最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

スポーツ

マイク・マコーミック死去、実績や生い立ちと結婚や家族について。

投稿日:

マイク・マコーミック氏が6月13日に死去しまし。享年81歳。マコーミックは、1967年にサイ・ヤング賞を受賞と、MLB投手で500回目のホームランを打ったプレーヤーとして認められています。これらの2つの偉業のため、彼のパーソナライズされたナンバープレートは「Mr. 500.」です。

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック(Mike McCormick)死去

元サイ・ヤングの勝者マイク・マコーミックが81歳で死去しました。

 

ノースカロライナ州コーネリアス-1967年にサイヤング賞を受賞したロングジャイアンツ投手マイクマコーミックが死去。81歳だった。

ジャイアンツは、マコーミックがパーキンソン病との長い戦いの後、ノースカロライナの彼の家で6月13日に亡くなりました。

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック

 

マコーミック氏は17歳だった1956年に、当時ニューヨークに本拠を構えていたジャイアンツに入団。

 

23歳になる前に史上最速で50勝に到達し、その記録は1986年まで破られることはなかった。

1963年に退団し、2球団を経て67年にジャイアンツへ戻ると、その年に22勝10敗を挙げてリーグ最多勝利を記録。防御率2・85をマークして球団史上初のサイ・ヤング賞受賞者となった。

1958年にサンフランシスコ・ジャイアンツとなった球団の創設メンバーとして、マイクは西海岸で野球の地位を確立させ、60年代の伝説のチームで主要な役割を果たしてくれた」と追悼した。

マコーミックは、ジャイアンツ、オリオールズ、セネターズ、ヤンキース、ロイヤルズで1956年から71年までの16年間、メジャーでプレイしました。

 

彼は3.73 ERAで134-128の記録を持っていて、彼の最大の業績はジャイアンツのときでした。

ジャイアンツのラリー・ベアー球団社長兼CEOは「真の紳士であり、永遠のジャイアントであるマイク・マコーミックの逝去を受け、深く悲しんでいると語った。

 

「多くのジャイアンツファンと同じように、私はキャンドルスティックパークでマイクのピッチを見たときの子供時代の思い出がたくさんありました。そして、この30年間、彼を私の友人と呼ぶ幸運がありました。西海岸に移り、1960年代の伝説的なジャイアンツチームで大きな役割を果たし、サンフランシスコで初めてサイヤング賞を受賞した投手となりました。」

 

マコーミックは、1956年に17歳の「ボーナスベビー」としてジャイアンツと5万ドルで契約しました。

 

彼は23歳になる前に50勝を記録し、1986年にドワイトグーデンがその記録を破るまで、そのマイルストーンに到達した最年少のプレーヤーでした。

彼は1958年にニューヨークからサンフランシスコに移動した後、フランチャイズに彼の最大の影響を与えました。

彼は1958年から61年まで毎年少なくとも10勝を記録し、彼がAllに指名された1960年に2.70 ERAでナショナルリーグをリードしました。

マコーミックは1962年のシーズンに続いてボルチモアと取引され、オリオールズとワシントンとのアメリカンリーグで4シーズン戦った。

彼は1966年のシーズンに続いてジャイアンツにてリーグで優勝し、2.85 ERAを記録しました。

 

彼は14試合と5回のシャットアウトを完了し、サンフランシスコで初めてCy Young Awardを獲得しました。

 

彼は次の2つのシーズンを合わせて23試合で勝利し、その後1970年のシーズン中にヤンキースにトレードされました。

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック

マコーミックは、メジャーで投手によって500回目のホームランを打ったプレーヤーとして認識され、ハンクアーロンの500回目のホームランも抜きました。

 

これらの2つの偉業のため、彼のパーソナライズされたナンバープレートは「Mr. 500.」

 

1956年から1971年まで、ニューヨークとサンフランシスコのジャイアンツ、ボルチモアオリオールズ、ワシントンセネターズ、ニューヨークヤンキース、カンザスシティロイヤルズでプレーしました。

ジャイアンツからボーナスベビーとして署名されたマコーミックは、メジャーリーグに直接出向いて1956年9月3日にデビューしました。

 

そこでと7シーズン過ごした後、ボルティモアオリオールズにトレードされ、そこで2年間プレイされた後、1967年にジャイアンツに戻り、チームでの最初のシーズンに、ジャイアンツフランチャイズ史上最初の投手となり、サイヤング賞を獲得しました。

 

マイク・マコーミックの実績

マコーミックは1956年9月3日、17歳でジャイアンツにメジャーリーグデビューを果たしました。

彼はシーズン後半に2回のスタートを切り、0対1の勝敗の記録と6での9.45の獲得ラン平均(ERA)で終了しました。

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック

マコーミックは1959年6月12日にフィリーズに対して5回の雨で短くなったノー・ヒッターを投げ、1回のフォアボールを許した。

 

フィリーズは6イニングの最後に1ヒット(および1ラン)を打って、ゲームは雨のために中断。 6回は終わっていなかったので、ゲームは最後の完全なイニングの完了に戻り、彼のノーヒットを達成した。

 

ただし、1991年の統計規則の変更により、ノーヒットは少なくとも9イニングを継続する必要になり、新しいルールがさかのぼって適用された結果、このゲームと35の他のゲームのニーヒットの記録とは見なされなくなりました。

1966年シーズンの終わりに、マコーミックはジャイアンツに戻った。

1967年のシーズンで、マコーミックは彼のキャリアの中で最高の成績を残します。

 

 

彼は22勝し、ナショナルリーグ(NL)を率いて、その年のジャイアンツ以外のすべてのNLチームを破った。

 

シーズンの終わりに、マコーミックはサイヤング賞を受賞し、投票の90%の20票中18票を獲得しました。

 

マコーミックは、MLB投手によって500回のホームランを打ったプレーヤーとして認められている。

 

1970年のシーズン半ばに、彼はニューヨークヤンキースに入団し、次のシーズンが始まる前に移籍、その後、カンザスシティロイヤルズと契約し、1971年5月22日に最後の試合に出場しました。

 

マイク・マコーミックの生い立ち

マコーミックは、1938年9月29日にカリフォルニア州パサデナで生まれました。

 

彼はカリフォルニア州アルハンブラのマークケッペル高校で学びました。

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック

 

この間、彼はアメリカンレギオンベースボールでプレーし、投球した53試合のうち49試合で勝ち、4人のノーヒッターゲームをしました。

 

彼は高校を卒業した後、1956年8月2日にキャロリンケーラーと結婚しました。

 

数週間後の8月31日、ニューヨークジャイアンツはアマチュアフリーエージェントとしてマイクと契約ました。

 

マコーミックは南カリフォルニア大学のカレッジに参加することを約束しましたが、ジャイアンツは彼に大学を辞めて組織に参加するために$ 50,000のボーナスを提供しました。

 

引退後の人生

 

野球を引退した後、マコーミックは彼自身がいくつかのMLBオフシーズンで確立した証券ビジネスでのキャリアを追求し続けました。

 

その分野で3年間働いた後、彼はオフィスマシンとコピー機の営業に転職しリコー、そしてダンカに勤務し、2002年に退職しました。

 

マコーミックは、は毎年、春のトレーニング中にサンフランシスコジャイアンツのゲストインストラクターを務めました。

彼はまた、チームのファンタジーキャンプを実施し、時々ジャイアンツのゲームについてコメントしました。

マイク・マコーミック

マイク・マコーミック

マイク・マコーミックの結婚と家族

マコーミックには、彼の最初の結婚は高校を卒業した後、1956年8月2日にキャロリンケーラーとの結婚でした。

そしてキャロリンとの間に4人の子供をもうけました。

後の彼はディアドルと再婚しています。

ダンカを引退した後、彼らはカリフォルニア州サニーベールから移住し、ノースカロライナ州パインハーストに定住した。

ノースカロライナ州サザンパインズにあるオニールスクールでは、マコーミックは学校の野球プログラムを支援し、オークションに役立つように学校に野球の記念品を寄付しました。

 

マコーミックは彼の妻、ディアドルと彼らの娘、タラ。そして彼の子供たち、前の妻との子供マイク・ジュニア、マシューとステイシー。 6人の孫と1人の孫娘がいます。

彼の死の前には、最初の妻であるキャロリンの娘スーザンは亡くなっています。

まとめ

今回は「マイク・マコーミック死去、実績や生い立ちと結婚や家族について。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-スポーツ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アンソニー・ジョシュア

アンソニー・ジョシュアのプロフィールや生い立ちなど!

アンソニー・ジョシュア(Anthony Joshua)のプロフィールや生い立ちなど紹介。アンソニー・ジョシュアは、2度の統一ヘビー級チャンピオンである英国のプロボクサーであり、2019年12月以降、W …

荒竹一真選手

荒竹一真 生い立ちや出身ボクシング国体での活躍、岡沢セオン選手との関係について

ボクシングの荒竹一真選手は、高校では無敗の「九州の怪物」とも異名をとり、インターハイボクシング、ピン級(軽量級)で一年生で「3冠」達成、現在「5冠」を達成しています。そんな荒竹一真選手の生い立ちや出身 …

ララファンライベン

ショート トラックスピードスケーターのララファンライベン死去。

オランダのスケート協会-オランダのスケート協会によると、世界チャンピオンのショート トラックスピードスケーターのララファンライベンが7月10日金曜日に自己免疫反応による合併症の結果死亡した。ヴァンライ …

イチローのレーザービーム

イチローのレーザービーム、米大リーグ公式「外野手の送球の歴代10傑」入選

イチローのレーザービームを動画で!、米大リーグ公式で「外野手の送球の歴代10傑」に入選しました。その時の動画。他10選手紹介。Ichiro’s laser beam。 イチローのレーザービ …

スイ・シアン

女子プロゴルファースイ・シアンの画像、動画!

中国出身の女子プロゴルファー、スイ・シアンの画像、動画を紹介。#Sui xiang, a female professional golfer from China スイ・シアン 目次1 中国出身の女 …