最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

外出緩和の世界各国、各地での実施状況詳細。米国各州の状況。

投稿日:

世界各国、地域で新型コロナウィルスの感染の感染防止のための外出制限が相次いで緩和される。ただし、社会的距離を保つため、飲食、観光、娯楽などの分野は制限がつけられている。トランプ政権の外出制限の4月末の期限を迎え、すでに30を超える州が、部分的に経済活動の再開に動いている。

新型コロナウィルス

新型コロナウィルス

世界各国の外出緩和状況

ー     外出制限の緩和 制限(店舗再開)(飲食店再開) (その他)

英国     5/13~      6/1~  7月再開目標  在宅勤務など多業
ー                               種で外出自粛継続

イタリア   5/4~      5/18~ 6/1~   別の地域への移動は
ー                              禁止

スペイン   5/2~      5/2~  5/11~  劇場入場者は半数以下

フランス   5/11~     5/11~ 閉鎖のまま  人の移動100kmまで

ドイツ    5/6~  小店舗 4/20~ 5月~    8月末まで大規模イベント
ー            全店舗 5/6~         禁止

米NY州    5/15~  未定        未定     建設・製造業から順次

米カリ     5/8~  衣料品・書店5/8~ 店内での飲食   ---
フォルニア州      は店頭引き渡し    サービスは禁止
ー           のみ再開
ニュージー     4/27~      5/14~ 5/14~  屋内外の集まりは10人
ランド                   ( バーは   まで
5/21~)

シンガ   依然制限中 美容院・ 5/12~ 店内での飲食 職場や店舗での訪問者
ポール         理髪店・       は禁止にまま の入退場の記録を義務
ー           ケーキ店など            付け

UAE    ラマダン入り     ---   座席の3割まで 労働許可の新規発行
に伴い緩和            など条件付き  停止

米国の各州の状況

アメリカ国旗

アメリカ国旗

感染者数が130万人を超える最多の米国では、トランプ政権の外出制限の4月末の期限を迎え、すでに30を超える州が、部分的に経済活動の再開に動いている。

全米最多の約4000万人の人口をかかえるカルフォルニア州は、5月8日、3月19日から始めた外出制限を一部緩和。衣料品や書店など一部の小売業が店頭での商品の引き渡しに限って営業を再開した。

自動車関連産業が集まるミシガン州は、州内の製造業について5月11日から操業再開を認める。まず自動車部品のサプライヤーから先に生産を始め、GMなど完成車メーカーの工場は18日から25%程度の稼働率で生産を始める。

 

世界の景気

世界の景気

まとめ

今回は、「外出緩和の世界各国、各地での実施状況詳細。」というテーマでお送りしました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベルリンの少女像

韓国の慰安婦団体「ベルリン少女像の撤去は不当」韓国での報道は!

10月11日韓国の慰安婦団体「ベルリン少女像の撤去は不当」とし国連に書簡を送った。韓国での報道を動画で紹介。韓国政府は、日本政府が、ベルリン中心部に設置された平和の少女像撤去を圧迫したことについて「日 …

ゴールド資産

世界の富豪ランキング2020年トップ50(2)【画像あり】詳細解説

フォーブズ誌「世界の大富豪ランキング」2020年のトップ50 の中からランキング11位~20位を紹介します。フォーブズ誌「世界の大富豪ランキング」2020年のトップ50。地球上で最も裕福な人々はコロナ …

トランプ大統領

アメリカWHO脱退賛否の意見紹介。

トランプ米政権が世界保健機関(WHO)から来年7月に脱退することに対し賛否両論がでています。たとえば、京都新聞が「WHO脱退通告 「自国優先」の身勝手さ」という記事にたいし、ネットでは大きな反論が出て …

蘇州の日本街

蘇州の日本街、和服やJK制服姿の中国人女性が集まる動画!

蘇州の日本街、和服やJK制服姿の中国人女性が集まる動画紹介、今蘇州の日本街では、和服やJK制服姿の中国人女性が集まっています。そんな姿に「国の恥忘れるな」の声も上がっています。 蘇州の日本街 目次1 …

トランプとバイデン

トランプ氏の多数の票が削除されたという主張は誤り、に科学的反論が提起!

大手米国、日本メディアは、トランプ氏の「多数の票が削除された」という主張は誤りという記事を出しています。理由は、「主張を裏付ける証拠はない」という根拠に基づいています。しかし、SNS上では「トランプ氏 …