最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリの奇跡の動画!

投稿日:

米フロリダ州在住のマット・マンザリさん(Matt Manzariは今から約5年半前、遠隔操作伐採機を使って教会の庭木を伐採中に感電事故に遭い、12000ボルト以上の電圧に晒され、身体の25%に重度の熱傷を負い、両腕や胸の皮膚が溶けて肋骨や鎖骨が露わになったが、この電気椅子6つ分の感電事故から奇跡的に生還した動画。

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ。

米フロリダ州在住のマット・マンザリさん(Matt Manzar)31歳は今から約5年半前、遠隔操作伐採機を使って教会の庭木を伐採中に感電事故に遭い、12000ボルト以上の電圧で感電した。

この感電は死刑執行用の電気椅子約6つ分にあたるという。

 

マットさんは身体の25%に重度の熱傷を負い、両腕や胸の皮膚が溶けて肋骨や鎖骨が露わになった。

 

マットさんは、2014年、庭木を伐採中に感電事故に遭い生死の境をさまよった。「助かる見込みはない」と言われたが、奇跡的に回復し事故を機に大きく人生観を変えたと言います。

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

 

実は、マットさんはウォータースポーツのエキスパートでした。

 

マットさんは15歳の時、板に足を固定するビンディングを付けずにボートの牽引で水上を滑るウェイクスケートで頭角を現し、この分野で初めてナイキ(NIKE)がスポンサーに付きました。

 

8年間はウェイクスケーターとして世界中を旅し、世界チャンピオンになるなど活躍したが、その後は牧師を目指してテネシー大学で神学を学び結婚した。

 

悲劇が起こったのはウォータースポーツを子供たちに教える傍ら、教会での仕事を任されるようになった2014年6月のことで、第1子を妊娠中だった妻ボビー・ジーンさん(Bobbye Jean、30)は教会内で働いていた。

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

 

マットさんは庭木の伐採をする際、ガラス繊維(グラスファイバー)の代わりに鉄製の機器を間違って使用して電線に接触。感電して意識を失ったのだった。

 

ボビーさんは駆けつけた救急隊員に「まず助からない。お別れをするように」と言われ、搬送された病院でも「今夜が山。万が一助かったとしても脳の損傷、壊疽した皮膚による敗血症などに苦しむことになる」と告げられたという。

 

しかしマットさんは事故から1週間後、奇跡的に目を覚まして周囲を驚かせた。

 

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

 

マットさんは当時のことを次のように振り返る。

「意識が戻った僕に医師は『敗血症に罹るのは時間の問題で、両腕の切断もあり得る』と言ったんだ。でも両腕は無事で脳の損傷もなかった。それに腎不全も起こさず、僕の心臓は鼓動を続けたんだ。」

 

「こうして山を乗り越えた僕は、3か月を病院で過ごして9月に退院した。嬉しかったのは、1月の長男の誕生に間に合ったことだった。ただ神経が損傷していたし、焼けた筋肉や腱を切除して、首、腕、胸の皮膚移植をする必要があって、回復にはかなりの時間がかかった。僕が受けた手術はこの5年間で70回以上になるし、今でも完璧ではないんだ。」

 

しかしマットさんはこの大きな試練を経験することで人生観を変えました。

マットさんは現在、3人の子供の父として、ボビーさんの夫として日々を大切に過ごしている。また「自分の経験を通して、他の人をインスパイアできたら」と、モチベーション・スピーカーとしてアメリカ国内をまわっています。

大好きなウォータースポーツも再開した。

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリ

 

マットさんは言います。

「もし「君は8時間以内に死ぬよ」と言われたとしたら、自分がやり残したことを考えるでしょう。自分にどれだけ時間が残されているのかはわからないけど、死を身近に感じて自分は変わったんだ。自分が心からやりたいと思うこと、本当に大切にしたいことを一番に考えるようになった。」

「もし時を戻せるなら、事故前に戻りたい?とよく聞かれるけど、僕の答えは「ノー」だよ。だってもし事故がなかったら今の自分はいないし、生きていること、そして自分が大好きな家族との貴重な時間を感謝することはなかったと思うから。」

「人生は短いと言うけど、人生は長いとも言える。人生はまた、一瞬にして変わってしまうけど、どんな人生でも喜びで満たすことは可能なんだ…。だから一日一日を大切にしようと思う。ただ存在しているだけの人生ではなく、人生を大いに生きようじゃないか!」

 

電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリの動画。

 

波を起こすマット・マンザリ。


ー    We Wake Waves: Matt Manzari

マットマンザリはセンチュリオンボートウォータースポーツウォリアーです。マットは、生活をより良くするための彼のたゆまぬ努力のためにこの指定を与えられました。

 


“Electrocuted by 14,000 Volts”: Wakeskater makes a ‘miraculous’ recovery after ‘hit’ by 14,000 volts

電圧によって感電死したプロのウェイクスケーター。これは、6つの電気椅子に相当し、恐ろしい事件で皮膚の25%が溶けてしまったにもかかわらず、愛するウォータースポーツに戻っても事故を乗り切ることはできないだろうと医師に反論しました。

フロリダ出身のマット・マンザリさん(31歳)は、幼い頃からウェイクスケートとウェイクボードを続けており、15歳のときにナイキからも支持されました。これは、ブランドとのパートナーシップを確立した初めてのウェイクスケーターになりました。

しかし、2014年、地元の教会で木を伐採しているときに送電線で感電死したとき、彼の人生は完全に変わりました。この事故により、彼は恐ろしい怪我を負い、多くの人が彼を永遠に水から遠ざけると感じました。

この事件は、元ウォータースポーツのプロがテネシー大学を卒業し、2014年6月に地元の教会グループと協力し始めた直後に発生しました。数週間後、彼は教会周辺の木々を刈ることを申し出ました。

マットには知られていないが、彼はグラスファイバー製の代わりにスチール製のバケツを備えた遠隔操作のバケツトラックを使用して、間違った機器で作業を行った。彼が木の天蓋の高さに達すると、近くの電力線が彼が立っていた金属製のバケツを通して電気のサージを送り、マットの体を14,000ボルト引き裂きました。

電気椅子は2,000〜2,200ボルトを使用します。つまり、マットの体は6〜7ボルトに相当します。

夫が外にいる間に建物の中で働いていたマットの妊娠中の妻ボビー・ジャン(現在30歳)を含む教会のメンバーは彼の援助に駆けつけましたが、彼はひどい状態にありました。

 

 

まとめ

今回は「電気椅子6つ分の感電事故から生還したマット・マンザリの奇跡の動画!」というテーマでお送りいたしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コンチネンタル・ジャイアントのジェスター

超巨大ウサギ英リンカンシャーのジェスター(Jester)!

超巨大ウサギジェスター(Jester)は、コンチネンタル・ジャイアントで大型種のウサギで、平均体重は16~25ポンド(約7.2~11キロ)、体長は大きいもので3フィート(約91センチ)に成長する。ジェ …

プラごみの海洋汚染問題、海鳥の被害の恐れ!減らす有効対策とリサイクルの実態

プラごみの海洋汚染の問題が深刻化しています。日本の本州から約1000km離れた無人島でもプラごみが漂着しています。地球環境を守るためにもプラごみを減らす有効な対策を行う必要があります。そして、現状のリ …

麻生太郎さんがどんな不適切発言をしたか。「単一民族」の何が悪いのか

麻生太郎さんがどんな不適切発言をしたかについてです。麻生太郎財務大臣といえば、問題発言、名言など話題にことかかない政治家ですが今回は「単一民族」発言が、各マスコミで不適切という指摘を受けています。「単 …

パソコン

2020年著作権法改正案の詳細(インターネット上の著作権保護強化)

2020年、政府は著作権法改正案を国会に提出。改正案は、漫画、写真など著作物全般に対象を広げ、インターネット上の海賊版対策を行う。 パソコン 目次1 2020年著作権法改正案2 違法ダウンロードの訴え …

東京タワー

小池都知事が新型コロナで情報隠蔽か。東京都の現状が明らかに!

小池都知事が新型コロナで情報隠蔽で、対策に障害がでています。今回の新型コロナウイルスに問題も、自身の政治利用に考え決して「都民ファースト」になっていないのでは。杉並区長が“医療崩壊”の現場から怒りの告 …