最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

リトル・リチャード死去、生い立ち、家族、結婚、音楽活動。

投稿日:

リトル・リチャード、フランボヤント・ロックンロールのパイオニア、2020年5月9日、ペニマンはテネシー州で87歳で亡くなりました。死因は骨がんであることが明らかにされた。彼の死の時、彼は兄と一緒に住んでいました。彼の音楽は、ビートルズは「ロング・トール・サリー」を含む彼の曲を録音。エルトン・ジョンは1973年に、「リトル・リチャードとジェリー・リー・ルイスを聴いていた、それだけだった」語っているほどの影響力をもっていました。

リトル・リチャード

リトル・リチャード

 

リトル・リチャード死去

1950年代のロックンロール創生期に活躍し、ロックの創始者の一人とされる米歌手リトル・リチャード(Little Richard)さんが9日、死去した。87歳だった。

32年、ジョージア州メイコンで生まれた。55年に「トゥッティ・フルッティ」が大ヒットし、以降も「のっぽのサリー」「ジェニ・ジェニ」「ルシール」「グッド・ゴリー・ミス・モリー」などヒット曲を連発した。

派手なアクションや叫ぶように歌うシャウト唱法で人気を博し、ポール・マッカートニーやエルトン・ジョン、ジェームス・ブラウンら数多くのミュージシャンに大きな影響を与えた。86年にロックの殿堂入りした。

 

「トゥッティ・フルッティ」「ロング・トール・サリー」「グッド・ゴリー・ミス・モリー」などのヒット曲で知られるロックンロールの創始者の一人、リトル・リチャードが87歳で亡くなった。死因は癌だという。

 

ロックンロールの創始者であるリトル・リチャード(本名:リチャード・ウェイン・ペニマン)が土曜日に亡くなった。享年87歳。

その熱烈な叫び声、派手な衣装、陽気な性格と性別を超えた価値観は、新しい芸術のスピリットとサウンドを体現していた。ローリングストーン誌は彼の息子、ダニー・ペニマンからパイオニアの死を確認した。

 

BC the Beatles @BCtheBeatles

A portrait of four fanboys who would become legends – and the legend whose influence on them and music in general cannot be overstated. RIP .💔

BC the Beatles @BCtheBeatles

BC the Beatles
@BCtheBeatles

 

訳)「伝説となる4人も、ファンでした。彼らへの影響と音楽一般への影響は誇張できないものです。 RIP」

ミック・ジャガーがリトル・リチャードを追悼「最大のインスピレーション源だった」と追悼。

 

Mick Jagger@MickJagger

Mick Jagger Twitter

Mick Jagger Twitter

 

リトル・リチャードの生い立ち

 

リチャードウェインペニマンは1932年12月5日ジョージア州メイコンで生まれました。

彼は12人兄弟姉妹の3番目の子供でした。

 

彼の父親は教会の執事とレンガの石工であり、海辺で海賊版の月光を販売し、Tip In Innと呼ばれるナイトクラブを所有していた。

 

彼の母親はメイコンのニューホープバプテスト教会の会員でした。

リトル・リチャード

リトル・リチャード

 

当初、彼の名は「リカルド」であったはずでしたが、手違いで「リチャード」と名付けられた。

 

ペニマンの子供たちは、プレザントヒルと呼ばれるマコンの近所で育てられた。

子供の頃、彼の小さくて細いフレームのため、彼は家族から「リル・リチャード」というニックネームで呼ばれました。

 

近所の人にいたずらをしたいたずらっ子のペニマンは、幼い頃から教会で歌い始めました。

 

おそらく、出産時の合併症の結果、彼はわずかな変形を起こし、片方の足がもう一方の足よりも短くなりました。

これは異常な歩行を生み出し、彼は彼の効果的な容姿と言われて嘲笑された。

ペニマンの家族は非常に信心深く、さまざまなA.M.E.、バプテスト、ペンテコステ派の教会に参加し、家族の何人かが牧師になった。

カリスマ的な崇拝と生演奏のため、彼はペンテコステ派の教会を最も楽しんだ。

 

彼は後に、「当時は貧困が多く、偏見が多かった」ため、地域の人々が人種差別の際に終日ゴスペルの歌を歌い、前向きな見通しを維持したことを思い出した。

 

彼は人々が「神とのつながりを感じるために」歌い、彼らの試練と重荷を洗い流すことを観察した。大声で歌う声に恵まれたペニマンは、彼が「常に鍵を上向きに変えている」こと、そして彼がかつて教会で大声で「叫び声を上げて叫ぶ」ことをやめ、ニックネーム「ウォーホーク」を獲得したことを思い出しました。

 

子供のとき、彼は歌いながら「家の階段、ブリキ缶、鍋やフライパン、または何でも打つ」と隣人を悩ませました。

 

ペニマンの最初の音楽的影響は、ジョーメイ兄弟、シスターロゼッタサープ、マハリアジャクソン、マリオンウィリアムズなどのゴスペルパフォーマーでした。

5月、彼の驚異的な範囲と発声力のために「中西部のサンダーボルト」として知られている歌唱エバンジェリストは、ペニマンに説教者になるように促しました。

 

ペニマンはメイコンのハドソン高校に通っていた。

 

彼は平均以下の学生だった。彼は最終的にアルトサックスを演奏することを学び、5年生のときに学校のマーチングバンドに参加しました。

リトル・リチャード

リトル・リチャード

高校在学中、彼はMacon City Auditoriumで地元の世俗的でゴスペルのコンサートプロモーターClint Brantleyのアルバイトをしました。

 

彼はキャブキャロウェイ、ラッキーミリンダー、お気に入りの歌手シスターロゼッタサープなど、その日のスターパフォーマーのコンサート中にコカコーラを売りました。

 

 

15歳で家を出て学校を去り、旅行中の医学ショーやボードビルユニットで世俗的な音楽に没頭し、すぐに南部のR&B「チトリン」サーキットに参加しました。

彼のすでに実物よりも大きいステージスタイルは、R&B歌手のビリーライトの興味を引き付けました。

 

リトル・リチャードの音楽活動

リトル・リチャードは1956年の「トゥッティ・フルッティ」を皮切りに、同年の「ロング・トール・サリー」「リップ・イット・アップ 」、1957年の「ルシール」、そして1958年の「グッド・ゴリー・ミス・モリー」などのヒット曲を連発した。


ー   Little Richard – Good Golly, Miss Molly

 

それらの楽曲は、彼のシンプルなポンピング・ピアノと、ゴスペルの影響を受けたヴォーカル、色気に満ちた(しばしば意味不明な)歌詞によって駆動していた。

リトル・リチャードの代表曲のテーマ(英語)

「Tutti Frutti」、「Long Tall Sally」、「Rip It Up」、「Jenny Jenny」、「Keep A-Knockin ‘」、「Good Golly Miss Molly」


ー     Little Richard – Tutti Frutti

 


ー   Little Richard – Long Tall Sally

 

 

派手なアクションや叫ぶように歌うシャウト唱法で人気を博し、ポール・マッカートニーエルトン・ジョン、ジェームス・ブラウンら数多くのミュージシャンに大きな影響を与えた。86年にロックの殿堂入りした。

 

 

エルトン・ジョンは1973年に、「リトル・リチャードとジェリー・リー・ルイスを聴いていた、それだけだった」語っている。

 


ー       Little Richard – Rip It Up

 

「他の誰かになりたいとは思わなかった。僕はジェリー・リー・ルイスよりもリトル・リチャードのスタイルに影響を受けていると思う。

 

ジェリー・リーは手の込んだピアノ弾きでとても技巧的だけど、リトル・リチャードはどちらかというとパウンダー(鍵盤を叩きつけるように弾く人)だよ」と語っている。

 

1958年以降、彼がトップ10入りを果たすことはなかったが、リトル・リチャードの影響力は絶大だった。


ー      Little Richard – Jenny Jenny

 

ビートルズは「ロング・トール・サリー」を含む彼の曲を録音し、これらの曲でのポール・マッカートニーの歌唱や、ビートルズの楽曲「I’m Down」はリトル・リチャードへのオマージュとなった。


ー    The Beatles – Long Tall Sally – Live

 

彼の曲はロックンロールにおける「規範」の一部となり、エヴァリー・ブラザーズ、キンクス、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、エルヴィス・コステロ、スコーピオンズまで、何十年にもわたってカバーされてきた。


The Beatles HD – I m Down Live in Germany (Remastered)

 

1958年以降、リトル・リチャードトップ10入りを果たすことはなかったが、リトル・リチャードの影響力は絶大だった。

 

ビートルズは「ロング・トール・サリー」を含む彼の曲を録音し、これらの曲でのポール・マッカートニーの歌唱や、ビートルズの楽曲「I’m Down」はリトル・リチャードへのオマージュとなった。

彼の曲はロックンロールにおける「規範」の一部となり、エヴァリー・ブラザーズ、キンクス、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル、エルヴィス・コステロ、スコーピオンズまで、何十年にもわたってカバーされてきた。

ポンパドアード、口ひげを生やして、パンケーキの化粧をまとわり、マスカラで描かれた目を飛び出させます。「ああ、私の魂、私はロックンロールの中で一番かわいい男です」と彼は宣言し、彼の個性と彼の人格と同じくらい特大の自我に恵まれました。

 

大声で両性具有のミュージシャンは、彼の音楽時代の最もワイルドなパフォーマーとしての地位を確立しました。


Little Richard – “Keep A Knockin'” (2002) – MDA Telethon

 

作家のニックコーンは、リチャードの多動スタイルを1969年の歴史「ロックフロムザビギニング」で捉えました。

「彼はピアノを弾きました。」とコーンは書いています。クライマックスの瞬間、彼は片足を持ち上げてキーの上に乗せ、かかとで叩き、ズボンの縁は凧のように波打っていました。

 

「彼は絶叫し、絶叫しました。彼は変な声で、疲れ果てず、ヒステリックで、完全に破壊不可能であり、彼の人生の中で、怒り狂った雄牛のような轟音よりも低いもので歌ったことはありませんでした。」

彼は、フランクタシュリンの音楽を取り入れた1956年のコメディ「The Girl Ca n’t Help It」で最も有名なスプラッシュを作りました。これは、ビートルズのジョンレノンやローリングストーンズのキースリチャーズなどの未来のスターから刺激的な影響を受けたと認められています。

 

エルビスプレスリーは、1956年の彼の画期的な年にリチャードのヒット曲の4つをカバーしました。


#Elvis #RockAndRoll #AlohaFromHawaiiLong Tall Sally/Whole Lotta Shakin’ Goin’ On (Aloha From Hawaii, Live in Honolulu, 1973)

 

1962年の英国ツアーで彼とステージを共有したビートルズは、「ロングトールサリー」のカバーや彼ら自身のオマージュなどのパフォーマンスで彼のスタイルを真似ました。

 

50年代後半以降、リチャードのキャリアは途切れます。

 

1957年、彼は人気の絶頂でロックンロールをやめ、神学校に進学し、福音派の牧師および福音の歌手として新たなキャリアをスタートさせました。

 

彼は、’62年のイングランドツアーでロックに急遽戻り、60年代および70年代のロックンロールの復活を果たしましたが、1977年に再び宗教に戻りました。

 

チャールズホワイトの公認の経歴「ロックのクエーサー、リトルリチャードの生涯」が1984年に出版されたあと、復帰します。

 

この復帰は、「ダウンアンドアウトインビバリーヒルズ」でのピアノと音楽の出演、ポールマズルスキー監督による1986年のジャンルノワールの「溺死から救われたブドゥ」の脚色によって印象付けられました。

 

サウンドトラックから引き出された、壮大でゴスペル化されたリチャードのロッカーである「グレートゴッシュAマイティ」は、彼の最後のソロチャートヒットとなりました。

 

ミック・ジャガーがリトル・リチャードを追悼

 

ローリング・ストーンズが1963年に初めてのツアーに乗り出したとき、彼らはリトル・リチャードを筆頭に、バンドに影響を与えたアーティストを多く迎えてツアーに参加させました。

「一緒にツアーをしていた時、俺は毎晩彼の動きを見ながら、どうやってオーディエンスを楽しませ、演奏に巻き込んでいくのかを学んでいた。彼は本当に寛容で、いつだって相談に乗ってくれた」とミックは語っています。

 

「彼はポピュラー・ミュージックに多大な貢献をしてくれた。寂しくなるよリチャード、神のご加護を」

 

キース・リチャーズも声明文の中で、「昔からの友人であるリトル・リチャードが亡くなったと聞いてとても悲しい。彼はロックンロールの真の精神を体現していた」と記している。

 

Keith Richards  @officialKeef

So sad to hear that my old friend Little Richard has passed. There will never be another!!! He was the true spirit of Rock’n Roll!

キース・リチャーズTwitter

キース・リチャーズTwitter

 

キース・リチャーズのTwitterでした。

 

リトル・リチャードの家族、結婚

1956年頃、ペニマンは元々ジョージア州サバンナ出身の16歳の大学生であるオードリーロビンソンと関わりを持つようになりました。

ロビンソンがロックンロール音楽のファンではないにもかかわらず、ペニマンとロビンソンはすぐに知り合いになりました。

リトル・リチャード

リトル・リチャード

ペニマンは1984年の自伝で、他の男性にグループで彼女との性的な出会いを勧め、かつてバディホリーに彼女とのセックスを勧めたと主張した。

ロビンソンはこれらの主張を否定した。

ペニマンはキリスト教に改宗する少し前にロビンソンとの結婚を提案したが、ロビンソンは拒否した。

ロビンソンは後にリー・エンジェルという名前で知られるようになりました。

ペニマンは1960年代にロビンソンと再会したが、薬物乱用が悪化した後、ロビンソンを再び去った。

ロビンソンは、サウスバンクショーに関するペニマンの1985年のBBCドキュメンタリーについてインタビューを受け、ペニマンの主張を否定しました。

ロビンソンによると、ペニマンは彼の肌の色のために、白人専用のファーストフード店で彼女が、購入して食べ物を買ったといいます。

ペニマンは1957年10月の福音主義集会で彼の唯一の妻であるアーネスティーヌハービンに会いました。

彼らはその年に付き合い、1959年7月12日にカリフォルニアで結婚しました。

ハービンによれば、彼女とペニマンは最初は「通常の」性的関係との幸せな結婚を楽しんだ。

リトル・リチャード

リトル・リチャード

結婚が1964年に離婚したとき、ハービンはそれが彼女の夫の有名人の地位のためであると主張しました、それは彼女にとって人生を困難にしました。

ペニマンは、彼が怠慢な夫であったことと彼のセクシュアリティのために結婚が崩壊したと主張するでしょう。

ロビンソンとハービンはどちらも彼が同性愛者であるとのペニマンの主張を否定しました。

 

結婚中、ペニマンとハーヴィンは、教会の助手であった1歳の少年、ダニージョーンズを養子にしました。

ペニマンと彼の息子は近くに留まり、ジョーンズはしばしば彼のボディーガードの一人として行動した。

アーネストティーンは後に1975年3月23日にカリフォルニア州サンタバーバラでマクドナルド・キャンベルと結婚した。

まとめ

今回は、「リトル・リチャード死去、生い立ち、家族、結婚、音楽活動。」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジャック・ホワイト

ジャック・ホワイトがマット・グラントに新しいギターを購入の動画!

ジャック・ホワイトが、不運にあったスコットランドのストリート・ミュージシャンに、新しいギターをプレゼントした。#Jack White buys a new guitar for Matt Grant! …

ジョニー・ナッシュ

ジョニー・ナッシュ死去、プロフィールや代表曲など!

米国にレゲエ広めた米歌手、J・ナッシュ氏が死去、享年80歳。代表曲であるICan See Clearly Now」は、100万部以上を売り上げ、1972年にBillboard Hot 100チャートの …

トゥーツ・ヒバート

レゲエ歌手トゥーツ・ヒバート死去、プロフィールやジギー・マーリー追悼など!

9月11日、ジャマイカのレゲエ歌手、トゥーツ・ヒバートさん死去。享年77歳。トゥーツ・ヒバートさんは、 レゲエの「語源」つくった歌手として知られています。Toots&the Maytalsのフロントマ …

トリニ・ロペス

歌手トリニ・ロペスさん死去、プロフィールや映画出演など!

歌手トリニ・ロペス(Trini Lopez)死去。トリニ・ロペスさん(米歌手、ギタリスト)は8月11日、新型コロナウイルスの合併症により西部カリフォルニア州の病院で死去、83歳でした。10代で音楽活動 …

ラッパーポップスモーク

ラッパーのポップスモークの新アルバム「Shoot for the Stars」死後発売!

ポップスモーク(Pop Smoke)の新アルバムがリリースされました。Pop Smokeの新アルバムは、「Shoot for the Stars Aim for the Moon」です。死後発売されて …