最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国のウイルス学者のヤン博士がコロナウイルスの隠蔽で中国を非難。#閻麗夢 #LimengYan

投稿日:2020年7月11日 更新日:

中国のウイルス学者(Li-Meng Yan)がコロナウイルスの隠蔽を非難し、香港を逃れました。「私は彼らが内部告発者をどのように扱うか知っています」 #閻麗夢 #LimengYan

リー・メン・ヤン博士

リー・メン・ヤン博士

中国のウイルス学者(Li-Meng Yan)の告発

リー・メン・ヤン博士

リー・メン・ヤン博士

 

香港の科学者であるLi-Meng Yan博士は、中国がコロナウイルスについて、彼女が行っていた研究を無視したと言います。

 

 

ヤン氏は、、中国政府が新しいコロナウイルスについて確信的に知ったとする前に、それを知っていたと信じていると語った。

 

彼女は、その分野のトップエキスパートとして知られている彼女の上司も、パンデミックの発生時に命を救えるはずだった研究を中国が無視したと言います。

 

特に2020年の初めにウイルスが広がり始めたとき、インフルエンザウイルスとパンデミックを専門とする世界保健機関の参照研究所としての地位を考えると、彼らはおそらく世界に知らせる義務があったと彼女は付け加えた

 

リー・メン・ヤン博士

リー・メン・ヤン博士

 

現在隠れているヤンは、彼女が生まれた国の政府が彼女の評判を貶めようとしていると主張し、彼女が口をつぐむのを望んで、彼女へのサイバー攻撃を振り回しているといいます。

 

ヤンは彼女の人生が危険にさらされていると信じています。

 

彼女は自分の家に二度と戻ることができないのではないかと恐れており、友人や家族が二度と二度と会うことはないだろうという難しい現実とともに生きています。

 

ヤンの主張する話は、物語は政府の最高レベルでの隠蔽についての並外れた主張を織り込んでおり、習近平主席と彼の共産党の強制的隠ぺい事実をを露呈しています。

 

 

ヤンは中国本土のさまざまな医療施設で専門家との広範なネットワークを築いており、そこで育ち、そこでの研究の多くを完了しました。

 

中国の疾病管理予防センターの科学者である1人の友人は、症例を直接知っていて、中国またはWHOがそのような感染拡大が可能であると認めるずっと前に、12月31日に人から人への感染についてYanに伝えたそうです

 

ヤン氏は、これらの初期の発見のいくつかを上司に報告したと述べた。

 

数日後の2020年1月9日、WHOは声明を発表しました。「中国当局によると、問題のウイルスは一部の患者に深刻な病気を引き起こす可能性があり、人々の間で容易に伝染しない…。」

 

ヤン氏は、彼女と中国中の同僚たちが特異なウイルスについて話し合ったが、すぐにこのWHOの発表がトーンダウンしていることに気付いたと語った。

 

ウイルスについて公然と話し合っていた医師や研究者が騒然となりましたが、武漢市から来た人たちは、後で発生の中心となるだろうが、黙っており、他の人たちは詳細を尋ねないよう警告された。

 

医師たちは怪訝そうに「それについて話すことはできないが、マスクを着用する必要がある」と言った。

 

その後、人から人への感染の数は指数的に増加し始め、彼女の話では、ヤンは答えを探し始めました。

 

「時間通りに治療を受けられず、時間通りに診断を受けられない多くの患者がいる」とYan氏は述べた。

「病院の医師は怖いが、話せない。CDCのスタッフは怖い。」

 

1月16日に彼女の調査結果を上司に再度報告したと彼女は言ったが、そのとき上司は「沈黙を保ち、注意するように」と彼女に言ったとされている。

 

 

彼女はまた、WHOに所属する研究室の共同責任者であるマリクペイリス教授も知っていたが、それについては何も行動しなかったとも主張している。

マリクペイリス教授はコメントの要求にも応じなかった。

WHOのウェブサイトには、新規コロナウイルス2019-nCoVに起因する肺炎のためのWHO国際健康規制緊急委員会の「アドバイザー」としてマリクペイリス教授がリストされています。

ヤンはおかしいと感じたが、驚きはしなかったという。

「WHOの国際組織や中国政府や中国共産党の腐敗を知っているので、それが起こることはすでに知っている」と彼女は言った。

 

「つまり、基本的にはやむを得ないが、この誤解を招く誤った情報が世界に広まるのは望ましくありません。」と言った。

リー・メン・ヤン博士

リー・メン・ヤン博士

 

WHOと中国は、コロナウイルスの隠蔽の主張を激しく否定した。

 

WHOはまた、Yan、Poon、またはPeirisがこれまで直接組織のために働いたことを否定しています。

 

「マリク・ペイリス教授は感染症の専門家であり、WHOのミッションや専門家グループに携わってきた」とWHOの広報担当マーガレットアンハリスはメールで述べた。

 

「それは彼をWHOのスタッフメンバーにすることも、WHOを代表することもありません。」

 

イアンは、何らかの反発があっても、正義と不正を正すために勇気づけられており、個人的および職業的な結果にもかかわらず発言しなければならなかったと言います。

 

「私は彼らが内部告発者をどのように扱うか知っている」と彼女は言った。

 

彼女は彼女の人生が明らかに危機に瀕していること、そして彼女に最も近い人々の人生が危険にさらされていることを認識しました。

LimengYanのインタビュー動画

LimengYanのインタビュー動画で、中国の隠ぺいを告発しています。


(字幕)米国亡命の武漢ウイルス研究者 FOXニュースインタビュー #閻麗夢 #LimengYan

 

米国亡命の武漢ウイルス研究者 FOXニュースインタビュー(字幕)

FOXニュースは4時間にわたってインタビューを行いました。この動画ではその中の13分ほどを公開しています。

この動画では言及されていませんが、香港脱出前に、睡眠薬を盛られたことがあり、知らない人から海辺で会うよう求められたり、何度も狙われていたとのことです。

 

彼は以前にも警告しましたが、「赤い線に触れてはいけない」と言いました。つまり、中国政府の手順に違反してはならない。中国政府の原則に逆らってはならない。さもなくば、私たちはトラブルに巻き込まれ、消されてしまう。

 

私はこの情報を一般に公開すべきだと思いました。これは緊急な情報なので、できるだけ早く公に公開すべきです。

 

しかし、彼は何もしませんでした。私は何日も待ちましたが、何の返答をもらえませんでした。

 

さらに、同じ研究室所属で、WHOリファレンス研究室共同主任のマリク・ピーリス(Malik Peiris)教授もですが、彼らは真相を知りながら、彼らは何もしませんでした。

 

ウイルス学者として、一部の人は医師ですが、彼らはこのことの恐ろしさを知っていたはずです。これは公共衛生に対する脅威であり、彼らは迅速な対応をすべきでした。

 

彼らは多くのことができたはずです。このアウトブレイクを、ウイルスが人類史上最大の災難にならないようにコントロールできる多くの選択肢が彼らにはありました。

 

Li-Meng Yan博士はアメリカへ出国

リー・メン・ヤン博士

リー・メン・ヤン博士

ヤン博士は、アメリカへ出国しました。

 

4月28日のキャセイパシフィック航空による米国への搭乗の数時間前、香港公衆衛生学部のウイルス学と免疫学を専門とする尊敬されるヤン医師は、香港脱出を計画しました。

 

彼女は彼女のパスポートと彼女の財布を持っていて、彼女の愛する人すべてを置き去りにしようとしていました。

 

逮捕された場合、刑務所に入れられる可能性があることを知っていました。そして、さらに悪いことなれば「失踪した」者の1人にさせられます。

 

彼女は4月27日にアメリカへの切符を手に入れました。彼女は翌日飛行機に乗っていました。

13時間の旅の後、ロサンゼルス国際空港に着陸したとき、彼女は税関職員によって停止されました。

恐怖は彼女をつかみました、そして、ヤンは彼女が刑務所に行くか、または中国に送り返されるかどうか知りませんでした。

 

「私は彼らに真実を言わなければならなかった」と彼女は言った。 「私は正しいことをしています。だから、私は中国に戻らせないでください。

 

ここでCOVID-19の真実を語りに来たのは私です…そして私を守ってください。中国政府は私を殺すかもしれません。」

 

FBIは調査のために呼び出されたとされています。ヤンは、彼らが彼女に何時間も面接し、彼女の携帯電話を証拠として取り、彼女が目的地に留まることを許可したと主張している。

 

 

ヤンは政府が彼女の故郷である青島に訪れ、そのエージェントが彼女の小さなアパートを引き裂いて両親に質問したと主張している。

 

彼女が母親と父親に連絡したとき、彼らは彼女に家に来るように懇願し、彼女が話していることを誰にも言わず、戦いをあきらめるように彼女に懇願した。

 

香港大学は彼女のページを削除し、彼女が承認された年次休暇中だったと言っているにもかかわらず、明らかに彼女のオンラインポータルと電子メールへのアクセスを取り消しました。

 

学校のスポークスパーソンはヤンは現在従業員ではないと述べました。

 

 

まとめ

 

今回は「中国のウイルス学者のヤン博士がコロナウイルスの隠蔽で中国を非難。」というテーマでお送りしました。

関連記事

中国政府とWHOは嘘か? 香港から亡命した閻麗夢えんれいむ博士のインタビュー!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-国際

執筆者:


  1. […] 「中国のウイルス学者のヤン博士がコロナウイルスの隠蔽で中国を非難。」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

戦闘態勢の戦車

2020年「世界の国別軍事力ランキング」ベスト10国【詳細比較】最新情報

2020年「世界の国別軍事力ランキング」の上位10位は、1位から順に、アメリカ、ロシア、中国、インド、日本、韓国、フランス、イギリス、エジプト、ブラジルの順です。各国の軍事力比較項目詳細を示しています …

ブラジルの医療機関

南米各国ブラジル・チリ・コロンビアの失業率が新型コロナで急上昇。

新型ウイルスによりブラジルでは失業が急増し、800万人近くが失職。これは、2012年に記録管理が開始されて以来、ブラジルで最大の失業となった。チリとコロンビアも失業の急増を報告した。 ブラジルの墓地 …

天安門広場

北戴河会議習近平続投か?ならば李克強失脚の恐れも!

北戴河会議2020年が終わりました。各メディアの断片的情報では、習近平続投の模様です。そしてNO2政府首相の李克強失脚の恐れも出てきました。 中国国旗 目次1 北戴河会議習近平続投か?ならば李克強失脚 …

アメリカ海軍レーザー兵器

【動画】アメリカ海軍レーザー兵器動画『ヘリオス』

アメリカ海軍レーザー兵器動画紹介。米海軍の、レーザー兵器『ヘリオス』は、駆逐艦から発射されます。無人偵察機ドローンを撃墜し、また「ボートを燃やす」ことを可能です。 アメリカ海軍レーザー兵器 &nbsp …

中国国旗

中国の医療用品「マスク、防護服」の買い占め問題

中国は、1月の新型コロナウィルスが全世界に拡散する前に、外国からマスクを大量に買い込んでいた問題。そして、そのためWHOに武漢の感染状況を隠ぺいするようにした。すでにこの時、中国はアフターコロナの世界 …