最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

音楽

ジミー・コブ死去、プロフィール、実績、結婚、家族、演奏動画。

投稿日:

米ジャズドラマージミー・コブさん死去。享年91歳。ジミー・コブさんが5月24日、肺がんのため東部ニューヨークの自宅で死去しました。コブは彼の家で家族に囲まれて亡くなりました。「彼は非常に特別で珍しい人物でした。アスリートのような自然な才能を持つ才能のあるミュージシャン。そして、素晴らしくて幸せな性格の才能のある人間」と妻エレアナは言いました。

ジミー・コブ

ジミー・コブ

ジミー・コブ死去

Miles DavisのKind of Blueのドラマー、Jimmy Cobbが91歳で死去。

デイビスのサウンドの鍵を握ったジャズミュージシャンは、クラシックアルバムで生き残った最後のプレイヤーでした。

ジミー・コブ

ジミー・コブ

 

マイルス・デイヴィスの、「カインド・オブ・ブルー」のドラマーであるジミー・コブが死去。

 


ー  Miles Davis – Kind of Blue – All Blues

 

パーカッショニストであり、マイルスデイビスの1959年「カインドオブブルー」の画期的なジャズアルバムの最後の生き残りメンバーであるジミーコブは、ジャンルを変革し、いくつかのキャリアを生み出し、日曜日に亡くなりました。

 

彼の妻、エレアナティーコブはFacebookで、彼女の夫がニューヨーク市の自宅で肺癌により亡くなったと発表しました。 91歳だった。

 

コブは彼の家で家族に囲まれて亡くなりました。彼の妻、エレアナ・コブはニューヨーク・デイリー・ニュースに話しました。

 

「彼は非常に特別で珍しい人物でした。アスリートのような自然な才能を持つ才能のあるミュージシャン。そして、素晴らしくて幸せな性格の才能のある人間」とエレアナは言いました。

 

「彼は世界中で演奏しました。彼は最後まで元気だった」と彼女は言った。 「彼がいなくなったことは大きな問題です。とても痛いです。少しショックです。」

ジミー・コブ

ジミー・コブ

ジミー・コブのプロフィール

ウィルバージェームズコブは、1929年1月20日ワシントンD.C.で生まれました。

 

彼は音楽のキャリアを始める前に、ジャズアルバムを聴き、ニューヨーク市でのシンフォニーシドの演奏を聴くために夜遅くまで起きていました。

 

コブは1950年にサックス奏者のアールボスティックからツアーのキャリアをスタートさせました。

ジミー・コブ

ジミー・コブ

その後、ボーカリストのダイナワシントン、ピアニストのウィントンケリー、サックス奏者のキャノンボールアダレイと共演しました。

 

彼のウェブサイトでは、1957年以前に開催されたビリーホリデー、パールベイリー、ディジーギレスピーとのギグについても語っています

 

コブの最もよく知られている録音作品は、デイビスのカインドオブブルー(1959)に掲載されています。

 

コブはこのセッションで生き残った最後のプレーヤーです。

 

彼の微妙で控えめな態度は、デイビスを含む多くの人々の賞賛を集めました。

 

しかし、これはまた、彼の仲間のドラマーと同じレベルの認識を得られなかったことも意味していました。

 

コブは宣伝を避けようとする傾向があり、1983年までバンドリーダーとしての彼の最初のセットを録音をしていませんでした。

 

デイビスのサウンドの鍵を握ったジャズミュージシャンは、クラシックアルバムで生き残った最後のプレイヤーでした。

コルトレーンのアルバム「ジャイアント・ステップス」などにも参加。

80年代後半まで演奏を続けた。

ジミー・コブ

ジミー・コブ

マイルス・デイビスのメンバー

 

トランペット奏者マイルス・デイビスのグループに加わり、ジャズの歴史的アルバム「カインド・オブ・ブルー」(59年)に参加。

マイルス・デイヴィス

マイルス・デイヴィス

 

デイビスのほか、メンバーだったサックス奏者ジョン・コルトレーン。

ピアニストのビル・エバンスらは既に亡くなっており、同アルバムに参加したミュージシャンの最後の生き残りだった。

ジミー・コブ実績

 

1929年にワシントンDCで生まれたコブは、サックス奏者のアールボスティックからツアーのキャリアをスタートさせ、後にボーカリストのダイナワシントン、ピアニストのウィントンケリー、サックス奏者のキャノンボールアダレイに加わりました。

 

彼のウェブサイトによると、1957年にデイビスに入社する前は、ビリーホリデー、パールベイリー、ディジーガレスピーともプレイしていました。

 

コブは1963年にトニーウィリアムズがデイビスのバンドに参加して、バンドを去りました。

彼はケリーとベーシストのポール・チェンバースとトリオを組んでおり、どちらもデイビスのリズム・セクションの参加者。

 

このグループは、ケニーバレル(ギター)とJ. J.ジョンソン(トロンボーン)と録音し、その後10年の終わりに解散しました。

コブはグレートジャズトリオ、ピアノのハンクジョーンズ、ベースのエディゴメスと共に参加しました。

 

また、1970年代にはサラヴォーンと一緒にツアーを行い、スタンフォード大学、ノースカロライナ大学グリーンズボロ、およびバークリー音楽大学で教鞭をとった。

 

1950年代前半は、キーター・ベッツとの活動を通して参加した妻でもあったダイナ・ワシントン、アール・ボスティックの伴奏などで知られたが、1958年からフィリー・ジョー・ジョーンズの後任としてマイルス・デイヴィスクインテットに参加。

 

1959年にはモード・ジャズを確立した歴史的名盤『カインド・オブ・ブルー』のレコーディングに参加した。

他にも、ウィントン・ケリー、ウェス・モンゴメリー、キャノンボール・アダレイ、ジョン・コルトレーンなどのアルバムで数多い演奏を繰り広げ、ハードバップ期を代表するドラマーとしての地位を確立した。

特にマイルス・デイヴィスを支えたウィントン・ケリー、ポール・チェンバースとのトリオは、今も語り継がれるジャズ界最高のリズムセクションとして名高い。

 

90歳を過ぎてもなお自己のグループ「コブズ・モブ」「ジミー・コブ・トリオを率い、またサイドマンとしても「4ジェネレーション・オブ・マイルス」等で精力的に活動を続けていた。

ほんの数秒聴いただけで彼だとわかる脅威的なスウィング、シンバルレガートはトレードマークであった。

 

ジャズの黄金期を知る最後のミュージシャンとして、ドラマーのみならず後進のミュージシャンの鑑となり続けていた。

 

コブの作品には、Sketches of Spain(1960)、Someday My Prince Will Come(1961)、Miles Davis at Carnegie Hall(1962)、In Person Friday and Saturday Nights in the Blackhawk、Complete、Porgyとベス(1959)。

ジミー・コブの演奏動画。

 


RIP Jimmy Cobb, Legendary Jazz Drummer: January 20, 1929 – May 24, 2020

「カインド・オブ・ブルー」の演奏動画。


ー Jimmy Cobb, the Pulse of ‘Kind of Blue,’ Dies at 91

 

ジミー・コブさんのソロ演奏動画です。


ー Jimmy Cobb drum solo – Linda’s Jazz Nights

 

ジミー・コブの2013年の比較的最近の動画です。


ー Jimmy Cobb Trio Live at the Village Vanguard 2013

 

ジミー・コブの結婚、家族などについて

コブの家族は、コブは死ぬまでエレアナスタインバーグコブと結婚しました。一緒に、彼らには二人の娘(セレナとハイメ)がいました。

ジミー・コブ

ジミー・コブ

受賞歴は、2008年6月、ジミーコブはドンレッドマンヘリテージアワードを受賞しました。 2008年10月17日、コブは全米芸術基金NEAジャズマスターズ賞を受賞した6人のアーティストの1人でした。

 

まとめ

今回は「ジミー・コブ死去、プロフィール、実績、結婚、家族。」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Dave Greenfield

「ストラングラーズ」のデイブ・グリーンフィールド死去、音楽活動、メンバー哀悼

英国のパンクバンドの「ストラングラーズ」のキーボード奏者デイブ・グリーンフィールドがコロナで死去しました。コーンウェルが生物学の博士号をもち、デイブ・グリーンフィールドさんは音楽大学でクラシックを専攻 …

ハンク・ウィリアムズ

ハンク・ウィリアムズ代表曲や生い立ちそして家族など

ハンク・ウィリアムズ(Hank Williams)は、カントリー音楽の歴史において最も重要な人物のひとりと見なされている1950年代のロックンロールの先駆者たちの多くが、そのキャリアの初期にウィリアム …

クリストファー・クロス

米歌手クリストファー・クロスが神経疾患で一時まひ。最近の動画!

米歌手クリストファー・クロスさん、神経疾患で一時まひしてしまいました。コロナ原因とみられています。神経が免疫系によって攻撃されるまれな神経疾患「ギラン・バレー症候群」と診断された。最近の動画紹介。#A …

トニー・コスタンザ

トニー・コスタンザが死去、プロフィールや「マシンヘッド」について!

マシーン・ヘッドのオリジナル・ドラマーのトニー・コスタンザが死去。プロフィールや「マシンヘッド」とのかかわり、クライシス、クローバー、デブリスインク、パップスミアにも参加。 トニー・コスタンザ 目次1 …

ジェイミー・オルダーカー

トラクターズのドラマー、ジェイミー・オルダーカーが死去。プロフィールや動画!

トラクターズのドラマー、ジェイミー・オルダーカーが68歳で死去しました。癌との長い戦いの後亡くなりました。ジェイミー・オルダーカーは以前、エリック・クラプトン、ピーター・フランプトンと演奏を共にしまし …