最新時事情報を速報するカレントブログ

最新の様々な時事情報を、カレントリーに解説しお伝えします。

国際

米国の民兵組織「ミリシア」とは!歴史や合法性・活動内容など。

投稿日:

ミリシア(Militia)とは、米国の民兵組織は、準軍事組織または同様の要素を含む民間組織です。これらのグループは、自分たちを民兵、組織化されていない民兵、および憲法上の民兵と呼ぶ場合もあります。American militia movementアメリカの民兵活動について。トランプ氏支持の自警団「ミリシア」とは?米国の民兵組織「ミリシア」とは!歴史や合法性・活動内容など。

米国の民兵組織(ミリシア)

米国の民兵組織(ミリシア)

米国の民兵組織「ミリシア」とは。

米国の民兵組織(ミリシア)

米国の民兵組織(ミリシア)

 

米国の民兵組織は、準軍事組織または同様の要素を含む民間組織です。これらのグループは、自分たちを民兵、組織化されていない民兵、および憲法上の民兵と呼ぶ場合があります。

 

民警団法などのグループは1980年代にはすでに存在していましたが、1990年代初頭の
政府機関との対立の後、運動は勢いを増しました。

 

1990年代半ばまでに、このようなグループは米国の50州すべてで活動し、会員数は20,000~60,000人と推定されています。

 

米国の民兵組織「ミリシア」の歴史

米国の民兵組織(ミリシア)

米国の民兵組織(ミリシア)

 

米国の民兵組織「ミリシア」の歴史は、極右の愛国者運動と関係があります。

 

極右の愛国者運動は長い間においてアメリカの政治の周辺要因でしたが、次第にイデオロギー民兵運動の大規模な成長への道を開きました。

 

触媒は、ルビーリッジでのランディウィーバーとのFBIの1992年の銃撃戦、およびデビッドコレシュと山でのブランチダビディアンを巻き込んだ1993年のテキサス州ウェイコのカーメルでのウェイコ事件でもたらされました。

 

評論家のマーク・ピッカベージは、1990年代の民兵運動について次のように述べています。

民兵運動は、1990年代に物議を醸したスタンドオフに続いて生じた右翼運動です。

 

それは初期のグループ、特に陰謀的で反政府的な民警団法の準軍事的伝統を受け継いだ。

民兵運動は、民兵グループは法律によって認可されているが、政府によって管理されていないと主張しています。

実際、彼らは専制政治に反対するように設立されています。運動のイデオロギーにより、一部の支持者は、違法な武器や爆発物の備蓄、建物の破壊や公務員の暗殺の企てなどの犯罪行為を行ったり、対立を減らしたりしています。

1990年代に、民兵運動に対する世間の注目が高まり始めました。ウェーコ火災の2周年にあたる1995年4月19日のオクラホマシティ爆撃は、ティモシーマクベイがミシガンと関係していたため、民兵運動に全国的な注目を集めました。

 

攻撃前に会議に出席した可能性のあるミリシア。これにより、国民の監視と法執行の圧力が高まり、運動に対する意識が高まったため、より多くの新兵が加わりました。

 

1996年3月、FBIおよびその他の法執行機関のエージェントが、モンタナフリーメンの960エーカー(390ヘクタール)のモンタナ東部「ジャスタスタウンシップ」コンパウンドを取り囲みました。

 

フリーメンは、キリスト教アイデンティティのイデオロギーの要素を含み、コモンローの法理論を支持し、連邦準備制度の正当性を拒否したソブリン市民グループでした。

 

モンタナ州議会議員のカール・オースは、スタンドオフを介して仲介しました。

 

ランディ・ウィーバー(ルビーリッジで包囲された者の1人)とボー・グリッツ(ルビーリッジの民間交渉者)の両方がグループと話をしようとしたが、コロラド上院議員チャーリー・デュークが交渉を試みたときと同様に交渉は失敗しました。

 

極右の指導者たちがグループは81日間のスタンドオフの後、平和的に降伏し、14人のフリーマンが偽の小切手で数百万ドルを回覧し、連邦判事の命を脅かしたことに関する刑事告発に直面した。

 

ミレニアムでの潜在的な民兵の脅威に関する1999年の米国司法省の分析は、民兵の大多数が反応的(積極的ではない)であり、脅威をもたらさなかったことを認めた。

 

2001年までに、民兵運動は衰退しているように見え、1996年に858グループでピークに達した。

 

2007年以降の世界的な金融危機と、2008年のバラク・オバマの米国大統領選挙により、民兵活動が復活しました。

 

民兵グループは最近、2014年のバンディスタンドオフや2016年のマルー国立野生生物保護区の占領など、いくつかの注目を集めるスタンドオフに関与しています。

 

米国の民兵組織「ミリシア」の法的正当性。

ほとんどの民兵組織は、50州すべてが民間の準軍事活動を禁止しているという事実にもかかわらず、法的に合法的な組織として自分たちを想定しています。

 

他の人々は、専制政治に直面して確立された政府に反抗する政治的統一体の権利を説明する「暴動理論」に同意します。

 

1951年のデニス対アメリカ合衆国の事件では、合衆国最高裁判所は、政府が陪審員による無料の選挙と裁判を提供する限り、「政治的自衛」を行うことはできないと述べて、暴動理論を却下した。

米国の民兵組織「ミリシア」の政府への反対と活動内容。

 

民兵組織はそのイデオロギーと目的が異なりますが、多くの著名な組織が反税、反移民、生存主義者、主権者、自由主義者、土地の権利、南部の復興の見解を支持している急進右翼も多いとされています。

米国の民兵組織「ミリシア」は、一般的に共通の信念を共有していると言われます。

米国の民兵組織「ミリシア」は、武力によって立ち向かわなければならないと彼らが信じている、米国における専制政治の差し迫ったとき、および実際に台頭したとき活動したり、あるいは、傍論としては、新世界秩序の陰謀説を信じる人もいます。

米国の民兵組織「ミリシア」の組織一覧。

ー 組織名(Group name )       活動エリア

3 Percenters                 Nationwide
Not Fucking Around Coalition         Southern United States
Arizona Border Recon            Arizona, Sasabe
Hutaree                   Michigan, southern
Idaho Light Foot Militia           Idaho, statewide
Michigan Militia               Michigan, Redford
Militia of Montana               Montana, Noxon
Missouri Citizens Militia           Missouri, statewide
Missouri Militia               Missouri, Kansas City
New York Light Foot Militia          New York, statewide
Oath Keepers                Nationwide
Ohio Defense Force            Ohio, statewide
Pennsylvania Light Foot Militia       Pennsylvania
Texas Light Foot Militia          Texas, statewide

米国の民兵組織「ミリシア」の動画。

トランプ氏支持の自警団「ミリシア」とは何か。


トランプ氏支持の自警団「ミリシア」とは?【現場から、】

 

米国の選挙:「内戦の準備」をしているミシガン民兵。


US Election: Michigan militia preparing ‘for civil war’

米国の重要なスウィングステートであるミシガン州の民兵グループは、米国の選挙の結果後、民主主義が「構築されたままでは生き残れない」ことを恐れていると述べています。

まとめ

今回は「米国の民兵組織「ミリシア」とは!歴史や合法性・活動内容など。」というテーマでお送りいたしました。

関連記事

アメリカの民兵組織オースキーパーズ(Oath Keepers)とは!

米民兵組織連合「Militia.Me」(ミリティア・ミー)声明発表!

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

-国際

執筆者:


  1. […] 米国の民兵組織「ミリシア」とは!歴史や合法性・活動内容など。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台湾「建国記念日」式典の様子

台中外交官らがフィジーで乱闘で中国のコメント「泥棒が泣き止まる泥棒」!

10月19日に台中外交官らがフィジーで乱闘がありました。南太平洋の島国フィジーで台湾の出先機関が開いた宴会で、台湾と中国の外交関係者らが乱闘になる騒ぎがあり、双方は19日、非難の応酬を繰り広げた。台中 …

企業の業績ダウン

米GDP減少が戦後最大、アメリカの新型コロナウィルスの経済対策

米国の実質国内総生産(GDP)は、4~6月期に年率換算で前期比40%減と戦後最悪のマイナス成長が予想されます。新型コロナウィルスによる経済封鎖で大手企業にも経営不安が 広がり、失業率も10%を突破しそ …

アメリカ国旗

イスラエルによるイラン攻撃の可能性高まる。理由はアメリカのイラク空爆に始まっている。

アメリカとイランの一触即発の危機は、アメリカトランプ大統領の選挙やイランの国内事情 などで、いったん沈静化したが、一つの大きな火種を残す結果となりました。それは、イスラエルのイランに対する攻撃の可能性 …

ファーウェイ

2020年ファーウェイ苦境で中国経済も失速か!地方も失業増加。

アメリカによる制裁で苦境に陥っているファーウェイが上海でBtoBビジネス向けイベントを開催した。半導体チップなどの部品の禁輸措置により、ファーウェイはコアビジネスである5G基地局やスマートフォンの生産 …

トランプ氏は演説

トランプ氏大統領選「敗れたら米国を去るかも」と演説の動画!

トランプ氏が、米大統領選で「敗れたら米国を去るかも」と演説しました。10月16日ジョージア州での選挙集会で、大統領選で民主党のジョー・バイデン前副大統領に敗れたら、「米国を去らないといけなくなるかもし …