最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

映画

シャーリー・ナイト死去、死因、生い立ち、履歴、結婚や家族

投稿日:

女優シャーリー・ナイト(Shirley Knight)死去。シャーリー・ナイトさんが4月22日死去、83歳。死因、生い立ち、履歴、家族など。 俳優ポール・ニューマンさんらと映画で共演、アカデミー助演女優賞に2回候補となった。近年は人気ドラマ「デスパレートな妻たち」などで活躍した。トニー賞を1回、エミー賞を3回受賞した。

シャーリー・ナイト

シャーリー・ナイト

 

女優シャーリー・ナイト(Shirley Knight)死去

女優シャーリー・ナイト(Shirley Knight)が死去しました。83歳でした。

 

南部テキサス州サンマルコス市内で彼女の娘カイトリンホプキンスの家で死去しました。

死因は自然死でした。

カイトリンホプキンス

カイトリンホプキンス

 

シャーリー・ナイトが亡くなったとき、彼女は娘カイトリン・ホプキンスの家にいました。

 

娘のケイトリンホプキンスによる長めのFacebookの投稿によると、水曜日にテキサス州サンマルコスの娘の家で亡くなりました。

以下が、娘、カイトリン・ホプキンスが、母親シャーリー・ナイトの死を伝えた。Facebookです。

Kaitlin Hopkinsfacebook

Kaitlin Hopkinsfacebook

 

Facebookの内容はかなり長文のため、内容の要約を紹介します。

おかあさんへ、今朝4月22日早朝にあなたは亡くなりました、そしてあなたのやさしい魂は、私たちを残したまま、より良い場所にいきました。

私はあなたの側にいて、あなたの旅立ちを見送りました。

私にとって、あなたは「まさにお母さん」で、一部の人は「ミスナイト」、「ミスシャーリー」、「ママシャーリー」(私の生徒たち)、「シャールザガール」(友達)、そして「シャーリーナイト」と呼びました。

私が車に乗ってソフィーに会ってあなたをテキサスに連れて行ってから26日が経ったとは信じられません。私はまだショックになっていて、いったい何が起きたのか混乱しています。

このままずっとと思う気持ち、でもそれは昨日の出来事です。 「速すぎる」…「ずっとこのまま生きていて欲しい」と考え続けましたが、できないと思いました。---以下省略。

シャーリー・ナイト

シャーリー・ナイト

シャーリー・ナイトの生い立ち

シャーリー・ナイトは1936年7月5日にカンザス州ゲーセルで生まれました。

彼女の父親であるノエルは石油事業に従事しており、母親のバージニア(ウェブスター)ナイトは主婦でした。

 

彼女は幼少期をカンザスミッチェルで過ごし、その後カンザスライオンズに住んで、高校を卒業しました。

彼女は11歳でオペラ歌手になるために学び始めました。

14歳のとき、彼女は全国的な雑誌に掲載された短編小説を書きました。

 

ナイトは後にフィリップス大学とウィチタ州立大学に通いました。

ウィチタ州立大学

ウィチタ州立大学

 

パサデナ演劇学校で学んだ後、彼女は1959年に映画のキャリアを始めました。

映画への挑戦は、故郷の近くで撮影された1955年の映画「ピクニック」のエキストラとして出演

それから彼女はニューヨークに行き、演劇のキャリアを始めました。

彼女はHBスタジオでジェフコーリー、アーウィンピスケーター、リーストラスバーグ、ウタハーゲンとの演技の訓練を受けました。

Shirley Knight

Shirley Knight

シャーリー・ナイトの結婚や家族

ナイトは、1959年、アメリカの俳優でプロデューサーのジーンパーソンと結婚しました。

そして、1969年に離婚しています。

彼らには、1人の子供、女優カイトリンホプキンス(1964年2月1日生まれ)がいました。

彼女の2番目の結婚は、1969年に、英国の作家ジョンホプキンスとの結婚でした。

彼女とホプキンスは、パーソンと一緒に娘を育てました。彼らには子供が一人、小学校の教師ソフィー・C・ホプキンスがいます。

ソフィー・ホプキンスは脚本家になったいます。

夫のジョンホプキンスは、1998年に死去しています。

シャーリー・ナイトの活躍や履歴

シャーリー・ナイトの長編映画にはThe Group(1966)The Dutchman(1967)Petulia(1968)The Rain People(1969)Juggernaut(1974)As Good as It Gets(1997)


ー   The Group (1966) ORIGINAL TRAILER


ー       Dutchman 1967 


ー   Petulia – Original Theatrical Trailer


ー       The Rain People 1969


ー    Juggernaut Official Trailer


ー    As Good As It Gets – Trailer

 

ウィリアムインゲスの1960年の映画
ダークアットザトップオブザステアーズ」でユダヤ人の男と恋に落ちたオクラホの女性で、最初のアカデミー賞で最高の助演女優にノミネートされました。

彼女はテネシーウィリアムズの演劇に基づく1962年の映画「スウィートバードオブユース
」でポールニューマンに誘惑され放棄された女性としての彼女の役割のために2年後の最高のサポート女優にノミネートされました。


ー     Sweet Bird of Youth – Trailer

「多くの俳優は、いったん有名になると、美しい内面を失い、守らなければならない何かを失う」とシャーリー・ナイトは言った

Shirley Knight

Shirley Knight

しばらくの間、彼女はニューヨークに住んでおり、そこでリー・ストラスバーグに学びました。

彼女はリチャードバートンのハムレットにオフィーリアを演じる申し出を断りました。

ストラスバーグ監督の演劇であるアントンチェーホフの「スリーシスターズ」のジェラルディンペイジとキムスタンレーと一緒にブロードウェイに出演しました。

 

また、映画Elevator(2011)があります。

シャーリー・ナイトは、爆撃機でウォールストリートのエレベーターに閉じ込められた数人の一人を演じます。


ー    “ELEVATOR” (2011) the trailer

 

ナイトは1958年と1959年に、トムノーラン、サリーブロフィー、マイクロードと一緒にテレビシリーズバックスキンの29エピソードの20エピソードでニューコム夫人としてキャストされました。

シャーリー・ナイトはワーナーブラザーズテレビの契約スターとなり、映画の撮影の合間に中にマーベリック、バーボンストリートビート、シュガーフット、シャイアン、ロアリング20年代などのテレビシリーズに出演しました。

シャーリー・ナイトは演劇の卓越した女優のためのドラマデスク賞に2回ノミネートされ、アトランタの 『風景の美女』と 『青年』にノミネートされ、トニー賞にノミネートされました。

彼女はまた、Arthur Laurentsによるオリジナルの劇「カムバック、カムバック、どこにいても(2009)」にも出演しました。

シャーリー・ナイトのテレビクレジットには、Target:The Corruptors!、11時間目、Outer Limits(「生まれなかった男」)、The Reporter、The Fugitive、The Invaders、The Virginian、Murder、She Wrote、Thirtysomething、Law&Orderなどがあります。

 

ナイトは、1975年「ファンタジー」というタイトルのエピソードでバーナビージョーンズにも出演しました。

彼女は、さまざまなテレビ映画に出演しました:マクマーティン裁判。後者の場合、彼女はミニシリーズまたは映画の優れた女優のエミー賞と、シリーズ、ミニシリーズ、またはテレビ用映画の支持役の女優によるベストパフォーマンスのゴールデングローブ賞の両方を受賞しました。

彼女の30代のゲストパフォーマンスは、1988年にドラマシリーズのベストゲストパフォーマーとしてエミー賞を獲得しました。

 

彼女はNYPDブルーエピソード「ラージマウスベース」でのゲストパフォーマンスで1995年にエミー賞を受賞しました。

彼女は「これらの壁が話せるなら」の最初の部分に登場しました。

近年は人気ドラマ「デスパレートな妻たち」に出演しました。


ー  Desperate Housewives S3 Funny Moments

まとめ

今回は、「シャーリー・ナイト死去、死因、生い立ち、履歴、結婚や家族」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-映画
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイケル・ロンズデール

俳優マイケル・ロンズデール死去,プロフィールや出演映画など!

「007」の悪役などフランスの俳優マイケル・ロンズデールが89歳で死去。代表作は2010年の『神々と男たち(Of Gods and Men)』で、トラピスト修道院の修道士役を演じた。マイケル・ロンズデ …

サム・ロイド

サム・ロイドが死去、生い立ち、出演映画、テレビ。音楽活動。

『scrubs ~恋のお騒がせ病棟』テッド役サム・ロイドが56歳で死去。「スクラブ」でテッドバックランドの弁護士を演じることで最もよく知られている俳優のサムロイドは、木曜日に肺癌の合併症で亡くなりまし …

鬼の棲む館

鬼の棲む館のネタバレ、映画のあらすじ【名作おすすめ】

監督は三隅研次、脚本が新藤兼人の1969年の映画です。「鬼の棲む館」のネタバレ、映画あらすじ紹介です。出演は勝新太郎、新珠三千代、高峰秀子です。原作は、谷崎潤一郎の「無明と愛染」です。 鬼の棲む館 目 …

ジョン・サクソン

ジョン・サクソン死去、キャリアや生い立ちそして出演映画。 

米俳優ジョン・サクソン(John Saxson)が7月25日、肺炎のため南部テネシー州で死去。享年84歳。キャリアや生い立ちそして出演映画。映画「燃えよドラゴン」でブルース・リーと共演したほか、「エル …

岡田裕介

岡田裕介氏死去、プロフィールや出演・プロデュース作品!

岡田裕介氏死去。享年71歳。東映会長、俳優としても活躍した。1970年、「赤頭巾ちゃん気をつけて」で俳優として映画デビュー。俳優としては主に東宝の青春映画で注目を浴びたが、東宝が自社製作を大幅縮小した …