最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像取り壊しの動画!

投稿日:

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像が、住民からの苦情が相次いだことから取り壊されることになった詳細動画。#Statues of two fish by a Moroccan sculptor

完成間近だった魚の彫像

完成間近だった魚の彫像

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像取り壊し。

 

完成間近だった魚の彫像に苦情が相次ぎ取り壊されることになったモロッコでエピソード。

 

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像が、住民からの苦情が相次いだことから取り壊されることになった。

その苦情は「魚が卑猥なものに見える」ということだった。

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像

モロッコのケニトラ州の都市で市のシンボルとなる新しい彫像を建てる計画が進められ、幹線道路のロータリー交差点に目立つようにして彫像の制作に取り掛かっている最中だった。

 

ところが最近、この彫像が取り壊されることに決まった。

 

彫像は地元の彫刻家の男性が手がけており、2匹の躍動感ある魚が天に向かってそびえ立つ作品で彼は「大西洋沿岸の主要都市としての富を象徴してつくっている」と語っていた。

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像

 

しかし住民からはこの2匹の魚が「卑猥なものに見える」と多数の苦情がケニトラ市の自治体に寄せられた。

 

さらに同市自治体のFacebookには「こんな卑猥なものにいくら費用がかかったのか? この費用は他に適した使い道があったはずだ」と詰め寄るような意見も届いたが、ケニトラ市は「彫像はケニトラ州内にあるがケニトラ市内にはない」とコメントしている。

 

結局、この彫像は完成間近にもかかわらず、9月17日から彫刻家の男性の手によって取り壊しが始まった。男性は悔しさをこらえながら、次のように語った。

 

「この2匹の魚を形作った後、もっと完成度を上げるためブロンズ色にペイントしようと思っていました。鱗をつけることも考えていたんですよ。それだけでなく音楽に合わせて水が噴射する装置を設ける計画もあって、夜にはライトアップする予定でした。しかし私の作品は、仕上がる前に取り壊されなければならないのです。」

 

また男性は苦情が寄せられるようになったことについて、モロッコのイスラム主義の政党「公正発展党」が仕向けたのではないかと疑っているようだ。男性はこの政党に批判的な意見を唱えていたため、反感を買ったと信じているという。

 

男性の主張について事実を知る由もないが、実際に彫像を見た人々の目にはやはり「男性器にしか見えない」という声がSNSに多数寄せられている。

 

モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像取り壊しの動画!

モロッコで跳躍する魚の「ペニス型」の像が取り壊される。


ー‘Penis-shaped’ statues of leaping fish are torn down in Morocco

 

猛烈な地元の人々が彼らが「ポルノ」であると言った後、跳躍している魚の「ペニス形」の像がモロッコで取り壊されています。モロッコのメディアのラウンドアバウト交差点で2匹の魚が空中に跳躍している像は取り壊されています。

 

彫像を倒す作業は、住民が魚について不平を言った後、木曜日に始まりました。

 

1人は魚が「ポルノ」であると言った一方で、像に費やされたお金は他の場所で使われる可能性があると言いました。ソーシャルメディアユーザーの1人が投稿しました。

 

「ケニトラ(県)とメディアの人々は当局に市の改革を望んでいると伝えました。当局はこれらの彫像を彼らに持って行きます。ケニアの人々は改革を求めた、当局は[これを与えた]。 “メディアはケニトラ州にいるがケニトラ市にはいない。

 

一部の猛烈なソーシャルメディアユーザーがケニトラ市当局に不満を述べ、フェイスブックで回答した。

 

ケニトラ市はフェイスブックに、「魚の町のラウンドアバウトの1つにある2匹の魚を表す彫刻の解体を求める市民からの多くの不満が、ケニトラの世論に伝えられています。この主題とは関係がなく、問題の彫刻はその領土にありません。」魚の彫刻家の名前は不明です。

まとめ

今回は「モロッコの彫刻家が手がけていた2匹の魚の彫像取り壊しの動画!」というテーマでお送りいたした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エリア51とUFO

ペンタゴンUFO「未確認空中現象」のタスクフォースをついに発足!

ペンタゴン、UFO「未確認の空中現象」を調査するためにタスクフォースを発足します。国防総省は、国家安全保障に脅威をもたらす可能性のあるUFOを「検出、分析、およびカタログ化」することを目的とするタスク …

通勤風景

黒字リストラとは、なぜ今黒字企業が早期退職を拡大するのか。今後生き抜くコツとは!

黒字リストラとは何か?黒字リストラで、今、業績好調の企業がリストラ目的で早期退職者を急拡大して募っています。その理由を挙げ、さらに日立のリストラをみて、これからの時代を生き抜くコツを探ります。 サラリ …

no image

新型コロナの最前線で働いたイギリスの看護師が足を切断!

イギリスのグレーターマンチェスターのサルフォードロイヤル病院の26歳の看護師であるブエナベンチュラは、新型コロナウイルス患者のケアのために痛みを我慢して最前線で働き、切断することを余儀なくされてしまい …

マスクをした絵

アベノマスク隠された「残り1社」に疑念、国民の怒りの声!

政府が配布する布マスク(俗称アベノマスク)の調達先に関して、厚生労働省が興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社を公表したが、残りもう1社が頑なに明かされない。公表できない事情が何かあるのでは …

新型コロナウィルス

新型コロナウイルスの保健所の検査拒否「氷山の一角」岡田晴恵教授言及

2020年3月5日 放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で、新型コロナウイルスの感染拡大について特集のなかで、日本医師会の幹部が新型コロナウイルスの検査について、医師が必要としたのに保健所が応 …