最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

芸能

文学座の金内喜久夫死去。芸歴、受賞、動画インタビュー、出演映画、ドラマ、舞台

投稿日:

文学座の金内喜久夫さんがんのため死去、87歳でした。芸歴、受賞、『タネも仕掛けも』動画インタビュー。出演映画、ドラマ、舞台リスト。奥さんは、サザエさんのイクラ役で知られる桂玲子さん。

金内喜久夫

金内喜久夫

 

金内喜久夫さん死去

文学座のベテラン俳優金内喜久夫さんが4月28日午後、がんのため亡くなった。87歳だった。東京都内の自宅にて逝去。喪主はアニメ「サザエさん」のイクラ役で知られる妻桂玲子(れいこ)さん。舞台「熱海殺人事件」「飢餓海峡」などのほか、大河ドラマ「徳川慶喜」にも出演した。08年に紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞した。

桂玲子

桂玲子

金内さんは1963年に文学座研究所へ入所し、1967年に座員に昇格して文学座の座員となり、舞台「熱海殺人事件」「飢餓海峡」などのほか、大河ドラマ「徳川慶喜」にも出演した。08年に紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞した。18年にがんが見つかり、19年春には転移したことも判明した。癌を患いながらも精力的に舞台に立ち続けていたが、同年秋に出演した別役実作品「この道はいつか来た道」が最後の舞台となった。

金内喜久夫

金内喜久夫

金内喜久夫さん受賞歴

昭和50年 十三夜会奨励賞(『五番町夕霧楼』)

昭和60年 十三夜会助演賞(『黄昏のメルヘン』)

平成20年度 第43回紀伊國屋 演劇賞 個人賞

(『真実のゆくえ』『舞台は夢~イリュージョン・コミック~』)

金内喜久夫

金内喜久夫

金内喜久夫さん主な芸歴

金内喜久夫さん主な芸歴です。

<舞台>
1965年
初舞台『花咲くチェリー』(文学座本公演)都市センターホール
66年
『大つごもり』(本公演)厚生年金小ホール
68年
『メアリー・スチュアート』(本公演)国立劇場
72年
『飢餓海峡』(本公演)東横劇場
73年
『熱海殺人事件』(文学座アトリエ公演)
75年
『五番町夕霧楼』(本公演)東横劇場
76年
『夢・桃中牛右衛門の』(本公演)東横劇場

『ハムレット』(本公演)パルコ西武劇場
82年
『黄昏のメルヘン』(本公演)紀伊國屋ホール
84年
『ジェルソミーナ』(本公演)パルコ西武劇場
85年
『芝居―月もおぼろに―』(本公演)三越劇場
88年
『藪原検校』(地人会)紀伊國屋ホール
90年
『東京行進曲』(新劇団協議会)東京芸術劇場
92年
『一人芝居 中村岩五郎』(地人会)紀伊國屋ホール

『アナザータイム』(本公演)サンシャイン劇場

『マイ チルドレン! マイ アフリカ!』(アトリエ)
95年
『藪原検校』(地人会)
96年
『恋風~昭和ブギウギ物語~』(東宝)芸術座
97年
『夜明け前』新国立劇場

『河をゆく』(アトリエ)
98年
『本郷菊富士ホテル』(東宝)芸術座

『花迷宮』(東宝)帝国劇場
99年
『花も嵐も』(東宝)帝国劇場
2000年
『峠の雲』(本公演)三越劇場
01年
『崩れた石垣、のぼる鮭たち』(本公演)紀伊國屋サザンシアター
02年
『月夜の道化師』(本公演)紀伊國屋ホール

『雁の寺』(地人会)紀伊國屋サザンシアター

『ビギン・ザ・ビギン』(東宝)帝国劇場
03年
『春は爛漫』帝国劇場

『バラード』(アトリエ)

『藪原検校』(地人会)新国立劇場小劇場
04年
『千年の三人姉妹』天王洲アートスフィア

『罠』(五五の会)旅公演
05年
『コミュニケーションズ』新国立劇場
06年
『飢餓海峡』(地人会)紀伊國屋ホール

『オトコとおとこ』(アトリエ)
07年
『雪まろげ』(フジテレビ)帝国劇場

『フェイドラの恋』(シアターX)

『寝坊な豆腐屋』(松竹)新橋演舞場

『錦秋演舞場祭り・夜の部』(松竹)新橋演舞場
08年
『長崎ぶらぶら節』(本公演)東京芸術劇場

『城塞』(リーディング)シアタートラム

『真実のゆくえ』俳優座劇場

『夜と星と風の物語』シアター1010

『舞台は夢~イリュージョン・コミック~』新国立劇場
09年
『ヘンリー六世』新国立劇場

『放浪記』(東宝)帝国劇場

『かぐや姫』(本公演)日生劇場
10年
『麦の穂の揺れる穂先に』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

『1960年のメロス』(unks)サイスタジオコモネ

『ダーウィンの城』(アトリエ)
11年
『月にぬれた手』(舞台芸術学院)東京芸術劇場小ホール2

『にもかかわらずドン・キホーテ』(アトリエ)

『連結の子』(本公演)吉祥寺シアター

『欲望という名の電車』(青年座交流プロジェクト)世田谷パブリックシアター、キラリ☆ふじみ
12年
『雪やこんこん』(こまつ座)紀伊國屋サザンシアター

『月にぬれた手』(おふぃす300)座・高円寺1

『日本の面影』(朗読座)俳優座劇場

『タネも仕掛けも』(本公演)紀伊國屋サザンシアター


ー   『タネも仕掛けも』 金内喜久夫さんインタビュ-

 

13年
『根っこ』(地人会新社)赤坂レッドシアター

『この道はいつか来た道』文学座新モリヤビル1階
14年
『夏の盛りの蝉のように』(本公演)三越劇場

『終の楽園』(アトリエ)

『日本の面影』(朗読座)俳優座劇場

15年
『リア王』(アトリエ)

『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場

『赤シャツ』水戸芸術館

『別役実を読む、聞く、語る』(リーディング)青年座劇場

金内喜久夫

金内喜久夫

『桜の園』新国立劇場
16年
『遊侠 沓掛時次郎』(シス・カンパニー)新国立劇場
17年
『この道はいつか来た道』アトリエ

『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場、地方公演

十二人の怒れる男たち

十二人の怒れる男たち

18年
『この道はいつか来た道』シアターX

『ヘンリー五世』(新国立劇場)

『十二人の怒れる男たち』俳優座劇場、地方公演
19年
『この道はいつか来た道』駅前劇場

この道はいつか来た道

この道はいつか来た道

<TV>
『江戸の旋風』CX
『眠狂四郎』CX
『おらんだ左近事件帖』CX
『刑事物語‘85』NTV
『鬼平犯科帳』CX
『大岡越前』TBS
『ザ・ハングマン』ABC
『ザ・スクールコップ』CX
『混浴露天風呂連続殺人』ANB
『荒野の素浪人』NET
『気まぐれ天使』NTV
『風と雲と虹と』NHK大河
『怪奇大作戦』TBS
『煉獄』KBC
『おいしい関係』CX
『徳川慶喜』NHK大河
『春の波涛』NHK大河
『大忠臣蔵』NET
『ゼロの焦点』CX
『獅子の時代』NHK
『ゆうひが丘の総理大臣』NTV
『国盗り物語』NHK
『てっぺん』ANB
『はっさい先生』NHK
『水戸黄門』TBS
『竜馬がゆく』NHK
『半七捕物帳』ANB
『銭形平次』CX
『検事・若浦葉子』NTV
『茶屋次郎③四万十川殺人事件』TX
『浮世絵女ねずみ小僧』CX
『嫁の座』CX
『ニュードキュメンタリードラマ昭和 松本清張事件にせまる』ANB
『朝比奈周平ミステリー』NTV
『世直し順庵!人情剣』EX
『上条麗子の事件推理7』TBS
『小暮写眞館』②NHKBSプレミアム
『猫弁と透明人間』TBS
『花嫁のれん4』43、44、45話 THK
『救急医療における心肺蘇生とDNAR』VRドラマ
『渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル 2018』(草場平蔵役)TBS
『渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル 2019』(草場平蔵役)TBS

<CM>
Canon EF LENS「月の歌人」篇

<映画>
『おとし穴』
『復讐するは我にあり』

復讐するは我にあり

復讐するは我にあり

『おろしや国酔夢譚』
『カンゾー先生』
『千年火』
『ブラックキス』
『不撓不屈』
『明日への遺言』

明日への遺言

明日への遺言

『劇場版SPEC~天~』
『日本のいちばん長い日』松竹

日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

『兄消える』

<ラジオドラマ>
『フランケンシュタイン』(老人役)NHK-FM 青春アドベンチャー
『やけっぱちのマリア』NHK-FM 青春アドベンチャー
『ヤッさん』NHK-FM 青春アドベンチャー
『あたたかい水の出るところ』NHK-FM 青春アドベンチャー
『シブちゃん』NHK-FM 青春アドベンチャー
『琴子の浜』NHK-FMシアター

吹き替え、劇場アニメ

劇場アニメ
世界名作童話 アラジンと魔法のランプ(妖術師)

吹き替え

イギリスから来た男(ウィルソン)
おかしな二人(フェリックス・アンガー)
奇蹟の輝き(道先案内人トラッカー(アルバート・ルイス教授))
ピノキオ(テレビドラマ) (キツネ<チッチョ・イングラッシア>)
道づれ (ジャン<ジャンヌ・アラール>)
ベン・ハー (バルサザール)
修道士カドフェル(ロバート)
ダーククリスタル
チミノ夫人のピアノ (バーニー/キーナン・ウィン))

 

まとめ

今回は「文学座の金内喜久夫死去。芸歴、受賞、動画インタビュー、出演映画、ドラマ、舞台」というテーマでお送りしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

-芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

増岡弘

『狼少年ケン』の大熊 の声 が 増岡弘さんでした。あらすじと動画

フジテレビ「サザエさん」のフグ田マスオ役、日本テレビ「それいけ!アンパンマン」のジャムおじさん役で親しまれた声優の増岡弘さんが3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去した。83歳だった。増岡宏さん …

石田ゆり子

石田ゆり子の新型コロナ正論と最近のネットの声の反応【賛否】について

3月5日のインスタグラムで石田ゆり子さんがの新型コロナ正論「緊急事態に対応できずに迷走する政治と過剰な報道によって逆効果に」の正論意見に絶賛する声があがりました。「ゆりこさんが言葉にしてくれる勇気に感 …

志賀廣太郎

志賀廣太郎死去、生い立ち、CM、舞台、最近の映画、ドラマ、好みのもの

2020年4月20日20時20分、志賀廣太郎さんは、誤嚥性肺炎のため、川崎市内の介護施設で死去。享年71歳。志賀廣太郎さんの生い立ち、CM、舞台、最近の映画、ドラマ、好みのもの。好きな言葉は「漂えど沈 …

相田翔子

相田翔子の病名と名医との出会い、結婚相手、子供のころの夢について

元「Wink」で歌手の相田翔子)歌手の相田翔子が13日、テレビ東京「芸能人を救った名医達!私のベストドクター」に出演して、突然襲いかかった難病についてテレビ告白しました。病名は、突発性難聴、メニエール …

斎藤洋介

俳優斎藤洋介が死去、プロフィールや出演作品など!

名脇役で活躍した斎藤洋介さんが9月19日に死去しました。享年69歳、人知れずがんで闘病生活の後に死去されました。テレビ、映画、バラエティーなど幅広く活躍されていました。プロフィールや映画、ドラマの出演 …