詐称」告発状で今後の動きどうなる?

小池都知事の「学歴詐称」告発状が送られました。東京都の男性が、6月9日小池都知事の「学歴詐称」疑いの告発状を郵送。今後の動きを探ります。 小池都知事 目次1 小池都知事の「学歴詐称」告発2 小池都知事 …

くま川鉄道高架

くま川鉄道の橋が流失!長期間、全面的に運休必至か?

くま川鉄道、豪雨で全ての車両が浸水 文化財の橋も流失。長期間、全面的に運休は避けられない見込み。 くま川鉄道ワンピース車輛 目次1 くま川鉄道の橋が流失2 まとめ くま川鉄道の橋が流失 くま川鉄道 熊 …

パキスタン飛行機墜落

パキスタン航空の多くの民間パイロットが偽の免許を所持していた。

パキスタンインターナショナルエアラインズ(PIA)は、有効なライセンスを保持していない可能性があるとの主張に基づいて、150人のパイロットを乗務禁止にさせました。1965年以来、PIAは10件の大きな …

バス事故

中国・貴州省でバスが貯水池に転落事故詳細

中国・貴州省でバスが貯水池に転落事故詳細。救助作業。21人が死亡しました。バス運転手の故意による事故の模様。バスは60人乗り程度の大型路線バスのようです。バスは貯水池に完全に水没してしまいます。運転手 …

中国の洪水の様子

中国の四川、重慶、広西の洪水の状況と三峡ダムの様子。

中国の三峡(Three Gorges )ダムは今回の大洪水で、存在意義に疑問が出ています。過去数日間の集中豪雨により、6月29日の時点で、中国の26省に壊滅的な洪水が発生し、1,000万人以上が危険に …