最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

自然

南アフリカのビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシの動画!

投稿日:2020年11月29日 更新日:

ビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシの動画!南アフリカのビーチにて11月16日、ウミウシ類の“アオミノウミウシ”が大量に打ち上げられているのを近くに住むマリア・ワグネルさん(Maria Wagener)が発見した。これは、眩いばかりの美しい青い身体に両側に翼のように伸びた突起から「ブルードラゴン」とも呼ばれる“アオミノウミウシです。

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ 

南アフリカのビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシ。

 

11月16日眩いばかりの美しい青い身体に両側に翼のように伸びた突起から「ブルードラゴン」とも呼ばれるアオミノウミウシが、南アフリカのケープタウン近くにあるフィッシュホークビーチに大量に打ち上げられた。

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ

 

に南アフリカのビーチで、ウミウシ類の「アオミノウミウシ」が大量に打ち上げられているのを近くに住むマリア・ワグネルさん(Maria Wagener)が発見しました。

 

マリア・ワグネルさんはこの生物が有毒であるとは知らなかったけれども、「刺されそうな気がした」と本能的に勘を働かせて接触を回避しました。

 

マリア・ワグネル

 

アオミノウミウシは肉食性でクラゲのような浮遊性刺胞動物に取りついて移動し、それらを栄養源としても捕食している。

 

とくに猛毒で知られる“カツオノエボシ”を好んで食しており、クラゲの毒の刺胞を自らの体に取り込んで濃縮、さらに強い毒で刺す「盗刺胞」で外敵から身を守る。

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ

 

そのためアオミノウミウシに刺されると吐き気、激しい痛み、嘔吐、急性アレルギー性接触皮膚炎などの症状に襲われるという。

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ

 

発見者のマリア・ワグネルさん(Maria Wagener)は長年このビーチの近くに住んでいるが、アオミノウミウシを見たのはこれが初めてだそうで、当然この生物について何の知識も持っていなかった。しかし「なんとなくこの生物は刺すような気がしたの」と本能で幸運にも接触を回避したマリアさんは、発見した当時をこのように振り返っている。

 

「私はいつも打ち上げられたヒトデを海にかえしているんですが、これはなんとなく刺してくる気がしたんです。」

「何かこの生物を持ち上げられるようなものがあったら、そうしてあげたと思うけど。絶対に、直接は触らなかったわ!」

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ

 

マリアさんによるとこの日、見つけただけでも20匹のアオミノウミウシがビーチに打ち上げられており、実際にはもっと多くの個体が打ち上げられたと見られている。

 

このビーチには普段から“ブルークラブ”や“カツオノエボシ”、そして同じくカツオノエボシを好んで食す“アサガオガイ”なども流れ着いているといい、獲物から毒性を得ている生物も多い。マリアさんは本能で危険を回避したようだが、実はビーチを見てみると“アオミノウミウシ”が危険であるというヒントはそこら中に散らばっていたのである。

アオミノウミウシ

アオミノウミウシ

 

マリアさんは自身のFacebookにて、アオミノウミウシについてその特徴を以下のように説明している。

「この生物はウミサソリに似ていて、大きさは約2.5cm(1インチ)ほど。上が青色で、お腹の部分は白色をしているの。」

「白い砂浜の上だったから、とても簡単に見つかったわ。」

アオミノウミウシは背側が真っ青な一方で、腹部側は白っぽい銀色をしており、海を泳ぐ際には背を向けて漂っている。それは海の色に同化させ、お腹側を空に同化させることによる擬態だそうだ。

 

マリアさんはこの大変美しく不思議な生物との出会いを、フィッシュホークビーチのFacebookページに画像とともにシェアした。

 

すると写真は瞬く間に人々の目を惹き、「なんて美しいの! こんな生物がいるなんて」「本当に素晴らしい写真だ。神秘的だね」「本当に綺麗な青色、でも絶対に毒がありそうな色だわ」「こんな生物初めて見たよ!」と驚きとその美しさを称えるコメントが相次いでいる。

 

南アフリカのビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシの動画。

 

「海で最も美しいキラー」と呼ばれるドラゴンに似たビーチで海の生き物を発見


Spotted a sea creature on the beach similar to dragons known as

「海で最も美しいキラー」
メディアは、11月16日、南アフリカのケープ半島のビーチで女性が奇妙な海洋生物に遭遇したと報じました。

 

海洋生物は、そのまばゆいばかりの青い色と致命的な刺し傷のために「海で最も美しい殺人者」と言われています。

 

ブルードラゴンとしてよく知られているGlaucusatlanticusという名前の生き物は、南アフリカのケープタウン近くのフィッシュホークビーチで、波に洗われた後、ハイキング中のMariaWagnerという女性によって発見されました。

 

奇妙な生き物は、致命的なカツオノエボシ(クラゲの一種)や他の有毒な海洋動物を食べます。次に、刺すような細胞は食物を吸収し、それを濃縮された用量で保存し、獲物よりもはるかに強い刺し傷を与えます。

 

ワーグナー氏は、「私は人生のほとんどをこの海岸の近くに住んでいたが、そのような生き物を見たことがない。それは少し海のサソリのように見える。それは小さく、長さ約1インチで、上は青い。

 

ブルードラゴン「海で最も美しいキラー」が南アフリカのビーチに打ち上げられた。


Blue Dragon “Most Beautiful Killer In The Ocean” Washed Up On South Africa Beach

そのまばゆいばかりの青い色と潜在的に致命的な刺し傷のために「海で最も美しい殺人者」と名付けられた海の生き物は、アフリカのビーチで一斉に洗い流されました。

ブルードラゴンとして知られる生き物は、南アフリカのケープタウン近くのフィッシュホークビーチで地元の祖母が砂浜を散歩しているところを発見しました。

Glaucus atlanticusとしても知られるウミウシは、致命的なカツオノエボシやその他の毒のある海獣を食べます。

しかし、驚くべき生き物はその食物から刺すような細胞を吸収し、それらを濃縮された用量で保存し、獲物よりもはるかに強力な刺すようにします。

ブルードラゴンの刺傷の典型的な症状には、吐き気、痛み、嘔吐、急性アレルギー性接触皮膚炎などがあります。

まとめ

今回は「南アフリカのビーチに打ち上げられた猛毒のアオミノウミウシの動画!」というテーマでお送りいたしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-自然

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

月面に大量の水存在

月面の水、想定より大量に存在可能性の動画!

月面の水が、想定より大量に存在する可能性があるという新たな観測結果が発表されました。月面の水、想定より大量に存在可能性の動画紹介。# more water than expected on the m …

ヨセミテ国立公園がオレンジ色

ヨセミテ国立公園がオレンジ色に染まって不気味な動画!

カリフォルニア山火事、ヨセミテ国立公園がオレンジ色に染まって不気味な姿になっている動画紹介。#Yosemite National Park dyed orange ヨセミテ国立公園がオレンジ色 目次1 …

噛まれてもベンガルトラに挑むナマケグマ壮絶な闘い

噛まれてもベンガルトラに挑むナマケグマの壮絶な闘い動画!

インド中央部マハーラーシュトラ州で撮影された噛まれてもベンガルトラに挑むナマケグマ 壮絶な闘いの動画が注目です。保護区でツアーガイドとして働く野生動物写真家がベンガルトラとナマケグマの壮絶な闘いを捉え …

2億2千万年前の恐竜の足跡

英国2億2千万年前の恐竜の足跡を4歳女児が発見!【動画】

英ウェールズのバリー近くにあるベンドリックス湾で2021年1月、4歳になるライリー・ウィルダーちゃん(Lily Wilder)が父親リチャードさん(Richard)と散歩していたとき、偶然にも2億2千 …

マンタ

フロリダ沿岸に稚魚のマンタが出没の動画!

フロリダ沿岸に稚魚のマンタが出没している動画。フロリダ沿岸に出没するマンタは幼魚ばかり、新種でしょうか!#Manta rays appear on the coast of Florida マンタ 目 …