最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

米アニメ「サウスパーク」が、中国でネット封鎖に『band in China』の内容は!

投稿日:

米アニメ「south park」が、中国を痛烈風刺。 中国は即刻遮断に。米アニメ「サウスパーク」の『band in China』(バンド・イン・チャイナ)が、言論の自由や人権に関する敏感な内容で中国を風刺したため、中国から視聴できなくなっています。この件について、主な国際社会は中国共産党を邪悪であると認識し、その認識は大きく変わったと考える人もいます。

「サウスパーク」

「サウスパーク」

「south park」が、中国を痛烈風刺

米国アニメの #サウスパーク がこのほど配信した『band in China』(バンド・イン・チャイナ)が、言論の自由や人権に関する敏感な内容で中国を風刺したため、中国から視聴できなくなっています。

この件について、主な国際社会は中国共産党を邪悪であると認識し、その認識は大きく変わったと考える人もいます。

「サウスパーク」

「サウスパーク」

米国の成人向けアニメ「サウスパーク」は、ブラックユーモアで時世を風刺することで知られ、1997年に初配信されてから現在までに数々の賞を受賞しています。

米ニュース雑誌『タイム』は同番組を「米国の過去数十年の中で最も鋭い風刺作品」と称賛しています。

「サウスパーク」

「サウスパーク」

2019年10月1日に配信した、米アニメ「サウスパーク」『band in China』が、中国でネット封鎖になりました。

 

米国アニメの #サウスパーク 『band in China』の内容

内容は、中国の言論の検閲を風刺し、中国の人権問題を挙げています。ブラックユーモアで中国共産党を皮肉っています。


米アニメ「サウスパーク」が中国を痛烈風刺 中国は即刻遮断|美劇嘲諷中共政權

 

 

中国の庶民が感じていることを表現していて、庶民の間で人気があるそうで民意を反映しているという見解もありますが、残念なことに、中国でネット封鎖になってしまいました。

 

「サウスパーク」シーズン23・エピソード2の内容が中国当局の神経を逆なでしたため、配信後まもなく中国当局は同アニメに対しネット封鎖を行いました。

「あんたも囚人かい?」

「プーさんが中国の主席に似てるって人がいたもんだから、ぼくたちは今、中国で非合法的な存在なんだ」

「なんてこった!ここは気がふれたヤツばかりかい?」

アニメではくまのプーさんが「ある人」に似ているという理由で投獄されている様子や、中国の言論の検閲を風刺するシーンを描いているほか、強制収容所や臓器狩り、軍事パレード、香港のデモ、刑務所での強制労働といったさまざまな人権問題が取り上げられています。

「サウスパーク」

「サウスパーク」

「さきほど中国の審査官から『あなた方が臓器移植に関して言及することを望まない』との返答を受け取った」 「どうして?」 「彼らは生きている人間から臓器を収奪していると非難されている。でも問題ない。彼らは臓器について言及してはならないとしか言っていない」

といった内容です。

まとめ

今回は、「米アニメ「サウスパーク」が、中国でネット封鎖に『band in China』の内容は!」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナゴルノカラバフでの戦闘

涙を流すステパナケルト市民。涙の訳は!

涙を流すステパナケルト市民。涙の訳は。アゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフの中心都市ステパナケルトがここ数日、激しい砲撃にさらされている。写真は3日、ステパナケルトで、泣きながら歩く女 …

新型コロナウィルス

アメリカで抗体検査を検討、抗体検査とPCR検査の違い、経済活動の早期回復狙う

トランプ米大統領は、4月10日の記者会見で、新型コロナウイルスへの免疫を持っているかどうかを調べる抗体検査を、検討していることを表明しています。狙いは、経済活動の早期回復です。抗体検査とPCR検査の違 …

トランプとバイデン

ペンシルベニア州米大統領選挙公聴会の動画と米国民のSNSの声!

2020年11月26日に共和党員が主催するペンシルベニア州米大統領選挙公聴会の動画と米国民のSNSの声!です。この公聴会にはトランプ大統領の弁護士ルディ・ジュリアーニが出席しています。また、ペンシルベ …

トランプ大統領

トランプ大統領の2020年12月12日の演説!

President Trump’s December 12, 2020 Speech!トランプ大統領の2020年12月12日の演説。この演説は、FISA発動について、非常に重要なメッセージ …

no image

東南アジアの刑務所がコロナ感染の温床に「時限爆弾」化の恐れも!

東南アジアの刑務所が新型コロナウィルスの感染を拡大させる温床になっています。面会者や職員を通じて施設外へとウィルスが蔓延すれば、爆発的感染になりかねません。また、世界各国の刑務所も同様の問題を抱えてい …