最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

中国がインド境界線付近に配置された軍部隊に、格闘家らを配属。

投稿日:

中国軍、インド軍との衝突直前に総合格闘家を部隊に配属 。中国は今月致命的な衝突の直前に登山者や武道の専門家をインド国境近くの軍隊を補強した、と国営メディアは報じた。今までの、中国・インド間の国境をめぐる争いで20人もの死者を出したことは無く、今回は、中国軍に配属された格闘家の存在で激しい殴り合いなった可能性もある。

インドと中国の衝突

インドと中国の衝突

中国軍、インド軍との衝突直前に総合格闘家を部隊に配属

 

中国とインドとの間で今月発生した衝突の直前、中国が境界線付近に配置された軍部隊に、エベレストマウントオリンピックの聖火リレーチームの元メンバーと総合格闘技クラブの戦闘員を含む5つの新しい民兵部門が6月15日にチベットの首都ラサで検査のために彼ら自身を提示しました。登山家や格闘家らを配属させていたことが分かった。

 

中国とインドとの間山岳地帯に位置する係争地域では、双方とも核保有国である両国関係が緊迫する事態はまれではない。

 

だが今月起きた衝突では、過去50年で最多の死者数を出す事態となった。

インドと中国の衝突

インドと中国の衝突

 

中国の軍事紙「国防時報(China National Defense News)」によると、チベット自治区(Tibet Autonomous Region)の区都ラサ(Lhasa)で今月15日、エベレスト(Mount Everest)に登頂した五輪の聖火リレー登山隊の元隊員や、総合格闘技チーム所属の格闘家らが所属する新たな民兵隊5部隊が査閲を受けた。

 

中国中央テレビ(CCTV)は、ラサで数百人もの民兵隊員らが整列する様子を捉えた映像を放送。

 

チベットの司令官である王海江氏は、エンボファイトクラブの新兵が部隊の「組織と動員力を大幅に引き上げる」と述べ、「迅速な対応と支援能力」を発揮したと語った

 

だが、この部隊の配置と中印国境で続く緊張状態の関連性について明確に認めることはなかった。

 

今までの、中国・インド間の国境をめぐる争いで20人もの死者を出したことは無く、今回は、中国軍に配属された格闘家の存在で激しい殴り合いなった可能性もある。

 

そしてその後、ラサから1300キロ離れたラダック(Ladakh)地方で中印両軍が、過去数十年で最も激しい衝突を繰り広げた。

 

インド側は、この乱闘でインド軍兵士20人が死亡したと発表。

 

一方で中国側も、数は不明ながら人的損害が出ている。

 

両国軍は互いを非難し合う一方、両者が締結している協定により火器の使用は防止されている。ただ、石やこん棒といった単純な武器を使用した乱闘はそれでも激烈なものとなった。

インドと中国の衝突

インドと中国の衝突

 

その日遅く、インドと中国の軍隊がラダックのガルワン渓谷で数時間乱闘し、石と釘を散りばめたクラブを使ってお互いを殴り合い、20人のインド兵を殺し、少なくとも76人を負傷させました。

6月15日の衝突は、45年間で両国間の最悪の対立でした。中国は、犠牲者が出たのかどうかは明らかにしていない。

 

中国国営メディアはここ数週間にわたり、インドと接するチベット自治区における軍事活動を取り上げている。

中国兵武術訓練

中国兵武術訓練

 

インドは6月18日、争ったヒマラヤ国境地域の軍隊を強化したと述べ、中国による同様の増強と一致していると述べた。

中国の国営メディアはここ数週間、インドとの国境を接するチベット地域での高高度対空訓練を含む軍事活動を強調しています。

中国国防ニュースによると、「国境を強化し、チベットを安定させる」ことを目的として、新兵が採用された。

インドは、中国軍がインドの兵士を待ち伏せしていたと主張した。

 

二国間協定により銃の使用は阻止されたが、初歩的な武器による戦闘は依然として激しいものであった。

中国は今度は、事実上の国境である実際の支配線を2度横切って軍隊を挑発したとインド兵を非難した。

 

中国・インドの領土紛争の経緯

インドとの衝突現場付近の中国が新たな構造物

インドとの衝突現場付近の中国が新たな構造物

 

両国は1962年に国境を越えて戦争をしました。

 

その後、紛争のある地域にいる両国の軍隊が銃器を使用しないことを、核武装した隣国同士で守ってきました。

中国は、インドの北東部にある約90,000平方キロメートル(35,000平方マイル)の領土を主張しています。一方、インドは、ラダック地域の隣接する部分であるヒマラヤのアクサイチン高原に38,000平方キロメートル(15,000平方マイル)の領土を占めていると述べています。

 

インドは一方的にラダックを連邦領土と宣言し、2019年8月にインドが管理するカシミールからそれを切り分けました。中国はこの動きを非難する国の1つであり、国連安全保障理事会を含むフォーラムで提起しました。

 

まとめ

今回は、「中国がインド境界線付近に配置された軍部隊に、格闘家らを配属。」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-国際

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仏山市に8月にオープンした「一番街

中国広東省仏山市の「一番街」が、オープンから2か月あまりで閉鎖!

中国広東省仏山市の通称「一番街」が、オープンからわずか2か月あまりで、閉鎖に追い込まれていたことが明らかになった。理由は、表向きは、「多くの日本のアニメのキャラクターなどが使われており、知的財産権の侵 …

サンパウロのヴィラフォルモサ墓地

ブラジル医療システムはすでに崩壊、貧困に蔓延する疾患、葬式は10分ごとに発生。

ボルソナロブラジル大統領は新型コロナウィルスを「小さなインフルエンザ」と呼んでいます。ですが、ブラジルの病院の内部では、医師は恐ろしい現実を知っています。ブラジル医療システムはすでに崩壊に向かっていま …

no image

ジャイアントラットが地雷を捜索「命を救う勇気」でトップヒーロー賞を受賞!

ネズミは、カンボジアで不発の地雷を捜索したことで名誉を授与され、初めて動物の勇敢さで英国の慈善団体の最高の民間人賞を受賞しました。「命を救う勇気」でトップヒーロー賞を受賞しました。#Giant rat …

バリ島のビーチ

インドネシア新型コロナウィルスで日本人差別、クルーズ船インドネシア人のその後

インドネシアに在住したり、出張したりした人たちが、こんな差別的な嫌がらせを受けています。テラワン保健相が「マレーシア在住の日本人女性が新型コロナウイルスを持って来た」と発言したことをきっかけに、日本人 …

3隻目の中国空母イメージ

CSISが公開した中国海軍3隻目の空母とみられる衛星写真!

米政策研究機関「戦略国際問題研究所」(CSIS)は16日、中国・上海市の江南造船所で建造されている、中国海軍3隻目の空母とみられる衛星写真を公開した。8月18日に撮影されたもの。さらに中国海軍3隻目の …