最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

事件

脳を食べる微生物アンボエアに殺された少年!

投稿日:2020年9月29日 更新日:

6歳の少年の死により、ヒューストンのコミュニティで致命的な脳を食べる微生物が検出されました。脳を食べる微生物アンボエアによりこの6歳の少年は死亡しました。#Active little boy killed by brain-eating amboea

アンボエア

アンボエア

脳を食べる微生物アンボエアに殺された少年!

脳を食べる微生物アンボエアに殺された6歳の元気な少年の情報です。

 

6歳の少年の死により、ヒューストンのコミュニティで致命的な脳を食べる微生物アンボエアが検出されました。

アンボエア

アンボエア

 

死亡したのは、「活動的な小さな6歳の男の子」ジョサイア・マッキンタイアです。

 

ネグレリア・ファウレリ感染症(より一般的には脳を食べるアモベアと呼ばれる)に感染した後、9月に亡くなりました。

 

アンボエアに感染した原因としては、「当時の私たちへの通知は、噴水で遊んでいたことと、自宅のホースで水遊びをしたときの可能性もある」と市長のモデスト・ムンド氏は語った。

アンボエア上水道検査

アンボエア上水道検査

彼の母親のマリア・カスティージョは、市民会館の噴水と消火栓からの肯定的なテストの後に答えを要求しました。

 

「私は怒って動揺し、悲しくて心が痛む」と母のカスティージョは言います。

 

「私たちは安心のために家族として知りたいので、それは本当に私にとって大きな意味があります。もう、息子は帰ってこないことは知っていますが、原因をしっかり究明したい。」

感染した6歳の少年

感染した6歳の少年

 

ある都市は沸騰水使用通知の件で言いました。

テキサス環境品質委員会は、当初、トイレの水洗以外の理由で水道水を使用しないように8つのコミュニティに警告しましたが、土曜日にすべてのコミュニティに対してその警告を解除しました。

感染した6歳の少年

感染した6歳の少年

この勧告は、2つの州刑務所とダウケミカルの大規模なフリーポート事業についても取り消されました。

当局の水源はブラゾス川です。

レイクジャクソン市のマネージャー、モデスト・ムンド氏は土曜日のニュースリリースで、少年の死に関する調査は、ヒース当局が水サンプルテストを実施した後、脳を食べるアメーバの検出につながったと述べた。

ムンド氏によると、11のサンプルテストのうち3つは、脳を食べる微生物の予備的な陽性結果を示し、1つのサンプルは少年の家庭用ホースビブからのものでした。

 

米国疾病予防管理センターによると、アンボエアNaegleria fowleriは)、自由生活の微視的アメーバ、または暖かい淡水や土壌に一般的に見られる単細胞生物です。

 

汚染された水が鼻から体内に入ると、通常は人に感染します。

 

そこから脳に移動し、原発性アメーバ性髄膜脳炎と呼ばれるまれで衰弱させる病気を引き起こす可能性があります。

感染した6歳の少年

感染した6歳の少年

感染は通常致命的であり、人々が湖や川などの暖かい淡水域で泳いだりダイビングしたりするときに通常発生します。

非常にまれな例ですが、他の水源からの汚染水(不十分な塩素処理のプール水や加熱され汚染された水道水など)が鼻に入ると、ネグレリア感染症が発生することもあります。

微生物による米国で処理された公共用水システムの汚染はまれですが、前代未聞ではありません。

CDCのウェブサイトによると、処理された米国の公共飲料水システムの水道水で見つかったnaegleria fowleriによる最初の死亡は、2011年と2013年にルイジアナ州南部で発生しました。

この微生物は、2003年にアリゾナの未処理の地熱の十分に供給された飲料水システム、および1970年代と80年代のオーストラリアの消毒された公共の飲料水システムと2008年のパキスタンでも発見されました。

脳を食べる微生物アンボエアの動画。

 


日本にもその恐怖が? “脳喰いアメーバ”アメリカで少年死亡

“人の脳を食らう生物”の存在を知っているだろうか。

9月8日、アメリカ南部テキサス州で、6歳の少年が死亡した。

病気でも交通事故でもない、突然の死。

原因不明の中、少年の母親が語った経緯に、多くの人が震え上がった。

死亡した少年の母親「金曜日に嘔吐(おうと)と頭痛が止まらなくなって、病気になっただけだと思っていました。病院でCTスキャンを撮ったら、脳が膨らんでいるのが写っていた。摘出した髄液を検査した結果を見た医師によると、これらの症状は、おそらく“アメーバ”が原因だと言われました」

少年の命を奪ったのは、「ネグレリア・フォーレリ」というアメーバ。

湖・川・温泉などの淡水でよく見られ、人の鼻から侵入し、脳を破壊。

ほぼ100%の確率で死に至るという、“人食いアメーバ”と呼ばれる、おそろしい生物。

地元メディアによれば、少年は、この人食いアメーバに、公園の噴水か自宅のホースの水から感染したとみられている。

少年が住んでいた市は、災害宣言を発令。

住民に水道水を沸騰させて使用するよう呼びかけ、水道局が消毒作業を続けている。

身近な場所での感染。

日本にも人食いアメーバは存在するのか。

病原性アメーバの研究をしている弘前大学大学院 保健学研究科・山内可南子氏は、「日本国内でもネグリア・フォーレリは生息しています。1996年に、25歳の女性が佐賀県で発症されて、だいたい10日前後で亡くなられています」と話した。

日本にもいた、“人食いアメーバ”。

塩素に弱いため、日本の浄水レベルであれば心配ないというが…。

山内可南子氏「これから、どんどん温暖化が進む中では、少し注意しないといけない感染症」

特に免疫力が弱い子どもや高齢者の感染が多いということで、なるべく沼や池などには近づかないよう注意が必要という。

 

 

両親:パットナム郡の少年、13歳、脳を食べるアメーバで亡くなる。


Parents: Putnam County boy, 13, dies from brain-eating amoeba

 

フォーラーネグレリア(Naegleria fowleri)


ー   Brain Eating Amoeba (Naegleria fowleri)

脳を食べるアメーバ-Naegleriafowleriは恐ろしいが、興味深い寄生虫です。
このアメーバは何ですか?

•最初に発見されたのはどこだと思いますか?絶対に!当然のことながら、1965年にオーストラリアで最初に発見されました。しかし、米国で進化したと考えられています。

•その学名はNaegleriaFowleriです。

•お湯が大好きです。華氏113度の高温の水でも生き残ることができます。

•暖かい湖、泥の水たまり、暖かくゆっくり流れる川、未処理のプール、さらには土壌などの暖かい場所で見られます。

•ただし、塩水や適切に処理されたプールには住めません。

•Naegleriafloweriは通常バクテリアを食べます。しかし、それが鼻から人間に侵入する場合、それは食物源として脳を使用します。

•ダイビング、​​ウォータースポーツ、水上スキーなど、水を鼻に押し込む活動は、感染のリスクを高めました。

•幸い、感染者から他の人に感染することはありません。

今、あなたはこのアメーバがどのようにして脳への道を見つけるのか考えているかもしれません!

まあそれはただ賢いです、あなたは知っています!それは人体の解剖学をよく理解しています!
冗談はさておき、嗅神経の神経細胞から分泌される化学物質に引き付けられます。それは嗅神経を通って移動し、脳の前頭葉に入ります。

よし!あなたが「中学生」症候群を患っているなら、あなたは「ああ、いや!昔、プールに飛び込んだんだ」リラックス!この状態は非常にまれで、1年に0〜8回、ほとんどの場合7月から9月に発生します。

アメーバが鼻に入ってから症状が現れるまで2〜15日かかります。死亡までの平均時間は、症状の発症から5.3日です。症状は、発熱、頭痛、肩こり、時には発作です

残念ながら、この病気に対する適切な治療法はまだありません。いくつかの薬は試験管内のアメーバを殺すことができます。しかし、これらの薬で治療されたとしても、生き残る患者はごくわずかです。

どうすれば脳を食べるアメーバから身を守ることができますか?

•7月から9月までは、暖かい静水でのウォータースポーツは避けてください。

•そのような活動に参加している間、泥をかき混ぜないようにすることも良い考えです。

•鼻孔をクレンジングする場合は、水道水ではなく蒸留水を使用してください。

 

フロリダ州の13歳の少年の場合。

脳を食べるアメーバはフロリダの13歳の少年の命を奪う。


ー Brain eating amoeba claims life of Florida boy, 13

脳を食べるアメーバはフロリダの少年、13歳の命を奪っています。

少年は北フロリダのキャンプ場で泳いでいる間、アメーバ、Naegleriafowleriに感染しました。
複数の報告によると、脳を食べるアメーバはフロリダで13歳の少年の命を奪った。タナー湖壁の両親はフロリダの報道機関News4Jaxに、息子がタラハシー近くの北フロリダのキャンプ場で彼の死のほんの数日前に泳いでいたときに、アメーバ、ネグレリア・ファウレリと契約したと語った。
タナーの母親であるアリシア・ホワイトヒルは、「彼は金曜日と土曜日に50人以上の子供たちと一緒に湖で泳ぎ、娘たちがそこにいて、私の夫はそこにいて、誰もそれを手に入れませんでした」と語った。テレビの報道機関。
複数の報告によると、脳を食べるアメーバはフロリダで13歳の少年の命を奪った。タナー湖壁の両親はフロリダの報道機関News4Jaxに、息子がタラハシー近くの北フロリダのキャンプ場で彼の死のほんの数日前に泳いでいたときに、アメーバ、ネグレリア・ファウレリに感染したと語った。

まとめ

今回は「脳を食べる微生物アンボエアに殺された少年!」というテーマでお送りしました。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

-事件

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イギリスのスコットランドで、列車が脱線

英スコットランドで列車が脱線事故詳細動画!

英スコットランドで列車が脱線、3人が死亡する事故が発生。詳細を動画で確認。激しい雨による土砂災害が原因の可能性があるとみられる。スコットランドでは前の日の夜から激しい雨が降っていて、現場周辺では地滑り …

空港建設現場で200体のマンモスの骨格

メキシコの空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画!

メキシコの空港予定地でマンモスの骨を大量に発見画像と動画を紹介。メキシコの考古学者は、空港の建設現場の下に埋もれていた膨大な数のマンモスの骨格を発見した。#Hundreds of ancient ma …

バス事故

中国・貴州省でバスが貯水池に転落事故詳細

中国・貴州省でバスが貯水池に転落事故詳細。救助作業。21人が死亡しました。バス運転手の故意による事故の模様。バスは60人乗り程度の大型路線バスのようです。バスは貯水池に完全に水没してしまいます。運転手 …

三峡ダム

2020年9月27日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

最近1か月の中国自然災害ダイジェスト。安徽省ルジャン郡シダクスが2ヶ月間浸水しました。四川省甘粛チベット自治県の川にトラックが転落。四川省甘粛チベット自治県のZheduo山に大雪が降り、多くの車両が閉 …

長江洪水

2020年8月1日の中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。

中国、三峡ダムの長江流域の洪水の状況。世界最大ダム三峡ダム崩壊危機!武漢・上海の水没で3億人被災の可能性!「三峡ダムは力が尽きた」←中国大手のメディア 長江洪水 目次1 8月1日の中国、三峡ダムの長江 …