最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

元慰安婦支援団体トップ与党議員を補助金流用疑惑で起訴、韓国での報道は!

投稿日:

韓国地検が元慰安婦支援団体のトップだった韓国与党「共に民主党」与党議員尹美香(ユンミヒャン)を起訴しました。補助金流用疑惑がもたれています。

尹美香

尹美香

元慰安婦支援団体トップの与党議員を補助金流用疑惑で起訴

尹美香

尹美香

 

ソウル=建石剛】韓国人元慰安婦支援団体「正義記憶連帯(旧挺対協(ていたいきょう))」の国庫補助金流用疑惑で、ソウル西部地検は14日、団体の元トップで与党・共に民主党の尹美香(ユンミヒャン)議員(55)を詐欺や業務上横領などの罪で起訴した。

尹美香

尹美香

 

韓国で慰安婦問題に強く関与してきた団体の今後の活動に影響を与えることは必至だ。尹氏をかばってきた文在寅(ムンジェイン)政権や与党にも大きな打撃となる。

与党議員を補助金流用疑惑で起訴、韓国での報道は!

検察、ユン・ミヒャン議員在宅起訴…業務上横領背任など6つの容疑を適用/ YTN


검찰, 윤미향 의원 불구속 기소…업무상 횡령 배임 등 6개 혐의 적용 / YTN

検察、「ジョンウイヨン疑惑関連」ユン・ミヒャン6つの容疑で在宅起訴
国庫・地方補助金の3億ウォンほど不正受給疑惑、個人口座に寄付など受け寄付金品法律違反の疑い、「寄付・挺対協運用費などに便利」…業務上横領の疑いを含む。

 

定義記憶連帯会計不正疑惑事件を捜査してきた検察がユン・ミヒャン加え、民主党議員を在宅状態で裁判に渡すとしました。

 

補助金の管理に関する法律違反と業務上横領と背任など6つの容疑を適用した。

 

検察が問題があると見なした部分。

検察が定義記憶連帯前理事長であるユン・ミヒャン議員を裁判にめくりながら適用した容疑は、すべての6つです。

 

まず国庫・地方補助金を虚偽申請や不正な方法で示した疑いです。

 

検察は「挺身隊問題対策協議会」、つまり挺対協が運営する「戦争と女性の人権博物館」の補助金受給のプロセスに問題があると見ています。

 

法律上の登録要件である学芸員がいるかのように虚偽の登録をして、文化体育観光部とソウル市からそれぞれ1億5千万ウォン1億4千万ウォンの補助金を受けたのです。

 

また、ユン議員が個人口座に蝶基金と金復東祖母葬祭費名目などで1億7000万ウォンを募集するなど、寄付金品募集と使用に関する法律に違反したと判断しました。

 

これと共に募金したお金や挺対協運用コストを個人口座に受け使ったお金がすべて1億ウォンに近いと業務上横領の疑いも適用した。

 

議論になった「安城避難所」買い取り疑惑と関連しても、検察は業務上背任の疑いを適用した。

 

社会福祉共同募金会から10億ウォンを受けて慰安婦住宅設備のための事業を進めつつ、取引相場を正しく確認したり、審査せずに相場よりも高価7億5千万ウォンに建物を買収し挺対協に損害を与えたということです。

 

 

検察はただ、安城避難所を売却過程で安値で売ったという疑惑については考慮は人がいなく売却が4年の間に遅延点を見ると、背任と見るのは難しいと判断しました。

 

安城避難所と関連しては、管轄自治体に宿泊業申告せずに50回にわたって市民団体などのレンタルしてくれて、宿泊費に900万ウォンを受けたと公衆衛生法違反の疑いも適用されました。

 

この他にも重症認知症を患っている慰安婦被害者の祖母の心身障害を利用して7千9百万円を寄付することしたと準詐欺の疑いも適用した。

前ユン議員会計不正疑惑と関連し告発状が受理された内容がよりあったが、検察が起訴しないことした部分は。

ユン・ミヒャン議員夫婦の年収が5000万ウォンだが数億ウォンに達する娘の留学ビザをどのようにカバーのかという疑惑がありました。

 

検察は3億ウォンの留学資金がユン議員夫婦の資金やユン議員の配偶者の刑事訴訟金でほとんどカバーされたことが確認された明らかにした。

 

また、ユン・ミヒャン議員の父親を安城避難所の管理者に形式上登録しておき、7千5百万ウォンを支給したという疑惑と関連しては、父親が実際に避難所の管理者として勤務事実が確認され、犯罪として認めにくい説明しました。

 

ユン議員の配偶者が運営する新聞社に不当にチケットを運転与えた疑惑については押収資料を分析した結果、いくつかのメーカーから見積書を受け、このうち提示金額が最も手頃な価格の、その新聞社を選定したことが確認されたと明らかにした。

 

複数疑惑の中で、検察が不起訴の判断を下したこともありますが、ユン議員に適用された6つの容疑については、今後激しい法廷争いが予想されます。

 

「寄付・ジョウイグムなど1億横領 “…検察、ユン・ミヒャン起訴/ SBS。


“기부금·조의금 등에서 1억 횡령”…검찰, 윤미향 기소 / SBS

定義記憶連帯理事長時代に不正会計疑惑で捜査を受けてきたユン・ミヒャン加え、民主党議員が在宅起訴された。慰安婦被害者のための寄付金を私的に使用して、政府とソウル市の補助金3億ウォンを不当に示した疑いなどが適用された。

まとめ

今回は「元慰安婦支援団体トップ与党議員を補助金流用疑惑で起訴、韓国での報道は!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

黄河流域の洪水

2020年8月13日の中国、黄河流域の洪水の状況。

大雨は華北へ 黄河支流の伊洛河では水位が急増、一部越水。甘粛省で土石流。雨の中心が長江流域から華北や山東半島へと移ってきました。食料危機の噂もありますし、黄河沿いでも農業が盛んですから氾濫など発生すれ …

玄関ドアが車に刺さったまま逃走

民家に衝突した18歳少年が、玄関ドアが車に刺さったまま逃走の動画!

運転中に民家に衝突した18歳少年 玄関ドアが車に刺さったまま逃走の動画。英ウェスト・ヨークシャーのデューズバリーで11月20日午後7時45分頃、18歳の少年が運転していた車が衝突事故を起こした。警察に …

黒川検事長

「黒川検事長辞任」賭けマージャン当事者が記事を書いていた・産経記者

東京高検検事長の黒川弘務氏を辞任に追い込んだ『週刊文春』のスクープ「黒川弘務検事長は接待賭けマージャン常習犯」がどうして、世間にリークしたのか、不思議でしたが、黒川氏と賭けマージャンに勤しんだ産経新聞 …

三峡ダム

2020年10月3日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

中国メディアの報道を総合すると、重慶周辺における洪水被害が28日以降かなり深刻で、重慶市水文観測総合ステーションは綦江(きこう)区に「洪水レッドアラート」を発令した。これは1940年このステーションが …

台風9号進路

2020年9月2日台風9号「MAYSAK]韓国の状況!

9号台風が北上しています。明日まで全国の台風の影響圏に入り強い風雨が吹き荒れます。まず明日まで東海岸に400mm以上、済州島と慶南、湖南省東部の最高300mmの降雨があり、他の地域にも最高200mmの …