最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

社会

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫の動画!

投稿日:

スイス中部ザクセルン在住のシリル・ローラーさん(Cyril Rohrer、24)は、エリック・ローラーさん(Erik Rohrer)と共にスイスにあるブリステン山(Mount Britsen)で登山をしていたところ、標高3000メートルの雪山で迷子になった猫と出会う動画。ネコは登山客を追いかけて3回も登頂した。

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫。

スイス中部ザクセルン在住のシリル・ローラーさん(Cyril Rohrer、24)は、エリック・ローラーさん(Erik Rohrer)と共にスイスにあるブリステン山(Mount Britsen)の標高3000メートルの雪山で登山をしていた。

そこでシリル・ローラーさんたちはで迷子になった猫に遭遇した。

シリル・ローラーさんたちは、標高3000メートルの雪山を登っていたとき、1匹の迷い猫と遭遇し、約1,200メートルの地点で出会った猫は2人の後を追いかけ、山頂までついてきてしまったという。

この猫は他の登山グループの後も追いかけていたと言い、3回も頂上まで登っていた。

後に飼い猫だったことが判明し、無事に飼い主と再会したという。

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

 

雪に覆われた険しい道を登るため万全の装備を整えて山道を進んでいたシリル・ローラーさんたち2人は、近くの森から猫の鳴き声を聞いたという。

シリルさんは「午前4時半、1,200メートルくらい進んだ場所でした。暗い森の中から猫の鳴き声がしたんです。怯えていて混乱しているような印象を受けましたね」と言います。

 

シリルさんらが登っていた山は同地域で長距離のハイキングコースを誇り、頂上まで登るには2,300メートルの道のりを進まなければならない。

 

迷子になったと思われるこの猫は、スタート地点から約半分までの道のりを麓から登ってきてしまったようだ。

猫はシリルさんたちから離れようとせずそばにいたそうで、これ以上高い場所に連れて行くことはできないとシリルさんは思ったものの、猫はなぜか山頂に向かうシリルさんたちの後をついて行ったという。

シリルとエリック・ローラーは、木の後ろから猫が鳴いているのを聞いて、スイスのブリッツェン山を大雪で通り抜けていた。

 

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫

 

ペットは街中から離れてさまよって山の斜面にたどり着き、一人になりたくないと、ハイカーを追って頂上に向かいました。

 

「しかし雪深い場所だったので猫は次第に震え始め、肉球からは血がにじみ出ていました。猫が疲れて立ち止まってしまった時は、リュックの上に乗せて運びましたよ。頂上付近ではかなり疲れた様子でした。今回のことは私たちも困惑しましたし、本当に可哀そうでしたね。」

 

そしてシリルさんは山頂で他の登山グループと出会い、そのグループが猫を連れて下山したそうだ。

のちにこの猫は、4日前から行方不明になっていた飼い猫だと判明した。

しかもシリルさんらと同様に他のグループの後を追いかけていたことも分かり、猫は合計で3回も頂上まで登ったというから驚きだ。

シリルさんは「動物は時々変わった行動を取ります。どんなにケガをしていても、人間よりもかなりタフなので絶対に諦めることはないようですね」と3回も頂上に登った猫についてコメントしている。

さらにスイスのザクセン出身のシリルは、「ブリステンはこの地域で最も長いスキーツアーの一つです。出発点から800msl。ブリステン山の頂上まで3073mslで2300m近くです。」

「暗い森の中で猫の声が聞こえたのは、午前4時30分、1200m頃でした。それは、本当に驚きでした。」

 

「ネコは3000msl以上まで私たちと一緒にいました。 やがて彼女は震え始め、足は硬い雪から出血し始めました。」

「時々、私たちは彼女を迎えに行き、彼女が疲れ果ててもう上り坂を歩けなかったときネコを抱き上げ運びました。」

「私は猫を本当に気の毒に思いました。ネコは頂上の下の尾根で本当に疲れ果てていた。」

 

後に、ネコが近くの町の自宅から行方不明になり、他のハイカーも追跡していたことを知りました。

最終的に猫を下の谷に連れ戻し、飼い主と再会しました。

標高3000メートルの雪山で迷子になった猫の動画!

 

小さな猫がスイスの山の頂上まで10,000フィート以上トレッキングしている
2人のハイカーに加わりましたか?


Tiny cat joined two hikers trekking over 10,000 feet to the summit
of a Swiss mountain?

 

ハイカーのペアは、CATによって山の頂上に続きました! 🏔😻| SWNS


A pair of hikers were followed to the summit of a mountain
by a CAT! 🏔😻 | SWNS

 

まとめ

今回は「標高3000メートルの雪山で迷子になった猫の動画!」というテーマでお送りしました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京オリンピック

五輪中止の可能性は?中止なら経済損失30兆円の深刻さ!テレビの海外ロケも自粛

舛添要一氏「五輪中止の判断も視野に入れる必要ある」と持論を述べたり世界保健機関(WHO)は14日(日本時間15日)、新型コロナウイルスによる肺炎の被害拡大を中止や延期は主催者が決定すべきことだと強調し …

母親のスマホで勝手に注文

ブラジルで母親のスマホで勝手に大量のマクドナルド商品注文の動画!

ブラジルの港湾都市レシフェ在住のライッサ・アンドラーデさん(Raissa Andrade、32)はある日、病院へ行く用事があり慌ただしくして、息子のトム君(Tom、3)はお腹を空かせていたが、食事を準 …

郵便マーク

かんぽ生命の不適切な販売が起きた原因は何だったか?過剰ノルマの背景とは

郵便マーク   かんぽ生命の不適切な販売では、顧客の信頼を裏切るような既存の保険から不利な契約へ乗り換えなどが起きた。原因は組織な過剰ノルマが原因だったといわれます。なぜあれほどのマンモス企 …

ラティーフ・カータナ(Latif Khatana)

顔を腫瘍で覆われた男性、結婚して2児の父となる動画!

印ジャンムー・カシミール州に住むラティーフ・カータナさん(Latif Khatana)は、全身の皮膚にたくさんの小さな腫瘍(神経線維腫)ができる遺伝性疾患「神経線維腫症」を患っている。ラティーフ・カー …

コンチネンタル・ジャイアントのジェスター

超巨大ウサギ英リンカンシャーのジェスター(Jester)!

超巨大ウサギジェスター(Jester)は、コンチネンタル・ジャイアントで大型種のウサギで、平均体重は16~25ポンド(約7.2~11キロ)、体長は大きいもので3フィート(約91センチ)に成長する。ジェ …